1433905 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Cinema Collection

PR

カレンダー

プロフィール


ひろちゃん★510

サイド自由欄

br_decobanner_20100213011330.gif

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

今日の収穫 (6月… New! BROOKさん

『サントリー &AJINO… 美齢(めいりん)さん

ながまりのときどき… ナガマリさん
香るキッチン kuritan735さん
With you rikoriko31219さん

コメント新着

BROOK@ Re:★お休みいたします★(09/15) 思いもよらないコメント… たしかにありま…
rose_chocolat@ Re:★お休みいたします★(09/15) gooはコメ閉じてたんでこちらに書くね。返…
ひろちゃん★510@ Re:zebraさ~ん(*^_^*) こんばんは♪ いつもコメントありがとうご…
ひろちゃん★510@ Re:hoshiochiさん (^^♪ ご訪問、コメントありがとうございました…
ひろちゃん★510@ Re:リュウちゃん6796さん(^.^) ご訪問、コメントありがとうございます! …

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2008.10.31
XML
RED CLIFF
赤壁


帝国が、襲ってくる。

信じる心、残っているか。


上映時間 145分
製作国 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国
公開情報 劇場公開(東宝東和=エイベックス・エンタテインメント)
初公開年月 2008/11/01
ジャンル 歴史劇/アクション/ドラマ

アジア映画史上最大規模
制作費100億円のスペクタクル巨編


【解説】

「M:I-2」「フェイス/オフ」のジョン・ウー監督が、
三国志の有名なエピソード“赤壁の戦い”を全2部作で
描く歴史スペクタクル巨編の前編。
出演は周瑜役にトニー・レオン、諸葛孔明役に金城武、そして
周瑜の妻・小喬役にはこれが映画初出演のリン・チーリン。

【ストーリー】

西暦208年。帝国を支配する曹操は、いよいよ劉備軍、
孫権軍の征討に向け80万の大軍を率いて南下を開始した。
最初の標的となった劉備軍はわずか2万。撤退が遅れ、
曹操軍に追いつかれてしまい全滅の危機に。
しかし、関羽と張飛の活躍でどうにか逃げ延びることに成功する。

軍師の孔明は、劉備に敵軍である孫権との同盟を進言、
自ら孫権のもとへと向かう。しかし、孫権軍では降伏論が
大勢を占めており、孔明は若き皇帝孫権の説得に苦心する。
そんな時、孔明は孫権軍の重臣・魯粛の導きで、孫権が兄と
慕う司令官・周瑜と面会することに。
最初は互いに警戒心を抱いていたものの、次第に2人は
相手への尊敬と信頼を深めていく。

船.jpg

【感想】
どきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハート

映画館で最初に予告編を観た時は「レッドクリフ」が三国志と
思わなかった私(^^ハリウッド映画だと思っていました(ーー;)

次に予告編を観た時に、
「レッド クリフ」=「赤い壁」=おお!「赤壁の戦い」と
わかった私でした(笑)
私は、三国志が大好きで、もちろん、吉川英治さんの原作は
読んでいます。そして、歴史上の人物で恋人にしたい私のベスト1が
諸葛亮孔明
です!三国志にハマり、孔明に恋してダブルハート(笑)
いた私ですので、この大作は本当に楽しみにしていましたスマイル

実は、試写会でかなり前に観たのですが、大好きな三国志だけに
感想が上手く書けず(ーー;)今頃の感想となってしまいましたショック

CMでは、「三国志を完全映画化」と言っていますが、それは
ちょっと違うと思いますあっかんべー
「三国志 赤壁の戦いを完全映画化」とか言って欲しいですうっしっし

なぜかと言うと、三国志は、魅力的な登場人物も多く
『三顧の礼』『水魚の交わり』
『苦肉の計』『破竹の勢い』『泣いて馬謖を斬る』
『死せる孔明生ける仲達を走らす』

といろいろな名言やことわざも生まれていて、奥が深い物語で、
いろいろなエピソードがあるからですグッド
<三国志は、陳寿の書いた「三国志」(正史)と
羅漢中の「三国志演義」がありますが、映画は後者を
元にして作られています>

今回は、「赤壁の戦い」をメインにしていて(と言っても肝心の
「赤壁の戦い」のシーンは後編になるのですが)
物語の中心は、劉備玄徳、関羽、張飛ではなくて、
曹操、孔明、周兪、超雲、孫権、小喬、あたりになっています。

と書いても、三国志を知らない方は、チンプンカンプンですよね(笑)

