1407520 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

晴 陶 句 読

晴 陶 句 読

2022.07.01
XML
カテゴリ:「本」の紹介
​​『姉の島』

・村田 喜代子       ・朝日新聞出版社

〜2021/6 発行、挿画・服部知佳 "装幀 菊地信義!"
9篇小説、「円熟した作者による老婆と潜水艦の移植冒険小説」〜「あたしら、このたび百七十

歳になたぞ。」と始まる、長崎の島の「海女」老婆たちの「倍歴」の話から、海の底の「地図」
づくり、太平洋戦争で沈んだ沈没船と軍人幽霊・・・「九」の篇タイトルは「鯨雲たちは空へ
昇っていった。あたしもだいぶ薄うなってきた。おうーい。」と。

「先の戦争からそれよりずっと前の時代の戦争まで、海の水は人間世界の罪業をずっしりと
湛えてきた。」「海が腐ると陸も腐る。一心同体じゃ。」〜本書の真髄は、この 一行に凝縮!

​『ターシャ・テューダー 人生の楽しみ方』

・飯野 雅子      ・海竜社

〜テューダはご存知 米国の絵本作家、2008逝去。飯野さんは1944年生翻訳家で『ターシャ・
テューダ ミュージアムジャパン』を開設。

表紙裏惹句の一言は【たいせつなのは心の充足】 と、あって8章にわたって、デューダのことば
と挿絵が187 全ページにわたってつづく『夢』のような一冊!!!!

章タイトルの引用Upさえ 控えたいほどだか〜 1 自分の価値観を大切に 2 何があっても
前を向いて 3 できることを楽しんで 4 楽しみの見つけ方 5 することがいろいろある

のはいいこと 6 成功する可能性はだれにでも 7 エプロンは便利よ 8 自分も楽しみ、人
もたのしませた人生 〜 庭の花摘む姿・薪割り、キッチンなどでのスナップもあり、挿絵は

ご存知の通り、アンティークな装いと農場生活ぶりでの 子どもたちを描き、そばには必ず
コーギー犬がより添っている!! 文中にもあるが、裏表紙にある、ベンチに座る男の子二人と​​
女の子二人の右に犬、左に猫がいて、、、ベンチの下に見えるそれぞれの足・靴の仕草ったら!!!
​​

☆スミマセン 、以降、蛇足ながら ↑Up本の 殆どが 一年前読了のものです、、、☆






最終更新日  2022.07.01 14:48:10
コメント(6) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.