1436040 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Cinema Collection

PR

カレンダー

プロフィール


ひろちゃん★510

サイド自由欄

br_decobanner_20100213011330.gif

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

今日の収穫 (6月… BROOKさん

ながまりのときどき… ナガマリさん
香るキッチン kuritan735さん
With you rikoriko31219さん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん

コメント新着

BROOK@ Re:★お休みいたします★(09/15) 思いもよらないコメント… たしかにありま…
rose_chocolat@ Re:★お休みいたします★(09/15) gooはコメ閉じてたんでこちらに書くね。返…
ひろちゃん★510@ Re:zebraさ~ん(*^_^*) こんばんは♪ いつもコメントありがとうご…
ひろちゃん★510@ Re:hoshiochiさん (^^♪ ご訪問、コメントありがとうございました…
ひろちゃん★510@ Re:リュウちゃん6796さん(^.^) ご訪問、コメントありがとうございます! …

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2009.02.01
XML

Nobody to watch over me

<モントリオール映画祭・最優秀脚本賞受賞>

殺人犯の妹となった少女と
彼女を守る刑事の逃避行が始まる──。


上映時間 118分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(東宝)
初公開年月 2009/01/24
ジャンル ドラマ/サスペンス

【解説】

社会的に注目を集める殺人事件を巡って巻き起こるネットの暴走や
マスコミ報道のあり方を、警察による容疑者家族の保護という新たな
切り口で問い直す力作社会派エンタテインメント。

「踊る大捜査線」シリーズの脚本を手掛けてきた君塚良一監督が、
その取材の中から生まれてきた構想を基に自らメガフォンをとり映画化。
突然兄が殺人犯となったことから追いつめられていく少女と、彼女を世間の
非情な視線から守ることを命じられた刑事が繰り広げる過酷な逃避行の
行方をドキュメンタリー・タッチに綴ってゆく。
主演は「ザ・マジックアワー」の佐藤浩市とTV「14才の母」「母べえ」の
志田未来。

【ストーリー】

ある日突然、未成年の長男が小学生姉妹殺人事件の
容疑者として逮捕されてしまった船村家。
両親と15歳の妹・沙織は状況も分からぬままマスコミの好奇の
目に晒され、激しいバッシングに追いつめられていく。
そんな中、刑事の勝浦は容疑者家族の保護という
任務を命じられる。さっそく保護マニュアルに則り所定の
手続きが進められ、三人別々に保護するため、同い年の
娘を持つ勝浦が沙織を担当することに。

しかし、沙織を匿おうと懸命に手を尽くす勝浦だったが、
マスコミはその度に居場所を嗅ぎつけ執拗に沙織を追いかけ回す。
やがて勝浦は、東京を離れ、ある場所へと向かうのだったが…。

【感想】
どきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハート

今日は映画の日、しかも公開作も多く・・・
本日は、「20世紀少年」「チェ 39歳 別れの手紙」を
観たのですが、その前に観たこの映画の感想です(^^ゞ

邦画はあまり観ないし、観るとしたらコメディが多いと
言っている私なのですが、この作品は、大好きな浩市さんの主演、
君塚さんの脚本(共同)、監督と言うことで、ちょっと興味が
あったところ、番宣のためか、このところよくTVで見かける
志田 未来ちゃんの受け答えがユニークだったので、
この子面白いなと思い、浩市さん、未来ちゃん、君塚さんの
ハーモニー?に興味が沸いて、観に行くことにしましたスマイル

フジTVがらみだったので、ちょっと心配?(笑)な感じも
したのですがいや~~いい作品でした。会場を出る時に、
カップルの女性が男性に、「久々にお金払ってもいい映画を観たよね」
と言っている声が聞こえましたが同感ですグッド

下矢印以下ネタバレです下矢印

志田未来.jpg

音符リベラの心が洗われるような透き通るような歌声音符が流れる中、
警察が動き兄が逮捕されるシーンと何も知らず学校で友達と
遊ぶ屈託のない笑顔の妹のシーンが、交互に映し出され、
これから、この家族には妹には、今までのような幸せな日々は
訪れないのだろうなあと、一生背追っていかなければならない
ものがあると感じさせられた冒頭のシーンは、秀逸で、
また、この少女のこれからを思うと胸が痛みました涙ぽろり。。。

そして、そのまま、映画に惹き込まれて行ったのですが、マスコミと
警察(刑事)のカーチェイスは、あそこまでするのかなあと
犯人逮捕の警察だってあんな車カーチェイスはしないだろうと
引きましたしょんぼり

その他にも、行くところがなかったからと、被害者夫婦の
ところに(事件は違いますが)加害者の妹を連れて行くのは
ちょっとおかしいんじゃあないかなあなど、他にも
ちょっと気になった(つっこみたくなった)ところは多々ありましたが
全体的には、最後まで飽きることなく観る事ができた作品でしたグッド

