1456498 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Cinema Collection

PR

カレンダー

プロフィール


ひろちゃん★510

サイド自由欄

br_decobanner_20100213011330.gif

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

劇場鑑賞「アナベル … New! BROOKさん

久しぶりぃ〜 rose_chocolatさん

ながまりのときどき… ナガマリさん
香るキッチン kuritan735さん
With you rikoriko31219さん

コメント新着

BROOK@ Re:★お休みいたします★(09/15) 思いもよらないコメント… たしかにありま…
rose_chocolat@ Re:★お休みいたします★(09/15) gooはコメ閉じてたんでこちらに書くね。返…
ひろちゃん★510@ Re:zebraさ~ん(*^_^*) こんばんは♪ いつもコメントありがとうご…
ひろちゃん★510@ Re:hoshiochiさん (^^♪ ご訪問、コメントありがとうございました…
ひろちゃん★510@ Re:リュウちゃん6796さん(^.^) ご訪問、コメントありがとうございます! …

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2008.11.19
XML
DECEPTION

会員制秘密クラブのルール
I 名前や職業を聞いてはいけない
II 待ち合わせはホテル
III 手荒なことは禁止
IV 合い言葉「Are You Free Tonight?」

選ばれたエグゼクティブだけが集う秘密クラブ。
導くのはエリート弁護士、ハマったのは孤独な男。
待っていたのは運命の女と、罠──。


上映時間 108分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ショウゲート)
初公開年月 2008/11/08
ジャンル サスペンス/ミステリー/犯罪
映倫 PG-12

【解説】

冴えない毎日を送る孤独な会計士が、セレブな弁護士
との出会いをきっかけに会員制の高級秘密クラブに
のめり込み、背後に仕組まれた危険な罠にハメられて
ていく官能サスペンス・ミステリー。
主演はユアン・マクレガーとヒュー・ジャックマン、共演に
「ブロークバック・マウンテン」のミシェル・ウィリアムズ。
監督は本作がデビューとなるマーセル・ランゲネッガー。

【ストーリー】

ニューヨークに暮らす真面目な会計士、ジョナサン。
友だちもおらず、職場と家を往復するだけの退屈で
孤独な人生を送っていた。そんなある日、監査員として
派遣された大手法律事務所で弁護士のワイアットと知合い、
意気投合する。

ジョナサンとは対照的に、セレブを絵に描いたような
優雅な生活を送るワイアット。そして、ふとした偶然から、
ジョナサンはエグゼクティブのための会員制秘密クラブを
紹介され、美女との一夜限りの関係にのめり込んでいく。
やがて、かつて地下鉄で見かけて一目惚れした女性と
そのクラブで再会する。名前が“S”から始まることしか
分からないその女性に溺れるジョナサンだったが…。

ポスター.jpg

【感想】
どきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートダブルハート
映画って、観る時の体調や環境に左右されますよね。。。


いや~~最悪でした!って、作品のことではないですよ。

映画館での鑑賞環境が最悪ってことです。
と言うことで、感想の前に、愚痴からです(笑)

と愚痴を書いていたら、かなり長くなってしまったので(^^ゞ
感想の後に位置を変えました(笑)

二人.jpg

最近は、お~~そう来るか~~と欺かれるサスペンス映画に
出会わなくて、サスペンス好きとしては寂しい毎日ですしょんぼり
(毎日っておおげさですが・笑)

この作品もラブサスペンスの雰囲気は悪くないし、映像的にも
いい感じではあったし、ヒューとユアンといい男が二人も
出ているので、まあ、それだけでも目の保養にはなったのですが(笑)
最初から最後まで展開が読めてしまい、結末まで想像の範囲で(^_^;)
サスペンスとしては物足りなかったです(^_^;)


決してつまらなくはない、けれど、すご~く面白いと言うわけでもなく・・・

ユアン.jpg
<7、3?8、2?分けのユアンマクレガー>

ユアンは、真面目で堅物で、孤独でサエない会計士役が
似合ってました。今回はやたらベッドシーンが多いユアン
ですがσ(^◇^;)、
ユアンのベッドシーンって、なぜだか観ていて
ちょっと恥ずかしい感じがしちゃいました。
決してベッドシーンが下手とか言うことではなくて
(って私はいったい何を言っているんでしょうか・笑)

<ベッドシーンは15回のユアン、ヘトヘトに
なったそうです・笑>

ユアンって、ベッドシーンが似合う役者さんでは
ないような気がします。ラブシーンはいいんだけど・・・
これは、悪い意味ではなくて、ユアンってピュアな感じが
するからなんだと思います。
ユアンのすっごいファンと言うわけではないので、決して
ベッドシーンへの嫉妬ではありませんよ(^_^;)
ミシェルに一目ぼれした純粋な男性役は良かったですグッド

