1381811 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

晴 陶 句 読

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

俳句と映画

2014.05.29
XML
カテゴリ:俳句と映画

たいさんぼく5.28.jpg


懺悔する泰山木の花の下


★★★映画『マンデラ-自由への長い道』を、観てきました。

・・・あえてコメントしません、キナクサイ動きや「ヘイト」横行の今! 必見!!!






最終更新日  2014.05.29 15:59:51
コメント(6) | コメントを書く


2013.04.09
カテゴリ:俳句と映画


戸袋の巣作り隠す柿若葉



かきわかば.jpg

★人の気配に敏感なので、カーテン越しに、隣家を★


★★映画『ヒッチコック』を観てきました。映画『サイコ』完成までの知られざる

夫婦の葛藤と確執。サスペンスの神「ヒッチ」を作ったのは、妻であり脚本・演出家でも

ある「アルマ」あってのことだった! ラストシーンのヒッチの一言とエンドロール後の1シーンも

見逃しませんように!!


★★★「ワタシ」は、戸袋の庇の左ヘリ上ナンデスガ、、、ワカルカナ?







最終更新日  2013.04.09 16:48:30
コメント(10) | コメントを書く
2012.12.17
カテゴリ:俳句と映画


 この先の見える怖さや師走選

  埋み火熾しあしたを作る




★   ★   ★

『ソハの地下水道』

・上映中 ~ドイツ・ポーニンド合作


 1943年ナチス政権下のポーランド。下水修理と空き巣で妻子を養うソハは、収容所を

逃れる十数人のユダヤ人を発見、「カネ」をとって匿ってはいたが・・・人間の尊厳へと変


わっていった、真実の物語。 悪臭とネズミ、迷路のような地下水道の中でも繰り広げら

れる「人間」の生々しさを見せつけられつつ、ナチスの残虐さへの抵抗の15ヶ月間を描く。



 エンディングロールのそれも最後の方には「人間は神をも利用してまで・・・」とあり、胸を衝く・・・


★先日は、"ギンレイ"の2本(12/14up)の後で、根津美術館でしたが、

今回は、昨日upの千葉市美術館のあとで、「千葉劇場」に★







最終更新日  2012.12.17 17:08:09
コメント(2) | コメントを書く
2012.07.24
カテゴリ:俳句と映画


芋の露憂き世を映し転々と


いものつゆ.jpg

★   ★   ★


映画 『星の旅人たち』 ・2010.アメリカ・スペイン合作


 ~アメリカの眼科医トム(60歳)に突然架かってきた、一人息子の訃報。サンティアゴ巡礼の地で
 
 嵐に巻き込まれての不慮の死・・・トムはその真意をたしかめるべく、亡き息子のバックパックを背に

 同じ巡礼の道を辿る。途中で疑似家族のようになる道連れにより、新しい自分も発見していく・・・

 圧倒的な自然美とサンディアゴ大聖堂の荘厳なミサにも感動!










最終更新日  2012.07.24 16:55:08
コメント(8) | コメントを書く
2012.06.15
カテゴリ:俳句と映画


校庭の子らを急き立て夏夕日



なつゆうひ.jpg



★   ★   ★

映画『幸せへのキセキ』・・・日々閉塞感に清涼剤を!!


・上映中の"マット・デイモン" !

「最愛の人の死から立ち直ろうとする家族の<軌跡>を描く、

  実話から生まれた<奇跡>の物語。」 (チラシ)


半年前に妻を亡くしたベンジャミンは、14歳の息子と7歳の娘を

引き連れ新しい場所での新しい人生を始めようとした先は、

"閉鎖中の動物園" !!・・・その心のうちとサプライズが最後に・・・



★★★『通販生活』↓ あなたの市や町長は、原発をどう考えてますか?★★★


http://www.cataloghouse.co.jp/?cid=NA612F2_PHF_001






最終更新日  2012.06.15 17:22:36
コメント(6) | コメントを書く
2012.03.09
カテゴリ:俳句と映画


枯れバラ.jpg




一年の底から帰るランドセル




★   ★   ★

映画『ものすごくうるさくてありえないほど近い』


 9.11で父を亡くした少年が、その死に納得できず一年。たまたま父のクローゼットから
一本の鍵を見つける。あのビルから父が留守電に何度も呼びかける「Are you there?」
「鍵」に合うモノを探しに町から町へ・・・そして母は・・・悲しみと再生は 3.11と同じ縮図・・・