タイトルの「誰も守ってくれない」から、この作品は、
東野さん原作の手紙のように、加害者の妹の苦悩とかその子を
保護する刑事の苦悩とかが描かれているのかと思ったのですが、
それももちろんありましたが、それよりも、マスコミの、ネット社会の、
人間の非情さ、危うさ、恐ろしさを感じた作品でした。


実際、ネットの書き込みが映るシーンが、なぜか1番ドキドキして
観ていた私でしたほえー

たった3日間が描かれているだけなので、まだ容疑者と言う段階での
マスコミの過剰な対応、ネットでの誹謗中傷、そして、そのうちに
新しい事件が起こるとマスコミも私たちもそちらに関心がうつって・・・
また同じことの繰り返し・・・凶悪事件は、もちろん恐ろしいのですが
マスコミも、ネットも、私たち人間も、恐ろしいショック・・・
う~んしょんぼり、怖い世の中ですショック。。。

レストラン.jpg

最近、本当に出演作品の多い佐藤浩市さんですが、やっぱり
何をやっても上手いですよね^^
過去の事件で、心に傷を持ち、また家庭も崩壊寸前と
自分もある意味ボロボロになっている刑事役
良かったです涙ぽろり

松田龍平さんは、多分このかたの演技を観るのは初めてだと
思うのですが、あまり好きなタイプではなかったのですが
浩市さんとの相性は良かったような気がします。
シリアスなドラマの中にあって、一人飄々とした感じが
面白かったですオーケー
個人的には、ピアスする男嫌いですが(笑)
<ジョニーだけ許してます・笑>

台詞が少ないながら、目で訴える演技の志田未来ちゃん、いまどきの?
中学生らしさや、いきなり生活が一変して戸惑う15歳の少女を
小憎らしくも演じていて上手でしたグッド

自分の家庭も崩壊しそうで、最後のチャンス(家族旅行)も
沙織のために逃してしまったのに、やさしく接する
勝浦や辛い過去を持つ、ペンションのオーナーの本庄夫妻に
対する沙織の態度には、腹立たしさも感じたのですが、
考えてみれば、この映画は3日間のできごと。

15歳の普通の女の子が、一瞬にして、マスコミの目にさらされ、
わけがわからないうちに両親と引き離され、知らないところに
連れて行かれ、さらに、母親の自殺を知らされ、初対面の
オジサン刑事と行動を共にさせられたら、あのような態度に
なるのも無理もないかもと思いました。

夫婦.jpg

幼い息子を殺された被害者夫婦の柳葉敏郎さんと石田ゆり子さんの夫婦の
演技も良かった(T^T)
特に、ギバちゃんが、じゃなくて本庄さんが(笑)
「加害者は、刑期が終われば、社会に戻ってくるけれど
私の息子は戻ってこない」「警察は、加害者を守って被害者を
守れないのか」
みたいに感情を爆発させるシーン、
そして、親として、「我が子を守ってやれなかった」と言う
後悔の念
に、同じ親として気持ちが痛いほどわかり
涙してしまいました涙ぽろり雫

浜辺.jpg

終盤の浜辺のシーン、少女に『君が家族を守るんだ、守って行くんだ』と言う勝浦の言葉は、
ギリギリつながっている自分の家族、
自分にも言いいきかせている言葉のようにも思えました。

思っていた以上に重い作品ではありましたが、ちょっと心が
通じたような勝浦と沙織の浜辺のシーンと被害者であった本庄夫婦の笑顔に、
人間の強さや、希望も感じることができ、後味は悪くありませんでしたスマイル

タイトルは「誰も守ってくれない」ですが、人間は1人では
生きていけないし、生きているわけではない・・・
誰かを守って、誰かに守られて生きていると、また、守るということは
「人の痛みをわかること」<と言うようなことを勝浦が言っていましたが>
それは難しいことでもあるけれど、そうして生きていかなければ
ならないのではないかと思いました。

この映画の中の少女殺害事件はもちろんフィクションな
わけですが、現実でも同じような事件が多い昨今、
「背筋が凍るなあ」と言う事件は、本当になくなってほしいです。。。

TV放送の『誰も守れない』を観逃しました(T^T)観たかったのに・・・

星1月24日(土)から公開中

pannfu.jpg
<パンフレット¥600えんぴつクリックで公式サイトへ>

すべてを受け入れたとき、
人は、静かに、強くなる。


<マスコミ報道の裏で起こっているもう一つの事件>という
新たな視点から非情な社会の<今>を浮き彫りにし、そしてそんな
社会の中で生きて行く<希望>を描く意欲作『誰も守ってくれない』。

<チラシよりバ抜粋>







最終更新日  2009.02.02 15:49:45
[2009年鑑賞映画] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.