ヒュー.jpg
<やはり素敵なヒュージャックマン>

一方、ヒューは、私にとっては、やはり、いい人のイメージが
強くて最初の登場から、胡散臭くて、悪党とわかっていても、
魅力全開で(笑)心底悪い奴だったとわかってからも、
タロットカード殺人事件でもそうでしたが、凄味みたいなものが
感じられないんですよね(^_^;)ものすごい悪党には
どうしても見えなくて~~
だって~~ヒューは、私生活でもいい人で、素敵なんですもん目がハート
<ちなみに今回はプロデューサーも兼ねています。セクシーなヒューの
ベッドシーンがないのは、製作サイドに奥様の名前があるので
うかつにはできない(笑)とのことでしたうっしっし

ミシェル.jpg
<ミシェルウィリアムズ星ゆりかごを揺らす手の頃のレベッカデモーネイに
似てませんか?>


ミシェルは故ヒースの元奥様と言うイメージしかなくて、
特に綺麗な人だとも思わなかったのですが(ファンの方すみません(^^ゞ)、
今回は、謎めいた雰囲気を持ちチャーミングで、なんか守って
あげたくなるような女性を好演してましたオーケー

二人2.jpg
<意外と身長さのあるヒューとユアン>

普通はいろいろな伏線が、後で、ああ、そう言うこと
だったんだとわかるわけですが(私の場合、特に・笑)、
今回は、先に伏線がわかってしまうので、展開も読めてしまって
驚くことが少ないんですよね(^_^;)

なにやらわけありの秘密クラブも、ストーリーにもっと
絡むのかと思ったら、えっ?それだけ?って感じでしたしσ(^◇^;)

マギーQ.jpg
<かなり、色っぽいマギーQ>

女性も、シャーロットランプリング(存在感あるなあ)や
マギーQなど出ているのに、秘密クラブの位置づけは、
それだけ?って感じでしたσ(^◇^;)

作品としてはまあDVDでもいいかなあと言う感じですが
先は読めちゃうサスペンスでしたが、ヒューとユアン、
魅力的なキャストの演技バトルは良かったので、私は
それなりに満足ですスマイル
ヒューとユアンのファンなら楽しめると思いますウィンク

映画の内容としては、原題(DECEPTION=だまし、詐欺)のほうが
相応しいのかもしれませんが、この邦題、なかなか雰囲気があって、
惹かれるものがあって、結構好きです目がハート

パンフ.jpg
<パンフ¥600えんぴつクリックで公式サイトへ>

ここからは、愚痴ですしょんぼり

『実は、私にしては、珍しく夕方からの鑑賞だったのですが、
それが良くなかったのかな?
いつものように最後列、そして足元がすぐ階段と言う席を
ゲット。

開場して入って行くと、その前を50前後のオッサンと
30代くらいの女性のカップル(と言っても、
不倫とか恋人同士ではない様子)が歩いていて席につきました。
『げっ!隣ジャン、しかもオッサンが横に来たよ(T^T)』
『そんなに混んでいないのだから映画館も
席離して売れよ~~』と、ちょっとご機嫌ナナメな私(笑)

そのカップルが、結構大きな声で話していますが、それは
まあ、予告編始る前のことなので良しとしましょう。

すると、今度は、私のひとつ空いて横に来たお兄さん
(若いかどうかはよくわかりませんでしたが・・30代前後?)が、
CMとか予告編で「あはは~~」って、笑うんです。
コメディでもなくそんなに可笑しくもないところで・・・
で、不気味でこわ~~い失敗って思って、内心ドキドキしているうちに
本編が始りました。

すると、本編が始ったら、かばんをごそごそ、そのうちに
袋の音がして、次はパリパリと何かを食べだしました。
飲食禁止ではないのですから、食べるのは構いませんが
もう少し気を使った食べ方をして欲しい涙ぽろり

1人で笑うし、本編始まりだしたら、音を気にせずにものは
食べだすし・・・なんか変な人だなあと気になってしまい、
急に暴れだしたらどうしようとか考えてしまい、
最初は映画に集中できませんでしたしょんぼり

そのうち、やっと静かになって・・・と思っていたら、
なんか光きらきらが目に入る・・・
バックライトでメール?をチェックしているヤツがかなり
前の席にいる怒ってる

もう、今日は最悪怒ってるほえーそうこうしているうちにラストに近づいたら
今度は横のオッサンが、女性に
「彼は死んでないよ。銀行に現れるんだよ」みたいなことを
横や前に聞こえるような声で言いました怒ってる怒ってる

『そんなことは、誰だってわかってるよ!映画を観ている時に、
話すなよパンチ』と言うことで、今日は散々な映画鑑賞となりました涙ぽろり

今日の私は言葉使いが悪くて、すみません
しょんぼりでもね~~本当に最悪だったんですよ。
帰ってから、長男に話を聞いてもらうと、またいつもと
同じ台詞が・・・
『だから、俺は、映画館に行くのがいやなんだ』
でした(^_^;)チャンチャン音符

このような状況で、映画にイマイチ集中できなかったことも
ハートマークの少なさにつながっているかも
しれません涙ぽろり
最後まで読んで下さってありがとうございました泣き笑い









最終更新日  2008.11.19 23:43:52
[2008年鑑賞映画] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.