000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

ホルモンバランスを整えよう

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

分子整合栄養医学

2010年10月19日
XML
カテゴリ:分子整合栄養医学
てんかん患者さんの3割強は、てんかん治療薬が効かない『難治性てんかん』で
その難治性てんかんの発作を抑えるメカニズムを岡山大学が解明したとのこと

ニュース記事からは詳しいことは分かりませんが

以前より分かっていた、「ケトン体」による
脳内伝達物質「グルタミン酸」の働き抑制の仕組みが解明されたとから

この仕組みを利用した新薬開発の開発を期待するとのことですが
新薬なんて何時になるか分かりませんし、副作用も心配ですよね?

糖質制限食やケトン食では効果がないのでしょうか?

難治性てんかん:抑制メカニズム解明 新薬開発に光--岡山大
--------------------------------------------------------------------
岡山大大学院医歯薬学総合研究科のグループが、
薬が効かない難治性てんかん患者の発作を抑えるメカニズムを
世界で初めて解明し、7日付米科学誌「ニューロン」(電子版)で発表した。

脂肪の分解で出る物質「ケトン体」が、てんかんの原因となる
脳内の興奮伝達物質「グルタミン酸」の働きを抑える仕組みが判明。

新薬の開発につながる可能性があるという。

研究グループの森山芳則教授(生化学)によると、
てんかんは、脳内でグルタミン酸の伝達が過剰になると引き起こされ、
飢餓状態で体内の脂肪が燃えてケトン体が出ると、
発作は抑えられることが分かっていた。

だが、ケトン体が有効に働くメカニズムは不明だった。

てんかん患者の3割強は薬が効かない難治性の患者だといい、
森山教授は「研究を進め、新たな治療法を確立したい」としている。

【石戸諭】
-------------------------------------------------------------------






最終更新日  2010年10月19日 06時17分43秒
コメント(0) | コメントを書く

2010年09月23日
カテゴリ:分子整合栄養医学
楽天ブログにユーチューブの動画が貼れるようになったので
水道水からビタミンCで塩素をぬく実験動画を貼ってみます


水道水の塩素反応とビタミンC錠剤による塩素除去実験2


水道水からビタミンCで塩素をぬく実験を化学反応式で書くと

次亜塩素酸ナトリウム(NaClO) +ビタミンC (C6H8O6)
→塩化ナトリウム (NaCl)+酸化ビタミンC(C6H6O6)+水(H20)

つまり、塩とビタミンCと水だけになります

ただ、塩素と反応するとセッカクのビタミンCが
酸化ビタミンC(デヒドロアスコルビン酸)になってしまうので

サプリメントや食後の飲料水は水道水を避けたほうが良さそうですね

ちなみにビタミンCを利用したシャワーヘッドも売ってるんですね~


【当店ポイント2倍】【2008製品安全対策優良企業受賞・Pマーク取得企業】IVS-24N【税込】 アラミック イオニックプラスビタミンCシャワー [IVS24N]【返品種別A】/※ポイント2倍は 9/27am9:59迄






最終更新日  2010年09月23日 14時25分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年09月18日
カテゴリ:分子整合栄養医学
新宿溝口クリニックの定 真理子チーフ栄養カウンセラーと
きたのはら女性クリニックの北野原正高医師の共著

「妊娠体質」に変わる食べ方があった!

この書籍の『栄養別・妊娠体質をつくるレシピ』で紹介されてるのが
良質なタンパク質である卵を使った『スペイン風オムレツ』ですが

スペイン風にこだわる必要はないんですよ^^
重要なのは、あくまでタンパク質を十分に摂取することです

ぜひ、子供にも人気のメニューであるオムレツを、定番メニューに加えてください
そして、どうせなら簡単に上手に美味しく食べたいですよね^^

そんな簡単に出来るオムレツの作り方の裏技の動画をご紹介します



卵を大量に消費する方にはお得ですね~、3,149円(税込・送料込み)です
今だけポイント10倍エントリーで最大14倍に★17日(金)9:59〆毎月安心をお届け、定期コース さくらたまご80個(破損保証20個含む) 【定期購入】【SMTB】






最終更新日  2010年09月18日 12時48分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年09月13日
カテゴリ:分子整合栄養医学
日本でもアルツハイマー型認知症(軽症期)の症状改善に
ビタミンB群投与による効果が今年5月に報告されていますが
英国からも認知症予防にビタミンB群のニュースが流れて来ました

アルツハイマー型認知症が葉酸・ビタミンB12で改善

アルツハイマー予防にビタミンBの効果期待 英研究
--------------------------------------------------------------
ロンドン(CNN)
 
アルツハイマー病の前触れとなる
軽度認知障害(MCI)の高齢者が毎日ビタミンBを摂取すれば、
脳萎縮を抑制できるかもしれないとする実験結果を、
オックスフォード大学の研究チームが9日の科学誌で発表した。

研究チームは軽度の記憶障害がある168人を被験者として、
半数にビタミンBの錠剤を、残り半数には偽薬を2年間にわたり服用してもらい、
MRI(磁気共鳴断層撮影装置)を使って脳萎縮の程度を調べた。

その結果、葉酸、ビタミンB6、B12を含む
錠剤を飲んでいたグループの脳萎縮率は年間0.76%だったのに対し、
偽薬を飲んでいたグループは1.08%と萎縮が進行していた。

軽度認知障害からアルツハイマーを発症する人は
脳が急速に萎縮することが分かっており、

ビタミンBにはアルツハイマーの発症を遅らせる
効果があるかもしれないと研究チームは指摘する。

ただし今回の実験は被験者が少なく期間も短かったことから、
実験を行ったオックスフォード大学薬理学部のデビッド・スミス氏は

「非常に有望な結果ではあるが、ビタミンBに
アルツハイマーの発症を遅らせたり予防したりする効果があるのかについて
結論を出すには、さらに実験を行う必要がある」と解説。

