368063 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ジルコニアの気まま日記

PR

楽天プロフィール


ジルコニア5519さん

人生是適当

フォローする

サイド自由欄

pso2_bnr03.jpg

天衣無縫傍若無人なトークで、リスナーをはじめ、スタッフと相方すらも圧倒する噛み様『風音様』と風音様をはじめ、ゲストやスタッフが投げかける、どんな球も打ち返すそのトーク力で番組を牽引する『荻さん』がメインパーソナリティーのインターネットラジオステーション『音泉』でNO.1の人気を誇る番組っす↓


homeradiZ_radiobanner_nt.jpg

カレンダー

コメント新着

ジルコニア5519@ Re:やっと届きましたよ(05/30) おぉ!?さつきさんお久しぶりでごじゃー…
さつきだーーー!!@ Re:やっと届きましたよ(05/30) おひさーー!! 日記とは全然関係ないけど…

バックナンバー

カテゴリ

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

※当ブログはライトノベル作家になることを目指していた管理人であるジルコニアがネトゲやリアルでの出来事、またニコニコ動画の紹介だったり、オリジナル小説など、色々な事を勝手気ままに更新する何だかよくわからないページです( ゚д゚ )
 まぁ、このブログを見るときは足をポーンと放り投げてぶっきらぼうな態度でご覧下さいませね。

 ※現在の定期更新記事

 水曜日:ニコニコ動画紹介
 土曜日:オリジナル小説 異星人の美少女2人と同居する事になったが何か質問ある?
 日曜日:オリジナル小説 ベリルのドタバタ冒険記(セルフリメイクというか書き直し

※宣伝目的・またそれに準ずるコメント等、うちが当ブログにふさわしくないと感じたものは慧音にお願いして、容赦なくなかったこと(削除)にします。

また、当ブログで公開しています読み物に関して、他サイトでの無断掲載やキャラクター・設定等の無断使用は禁止いたします。まぁ、こんな過疎ブログのやつなんて、誰もやらないと思いますが一応。


 ※着実にプレイ人口を増やしており、うちもすんごいハマッテる今もっとも旬なFKD様開発の格闘ゲーム『カオスコード』の大会動画等をまとめたものです。

 【カオスコード マイリスト】

 これからカオスコードを触ってみたい、さわり始めた方用(?)の記事を作ってみました。カテゴリの『これから始めるカオスコード講座』から記事検索をお願いいたします。

 ※10月15日 愛知のカオスコ情勢(?)のページの一部を加筆修正加えました

 カオコ情勢(?)のページにて訂正する部分やその他にも情報がございましたら、コメントにてお願いいたします。

 カオスコード全国大会へ参加された皆様・運営へ注力してくださった皆様・そして生放送を視聴してくださった皆様、C5お疲れ様でございました!

