1501694 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Cinema Collection

PR

カレンダー

プロフィール


ひろちゃん★510

サイド自由欄

br_decobanner_20100213011330.gif

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

今日の収穫 (コミ… BROOKさん

ながまりのときどき… ナガマリさん
香るキッチン kuritan735さん
With you rikoriko31219さん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん

コメント新着

BROOK@ Re:★お休みいたします★(09/15) 思いもよらないコメント… たしかにありま…
rose_chocolat@ Re:★お休みいたします★(09/15) gooはコメ閉じてたんでこちらに書くね。返…
ひろちゃん★510@ Re:zebraさ~ん(*^_^*) こんばんは♪ いつもコメントありがとうご…
ひろちゃん★510@ Re:hoshiochiさん (^^♪ ご訪問、コメントありがとうございました…
ひろちゃん★510@ Re:リュウちゃん6796さん(^.^) ご訪問、コメントありがとうございます! …

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2007.04.08
XML
ダイヤの価値を決める“4つのC”──
color(色) cut(カット) clarity(透明度) carat(カラット)
しかし、実は5つめのC<conflict>が存在することを、
あなたは知る──


[自由][家族][真実]──彼らは
ダイヤにそれぞれ違う輝きを見た。


映時間 143分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開 (ワーナー)
初公開年月 2007/04/07
ジャンル サスペンス/ドラマ

【解説】

内戦の続くアフリカ奥地を舞台に、隠された巨大な
ピンク・ダイヤモンドをめぐって3人の男女の運命が
交錯する社会派アドベンチャー・スリラー。
監督は「ラスト サムライ」のエドワード・ズウィック。
出演は、ダイヤの密売人にレオナルド・ディカプリオ、
事件を追う女性ジャーナリストにジェニファー・コネリー、
ダイヤ採掘に駆り出された愚直な男にジャイモン・フンスー。


ダイヤモンド業界の暗部に光を当てた内容が社会的な議論をも
引き起こした衝撃作。 
激しい内戦が続く90年代のアフリカ、シエラレオネ。
愛する家族とつましくも満ち足りた生活を送る漁師ソロモン。
しかしある日、反政府軍RUFが襲撃、ソロモンは家族と
引き離され、ダイヤモンド採掘場で強制労働を強いられる。

そんな中、彼は大粒のピンク・ダイヤを発見、監視の目を
かいくぐりそれを秘密の場所に隠す。一方、ダイヤの密輸に
手を染める非情な男ダニー。

ある時、密輸に失敗し投獄された刑務所で、巨大ピンク・ダイヤの
噂を耳にする。やがて釈放されたダニーは、ソロモンに近づき、
家族捜しに協力する代わりにダイヤの隠し場所を明かすよう迫る。

その一方で、アメリカ人女性ジャーナリスト、マディーに
対しても、彼女が追っている武装組織の資金源
“ブラッド・ダイヤモンド”の実態に関する情報をエサに
自分たちへの協力を取り付ける。こうして3人は、
それぞれの思惑を胸に、ピンク・ダイヤを目指す危険な道へと
進んで行くのだが…。

【感想】
どきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートダブルハート
実はこの映画試写会で今週の月曜日に一足早く観てきました。
どのように感想を書いていいか私には難しい作品で感想が
遅くなってしまいました。。。

鑑賞前に何も読んでいなかったので、
社会派のサスペンスだと思って、ドキドキハラハラはもちろん
期待しての鑑賞だったのですが・・・

いや~~最初から目を覆いたくなるような過激(残虐)なシーンから
始まり睡眠3時間の私でしたが、目が覚めましたびっくり
全体を通じてもかなりの銃撃戦があり、これが戦争映画と覚悟して
観に行ったら、それほど感じなかっったのかもしれませんが
サスペンスと思って観に行ったので、あまりにも重い映画だと
感じてしまいました
。。。

もともと地理は学校でも苦手な科目でしたが、特にアフリカは
本当に疎くて、お恥ずかしいのですが、この映画の舞台となっている
シエラレオネと言う国は架空なのかと思っていて、パンフを見たら
実際にある国とわかって、またまた驚きましたびっくり


10年間くらいの紛争があったことも事実で、映画に出てくる
RUF(革命統一戦線)、CDF(市民防衛隊)も実際にあったと
わかり、少年兵やダイヤモンドの不正売買など、描かれていた事柄は
かなり事実を良く勉強して作られているようで、それを知って
ますます重い気持ちに(映画なんだけど、実際にそれに近いこと
も、同じようなこともあったと思うと)なってしまいました。

中でも少年兵の銃撃の場面は、私も二人の息子の母親なので、
自分の子があんなふうになったらと思うとたまらない気持ちに
なりました涙ぽろり

アクションや銃撃戦など迫力ある(爆音・銃声ありすぎ?)映像で、
目をそむけたくなるようなシーンも多いですが、
ラスト近くのレオの演技には泣かせて涙ぽろりもらいました(^^ゞ
未来があるように思わせてくれるラストはちょっと救いかな。。。

レオはちょっと太ったなあと思ったのですが、役作りに熱心な
レオなので、それも地堕落な傭兵の感じをだすためだった
ようです。骨太な感じもしましたから。
レオは本当に上手いと思いますが、極悪密売人として
登場してもなんかそんな感じに見えないんですよね~
なんか優しさ感じてしまう私ですスマイル
(レオは役者さんとしていいと思いますが
惚れてませんからね・笑)

レオが逢った牧師さんの言葉が印象に残りました。

「人間には性善説と性悪説があるけれど、どっちだと思う?」
と言う問いかけにレオが「俺にはただの人間だ」
みたいなことを言うのですが、すると牧師は
「そうだよ。人の善悪はその人の行い(行動)で決まるんだよ
と言います。牧師さんのその言葉をきっかけにダニー(レオ)
の何かがかわって行くような気がしました。

心臓の弱い方は、ある程度覚悟して観にいったほうが
いいのかもしれません。。。
ダイヤモンドは美しいけれど、この映画を観ると複雑な
気持ちになりますね。
まあ、私には手にはいらないものですが泣き笑い(笑)

2007y04m07d_232605343.jpg

ダイヤーそれは、現実から脱出するための‘チケット’

ダイヤならなんでも買える。情報や安全、自由さえ。
ダイヤは、この荒れた大陸から抜け出す‘チケット’だ


2007y04m07d_232618953.jpg

ダイヤーそれは家族を奪還するための‘切り札’

俺は家族も家も、すべて奪われた。
さあ俺を見ろ!何が残ってる?一体何が?


2007y04m07d_232612187.jpg

ダイヤーそれは、暴かなければならない真実のための‘証言’

事実が必要なの。命が犠牲になると世界が知れば
そのダイヤを買う人はいない。


ブラッドダイヤモンド.JPG
<パンフレット¥600えんぴつクリックで公式サイトへ>

<追記・4/8・16;45>
涙ぽろりお詫び
昨日は寝ぼけていたせいか日記の日付を4月1日にしてしまいました号泣号泣
今日外出から帰って気がついたのですがびっくり、すでにみっしゅさん、
にくきゅうさん、章子さんからコメントがついておりました泣き笑い
勝手で申し訳ありませんが、レスをコピペさせて頂きました涙ぽろり
本当にすみませんでしたしょんぼりしょんぼり
これに凝りずに皆様コメントよろしくお願い致します涙ぽろり






最終更新日  2007.04.08 18:02:05



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.