1128432 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

平リーマンブログ

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


80486DX4

Calendar

Freepage List

2006.08.19
XML
カテゴリ:航空関係
 最初に断っておきますが、私は基本的にどんな人種の人間も
嫌いではないです。


文章作成能力が低いため、嫌っているかのような書き方に見えますが、
そうではないということを言っておきます。

ということで・・・

今回は完璧なフィクションです。私の想像上の航空会社の空想上の
上級会員は、こういう行動を取っていたら面白いなぁという
ただの空想を書いています。誤解の無いようお断りいたします。

生き物シリーズ その3

上級会員という生き物(飛行機編)


今日は後輩と二人で大阪へ出張・・・13:00に新大阪で客先と待ち合わせ。

というわけで、上級会員たる者、東京から新大阪でさえ意地でも
航空機を使用する。彼はANA(注1)のPLT-SFC(注2)のため、
当然のことながら飛行機もANA21便HND11:00-ITM12:00である。

注1 ANAというと実在する航空会社のように思われますが、これは
たまたま偶然でして、全新阪神巨人航空(All New hanshin-kyozin Air)の
略です

注2 上記と同様、実在するANAのPLTとSFCではなく、空想のステータス
です。略は忘れました(笑)

ということで、羽田に9:00に着いた両名・・・


(後輩)先輩・・・新大阪に13:00だったら10:00発のノゾミ(注3)
で十分間に合うじゃないですかぁ・・・なんでわざわざ飛行機で
しかも9:00に羽田なんですか?


注3 これまた実在する新幹線の名前に見えますが、違います。
ノゾミ・カナエ・タマエという新幹線の一番早いタイプです。


(先輩)それはだなぁ・・・早めに空港に着かないとラウンジでビールが
飲めないからだ!

(後輩)はぁ??

(先輩)つまり、早めにビールを飲んでおかないとアルコールが抜けないからだ。
また、早めに空港に着いていないとラウンジでゆっくり出来ない。
さらに・・・まぁ、ラウンジに行ったらわかるよ・・・君・・・

(後輩)はぁ・・・


ということで、優先カウンタへ向かう二人・・・
規則では上級会員だけが優先カウンタを使用する権利があるのだが、
ゴネて、無理矢理、平会員の後輩の分の座席を指定するのであった。

今回は新製品を客先へ見せるため荷物も大きく、手荷物を
預けることとなったのだが・・・・いつもは決して預けない
彼だった。
でも、今回は優先カウンタ嬢があまりに大きなゼローラー(注4)
だったために、機内へは持ち込みはご遠慮してくださいとお願い
されたため渋々預けることとなった。もちろん、ゴネた末。

(注4)上級会員というものは持ち物にも拘らなければならない。
なにしろ、リモワやゼロハリを持っているとGHさんやCAさんが
カッコイイと思ってくれたりする・・・わけがない(笑)
誰も貴方のカバンなんか知ったこっちゃ無いのである。
ということで、貧乏なくせに無理してリモワやゼロハリを
持っているのが上級会員なのである。彼の発想では。


ということで、渋々荷物を預けるのだが、そのままGHさんが
受け取ったのが気に入らない彼であった・・・

(先輩)君ぃ・・・僕のゼローラーにビニールを掛けてくれないのかね?
困るなぁ・・・傷ついたらどうするのかねぇ


ゼローラーに傷は付き物、傷が付くくらいのほうが旅慣れて
カッコイイと思うのだが、彼は虎の子のヘソクリで買った
ゼローラーには傷一つ付けたくないのである。
リモワだって、少々ヘコんだ方が風格があると思うのだが・・・
ちなみに、彼は海外出張用にリモワも買ってある。
無論、常に新品同様にしている(笑)


そして、そのまま優先セキュリティゾーンへ行くのであった。
これまた、上級会員のみで同乗者がいる場合はダメなのだが、
ごり押しで無理矢理通過する。

(後輩)センパ~イ・・・俺・・・恥ずかしいっす・・・そんなことで
ごねないでくださいよ・・・・俺はあっちから行きますから・・・・
別にわざわざ混んでいる優先カウンタ使わなくても、自動チェックイン
なんて誰も並んでいないのに・・・

(後輩)で、ガラガラの一般用のセキュリティ行かないで、何で
混んでいる優先セキュリティに行くんですか?

(先輩)そりゃ・・・上級会員だからさ・・・
どんなに混んでいようと一般平民と同じ所に列んでいられるか

(後輩)はぁ・・・上級会員って・・・偉いんですね(これは嫌みである)

(先輩)わかったか後輩・・・

(後輩)はぁ・・・(ほとんどあきれ顔)


そしてセキュリティゾーンを抜けて、ダッシュで北ピアに
向かう二人・・・


(後輩)まだ1時間40もあるのになんで急ぐんですか?

(先輩)搭乗ゲートが61番だから北ピアのラウンジに行って、
それから本館ラウンジに行って61番に戻るとそれでも
足りないくらいだからさ・・・

(後輩)じゃ・・・ラウンジ行かないで、搭乗口で待ってれば
いいじゃないですか・・・

(先輩)いや、上級会員はラウンジに行かないとダメな~の
(後輩)???


そして北ピアラウンジ

まずは、生ビールを飲む二人・・・


(先輩)いやぁ・・・少し急ぎ足だったせいか、生ビールがうまい。


わざわざここに来なければ急ぐ必要もないのに本末転倒である。


(先輩)さてっと・・・君もそこにあるおつまみを10個ほど取りたまえ。

(後輩)えぇ~・・・それって持ち帰るのはダメなんでしょ?