 カオスコード全国合同大会公式ページ様
2017年03月26日
XML
俺達の目の前にいたのは、虹色のロングヘア。すげぇナイスバディなお姉さん・・・いや、妖艶な色気がムンムンでサキュバスだと言っても信じてしまいそうな雰囲気漂う魔族だった。
 「なっ!?ア、アン!!何で、何でおめぇがここにいるんだよ!!」
 「あら?どなたかと思えばベリルではありませんの。このような場所で会うとは思ってもおりませんでしたわ」
 「ねぇねぇ、ベリル?このお姉さんとは知り合いなの?」
 ジルがアンの方を見ながら問いかけてきたんだけどさ・・・うわぁ・・・正直言って、ジルにコイツのこと説明したくねぇw
 「はぁ・・・まぁ、コイツがさっき言ってたあれだよ」
 思いっきりため息をついてから、ジルに彼女が魔王サタンの四天王の1人で魔界最強(自称)の魔導師であること、そしてミカルの泉で会った時に、コイツがエリーの事を欲しいって言った張本人であることを教えた。
 「へぇ?そうなんだ」
 で、だ。ジルは全く意に介した様子もなく、のんきにそう口にしてるんだが?
 そして、俺達にアイテムの説明をしてくれたのがアンだとわかると、エリーは目を釣り上げて物凄い剣幕で詰め寄って声を荒げた。
 「何で!?ねぇ、何で魔族のあんたがこんな街中でふっつぅに買い物してんの!?おかしいでしょ!?ちょ、え?マジおかしいでしょ!?」
 「ここのお店は他の店では取り扱っていない希少なアイテムも多数取り扱いがありますのよ。それで、わたくしここのお店は贔屓にさせていただいておりますの」
 そう言いながらアンが手にしたのは金色に光り輝く林檎。
 「ちょっと店主!?店主!?あんたなんでこんな奴を店に入れてるのよ!コイツ魔族なのよ?知らなかったとは言わせないわよ?」
 すげぇ剣幕で店主に詰め寄るエリーだが、そんなエリーに店主は困惑した表情を浮かべてたよ。
 「スタインさんはいつも沢山買ってくれる、うちの店の上得意さんなんだよ。あんまりそう言わないでやってくれないか?」
 「いやいやいや、あんたおかしいでしょ?沢山買ってくれるって言っても、コイツは魔族なのよ?そんな奴に売るなんておかしいわよ。てかよ?そんな買い物するお金どこに持ってるのよ」
 エリーの言葉に困った様子を見せる店主と、プリプリと怒りながら俺たちの方へ体ごと見る向けるアン。
 「わたくし、一応サタンに協力はしておりますけれど、それも今はなき古代魔法【メルトン】を復活させる為なんですのよ。ですので。別にやましい事なんてこれっぽっちもしておりませんわよ?それに、お金に関してはその研究費用としてサタンからたんまり頂いているのですわよ」
 「そのメルトンって魔法を復活させてどうする気なのよ。どうせしょうもない事を考えてるのよ」
 「別に何もありませんわよ?わたくしはただ、一魔導師として、かつて存在していた最強の攻撃魔法であるメルトンがどのようなモノか興味があるだけですもの。そして、可能であれば今のこの世に復活させたい。そう思ってるだけですわ。まぁ、わたくしが復活させたメルトンをサタンがどのように使うか、ということに関しては興味ありませんわ」
 アンの言葉に訝しげな表情を浮かべるエリー。
 アンの言う事もわからんでもない。過去にあったそういうモノをこの今の時代に復活させたい、そういう気持ちはわからんでもない。
 だが、本当にそれだけなんだろうか?いや、まぁ。コイツは嘘をつくような奴ではなさそうに思えるが。
 「本当かしら?魔族の言う事って信用できないのよねぇ・・・」
 「あはは、エリー?そんな頭ごなしに信用できないとかいうのは失礼だよ?うちも沢山の魔族と対峙してきたけどさ、見た感じ彼女は信用できる魔族だと思うよ?」
 「あら?貴女は確か銀狼のジルですわよね?噂はかねがね窺っておりますわ」
 「どんな噂だろうね?まぁ、うちが影でどう言われてようと関係ないけどさ」
 「わたくしの同胞であるネロが、銀狼のジルが!銀狼のジルが!と、いつもぼやいておりますのよ」
 「へぇ、ネロ君からねぇ・・・?ぷぷぷ、なんだかんだ言ってネロ君ってさ、うちのこと実は気に入ってるというか、好きなんじゃないの?」
 「おほほ、それもあるかもしれませんわね」
 「ネロ君もねぇ・・・プライドはかなり高いけど、あれでいて剣士としてはかなり良い線いってるとは思うんだよねぇ・・・お互いの立場が違ってれば良いライバルになれたと思うんだよねぇ」
 「それでエリー?ここで会ったのも何かの縁ですわ。さ、今日こそ貴女をわたくしのモノにしてみせますわよ」
 熱っぽい視線をエリーの方へと向けるアン。
 そして、その視線を受けたエリーは両腕で体を覆うようにして身震いさせながら引きつった笑みを浮かべた。
 「な、ななななななななな、いきなり何を言ってるのよ!!前にも言ったけど、あたしはあんたのモノになる気なんてサラッサラないわよ!?」
 「前回は遅れをとりましたけれど、今回はそうは行きませんわよ♪ふふ、今ここのお店で購入したばかり、買いたてホヤホヤのこれの性能を試すに丁度良い機会ですわぁ」
 そう言ってアンはその場でおもむろに身につけていた服を脱ぎ捨て・・・・脱ぎ捨てたぁあああああああああああ!

 第47話 何でお前がいんの? その2.終わり
 第48話 これは悪夢よ・・・ その1.へ続く





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2017年03月26日 01時10分30秒
コメント(0) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.