1463023 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Cinema Collection

PR

カレンダー

プロフィール


ひろちゃん★510

サイド自由欄

br_decobanner_20100213011330.gif

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

今日の収穫 (10月1… BROOKさん

ながまりのときどき… ナガマリさん
香るキッチン kuritan735さん
With you rikoriko31219さん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん

コメント新着

BROOK@ Re:★お休みいたします★(09/15) 思いもよらないコメント… たしかにありま…
rose_chocolat@ Re:★お休みいたします★(09/15) gooはコメ閉じてたんでこちらに書くね。返…
ひろちゃん★510@ Re:zebraさ~ん(*^_^*) こんばんは♪ いつもコメントありがとうご…
ひろちゃん★510@ Re:hoshiochiさん (^^♪ ご訪問、コメントありがとうございました…
ひろちゃん★510@ Re:リュウちゃん6796さん(^.^) ご訪問、コメントありがとうございます! …

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2007.07.08
XML
自殺したアイドル、如月ミキの一周忌
男、5人、この部屋で事件は起こる──


上映時間 108分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(ショウゲート)
初公開年月 2007/06/16
ジャンル サスペンス/ミステリー/コメディ

【解説】

ワン・シチュエーションでありながら、どこまでも
スリリングに展開していく巧みな脚本を、個性派キャスト
5人のアンサンブルで映画化した笑いと感動の
ハートフル・サスペンス・コメディ。
評判を呼んだ脚本を手掛けたのは「ALWAYS 三丁目の夕日」の
古沢良太。監督は「シムソンズ」の佐藤祐市。

【ストーリー】

マイナーなグラビアアイドル、如月ミキが焼身自殺を
遂げてから1年が過ぎた。彼女のファンサイトでは
一周忌のオフ会を開催することに。
集まったのは、サイト管理人の家元とサイトの
常連、オダ・ユージ、スネーク、安男、いちご娘
という5人の男たち。初めて直に顔を合わせた彼らは、
ミキの思い出に浸り、自慢話で盛り上がる。

明るかったミキの自殺という事実に釈然としない
気持ちを持ち続けていた5人。
そしてオダ・ユージの“彼女は殺されたんだ”と
いう発言を境に、彼らはミキの死の真相を巡って
怒涛の推理を展開していくが…。

【感想】
どきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートダブルハート

ちまたの評価が高いキサラギ・・・観たい!
けれどレディスデイのお休みがもうない私(T^T)
でもどうしても観たい!!!と言うことで
本日観に行ってきましたウィンク

かなりの期待をする一方、あまり過度な期待を
して、思ったよりも面白くなかったらいやだなあと
微妙な感じで観に行ったのですが・・・・

いや~~~本当に面白かったですスマイル
今年観た映画の中では一番面白かったかもウィンク
(面白かったと言うのは、笑えたと言う意味が
大きいのですが)

ベースはコメディですが、そこにミステリー(サスペンス)
が加わり、ず~~と笑いながら、でもドキッとしたり
ホロリときたりと飽きることがありませんでしたスマイル


C級、いえD級アイドルの如月 ミキの1周期追悼オフ会
に集まった5人の会話で物語が進んで行くのですが、
回想シーンを除けば、ワンシチュエーションで、
展開も二転びっくり、三転びっくり、四転ショック、五転ショック(笑)

え~~!そうだっだのびっくり!と思うとまた違う事実(真実)
が出てきて、そういうことだったんだしょんぼり・・・と
納得するとまた新たな真実が出てきて・・・
そっか、あれが伏線だったんだほえー。。。
と気づき・・・そんなことの繰り返しで(笑)
とにかく脚本がよくできていると思いましたダブルハート

IMG_0002.jpg

キャストもとても良くて、ユースケさんが演じる
HNオダ・ユージはそれだけでなんか笑えますし、
絶対あの台詞でてくるだろうなあと
思っていたら(笑)、やはり言ってくれました。

IMG_0004.jpg

香川さんは、あいかわらずなんでもこなしてくれる人
ですよね。彼のHN・イチゴ娘もありえないだろっ!と
思うほどおかしく、イチゴのカチューシャをして
台詞を言う香川さんはそれだけでも
おかしかったですし、なんかひとくせあって怪しい・・・
と思わせてもくれました。

IMG_0003.jpg

HN・スネーク役の小出くんはイケメンなのに、
こういうはじけた演技もできるんだなあと
意外に思ったのですが、そういえば「のだめ」でも
変な役でしたよね(笑)

IMG_0005.jpg
塚地さんはすごく雰囲気があってあたたかさがある人で
HNであり本名でもある安男と言う役柄がピッタリでした。
彼の台詞「喪服があれば盛り上がれるんです!」
笑わせてもらいました。

IMG_0001.jpg
そしてHN・家元のもう一人のイケメンの小栗君
一緒にいった友達が「彼がこういう演技できると
思わなかった。良かった。」と驚いていましたが、なかなかの
好演でした。すねるところ(なぜすねるかは映画を観てね^^)
かわいくておかしかったです(笑)

二人のイケメンと三人のオッサン(失礼)こんな人たちに
愛された如月 ミキはどんなアイドルだったのか。。。
それはラストまでのお楽しみと言うことでウィンク

そうそう、思いがけず嬉しかったのが「ジョニーデップ」ピンクハート
の名前が出てきたことです。
パイレーツ前は、私がジョニーデップのファンと言っても
誰それ?っていう感じだったのですが涙ぽろり、今では
映画のシーンで使われるほど、有名になってるんですよね目がハート
なんでジョニーデップの名前が出てきて、
だれがジョニーデップなのかは
映画を観てのお楽しみということで^^


↓は観てないかたは読まないほうが
映画を楽しめるかなと思い反転するように
しました。
読みたい方は反転して下さいねウィンク

コメディでありサスペンスでもあるのですが、
ネット上で知り合った5人に最後は友情みたいな
ものも芽生えていくたハートフルな物語だったとも思います。 

最後のほうにやっとアイドル如月 ミキちゃんが
出てくるのですが、これがまた歌が下手で(笑)
それにあわせての5人のダンス?アキバオタクを
思わせるようなダンス?は笑えました。
みんなすごいテンションです。

私的にはラストはエンドロールのミキちゃんの
歌と5人のダンスで終わったほうが好きかな。。。
あのラストはどうなんでしょうか・・・


とにかく皆さんの評判通り面白い映画でした。
こんな面白かった映画でありながら、ラスト近くに
涙ぽろりも出そうになりました(笑)

上映館が少ないので観られないかたも多いと
思いますが、DVDでも十分に楽しめる面白い
映画ですので、是非ご覧になって下さい目がハート

IMG.jpg
<パンフレット¥600えんぴつクリックで公式サイトへ>
(パンフは残りが三冊、それも少々難ありなものなので
これでよろしければと言われて買いました泣き笑い


緑ハートオマケ

帰りに見るだけと思って入ったシルバー
アクセサリーのお店でかわいい店長の男の子(笑)
とジョニーと映画のお話で盛り上がり、
彼もジョニーが好きで、好きな作品はナインスゲートと
リバティーンと渋く、そんなこんなで(どんなだ?笑)
アクセサリー買ってしまいました(爆)
もともと気に入って、迷っていたのですが、これも
ジョニーの縁とカードで購入しました(爆)






最終更新日  2007.07.09 00:58:09

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.