1435981 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Cinema Collection

PR

カレンダー

プロフィール


ひろちゃん★510

サイド自由欄

br_decobanner_20100213011330.gif

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

今日の収穫 (6月… BROOKさん

ながまりのときどき… ナガマリさん
香るキッチン kuritan735さん
With you rikoriko31219さん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん

コメント新着

BROOK@ Re:★お休みいたします★(09/15) 思いもよらないコメント… たしかにありま…
rose_chocolat@ Re:★お休みいたします★(09/15) gooはコメ閉じてたんでこちらに書くね。返…
ひろちゃん★510@ Re:zebraさ~ん(*^_^*) こんばんは♪ いつもコメントありがとうご…
ひろちゃん★510@ Re:hoshiochiさん (^^♪ ご訪問、コメントありがとうございました…
ひろちゃん★510@ Re:リュウちゃん6796さん(^.^) ご訪問、コメントありがとうございます! …

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2009.11.22
XML

人気ブログランキングへ

INGLOURIOUS BASTERDS

悪名こそ、彼らの名誉(グロリアス)。

上映時間 152分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(東宝東和)
初公開年月 2009/11/20
ジャンル アクション/戦争
映倫 R15+

【解説】

「パルプ・フィクション」「キル・ビル」のクエンティン・タランティーノ
監督が復讐劇をテーマに描く痛快アクション・エンタテインメント大作。
第二次大戦下のフランスを舞台に、ナチスに家族を殺されたユダヤ人女性と、
情け容赦ないナチ狩りで恐れられるユダヤ系アメリカ人部隊“バスターズ”が
繰り広げる壮絶かつ壮大な復讐の行方を、タランティーノならではの映画愛
あふれる演出でスリリングに綴る。主演はブラッド・ピット、共演にメラニー・ロラン、
ダイアン・クルーガー。また、敵役のランダ大佐を演じたクリストフ・ヴァルツは、
この演技でみごとカンヌ映画祭最優秀男優賞を受賞。

【ストーリー】

1944年、ナチス占領下のフランス。かつて、“ユダヤ・ハンター”の
異名をとる冷血な男ハンス・ランダ大佐によって家族を皆殺しにされた
少女ショシャナは、ただ一人逃げ延び、現在はパリで映画館主に身を
やつしながら復讐の機会を窺っていた。

同じ頃、アルド・レイン中尉率いるユダヤ系アメリカ人を中心とした
連合軍の極秘部隊“イングロリアス・バスターズ(名誉なき野郎ども)”
がナチスを次々と虐殺、その残虐な手口でドイツ軍を震え上がらせていた。

そんな中、ショシャナの映画館でナチスのプロパガンダ映画「国民の誇り」の
プレミア上映が決まり、ヒトラーはじめナチス高官が一同に集結することに。
この千載一遇のチャンスを逃すまいと、ショシャナ、バスターズ、それぞれが
行動を開始するが…。

ポスター.jpg

【感想】
どきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートどきどきハートダブルハート

実はクエンティン・タランティーノ作品の鑑賞初めてです(^^;
パルプ・フィクションは気になりながらも、未鑑賞ですσ(^◇^;)
さて、初めて観たタラちゃんの作品はと言うと・・・
すっごく、面白かったです!
ちなみに私の横に座った30代後半くらいのカップルはず~っと(本当にず~と)
笑って観てました。よっぽどタラちゃんの作品がお好きなのかな?(笑)

152分の上映時間はながっ!って思って観始めましたが、長さは
全然感じなかったです。戦争映画だし、タラちゃんの作品だしと
残虐なシーンは覚悟して観に行きましたが、頭の皮剥ぎとかバットで撲殺
とかエグイ場面をしっかり見せてくれる(苦笑)のが自分にはちょっと
きつかったですσ(^◇^;)

ですが、なんでしょうね~、緊張感やスリルがずっと続いて、でも至るところに
ジョークがあり笑えて、かと思うと残酷描写があってと自分には衝撃的な展開で
飽きることはありませんでした。
キャラクターもユニークで、音楽もカッコよくて、結末が気になってと
最後まで本当に楽しめちゃいましたグッド

お話は5つの章に分れています・・・

下矢印以下ネタに触れた部分があります下矢印

と言うことでチャプター紹介ウィンク

1.jpg

この映画の中では1番重いシーンかな・・・
ハンスの手から逃れられたユダヤ人ショシャナ(=メラニー・ロラン)が
3章に出てきます。「ユダヤ・ハンター」と異名をとる冷血感ハンス・ランダ大佐役
クリストフ・バルツがの演技が素晴らしい。
物静かな語り口の中に、ヒシヒシと恐怖を感じ、怖かった(T^T)
私でも白状しちゃいます(笑)
こんな重いシーンの中でも、パイプの大きさで笑いをとるタランティーノって
面白いですねえうっしっし