最終更新日  2012.03.09 17:21:39
コメント(7) | コメントを書く
2011.06.07
カテゴリ:俳句と映画


正月の枝を残して梅を伐り



うめのき



★映画 『アジャストメント』

~短篇小説を「ボーンシリーズ」として映画化。マット・デイモンが

全編「運命調査局」と闘い走り回るのでデイモン好きにはタマラナイ

のでしょうが、寓話的SFで、ミヒャエル・エンデ『モモ』の"時間

泥棒"を"運命ドロボー"に変えたようなオハナシでした・・・








最終更新日  2011.06.07 09:07:56
コメント(7) | コメントを書く
2011.02.25
カテゴリ:俳句と映画


クリスマスローズ咲くとも季語ならず




クリスマスローズ


★花期が、長すぎるのでしよう・・・★

★★映画『ヒアアフター』~マット・デイモンは見逃せない。

バリで津波に襲われたジャーナリスト(セシル・ドゥ・フランス)、
ロンドンで双子の兄を失った少年が、「使者の声を聞く男」とが
結びつき「生きてゆくために必要な希望」を見出す物語。
「死後の世界があるかどうか、真実はだれにも分からない。ただ
人は誰も与えられた人生を精一杯生きるべきだと信じている。
ー監督・クリンテイーストウッドー

・・・そういえば、先月は『ソーシャルネットワーク』も観た。
アカデミー候補との話題もあるそうだが・・・★★






最終更新日  2011.02.25 16:06:56
コメント(6) | コメントを書く
2010.02.18
カテゴリ:俳句と映画


梅干しの贈られ時に梅の花


うめさんくす


-【紀州南高梅 珠手箱】へのThanksCardを包装紙で-


★   ★   ★

★★映画『インビクタス -負けざるものたち-』

~今回は"ギンレイ"ではなく、ロードショウ。


巨匠クリントイーストウッドが描く実話を基にした、まさに感動作!!

モーガン・フリーマンとマット・ディモンとくれば、観るっきゃない!


アパルトヘイトにより牢獄に30年とじこめられていたネルソン・マンデラが人種差別

撤廃の闘いで南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。  彼が打ち出した解放政策は、

身内にさえ納得されない、黒人にあらゆる仕打ちをしてきた者たちへの"赦し"だった!


そのひとつ、ラグビーのワールドカップが契機となって、人種を超えた人間愛に発展する・・・

・・・現存のマンデラ元大統領が、自身キャストにモーガン・フリーマン推したとか・・・


もっと歴史を知らなければと反省もし、今の為政者に学んで欲しい作である、エンドロー

ルにながれる"ジュピター"の歌詞も象徴的だった!







最終更新日  2010.02.18 17:06:57
コメント(6) | コメントを書く
2009.10.19
カテゴリ:俳句と映画


次の代(よ)へ稲架のまわりのかくれんぼ



はさ

★   ★   ★

★もう、お馴染みになったでしょうか、飯田橋ギンレイ!

・・・う~ン、今回の二本の共通項は・・・そうか"運命"だっ!



 『路上のソリスト』・・・2009・アメリカ

 ~統合失調症のため路上で暮らす黒人(今や忌避語?)は、貧しさのため2弦

の天才的バイオリンニスト、本来はチェリスト。LAの白人記者(・・敢えて)が彼を

追いかけるが、埋まらない溝そして葛藤、スラム街の実態も赤裸々に・・・



 『スラムドッグ$ミリオネア』・・・2009・イギリス

 ~インドのスラム街育ちの18歳ジャマールが、あのクイズ番組の最終問題を

クリア。それらの質問に対する"答"が、すべてその過酷な貧困、差別の生い立

ちがヒントとなり「セイカイっ」となる。

しかし、彼がこのクイズに出た目的は・・・

『未来を写した子どもたち』や『闇の子供たち』に見た、背景も浮き彫りに。


★ところで、"ギンレイ"35周年イベントが(11/1~11/10)開かれます。

ポスター展・野外上映・映画音楽生演奏など。 映画ファンには楽しみ★


 






最終更新日  2009.10.19 16:49:36
コメント(3) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >


© Rakuten Group, Inc.