1539059 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Cinema Collection

PR

カレンダー

プロフィール


ひろちゃん★510

サイド自由欄

br_decobanner_20100213011330.gif

フリーページ

カテゴリ

お気に入りブログ

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

ながまりのときどき… ナガマリさん
香るキッチン kuritan735さん
With you rikoriko31219さん
☆orange pe… ☆オレンジピール☆さん

コメント新着

BROOK@ Re:★お休みいたします★(09/15) 思いもよらないコメント… たしかにありま…
rose_chocolat@ Re:★お休みいたします★(09/15) gooはコメ閉じてたんでこちらに書くね。返…
ひろちゃん★510@ Re:zebraさ~ん(*^_^*) こんばんは♪ いつもコメントありがとうご…
ひろちゃん★510@ Re:hoshiochiさん (^^♪ ご訪問、コメントありがとうございました…
ひろちゃん★510@ Re:リュウちゃん6796さん(^.^) ご訪問、コメントありがとうございます! …

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2011.01.30
XML

人気ブログランキングへ

なぜ、
戦うのか──。


上映時間 130分
製作国 日本
公開情報 劇場公開(東宝)
初公開年月 2011/01/29
ジャンル SF/アクション/サスペンス
映倫 PG12

【解説】

独創的にして謎に満ちたストーリー展開と過激なバイオレンス描写で
カリスマ的な人気を誇る奥浩哉の同名マンガを、「硫黄島からの手紙」
の二宮和也と「DEATH NOTE デスノート」の松山ケンイチ主演で
実写映画化した衝撃のSFサスペンス・アクション。
2部作として製作され、本作はその第1部。
共演に吉高由里子、本郷奏多、山田孝之。監督は「修羅雪姫」
「ホッタラケの島 遥と魔法の鏡」の佐藤信介。

【ストーリー】

何事にも無気力な就活中の大学生・玄野計と正義感の強い青年・加藤勝。
幼なじみの2人は地下鉄のホームで再会して間もなく、通過する電車に
はねられ命を落とすことに。しかし、死んだはずの2人は次の瞬間には
見慣れぬマンションの一室に移動していた。
そこには、他にも死んだはずの人々が集められていた。

やがて彼らは、リビングの中央に鎮座する謎の黒い球体“ガンツ”から
唐突にあるミッションを命じられる。それは、“星人”と呼ばれる
異形の敵と戦い、抹殺しろというもの。そしていきなり戦いの場へと
転送されてしまう玄野と加藤たち。
こうして理由も分からず、何の覚悟もないままに、生きるために
戦い続けなければならない不条理な世界へと呑み込まれていく2人だったが…。

メニュー.jpg

【感想】(109シネマズ川崎)
赤ハート赤ハート赤ハート赤ハートニノと松ケンに惚れ惚れ~目がハート

29日から公開の映画は観たいものが多く、普段なら洋画優先ですので、
「RED」を鑑賞するところなんですが、主演がニノと松ケンと言う
私好みの二人が主演とあって邦画ではありますが、こちらを鑑賞して
きました\(^O^)/

原作のコミックは未読、アニメも観ていません。
予告編のみ観て、ニノと松ケンだから、面白くなくても、
この二人観てるだけでもいいやあ(笑)みたいな感じで
鑑賞に臨んだのが良かったのか、いや~~面白かったですぅ~♪
ギリギリで入ったので、暗かったのですが、ほとんど満席だった
ような感じでした。

死んだはずの人が、東京タワーの見えるマンション?の一室に
集められて星人退治のミッションが強制的に言い渡され、
その人たちが、理由もわからず指令通りに星人退治をするのですが、
全くその理由説明がないので、登場人物と同様に観ている私も、
GANTZって、黒い球体っていったい何?なぜ集められて、
なぜ星人退治をするの?と『なぜ、どうして?』と気になり、
ストーリーの不可思議さにも惹き付けられ、それゆえ最後まで
興味が持続、最後までドキドキ、ハラハラの鑑賞で、
また、VFXもすごくて、アクションシーンも迫力があり、
楽しめましたグッド

