ジョンリーフッカー

全54件 (54件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

漫画

2021.02.05
XML
カテゴリ:漫画

岳読み終わりました。ラスト三歩、ウ~ン、エベレストで殺しちゃいました。泣けました。
インド人、救済の話を、書かなければ三歩は助かってました。

漫画の世界とは言え明日のジョーより悲劇的。山の男の凄み感じましたが
三歩は愛に溢れてます!






最終更新日  2021.02.05 23:21:45
コメント(0) | コメントを書く


2021.01.23
カテゴリ:漫画
ストーリー、描写に躍動感がある。
何度読んでも飽きない。格闘ストーリーに留まらない深みがある。
本棚が埋まる。

ロックスター、曲のオンパレード。
たまんないね。
コロナで、今まで普通だった行動!日常が悪者になっている。確かに価値観が変わってしまった。鼻だして喋っている人。テレビのアナウンサーが自粛しましょうと言って、マスクしないで、複数と話している。苛つく。
本来苛つく事ではないがコロナを相手にアナウンサーの軽率な行動見ているとムカつく。サイトカインがサイトカインストームになるのは飛沫がコロナの種を拡散させる為。花の種に似ている。芸能人、政治家、マスコミ皆言ってる事とやってる事が違う。
テレビ東京のアナウンサー対応は支持出来る。
他の局はバカヤローだ。
免疫破壊スタンドで攻撃してやりたい!










最終更新日  2021.01.23 13:05:53
コメント(0) | コメントを書く
2021.01.17
カテゴリ:漫画
何時もの朝を迎える。わんこの夢はワクチンvsコロナなんぞどちらが勝つなんて無関心でマスクをつけることなく眠っている。
地球の生き物の中で人間だけが想像し結果創造をしてゆく。他の生き物も進化するのだが、人間は形、適応のためというより、他の道具を使って進化してゆく。
科学の力。手塚さんがらララ、アトムを漫画の中で創造したのだが、今回のコロナ事件を、かんがみて、AIによる不死を本気になって取り組む狂気の科学者がいないとも限らない。凡人の頭で、考えもつかない細菌で死に至る病にならない人間の進化系。それはやはり不老不死。想像が不老不死をもたらしても何らおかしくない。それ程人間は想像の翼を具現化してしまう。ゲノムの領域。始皇帝もヒットラーも考える事は一緒。不老不死。コロナにやられない人間の進化系。サイボーグ009の領域になるが、、オッペンハイマーが地球破滅を創造してしてしまった世界、狂気の科学者による、不老不死の創造。いつになるか未知であるが、いずれそんな世界が来るやもしれぬ。
今の時代では絵空事だけどね。
自粛なので家で読書と音楽と映画。
これは楽しい🎶

岳は常に死が身近な題材として描かれている。三歩の、よく頑張った!
頑張ってコロナに出会わぬように生き延びてやるぜ!!!!






最終更新日  2021.01.17 09:57:58
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.11
カテゴリ:漫画



これだけ見ると何処かの本屋のよう。ここは八王子竜泉寺のスーパー銭湯なんです。朝から、夜まで漫画三昧。ノンビリ癒やされました。

八王子の有名ラーメン店でクロージング。ご馳走でした。






最終更新日  2020.01.11 20:58:45
コメント(0) | コメントを書く
2020.01.09
カテゴリ:漫画

日の出イオンのツタヤが閉鎖になるというので、レンタル漫画が150円で安売りしていた。荒木さんのジョジョは、一部から購入しているので、取りあえず20巻まで大人買い。ロカカカの果実を巡っての、バトル。飽きさせない展開。予想外の展開にワクワク。日本人に生まれて良かった。こんな面白い漫画読めるんだもの!






