1296392 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

じょん・どー PhDをMSUで!? の道のり

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


じょん・どー

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

日本は線から点へ、… CAT0857さん

かみぽこぽこ。 かみぽこちゃんさん
講師の花道 教師Aさんさん
金井さやかの Engli… sayaka@english-boxさん
海外生活、英語学習… 日和ひよりさん

コメント新着

 Rumi@ Re:もうちっとだけ続くんじゃ(07/11) まさしく「アメリカ ジャーナリズム」でグ…
 Yanam@ rehhh その小説は、真面目にコツコツやって書い…
 sai@ 視野が広がりました こんにちは!現在大学2回生なのですが大学…

日記/記事の投稿

バックナンバー

2019.11
2019.10
2019.09
2019.08
2019.07

フリーページ

ニューストピックス

全358件 (358件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 36 >

エンタメえんた

2012.07.22
XML
カテゴリ:エンタメえんた
このところ毎週日曜日にWGN Americaで(再)放送している「Monk」を楽しみにしている。

強迫性障害で休職中の元刑事モンクが殺人事件を解決する・・・ってな話なのだけど、
全体的にコミカルなタッチなので、ほっとして観ていられるのだ。

うわー、なつかしいなー
高校から帰ってきてはNHK総合の夕方をつけては
海外探偵モノいろいろ見てたなー
毎日楽しみにしてたなー

とか思っていたのだけど、
かなりの勘違いだったみたい。

というのもWikiによれば
放送開始が2002年からなのでそんなわけないのだ。
さらにいえば日本での放送はBS2だけだったらしい。

名探偵モンク
- http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E6%8E%A2%E5%81%B5%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%AF

むむむ。
どこで見てただろう?
カーディフにいたとき?

記憶っていろいろわけわからなくなりますな。


DVD Blu-ray 最大25%OFF【送料無料】 名探偵MONK シーズン1 DVD-BOX 【DVD】






最終更新日  2012.07.28 13:12:11
コメント(0) | コメントを書く
2012.07.18
カテゴリ:エンタメえんた
テレビの話。

ダメ人間大好きとしては思わず見てしまうのが
「It's always sunny in Philadelphia」というコメディドラマ。

主人公の5人が、ほんと、ろくでもないダメ人間。
そしてダメ人間がさらにダメなことをするので
いよいよダメになってしまう・・・というような感じの話。

・・・って全然説明になってないな(笑)。

公式
- http://www.fxnetworks.com/shows/originals/sunny/

英語だけど・・・Wikiもどうぞ。
- http://en.wikipedia.org/wiki/It's_Always_Sunny_in_Philadelphia

日本での放送は・・・割と反社会的な内容も含まれるので・・・ちょっと厳しいかな?
日本語字幕もついたDVDとか販売してくれたら多分買うんだけどなあ。



【送料無料】It's Always Sunny in Philadelphia [ Universe Publishing ]






最終更新日  2012.08.01 11:53:38
コメント(0) | コメントを書く
2011.11.23
カテゴリ:エンタメえんた
AmazonでWishlistを作成していたら
いろいろ魅力的なものが上がってきたので思わず衝動買い。


DSC02631
目覚ましラジオに・・・


DSC02633
ライトに・・・


DSC02635
ライト付きキーホルダー!


ほくほく。

家のラジオは必要だったからちょうどいいのである。安かったし。
ライトも何かあった時に必要になるし、キーホルダーは・・・車のキーにちょうどいいからよかったのである。

と、いろいろ言い訳を作って自分を納得させるのであった。






最終更新日  2011.11.26 08:24:02
コメント(2) | コメントを書く
2011.11.17
カテゴリ:エンタメえんた
Kindle Fire、日本語入力ができればいうことなしなのになあ・・・

とか思っていたのだけど、ごにょごにょいじればできるらしい。
というわけで、やり方はこちら:


Amazon Kindle Fireで日本語を入力する / ATOK,simejiをインストールする
- http://blog.nunnun.jp/Technology/kindle_fire_root_and_japanese_input_method.html

rootとって、うんぬんかんぬん・・・ということなのだけど、
最後にunrootしないとamazonの映像コンテンツがみられなくなるとのこと。

もちろんこういうのはやるのは自己責任でよろしく。

ぼく?
ま、よくわからんのでやらんでおこう、という結論ですよ。
誰かが簡単かつ安全にここらへんをいじれるツールを作ったらやろうとおもいます。
(全力で他力本願。)

ま、日本語入力できないことでそんなに困ってるわけじゃないしね。







最終更新日  2011.11.26 07:44:12
コメント(0) | コメントを書く
2011.11.13
テーマ:私のPC生活(6782)
カテゴリ:エンタメえんた
Pandoraはラジオとしては何の不満もないのだけど、
Music Playerとしては自分で曲を選べないのが欠点だよなー・・・と思っていた。


Pandora
- http://www.pandora.com/


と、まさにそんな欠点を克服したサービスがこの7月にアメリカ上陸していた!


