018458 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

珍争紀行

PR

Free Space

自己紹介

名前:じろしょ

出身:岡山県

趣味:珍スポット探し
   合気道 
   城
   温泉

Calendar

Category

Favorite Blog

まだ登録されていません

Comments

キキデス@ Re:ジャパニーズトンネルの巻(07/31) 初めまして、あほうどりのひとりごと管理…
よよよめ@ Re:水かけ祭りの巻(02/23) ちなみに、この桶で水をかけることが出来…

Keyword Search

▼キーワード検索

2014.12.26
XML
カテゴリ:紛争地帯

廃墟マニアのみなさーん

お待たせいたしました。国内の廃墟だけでは物足りなくなってきているそこのアナタ!

外国の超ど級の廃墟タウンをご紹介いたします。

まずこちらドン

s-IMG_4168.jpg

場所はシリア共和国、ゴラン高原の町クネイトラ

熱砂吹き荒れる中東の中,高原というだけあって少し涼しい?いや通り越して寒気がする。

s-IMG_4143.jpg

ゴラン病院ですね。全体像はこちら↓

s-IMG_4141.jpg

廃墟といえば病院ですよね。ごらんのとおり銃弾の跡で穴だらけです。

そう、ネタバレしますと廃墟の前にここは紛争地帯のど真ん中。

歴史に詳しい人はゴラン高原と聞けばピンと来ると思います。

簡単に説明しますと第三次中東戦争でイスラエル軍にゴラン高原は占領され、

第四次中東戦争の結果、ここクネイトラの町だけがシリアに返却されました。

しかし、その際イスラエル側は行きがけの駄賃といわんばかりに破壊の限りを尽くしたとか。

そしてシリアはイスラエルの残虐性を世界中に配信するためここクネイトラの町を公開

しているというワケです。ただシリアが誇張のためもう少し破壊したとか・・・ま、噂です。

そのため、ここへ向かうためにはまずシリアの内務省で許可証をもらわなければなりません。

1時間ほどで簡単にくれます。するとやる気のない監視が同乗し案内してくれます。

s-IMG_4156.jpg

ちなみに山の向こうはイスラエル占領下。監視塔が立っておりこちらの動きをチェックしてます。

s-IMG_4150.jpg

UN(国連様)も監視しています。

s-IMG_4154.jpg

牛飼いのおじちゃんも監視して・・ってあれ?廃墟じゃなかったの??

この牛撮ったらなぜかガイドのおじちゃんにスゲー怒られました笑

s-IMG_4161.jpg

そしてこのモスクがハイライトの一つ。ガイドのおじちゃんがドヤ顔で中を見せてくれました。

s-IMG_4164.jpg

どやあ!上から撮った写真です。

よくもまあ~これだけ破壊したなと。大変だっただろうに笑

あとなんて落書きされてるか知りたいですねぜひ

s-IMG_4169.jpg

クネイトラ博物館跡地

いやー見事に破壊されています。ところで上のゴラン病院の看板の写真に

書かれているのは「シオニスト(ユダヤ人)に破壊しつくされた」という内容なんですが

さすがシリア。意地でも「イスラエル」という単語は使わないんだなあと感激しました。

ここらへんでガイドのおじちゃんが「もうかえろ~よ~」と泣き言を始めます。

こいつ・・・完全に飽きたな!?

意地悪で「まだ帰らん!」と無駄にうろつくワタシ

s-IMG_4179.jpg

そんな街の入り口には・・なにか記念塔らしきもの

s-IMG_4178.jpg

シリアに帰ってきたことを喜ぶ図ですかね。

聞けば昔は20000人ほど住んでいたらしーです。ツワモノドモガユメノアト

さてそろそろ意地悪をやめて「帰るよー」とおじちゃんを探したら・・・いない!

イスラエルに拉致されたか!? あんなドヤ顔するからだ・・・

いやいや車の中で爆睡してました笑 おじちゃん待たせてごめん!

最後にクネイトラに咲く花

s-IMG_4177.jpg

こんな人の醜さを投影した場所でもこんなにきれいに咲くんですね。

ちょっと心が洗われました。

てなわけで廃墟マニアの方にお勧め物件クネイトラでした~

ちなみにワタシは廃墟マニアではありません笑 あしからず・・







Last updated  2014.12.26 19:47:42
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.