1288900 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

じょん・どー PhDをMSUで!? の道のり

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


じょん・どー

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

災害復旧能力を維持… CAT0857さん

ご意見・ご感想はこ… bona_123さん

かみぽこぽこ。 かみぽこちゃんさん
講師の花道 教師Aさんさん
金井さやかの Engli… sayaka@english-boxさん

コメント新着

 Rumi@ Re:もうちっとだけ続くんじゃ(07/11) まさしく「アメリカ ジャーナリズム」でグ…
 Yanam@ rehhh その小説は、真面目にコツコツやって書い…
 sai@ 視野が広がりました こんにちは!現在大学2回生なのですが大学…

日記/記事の投稿

バックナンバー

2019.10
2019.09
2019.08
2019.07
2019.06

フリーページ

ニューストピックス

2007.06.10
XML
カテゴリ:エンタメえんた
あんまり漫画は読まないんだけど・・・

家に転がっていたので
森下裕美『大阪ハムレット』(1) (2)を読む。

大阪を舞台にした、「ふつうのひとびと」の生活劇。
離婚とか、親の再婚とか、女の子になりたい男の子など、
虚しさ、寂しさ、哀しさを抱えるひとびとを扱いながら、
それでも彼らの人生に一縷の希望の光を描いていく・・・そんなかんじ?

1回目は一気に読んでしまうほどに引き込まれた。
確かにうるるときた。

だけど、
あとでだらだら眺めていて気づくのは、
キャラクターの「人情」描写については
かなり大阪の方言に救われているよなあ、ということ。

もちろん大阪を舞台に選んだところに作品のスゴさはあるんだけど、
登場人物の性格づけは行動やら台詞の内容からではなく、
読者がすでに持っている「大阪(とくに下町)へのイメージ」をもとに
成立しているよね、などと。

そうやって見てしまうと、
プロット自体も結構ベタベタだよね、というかんじがしてくる。
別に意外性のある話があるわけでもなく、既視感たっぷりな印象。

そういう意味では「三丁目の夕日」とあんまりかわんないよね、
などとつめたーい感想におわっていくのだけども、
こーいう作品に対して、あんまりあーだこーだいっていると
「人でなし」扱いをうけるので、このあたりでやめておく(笑)。






最終更新日  2007.06.11 00:18:46
コメント(2) | コメントを書く
[エンタメえんた] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.