1524919 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Cinema Collection

PR

カレンダー

プロフィール


ひろちゃん★510

サイド自由欄

br_decobanner_20100213011330.gif

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

劇場鑑賞「ブラッド… New! BROOKさん

【幸せの行方...】 美齢(めいりん)さん

ながまりのときどき… ナガマリさん
香るキッチン kuritan735さん
With you rikoriko31219さん

コメント新着

BROOK@ Re:★お休みいたします★(09/15) 思いもよらないコメント… たしかにありま…
rose_chocolat@ Re:★お休みいたします★(09/15) gooはコメ閉じてたんでこちらに書くね。返…
ひろちゃん★510@ Re:zebraさ~ん(*^_^*) こんばんは♪ いつもコメントありがとうご…
ひろちゃん★510@ Re:hoshiochiさん (^^♪ ご訪問、コメントありがとうございました…
ひろちゃん★510@ Re:リュウちゃん6796さん(^.^) ご訪問、コメントありがとうございます! …

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2009.02.21
XML
SEVEN POUNDS

あなたなら、受け取れますか?

彼は【ある計画】を進めていた。
7人の他人を選ぶ。
そして、彼らの人生を変える。
何のために──?


上映時間 123分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月 2009/02/21
ジャンル ドラマ

【解説】

ウィル・スミスが「幸せのちから」のガブリエレ・ムッチーノ監督と
再びタッグを組んだ感動のヒューマン・ドラマ。
辛い過去を背負い心に傷を抱えた男が、ある計画を実行するために
見知らぬ7人を選び、彼らの人生を変える贈り物を捧げようとする
ミステリアスな動向とその真意が明らかとなっていくさまを綴る。

【ストーリー】

過去のある事件によって心に傷を抱えながら生きる男ベン・トーマス。
彼は7人の名前が記されたリストをもとに、ある計画を実行しようとしていた。
それは、7人がある条件に一致すれば、彼らの運命を永遠に変える
贈り物を渡そうというもの。その7人は互いに何の関係もない他人同士だが、
ベンにとっては彼らでなければならない理由があった。

またこの計画の目的や、贈り物の中身が何であるか、
ベン以外には彼の親友が唯一知るのみ。こうして、ベンは7人それぞれに
近づき、彼らの人生を調べ始める。だがやがて、リストの中の一人で
余命幾ばくもない女性エミリーとの出会いが、ベンの計画に
大きな影響をもたらせていく…。

ポスター.jpg

【感想】
<どきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートダブルハート>

実はこの映画は試写会で鑑賞。睡眠不足、仕事疲れ?もあったのと
画面も暗く、中身も暗く(汗)で・・・
前半、睡魔との闘いで<最近コレばかりでσ(^◇^;)>、
よ~~く観れませんでしたしょんぼり
ですので、見逃していることがかなり多いのですが失敗
一応感想です。

ラスト、感動?はあることはあるのですが
救いようのない話でもあり、後味もいいとは言えず
病気とか死にかかわることが苦手な私には
好きなストーリーとは言えなかったですしょんぼり。。。

ウィルは大好きなんですけどね目がハート

whiru.jpg
<終始笑顔のないウィル・これほどまでに悲しそうで
辛そうなウィルの役柄は観たことはないかも・・・>


冒頭のシーンからだいたい結末は予測できるのですが
彼に何があったのかは、彼が悪夢にうなされたり、フラッシュバックが
入ったりと、だんだんそれが何だったかがわかるのですが、
でも、まだ、ハッキリとはわかりませんσ(^◇^;)
そんなふうな感じで進むので、テンポが悪く、なんとなくダラダラと
後半まできてしまいますしょんぼり
それで、睡魔もきてしまったのかもしれませんほえー

二人.jpg
<心臓病を患っているエミリー役のロザリオ・ドーソン>
<彼女への贈り物は、他の6人への贈り物とは
ベンの想いが違いました。。。>


彼がプレゼントを贈るために選んだ7人の登場人物の話が浅く
さらに、ロザリオ・ドーソンとウディ・ハレルソンがクローズアップ
されているので、他の5人の存在が薄いです。実際に私は
プレゼントが贈られたのは6人しかわからなかったししょんぼり
<睡魔に襲われていたから?パンチ

ウディ.jpg
<盲目のエズラ役のウデイ・ハレルソン この俳優さんの
イメージはこわいとか憎らしいとかだったのですが、
最近はいろいろな役柄を演じてますね>


この作品は、もしかしたら、小説の世界だったら、いろいろなことが
それほど気にならずに、意外と感動できるのかもしれませんが
映画となって、画面で観てしまうと、現実味を帯びてくるので
いろいろと気になるところ(ツッコミどころ?納得できないところ?
も出てきてしまい)ラスト、涙も出たのですが涙ぽろり
素直に感動できない作品となってしまいましたしょんぼり

雫は出たのですが、う~~ん、感動とかとは違うかなあ。。。

3人.jpg
<心臓病の人でも、グレートデンって飼えるのかな?>

これは好き嫌いのある映画だと思いますし、ベンの行動に
賛否両論もある作品だと思います。

観終った後に、いろいろと話し合いたくなる作品なのかも
しれません。

とにかく重い、重いテーマでした涙ぽろり

好きとは言えない内容ですが、いつもとは全く違うウィルの演技が
観られますし、観終った後、いろいろと考えることにもなるので
一見の価値はあると思いますグッド

今回は、何を書いても、内容に触れてしまうので
またネタばれ感想としても書きにくかったので
かなり短い感想となってしまいましたσ(^◇^;)
<寝てたからと言うこともありますがショック

次回は、コメディとか明るいウィルが観たいなあ目がハート

星2月21日(土)から公開中

パンフ.jpg
<パンフレットえんぴつ クリックで公式サイトへ>
<文庫本くらいのサイズのパンフレット。7にかけて700円?>
<重さも、もしかしたら、7ポンドなのかな?>


神は7日間で世界を創造した。

僕は7秒間でーー人生を叩き壊した。







最終更新日  2009.02.22 01:44:18
[2009年鑑賞映画] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.