最終更新日  2020.01.09 18:30:10
コメント(0) | コメントを書く
2016.06.27
カテゴリ:漫画
この漫画を読んでいる時に、EU離脱勝利と言う結果が判明した。
その影響もあり昨日のような、長文を書いてしまった。





ヒトラーは誇大妄想狂であり、ゲルマン民族ドイツを愛し、ユダヤ人を嫌った。
この漫画には、ヒトラーはどういう人間であったか、よく書かれている。
なぜ浮浪者から這い上がれたのか・・
なぜあそこまで自分を超人と思ったのか・・
なぜあそこまで、人間を殺戮することができたのか・・


ドイツとイギリスとイタリアとフランスとソ連の75年前の関係はどうであったか。
EUはどうしてできたのか。
何が足りなかったのか・・・

独裁者も怖いが、国民の感情も怖い。

いずれにせよ、これが戦争の火種にならねばよいのだが・・要望の着地点は時として
予想を超える。






最終更新日  2016.06.27 20:04:46
コメント(0) | コメントを書く
2016.02.15
カテゴリ:漫画
私が生きている月日のなかで二度と作られる事はないだろう、世界最大の戦艦「大和」その戦艦に原子爆弾を運びアメリカ艦隊もろとも吹き飛ばす。壮大な海戦漫画。おちは分かっているが、飽きもせずこの物語を書き続けたかわぐちかいじの握力に脱帽。「大和」の絵も素晴らしい。機械なのになぜこんなにも美しいのだろう。
ルーズベルトが政治について語るシーンが35巻にある。
政治とは異なる利害との調整だ。
ちょっとドキッとしてしまった。








最終更新日  2016.02.15 19:07:23
コメント(0) | コメントを書く
2015.12.03
カテゴリ:漫画
映画を見た後、農業高校と言う今まで触れて来なかったジャンルが面白いなと思って漫画も読み始めた。読むと結構これが面白い。次の巻数を買いたくなる展開。まさに漫画の真骨頂と言うところだ。

「食」に関する本は結構大好物なので、豚、鶏を解体して食べるシーンは残酷だけど、きちんと描かれているので好感が持てる。11巻目には主人公の八軒が起業家を目指すストーリー展開になってくる。さあどうなっていくんだろう。わくわくしてくる。

さて食べるという事に関して、魯山人もおんなじことを言ってたけど、野菜は土から採ったばかりを料理するのが一番おいしい。肉も野菜も素材が一番大事。どんな料理名人でも素材が悪ければおいしい料理にはならない。又食べ物にはそれぞれが味の個性を持っており、それを上手に活かすのが料理の神髄である。真にそう思う。

この漫画は「将太の寿司」同様、私にとって大事な漫画となった。やっぱ漫画は面白い。







最終更新日  2015.12.14 20:34:18
コメント(4) | コメントを書く
2015.05.16
カテゴリ:漫画
読み進めるうちに、まだらだけどこの本は以前、手に取って読んだことがあると思い出した。
ただそれが小学生の頃なのか、もっと先になってから読んだのかはっきりしない。

記憶に残る漫画である。



後先になるがこんな気持ちになったのは「寄生獣」いらいの事である。



色々書きたき事はあるが、一番頭を占めているのが「差別」という問題である。
ぴかドンで顔がケロイドになった女性がいる。
心の中身は何も変わっていない。でも、気持ちが悪いと言って多くの人から差別を受ける。
これを自分に置き換えた時、果たして普通に付き合えるのか・・・
正直自身がない。
これが差別という感情であると思った。

あの場所にいなくて良かった。
あの時代に生まれて来なくてよかった。
アメリカを憎むこともなく、B・Bキングが逝去したことに対して哀悼を述べたくなる、時代に生まれて良かった。

この漫画は事実に基づき本当の事を作者がしゃべっている。
右翼から「やばい、刺されるんじゃないか」と思うような事を堂々と描いている。
それは白土三平の「カムイ伝」とはまた違った権力に対する怒りに満ちた言葉である。

絵がなんとなく嫌いだったので図書館に置いてあっても読もうともしなかった。
自己反省である。

漫画だからこそ、文字だけでは伝えられない表現がある。又漫画であるからこそ多くの人に読み継がれた。島根の図書館は制限を加えたそうであるが多くの人から反発の意見が寄せられた。この漫画に制限を加える事は絶対にあってはならない事である。

齢を喰ってしまったか、再びこの漫画に出会えた事に感謝。






最終更新日  2015.05.16 19:17:13
コメント(2) | コメントを書く
2015.03.03
カテゴリ:漫画
女性漫画で一番売れた漫画本だそうである。



これが結構面白い。今32巻目に突入。

この漫画は壮絶ないじめがテーマにもなっている。
この辺のところが愛読者を増やした理由でもないかな。
 






最終更新日  2015.03.03 15:43:01
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全54件 (54件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

PR


© Rakuten Group, Inc.