2010.09.09

★バイオハザード IV アフターライフ★

カテゴリ:2010年鑑賞映画
人気ブログランキングへ

RESIDENT EVIL: AFTERLIFE

新たな物語は「東京」から始まる
東京.jpg

上映時間 97分
製作国 アメリカ
公開情報 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)
初公開年月 2010/09/10
ジャンル アクション/SF/ホラー
映倫 PG12

【解説】

ミラ・ジョヴォヴィッチ扮する最強ヒロイン、アリスの活躍を描く
「バイオハザード」シリーズの第4弾にしてシリーズ初の3D作品となる
SFアクション大作。T-ウイルスに感染したアンデッドが地球規模で
増殖していくなか、生存者の救出に奔走するアリスとアンブレラ社との
新たなる戦いを、迫力の最新3D技術で描き出す。
共演は前作に続いての登場となるアリ・ラーター。監督は、これまでシリーズ
全作の脚本を手掛け、監督としては1作目以来満を持しての再登板となる
ポール・W・S・アンダーソン。

【ストーリー】

東京に降り立ったアリス。彼女の目的は、アンデッドが溢れかえるなか、
いまもなお秘かに活動を続けるアンブレラ社の地下施設。すぐさま潜入を開始し、
中枢へと迫っていく。その後、東京を後にしたアリスは、クレアたちが
待つアラスカへと向かい、やがて、生存者たちの唯一の希望である
“アルカディア号”の手がかりを求めてロサンジェルスへ。

彼女はそこで、無数のアンデッドに包囲された刑務所に逃げ遅れた
生存者たちがいることを知る。彼らを脱出させるため、自ら刑務所の
中へと飛び込んでいくアリスだったが…。

【簡単感想】
赤ハート赤ハート赤ハートダブルハート3.8くらいかな

バイオハザードは息子たちが、小さい頃、ゲームをしていたので、
知っていましたが、ワラワラとゾンビ?が出てきて気持ち悪く、
ホラーチックな映像のゲームでしたので、ゾンビ、スプラッター、ホラー
というのは大の苦手な私なので、今までのシリーズの映画は観ていませんわからん

では、今回、4作目にして、なぜ観たかと言うと、他の記事でも書きましたが、
アリスインワンダーランドやトイストーリー3などをIMAX3Dで
鑑賞した時に観たこの映画の予告編の映像が、アクションが凄かったからです。
と言うわけで、このシリーズの大ファンと言うわけではないのに、
映像が目当てなので、IMAX3D(¥2200)で鑑賞してきましたちょき

と言う事で、目当ては映像とアクション、そしてキャストではプリズンブレイクの
ウェントワースミラー目当ての鑑賞ですので、それが目的としたら、
結果は満足できました(笑)

今まで観ていないので比較はできないのですが、今回は、血飛沫とかも
あまりなく残酷な描写も思ったほどはなかったので、ゾンビ映画と言うよりは、
SFアクション映画という感じがしました。

手裏剣.jpg

予告編から期待していた3D映像のアリスのアクションシーンは、予告編で
観たものがほとんどだったような気もしましたが、アリスの投げた手裏剣や
壊れたガラスの破片とかが、客席にまで飛んでくるような感じで
臨場感は味わえましたグッド

また、私は三半規管が弱いので(^_^;)目が回りそうにもなったところも
ありましたが、3Dでの俯瞰の風景などは奥行きがすごく引きこまれるような
感じがして効果的で良かったと思いますグッド

この作品は、日本が生んだゲームが原作と言うこともあって、日本での
人気も高いのでサービスなのか(笑)オープニングは渋谷の
スクランブル交差点からなので、よく行く渋谷が出て来るのは、
やはりテンションが上がりましたねえスマイル
ただ、中島美嘉には気がつかなかった私ですが(笑)
出演するって知らなかったし(^_^;)

巨人.jpg

ストーリーは、今まで観ていないので(こればかりですが・笑)、
悪の組織アンブレラのこととか、登場人物の兄弟関係とか、
斧を持った無気味な巨人とか、頭が(口が?)半分に割れる犬もどきとか
のことは何もわかりませんが、ストーリーはあってないような感じですから、
そんなことはわからなくても、結構楽しめたので、シリーズをずっと
観ているかたはもっと楽しめるのかなウィンク

アリス.jpg

めちゃくちゃ強いアリスが生存者を守って戦って、刑務所からの脱出に
ドキドキハラハラ、そして、ラスト、めでたしめでたしかと思ったら、・・・
えっ?まだ続くんかい!と言う結末でした(笑)

主なキャストは・・・

ミラ2.jpg

アリ.jpg
<生存者を率いるのリーダー>
<この女優さんは初めて見ました>

ミラ.jpg
<クレアの兄>
<刑務所つながりで、プリズンブレイクのミラーが出演なのかと思ってしまった・笑>

アル.jpg
<アリスの今回の敵>
<この役者さん、レイ・リオッタにもヴァル・キルマーにも見えました(^_^;)>

ルーサー.jpg
<刑務所にいた生存者のひとり>
<今回のイケメン発見は、この俳優さん・笑>

一緒に鑑賞した主人は、ゲームはやったこともあるのですが、
映画は初めてでしたが、私も主人もそれなりに満足した映画でした。
ただ、今回、先行で観た時には、吹き替えしかなかったので、
吹き替えでの鑑賞で、声優さんは、変にタレントとか使わず
悪くはなかったのですが、日本語の台詞がアニメを観ているような、
ゲームの映像観ているような気がしてしまいましたしょんぼり
字幕のほうが、映画としての迫力はより感じられたかも・・・

とは言え、もともとストーリーとかに期待していたわけではなかったので、
遊園地のアトラクション感覚で映画を楽しむ事はできましたグッド

星9月10日(金)から公開

チラシ.jpg
<これはチラシですが、表紙は同じなので代用・パンフがA4サイズではないので
コピー機に入りきれないので(^_^;)パンフレット¥700えんぴつクリックで公式サイトへ>
バイオハザードのことは何も知らない私ですので、私にとってパンフ必須でした・笑>


サングラス.jpg

ノート監督が追求する3Dの美学!
「飛び出し」ではなく、観客を映画に
引きずりこんでこその恐怖!


<109シネマズ川崎IMAX3D、エクゼクティブシートで鑑賞>

人気ブログランキングへ
クリックよろしくお願いします目がハート





TWITTER

最終更新日  2010.09.13 00:36:21
[2010年鑑賞映画] カテゴリの最新記事