Spotify
- http://www.spotify.com/us/


スウェーデンで設立されて、現在の本社はイギリスにあるらしい。
Pandoraが広告を挟みながら、ユーザーの好みにあった曲を流し続けるのに対し、
Spotifyではユーザーは自由に曲を検索でき、そのままストリーミングとして聞けてしまうのだ。
曲単位、アルバム単位、アーティスト単位でも聞ける上に、プレイリストまで作れてしまう。

要はiTunesのStoreが無料になったようなもの!
ネットにつながっている限り、130万曲が聞き放題って!

ま、無料ユーザーとして使えるのは月10時間までだったり、
モバイルで使えない、ローカルに落とせない、広告が入るなどの制限があるのだけど、
月9.99ドルのプレミアムに入るとこれらの制限が全部解除となるのであった。

9.99ドルで、作り放題のプレイリストがOfflineで聞けるってどういうことよ?
    それってローカルに落とすってことだから、曲、落とし放題ってことでしょ?



で、「どうせ聴ける曲とか限られてるんでしょ?」と思いきや、洋楽についていえばほとんどなんでもアリ。
最新ヒット曲から懐かしの曲まで僕が思いつくようなレベルのメジャー曲なら絶対にある。


うーむ、お得だ。


しかし、これで長期的にやっていけるのかとても疑問。

この料金体系だとレコード会社、アーティストの取り分がかなり少ないはずだから、
しばらくして「うちの曲、引きあげるわ」が続出してしまうのではないかと。
広告収入っても・・・限られるだろうしねえ。
もしくは有料会員の金額をあげる?うーん、それだと会員が逃げるだろうし。

ま、一消費者としてはありがたいサービスではあるんだけどね。


(と、両方ともアメリカ在住でないと全く関係ない話で失礼。
 (Spotifyはヨーロッパのいくつかの国でも使えるけどね!))






最終更新日  2011.11.17 04:45:44
コメント(2) | コメントを書く
2011.11.04
カテゴリ:エンタメえんた
人柱になるのはアメリカ在住者の義務みたいなもんでしょう・・・ということで。

Kindle Fire。Pre-orderしちゃいましたよーーーっ!


日本語を入力できるのか、
それ以前に日本語を表示できるのかも全く情報なし。
さらにいえば、Silkとか言っちゃっている分、
ウェブブラウジングもアメリカ国外でどの程度使えるのもかなり未知数。


かなり心配な端末ではある。


ま、それでも
こっちにいる分は日本語が入力できなくてもそんなに困らないし、
US AmazonのPrime会員(学生だと半額なんだよねー)になっているおかげで
いろんなビデオ・映画が見放題だし(新しいものは+1.99ドルとか払わないといけないけど)、
Kindle owner's library にもアクセスできるし、
最近Kindle Versionの本を買い始めている僕にとっては
199ドルで遊ぶ分にはアリじゃないかと。


最悪、pdfの論文リーダー+メールチェック端末として使いますよ。


というわけで、楽しみなのだ。11月15日。
(それは発売日。到着は17日・・・になってるけど、さてさて、その時に届くのかな?)

年末までに届けば、日本帰国時の使用状況もレポートします(忘れてなければ)。
請うご期待。








最終更新日  2011.11.08 13:32:40
コメント(4) | コメントを書く
2011.07.22
カテゴリ:エンタメえんた
期待していたのと違ったけど、けっこう楽しめたよ。