と言うことで、簡単に登場人物の紹介ですウィンク

劉備と孔明.jpg

劉備・・・漢の復興を目指し、太平を求める軍主。
関羽、張飛、趙雲という豪傑を従える。

孔明・・・人も風も動かす、先見の視点で導く軍師。
劉備に「三顧の礼」をもって迎えられた天才軍師。

関羽と張飛.jpg

関羽・・・圧倒的な武勇と信義を持ち合わせた劉備軍の名将。
張飛と共に、劉備とは義兄弟の契りを結ぶ。

張飛・・・関羽と共に、1人で1万の敵に相当すると言われた
劉備軍の豪傑。劉備とは義兄弟の契りを結ぶ。

周瑜と孫権.jpg

周瑜・・・知と徳で人心を束ね、奇跡を起こした名将。
三代に渡り孫家に仕え、絶大な信頼を得ている知将。
妻の小喬は絶世の美女。

孫権・・・孫権軍「呉」の若き君主。父・孫堅、兄・孫策の死後、
呉軍を率いて天下統一を狙う。

魯粛と甘興.jpg

魯粛・・・孫権軍の重臣。劉備軍との同盟を画策する。

甘興・・・孫権軍、周瑜に仕える。命も顧みず、敵地に
攻め込む勇敢な武人。
<特別出演とあった中村獅童さんですが、結構シーンありました>

尚香と小喬.jpg

尚香・・・孫権の妹。馬術に優れ、男まさりの性格。
<演じているのは、少林サッカーのビッキーチャオでした>

小喬・・・愛を貫くしなやかな強さを秘めた、至高の美女。
<元モデルのリン・チーリン、映画初出演です>

曹操と超雲.jpg

曹操・・・帝国最大の権力者。若い皇帝を武力で脅し、80万の
大軍で天下統一を企てる。

趙雲・・・劉備に仕える勇猛な将軍。長坂の戦いで、
劉備の子供を救うため、敵地にひとり乗り込む。

<人物紹介はヤフーより引用>

パート1は、人物紹介と赤壁の戦い前の曹操(魏)劉備(呉)
孫権(蜀)の様子が、情勢が描かれ、周瑜と孔明の友情、
信頼関係が描かれています。
(実際は、あまりにも先見の明があって、智力のある孔明を
恐れて、何度も殺害しようと画策する周瑜なのですが・(^^ゞ)

趙雲.jpg
<劉備の子供の阿斗を助け出す趙雲>
オープニングは、私が好きな趙雲が大活躍する
「長坂(長坂坡)の戦い」から始ります。白馬が似合う超雲の戦いは、
いや~カッコイイですぅ~~目がハート
予告編にあった赤ちゃんのシーン、あの赤ちゃんは、劉備の子供の
阿斗でした。

白馬の趙雲.jpg
<この役者さんが好きと言うより、趙雲が大好きな
私です目がハート


三国志に精通していて、大好きな人には、疑問を感じる
ところもあるかもしれない本作品ですが、スクリーンで
見てよかった!と思える戦闘シーンの数々は迫力がありますグッド
さすが、お金かかっていますし、ジョンウー作品だと
思いましたオーケー
パート1は、アクション主体のエンタメ作品と考えれば
楽しめるかと思いますウィンク

周兪.jpg
<最初は体調不良で出演を断ったトニーですが、チョウユンファの降板で
監督が困っていないかと思って、出演することになったそうです。
最初のオファーは孔明役だったようですが、どんな役でも
こなせるトニーなので、周瑜役も良かったです>


冒頭に日本語で(図解入り)で、これまでの物語の
説明が入りますが、また、物語の途中でも、役者の下に
役名と所属する軍の名前も出てくるなど親切な作りには
なっていますが
、三国志を全く知らないかたや
金城さんやトニー目あてで(二人とも素敵ですが)、
劇場に来ているかたには、ちょっと退屈で、わかりにくい
ところも多い作品かもしれませんしょんぼり

孔明.jpg
<私は特に金城さんファンではないのですが、この画像に
胸キュンダブルハートです・笑・孔明が好きなので、胸キュンダブルハートなのかも
しれませんスマイル


三国志は大好きなので、それをスクリーンで観れるだけで
ワクワクする私ですが、それでも、ちょっと退屈に感じる
ところはありましたので、時間はもう少し短くても
良かったのではないかと思いますしょんぼり

ちなみに、前に座っていた女性は頭がガックンガックン
落ちてました(笑)
そして、その隣の女性も、こっくり、こっくりして
いましたから(笑)

エンドロール後に「レッドクリフ part2」の予告が入って
いますので、最後まで席をお立ちになりませんようにウィンク

そして、これは、あくまでも前編ですので、後半のほうがもっと面白く
なると思います。(と期待しています・笑)

私は、来年4月に公開されるパート2も、もちろん観ますが、
パート1も主人のおともで、もう1回観るかもしれませんうっしっし

星11月1日(土)から公開

ポスター.jpg
えんぴつクリックで公式サイトへ>

三国志性格診断をやってみました!

ちなみに私は孫権(優柔不断な一面もあるが、やるときはやる若き君主)
でした\(^O^)/


ウィキペディアより↓

ノート三国志

炎赤壁の戦い






最終更新日  2008.11.02 14:32:40
[2008年鑑賞映画] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.