まさか主演(準主役?)の松ケンが、マル秘最後死ぬとは思っていなかったので、
その意外な結末にも驚かされました(*_*)そして、その上に、最後の最後で、
再び登場していた松ケンの姿に2部への期待も膨らみましたマル秘
\(^O^)/

キャストが良かったですね~ダブルハート

玄野 計(=二宮 和也)
ニノ.jpg
就活中の大学4年生。地下鉄の事故でガンツに召還される。
最初は召還に困惑するが危機回避能力の高さから戦いに順応し、
ガンツでの闘いに自分自身の存在意義を見出して行く。
加藤とは幼馴染。

加藤 勝(=松山 ケンイチ)
松ケン.jpg
小学生の弟と二人暮し。生活を支えるため高校にも大学にも
行かず働く22歳。同じく地下鉄の事故でガンツに召還される。
玄野は、加藤にとって憧れの存在。正義感が強く、やさしい。

岸本 計(=夏菜)
夏.jpg
リストカットで自殺を計ってガンツに召還。仲間思いで、やさしい加藤に
強く魅かれて行く。

小島 多恵(=吉高 由里子)
吉高.jpg
玄野に密かに好意を寄せる大学の同級生。絵が得意で、玄野をモデルにした
ヒーロー漫画を書いている。

その他に、田口トモロヲさんも頼りない、リストラされた中年サラリーマン役、
鈴木良一で出ています。

今回出てきた星人(小中学生がつけたようなネーミングだ・笑)

ねぎ星人・・・<特徴>くさい、<好きなもの>ねぎ
         こどものねぎ星人をやっつけるのは、ちょっとかわいそうな気も(^_^;)

田中星人・・・<特徴>さわやか、<好きなもの>ラジカセ
         田中星人のラジカセから流れる歌が田中星児(だったと思うのですが)
         って原作も(アニメも?)そうなのかしら?

おこりんぼう星人・・・<特徴>おおきい<好きなもの>静かなところ
             このシーンは大迫力のアクションシーンでは
             あったのですが、私的には、ちょっとツッコミ
             どころもありました(^_^;)

2.jpg          

ニノが映ると『いや~ニノ素敵(*^o^*)好きだ~!』松ケンが映ると
『あ~~、やっぱり松ケンカッコイイ(*^o^*)好き~!』と不純?(笑)な
観かたをしていたこともあって、私は、より楽しめたのかもしれません目がハート
それに、もともと、SFは好きなほうなので、こういう不条理な世界も
好きですしねウィンク
PG12指定になっているだけあって、グロイ描写が結構ありますショック
でも、原作もアニメも観ている主人に言わせると、原作(ヤングジャンプなので)
では、もっとエログロだとのことでしたびっくり
おばあちゃんと孫のシーンはどうするのかと気になったとも言ってました。
原作は相当酷い殺されかたらしいですしょんぼり
ちなみに、主人は、映画は面白かったと言っていましたグッド
と言う事は、何も知らない人でも、原作を知っている人でも、
楽しめると言うことでしょうかウィンク

2部構成ですので、言わば、今回は大きな予告編、全ての謎は2部で
解き明かされるようで(原作のコミックはまだ終わっていないそうで、
映画の後半はオリジナルになるようです)また、原作にはいない
重田 正光(=山田 孝之・最後に出てきたけど、太っててビックリ(^^;)
も登場して来るので、4月の公開が楽しみですウィンク

ニノと松ケンのファンは必見です!

星11月29日(土)公開
パンフ.jpg

<パンフレット¥600えんぴつクリックで公式サイトへ>
<写真も多くキャスト、監督のインタビューもあり、製作の裏側、
完成への軌跡など見応え、読み応えありで600円はお得だと思います>




ガンツは誰が作ったのか、そして何のために作られたのか。
‘星人’とは何者なのか、そして何のために戦っているのか。
すべては謎に包まれたまま。
逃れられない戦いの連鎖が始まる!!


人気ブログランキングへ
クリックして頂けたら、嬉しいですぽっ






最終更新日  2011.01.31 00:43:30



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.