2.jpg

ここで、予告編に良く出てきたシーン、ブラピ含む血気盛んなバスターズが登場。
<バスターズの1人1人の詳しい紹介がないのがちょっと残念>

バットで敵を殴り殺す‘ユダヤの熊’ニード(=イーライ・ロス)と
ドイツ人でありながら、ナチスの将校13人を虐殺したヒューゴ
(=ティル・シュバイガー)が特に恐れらているようです。
ブラッド・ピットが演じる熱い男だけどオバカっぽいアルド・レイン中尉
がまた笑える~そして、バスターズに怯えるヒトラーも可笑しいうっしっし



3.jpg

ミミューと名前を変えたショシャナが、うら若き映画主となって登場。
そのショシャナに惚れるのが、「国家の誇り」と言うナチの宣伝映画の
主演をしている、ドイツの英雄の兵士フレデリック(=ダニエル・ブリュー)。
ダニエルが若い頃のチャーリー・シーンに見えてしまった私σ(^◇^;)
この章では、ランダ大佐とショシャナが再会した時のシーンに緊張(^^ゞ



4.jpg



英国の2重スパイでドイツ人人気女優のブリジット・フォン・ハマーシェルク
(=ダイアン・クルーガー)が登場。いかにも人気女優と言う感じで、
ダイアンお美しかった・・・そして最後の行動が凄かったびっくり
居酒屋でのナチス将校との会話にシーンにドキドキハラハラ・・・
ドイツ人じゃないとバレたのが言葉の訛りでなく、グラスを3つと言って、
出した指の3がドイツ人の出し方でないと後でわかってビックリ。
すさまじい銃撃シーンでした。ここでもタランティーノって容赦ないんですねショック



5.jpg

「国家の誇り」のプレミア上映の夜。ヒトラー暗殺(ナチ撲滅)のために
イタリア人を装い、ブリジットと仲間とともに潜入したアルド中尉、
ギブス姿のブリジットを疑うランダ大佐、ナチに復讐を果たそうとするショシャナ
さまざまな思惑が交錯します。

ここでも、あっけなく人が殺され死んで行きます。アルド中尉は?ショシャナは?
ブリジットは?そして、ヒトラーは、どうなるのかと思ったら、そうなるんですね~
ショックまた、ランダ大佐がとった意外な行動にもビックリびっくり・・・

ラスト.jpg
<矢印はタランティーノ監督のマネです・笑>

いい意味で、結末はいろいろ裏切られて新鮮な驚きがありましたグッド

ブラピのオバカっぽい演技も上手いし好きなのですが、この映画を観て
印象に残ったのは、ランダ大佐役のクリストフ・バルツ、冷静で頭が切れて、
語学も堪能(フランス語、、英語、イタリア語・ドイツ語を操る)
静かな語り口で感じさせる恐怖と威圧感、かと思うと「ビンゴ!」で
笑わせてもくれてコミカル、最後は、こずるい人間って言う狡猾さも
見せてくれて、本当に嫌な大佐を演じてくれました・・・

彼のような敵役がいるから、対照的な性格のブラピの大佐も生きるし、
物語も面白いものになっていたと思います。オーケー
カンヌ映画祭最優秀男優賞を受賞とのことですから、これからは彼を観る
機会が増えるかも?

ランダ大佐.jpg

私はほとんど気がつかなかったのですが、タランティーノ監督ならではの、
過去の作品へのオマージュが、たくさんあるようです。
それがわかるかたは、さらにこの作品を楽しむことができるんでしょうねウィンク
音符音楽は、彼が大好きなモリコーネに依頼したら、モリコーネには新作で
忙しいと断られ、その代わりにモリコーネの既存の音楽を何曲か使用したようです。
どうりでなんか懐かしかったわけだ(笑)

エグかったりグロかったり、暴力的なシーンが多いと言うイメージの
タランティーノ作品は、私の好みとは言い難いのですが(^^;、
この作品は素直に面白かったと言えますグッド

星11月20日(金)から公開

パンフ.jpg
<パンフレット¥600えんぴつクリックで公式サイトへ>

マイク・マイヤーズ出演するって知っていてわからなかった(^^;
パンフ見て、え~~~将軍?て驚きましたが、彼だとわかって見ると
やっぱりマイクだわ~(笑)

マイク.jpg
<矢印のつけかた逆だった・笑>

ナレーションのサミエル・ジャクソンも気がつかなかった(笑)声だけだから仕方がないか(^^;

<TOHOシネマズ・六本木ヒルズで鑑賞>
人気ブログランキングへ気が向きましたらクリックして下さいませぽっ

 







最終更新日  2009.11.22 20:28:42
[2009年鑑賞映画] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.