奥田英朗 『東京物語』。

主人公の「ある1日」をランダム切り取り、
その10代後半から20代最後を描く、青春小説。
その時代時代に流れた音楽を中心に青春の背景が挟み込まれる。

キャンディーズ解散コンサートと上京の日。
ジョンレノン暗殺と丁稚として働くとある一日。
バブルとベルリンの壁崩壊と友人のバチェラーパーティと20代終わり。

僕にとってはこのへんの社会事象については
「知識としては知っているけれども」レベル。
自分の体験とシンクロさせながら主人公の思いを追体験できれば
さらに深く楽しめたんだろうなあ、と、若干もどかしさを感じる。
だけれども、上京した最初の日の「右往左往」加減(笑)とかは
時代は違えども、なんだかわからないこともないなあ、そんな感じだったなあ、とか、ちょっと思ったり。

てなわけで、ある程度自分の青春時代を俯瞰できる30代以上の方におすすめ。


・・・と、これを書きながら初めて気づいた。
奥田英朗って「サウスバウンド」や「インザプール」のひとだったのかー!

2007.09.20 奥田英朗『サウスバウンド』の映画化、父親・一郎役は本当にトヨエツでいいのか?
- http://plaza.rakuten.co.jp/johndoe/diary/200709200000/

サウスバウンドの感想を書いた時にも思ったけれども、この人の人間の描き方が好きだな。
また機会があったらこの人の別の作品も読んでみたいところ。






最終更新日  2011.07.27 07:51:04
コメント(0) | コメントを書く
2011.07.15
カテゴリ:エンタメえんた
読書感想文課題図書のようなものばかりを手にすることになるのは環境的に仕方ないのだ。


というわけで、読んだ。

川端裕人「てのひらの中の宇宙」


【送料無料】てのひらの中の宇宙


うっすらと「となりのトトロ」。


お母さん、がんで入院。
子ども2人とお父さん(と、おばあちゃん)。

あふれ出る好奇心からの
子どもたちのさまざまな質問に、
理系なお父さんは真摯に答える。
身の回りの生き物から、宇宙の誕生と終わりについて。


で、そこに「死」と宇宙の「無限」というテーマがうまいこと絡まる。

科学をモチーフとしながらいつのまにか
家族の絆のありかたにまで話を展開させているところなど
「おぬし、なかなかやるな」ってなかんじ。(なぜか偉そうな感想。)

と、同時に、
「うわあ、科学っておもしろいなあ」と
そちらの興味も刺激されたり。

機会があればどうぞ。
理系男子好き(眼鏡男子とか、白衣男子とかその類)にはたまらん一冊なのは間違いない。


どうでもいいけど、上の子ども(幼稚園児)のセリフが
「クレヨンしんちゃん」で再生されてしまったのはおそらく僕だけではないはず。






最終更新日  2011.07.27 07:10:34
コメント(0) | コメントを書く
2011.07.10
カテゴリ:エンタメえんた
これも気になってた本。一気に読んだ。

百田尚樹『永遠の0』


【送料無料】永遠の0(ゼロ)

ちょっとあらすじを「Book」データベースから引っ張ってみる:

内容(「BOOK」データベースより)
日本軍敗色濃厚ななか、生への執着を臆面もなく口にし、仲間から「卑怯者」とさげすまれたゼロ戦パイロットがいた…。人生の目標を失いかけていた青年・佐伯健太郎とフリーライターの姉・慶子は、太平洋戦争で戦死した祖父・宮部久蔵のことを調べ始める。祖父の話は特攻で死んだこと以外何も残されていなかった。元戦友たちの証言から浮かび上がってきた宮部久蔵の姿は健太郎たちの予想もしないものだった。凄腕を持ちながら、同時に異常なまでに死を恐れ、生に執着する戦闘機乗り―それが祖父だった。「生きて帰る」という妻との約束にこだわり続けた男は、なぜ特攻を志願したのか?健太郎と慶子はついに六十年の長きにわたって封印されていた驚愕の事実にたどりつく。はるかなる時を超えて結実した過酷にして清冽なる愛の物語。


うーん。


「とてもよかった」と「全然ダメー」な部分に大きくわかれて、全体的なコメントが出しづらい。


血の繋がっている実の祖父を知る、
旧兵士たちに戦争の話を聞きに行く・・・という設定はまだ許そう。

で、比較的あっさり見つかり、
その全ての元戦友がかなり個人的なことまで(性生活のことまで)、
若者のような口調で初対面の青年にペラペラしゃべる、というのもアリにしよう。

ここでの戦争の「体験談」の生生しさがこの作品のなによりの見せ場だからね。


と、冷静に描かれるこの体験談パート。

そんなにミリタリーものに詳しいわけではない僕にとっては
零戦など戦闘機のこと、戦闘機の戦い方のこと、新たに知ることも多く、
太平洋での戦いがどのようなものだったのか、さらに理解を深めることができた。
そして日本軍がいかに戦い、いかに無駄に命を犠牲にしたか、読んでると目頭が熱くなってくる。

ここは本当にぐいぐいとひきこまれる部分!本当にイイ!


