322453 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ホルモンバランスを整えよう

2010年02月15日
XML
カテゴリ:
砂糖だけでなく、白米や食パンなど精製された炭水化物が
血糖値の急激な上昇をまねくことはご存じのとおりですが

砂糖・白米・食パンなどによる、血糖値の急上昇は
単に糖尿病や機能性低血糖症などの問題だけでなく

がん発症のリスク要因として大きな問題であると言えそうです

ダヴィド・S・ シュレベール著「がんに効く生活」より抜粋
-------------------------------------------------------------------
私たちが精白糖や精白小麦粉("血糖指数=GI値の高い食べ物")を食べると、
血液中のブドウ糖の割合(血糖値)が急速に上昇し、
そのブドウ糖を細胞に吸収させるために、ただちにインスリンが分泌される。

すると、それとともに、
IGF(インスリン様成長因子)と呼ばれる物質が分泌される。

このIGFは、細胞の成長を促進する役割を果たす。
つまり砂糖は、人体の組織を育て、急速に成長させるのだ。

さらに、インスリンとIGFはどちらも、炎症性因子を刺激する作用がある。
炎症性因子もまた、腫瘍の成長を促す働きをする。

現在、大量のインスリンとIGFが分泌されると、
直接がん細胞の成長が促進されるだけでなく、がん細胞が
隣り合う組織を侵食する力を高めることにもなることが知られている。
--------------------------------------------------------------------

ダヴィド・S・シュレベール医師によると、大量のインスリンとIGFによる
炎症性因子が「がん細胞」の成長を促進と勢いをつけてしまうとのこと

がん患者さんは、特に血糖値の急上昇をまねく砂糖や白米はもちろんのこと
食品のGI値を意識した食生活をして頂ければと思います

玄米の利点は、有害物質排出だけでなく低GI値にあると言えるでしょう

★できれば無農薬・無化学肥料の玄米が最高ですね!


「完全農薬・化学肥料未使用栽培のお米」※石抜き・籾殻精選済み/真空梱包対応可能※北海道・沖...






最終更新日  2010年02月17日 18時37分48秒
コメント(0) | コメントを書く

PR

カテゴリ

ランキング市場

コメント新着

 東京テクニカル@ Re:自殺対策にミネラルウォーター?(08/29) 精神科医らと製薬会社との癒着と精神薬の…
 タロさ@ Re:マクロビの危険性(01/25) 身体の事もあり、マクロビやってます。 …
 その通り@ Re:高濃度ビタミンCの原価(01/11) ジャスティスさん >ハッキリ言って、日…
 ジャスティス@ 高濃度ビタミンCの原価 ハッキリ言って、日本の医者はボッタクリ…
 通りすがり@ ブログ主の考えが正しいと考えられます > 「もし放射能が原因での鼻血であれば…

バックナンバー

2019年07月
2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ソムリエ太子

フリーページ

サイド自由欄

あわせて読みたいブログパーツ


無料アクセス解析

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.