(先輩)いいんだよ。最終的には、そこにあるのを全部持ち帰る。

(後輩)恥ずかしいっす・・・誰かに見られたらどうするんですか?

(先輩)気にしない気にしない・・・よし、全部取ったな?

(後輩)はっはい

(先輩)よし・・・じゃ、本館に行くぞ・・・

(後輩)はっはい


そして、本館でもおつまみを全てカバンに詰め込む二人だった。


(後輩)先輩・・・もしかしてラウンジをハシゴしたのはありったけの
おつまみを持ち帰るためなんですか?
そして、早めにラウンジに行って、おつまみが補充されるのを待って
全部持ち帰るため?

(先輩)決まってるだろ?・・・それがどうした・・・・

(後輩)・・・


そして、そうこうしているうちにすでに搭乗開始時刻。


(先輩)上級会員はやっぱ、平民よりも早く飛行機に乗らないとな・・・
よし・・・じゃ、乗るぞ・・・
(後輩)僕は一般会員なので遠慮しておきます。

(先輩)いいんだよ上級会員が一緒にいれば先に入れるの!
それにゲート係員は真面目にチェックしていないって・・・


しかし、やはりゲートで引っかかるのであった。


(先輩)ゴルア・・・俺様は上級会員様だぞ・・・四の五の言わず
同行者も一緒に通せゴルァ

(後輩)いいっすよ先輩・・・先に行ってくださいよ。
もう俺・・・恥ずかしいんで・・・

(先輩)何をいっとる・・・・こうなったら意地での優先搭乗
させちゃる


そして5分後・・・隣のゲートからは一般搭乗も始まっている。
しかも、後ろからはブーイングが起こり始めてきて諦める
先輩であった・・・それでもゴネて他の乗客は1ゲートしか
使えないために飛行機の出発まで遅らせてしまった。


(先輩)結局、俺までも優先搭乗できなかったじゃないか・・・

(後輩)ていうか・・・最終搭乗ですけど・・・

(先輩)なんだなんだ新聞も全然無いじゃないか・・・


機内では・・・今までのゴネた話を蒸し返し、
CAに辛くあたるのであった・・・
CAも最初は真面目に聞いていたが・・・徐々に眉間にしわが・・・
額には青筋が・・・それを見て、マズイと思った後輩が・・・


(後輩)先輩、先輩、今日の打ち合わせしましょ・・・
今日は大事な仕事でしょ?

(先輩)そうだな・・・しかし、なんだ今のCAは?
生意気だ・・・ANAにメールしておこう・・・


と、ログブックを開いてCAの名前を記入し始めるのであった。

それだけでやめときゃいいものを・・・今すぐメール
しないと気が済まないのか携帯を取りだしてメールし始めた。
無論、電源など最初から切ってはいない。


当然、CAからクレームが来ても無視したが、
「飛行機から降りてもらいます」の一言で渋々電源を切る。

そして・・・飛行機が伊丹に到着

まだ、機体が動いている間に、先輩は立ち上がり、上部
ストレージからヘソクリで買ったゼロハリP4を取り出す。
そのP4はご丁寧に布カバーで覆われている。
たぶん、上部ストレージに入れて傷が付くのを恐れている
ためであろう・・・しかし、ゼロハリP4なんてのは
擦り傷は勲章であろうに・・・常に新品同様じゃないと
ダメらしい・・・彼にとっては・・・


それを見たCAはすかさず注意を促す
「お客様、着席してください」

しかし、全く無視して、一連の作業を行い。
到着してボーディングブリッチ接続作業間にはすでに
機内最前方に到着していた。無論、CAや他の上客の
非難の声など聞こえぬ顔で・・・

後に続く後輩が可哀想である・・・

そして、結局、伊丹には15分遅れで到着した。

ちなみに、羽田で預けたゼローラーが一番先にターンテーブル
に出てこないので、これについてもGHに文句を言うのだが、
HND-ITMなんて乗客の80%は上級会員なので当然なのだが、
彼の中では自分が一番なのである。
だいたい、彼はPLTである。ANAの最下層とも言える上級会員なのだ。
彼の上位にはDIA、そしてS-DIA、VIPがいるのだ。
PLTごときのプライオリティタグなんて何の効力もないことを
彼は知らないのだ。


結局、新大阪行きのバスにも予定より30分遅れで乗り込むのであった。

もっとも、飛行機が遅れたのは彼がゲートでゴネて
他の乗客が乗るのに手間取ったせいなのは明白である。
さらに到着時に飛行機の遅れを地上係員に文句言って
バスに乗るのがさらに遅れたのは自業自得である。


さらにバスも若干遅れ・・・
結局、待ち合わせ時間に間に合わず30分の遅刻である。
当然、客先も良い印象は持たず、商談はパー。

後日談・・・度重なるゴネ及び飛行機遅延の原因を作る
ためにANAからAMC会員剥奪の封書が届き、彼の上級会員生活は
終わり・・・さらに、今回の商談失敗の原因は遅刻にあった
のだとの後輩の証言により、彼は左遷させられ石垣支社へ

しかし、めげない彼は、これで海外出張時はさらに往復4レグ
稼げると喜んだのであった・・・だが、左遷されられた先の
石垣支社の人間がもはや仕事で飛行機に乗れるわけがないのだ。

飛行機に乗る人間は栄転で行った人間だけである。
もはや彼には重要な仕事は与えられず、出張族から窓際族に
なったのだと・・・このときは知るよしもない彼だった・・・


そのうち続く・・・






Last updated  2006.08.19 19:41:24
コメント(0) | コメントを書く
[航空関係] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.