1464536 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Cinema Collection

PR

カレンダー

プロフィール


ひろちゃん★510

サイド自由欄

br_decobanner_20100213011330.gif

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

劇場鑑賞「フッド:… BROOKさん

ながまりのときどき… ナガマリさん
香るキッチン kuritan735さん
With you rikoriko31219さん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん

コメント新着

BROOK@ Re:★お休みいたします★(09/15) 思いもよらないコメント… たしかにありま…
rose_chocolat@ Re:★お休みいたします★(09/15) gooはコメ閉じてたんでこちらに書くね。返…
ひろちゃん★510@ Re:zebraさ~ん(*^_^*) こんばんは♪ いつもコメントありがとうご…
ひろちゃん★510@ Re:hoshiochiさん (^^♪ ご訪問、コメントありがとうございました…
ひろちゃん★510@ Re:リュウちゃん6796さん(^.^) ご訪問、コメントありがとうございます! …

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2006.11.13
XML
勇気そして生還――これは、真実の物語。

メディア 映画
上映時間 129分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開 (UIP)
初公開年月 2006/10/07
ジャンル ドラマ

【解説】

9.11米国同時多発テロの際、崩落した世界貿易センタービルの瓦礫の中から
奇跡的に生還した2人の港湾警察官の感動の実話を映画化。
主演はニコラス・ケイジとマイケル・ペーニャ。
監督は「プラトーン」「7月4日に生まれて」のオリヴァー・ストーン。


2001年9月11日の早朝。いつものように家を出て署へと
向かう港湾警察のジョン・マクローリン巡査部長。
彼は署に着くと部下たちを集め“お互いを守り合い、
事故のないように”と言葉をかけ、それぞれの現場へと送り出す。
ところが間もなく、世界貿易センタービルの北棟に
旅客機が激突する大惨事が発生、港湾警察官たちに
緊急招集がかけられる。

すぐさまマクローリンを班長とした救助チームが結成され、
現場へと急行する。
現場の惨状に言葉を失う彼らだったが、新人警官のヒメノを
含む4人の警官が、マクローリンと共にビル内に
入ることを志願する。
しかし、彼らがビルに潜入した直後、大音響と共に
ビル全体が崩れ始めるのだった。

【感想】
(どきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハート)

予告編でとても気になっていながら、中々観れず、
そのうちに観た人の感想もイマイチな感じがして、
どうしようかと迷っていたのですが、デスノートに行って
混んでいたので(笑)、時間的に良かったこの作品を
観ることにしました。

<後から観たトリスタンとイゾルデを先にアップてしまい
ました(笑)>

感想としては、
変な言い方ですが、普通に良かったという感じかな。。。


ストーリーもラストも予想できるという内容で、
<事実をもとにしているので当たり前ですが(^^;)>
また扱ってることも9・11の実際のお話なので、
面白い映画と言うわけにはいかないわけで・・・

感動的泣き笑いな救出劇であり、たった二人を救出するために
多くの人が自分の身も危険にさらしての救助活動は感動的ですし
そこに人間の素晴らしい部分も見えるという
いい映画だとは思うのですが、題材は9.11でなくても
描けるのでは?とも思ってしまいましたしょんぼり

ただ、飛行機がビルに突っ込んでいってからの
混乱した状況、一般人はもちろん、警察関係者でも
テロ攻撃の被害を把握できなかったという
かつてないほどの混乱した状況、現場であったことは、
テロ攻撃の悲惨さは伝わったと思います。
「このようなテロ攻撃は想定内ではなかった・・・」
というニコラスケイジ扮するジョンの台詞があるのですが、
それがすべてを語っているような気がしました。

安否を気づかう関係者の家族の様子が描かれて
いるのですが、この二人は運良く、奇跡的に助かりましたが
亡くなったかたのほうがはるかに多くいことを
考えるとやりきれない気持ちでした・・・


病院で、息子の安否を気づかう母親が、「昨日帰りが
遅かったので、息子をしかった、けんかした」みたいなことを
言って号泣するのですが、胸が痛かったです。
まさか翌日にこんなことが起きるなんて想像も
できないことですから・・
ここは涙しましたね号泣。。。

一番涙が出たのは最後の犠牲者の
数の多さ、助かった人の数の少なさ
その亡くなったかたたちのお名前が出てきたエンドロールでした・・・


音楽がとても綺麗で涙を誘う涙ぽろりせいか美しい映画
(綺麗にまとまりすぎてたとも言えるかな・・・)に
なっていたと思います。

四つ葉パンフレット・えんぴつクリックで公式サイトへ>
IMG3.jpg

2749名が死亡。

その国籍は87の国に及ぶ。

343名は消防士。

港湾職員の犠牲者は84名、うち37名は警察官。

ニューヨーク市警の警官は23名。

救出されたものは20名だった。








最終更新日  2006.11.13 21:34:40
[2006年鑑賞映画] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.