ただねー・・・


幕間・・・というか、
その「人生の目標を失いかけていた青年・佐伯健太郎とフリーライターの姉・慶子」
とやらが絡んでくる現代での出来事・会話があまりに「底が浅い」のだ。

この2人の描写や会話があまりに平坦なのは実際に読んでみて感じてほしい。
ただ、このほかにもじーちゃんの話を聞いて更生する不良の孫だの、
(元特攻隊員の前で)「特攻隊はテロリストと何も変わらない」と言い張る新聞記者だの、
「実は裏があって、わざとそういう表面的な動きをさせてるんだろうな」とおもったら、
本当にそのまま額面通りの人間で、逆の意味でびっくりさせられる登場人物の数々。

セリフが棒読みでドラマ化されても何の違和感もない。
この作者さんは「生きた」人間を描けない人なのかな?と疑ってしまうものがある。


そしてこの「底の浅さ」は人間描写だけに留まるものではなく、
戦争や現代日本そのものへの考察にも及んでいると思うんだよな、ぼくは。

「マスコミが日本を戦争に駆り立てたのだ!」
「そして戦後は逆に、マスコミは日本人に愛国心を抱けないような
 煽った報道ばかりしているのだ!」

「海軍上層部の組織が硬直化・腐敗していたから
 兵や下士官を無駄に死に追いやった!」
「それって今の日本の官僚組織みたいじゃない?」

などなど。
正直、うへー・・・読むのやめよっかな・・・と何度もおもったのだけど、
上の体験部分が読みたくて最後まで読んだ。
余計な幕間、いらないのに、と心から思った。


ああ、そうだ。


あともうひとつとても残念だったのが、
最後が完全に「お涙ちょうだい」メロドラマに終わったところ。
これが現実の話なら本当に感動!なんだろうけど・・・
創作だからねえ・・・。偶然過ぎ。繋がりすぎ。
「こーいうのにすればみんな泣くでしょ?こんなの欲しいんでしょ?」
という作者の思惑が見え過ぎちゃって
最後のあたりで一気に白けてしまったことを一応書いておく。
(まあ、僕はこのテの「感動させる装置」に関しては
 かなりひねくれているほうだから、素直に読めば感動するのかも。)


と、総合すると
「ダメだったんじゃん」って感じになっちゃったんだけど・・・
どうだろうなあ・・・あまり期待せずに読めばいいのかも?

ま、感動はしたよ。確かに。






最終更新日  2011.07.15 08:20:44
コメント(0) | コメントを書く
2011.07.09
カテゴリ:エンタメえんた
最近、このテの「ようやく読んだ」が多いな。

というわけで
佐藤多佳子『一瞬の風になれ』

日本にいるときに文庫落ちを待っていたのだけど、ずっかり忘れてた。


【送料無料】一瞬の風になれ(3冊セット)

これは読む価値ありだね。

高校生の青春部活モノでしょー?
さわやかスポーツモノでしょー?子どもっぽくない?と敬遠するなかれ。
これはオトナになってからも読める。
というか、オトナになってからのほうが逆に
部活のこととか、クラスのこととかいろいろ思い出して楽しめる(甘酸っぱいね!)。

ま、中学生や高校生の時に読んでもまた違った感動が得られたのかもしれないけど。


Oぎすさんは「疾走感があるよね」と言っていたけれども、なかなかいい評だ。
主人公の一人称語りで地の分が書かれているのは若干クセがあり、
とっつきにくく感じる人もいるかもしれないけど、
この手法のおかげで短距離走のスピード感が上手く伝えられているとおもう。


主人公お兄ちゃんの話のくだりが残念な感じがあったけれども、
まあ、文句なく、「とりあえず、読んどけ、読んどけ」と言える一冊。


ああ、そうだ。
あさのあつこ「バッテリー」を途中で挫折した人でも(ぼく)
これは最後までいけるとおもいます。






最終更新日  2011.07.15 08:22:33
コメント(2) | コメントを書く

全358件 (358件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 36 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.