「年を取って物忘れが不安になり始めた人が、医師に相談することなく
ビタミンBのサプリメントに飛びつくことはまだ勧めない」と釘を刺している。

研究に資金提供したアルツハイマー病研究財団も、
このたびの調査で重要な結果を得られたが、さらなる研究が必要と述べている。
---------------------------------------------------------------

サプリメントによるビタミンB群の摂取を勧めないと書いてありますが
何故なんでしょうね?ビタミンB群は水溶性ビタミンですから
脂溶性ビタミンと違い、過剰蓄積の害などはまずありません

ただサプリメントの質の問題は当然ありますので
品質のシッカリした製品を、慎重に選ぶべきかとは思います

私が利用していたビタミンB群⇒医師の支持率NO1!疲れでお悩みの方に【高含有量ビタミンB・サプリメント】小粒タイプ【日本ダグラスラボラトリーズ】トリ -B- 100 1/4 スプリット10P13sep10






最終更新日  2010年09月13日 15時36分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年09月07日
カテゴリ:分子整合栄養医学
コレステロール高い方が長生き?で東海大学医学部大櫛陽一教授の著書
『コレステロールと中性脂肪で薬は飲むな』を貼っておきましたが

度々有意義なコメントを頂いているりえぽんりえたんさんから
『コレステロールと中性脂肪で薬は飲むな』に興味があると言われましたので
ブログを訪問してくださる皆様にも向け簡単にご紹介しておきます

書籍のタイトルどおり、コレステロールと中性脂肪を中心に
メタボ健診の実状と、それに伴う薬の問題点を書いています

また図表とデータをまじえ、コレステロールの国際基準をもとに
自らの体の守り方などのポイントもまとめられている書籍です

【目次】
第1章:メタボ検診は、健康な人を病人にする罠
第2章:「高コレステロールは早死に」のウソにだまされるな
第3章:低コレステロールの危険性
第4章:中性脂肪に薬はいらない
第5章:まちがいだらけのメタボ情報に惑わされるな
第6章:「疑惑のメタボ検診」の実態
第7章:自分の体は自分で守ろう
おわりに
付録1:日本の男女別・5歳ごとの基準範囲
付録2:10年以内に心筋梗塞が発症する確率の予測

この書籍の第7章『自分の体は自分で守ろう』(P180)の中に
以下の項目があり、心筋梗塞リスクが簡易チェックできます

『薬の必要性をチェックしよう
~日本の臨床学会の基準はあてにならない~』

薬の必要性を考えるうえでの参考になると思いますので
ご興味がある方は、是非ご家族含めチェックしてみてください

私も計算してみましたが、心筋梗塞などの発症率は低リスクでした
現在のコレステロール基準に対する反対意見の勉強にもなり
コレステロール低下剤について考えさせられる一冊でした

薬に疑問を持つかた⇒『コレステロールと中性脂肪で、薬は飲むな






最終更新日  2010年09月07日 21時02分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年09月05日
カテゴリ:分子整合栄養医学
コレステロールが高い方が長生きするという報告を
日本脂質栄養学会がガイドラインとして発表しました。

私達がテレビや病院などを通じて教えられている基準とは
全くの正反対の基準であり、素人は混乱してしまいますよね

まずは新聞記事を見てみましょう

中日新聞:コレステロール『高い方が長生き』脂質栄養学会きょう指針発表
-------------------------------------------------------------------
『がんや感染症かかりにくい』

「血中のコレステロール値が高い方が長生きする」。
日本脂質栄養学会(理事長・浜崎智仁富山大和漢医薬学総合研究所教授)は、
三日に愛知県犬山市で開く同学会で、こんな内容のガイドラインを発表する。

コレステロール値をめぐっては、日本動脈硬化学会(北徹理事長)が
「値が高い人は動脈硬化になりやすい」と
正反対のガイドラインをつくっていて、医療分野の常識となっていた。

投薬治療や食事療法の目安となる二つのガイドラインが相反することにより、
現場の医師が混乱する恐れがある一方、
病状に応じ治療法の選択肢が広がる可能性がある。

新たなガイドラインでは延べ十七万人の病気などの死亡率を、
総コレステロール値が「一六〇~二〇〇未満」の人とそれ以外の人とで比較。

「一六〇未満」の人は男性が一・六倍、女性は一・四倍と高かった。
「二〇〇以上」は女性に差がないが、男性は低かった。

また、悪玉と呼ばれるLDLコレステロール値でも、
原因別の死亡率について分析。

心疾患では、値の高い男性が低い男性に比べて
死亡する率が約二倍となったものの、心疾患以外では
逆に値が高い方が死亡率が下がる結果が出た。

女性は、心疾患でも死亡との関係が見られなかった。

一方、日本動脈硬化学会のガイドラインでは、
総コレステロール値の目標を「二二〇以下」としている。

高LDLコレステロールについても危険因子だとして
摂取を控えるよう指導している。

浜崎理事長は「総コレステロールが高ければ、がんや感染症にかかりにくい。
医師は迷うかもしれないが、新しいよりどころとしてほしい」と
新たなガイドラインの活用を呼びかける。 (山田晃史)
-------------------------------------------------------------------

日本脂質栄養学会は、東海大学医学部の大櫛陽一教授を筆頭に
以前から、『コレステロールは薬でさげるな』を主張しています

コレステロールは、60兆個あると言われる細胞の構成材料であり
注目を浴びてるビタミンDや、多くの重要なホルモンの原材料です。

日本ではテレビ・新聞などの影響で、すっかり悪物のコレステロールですが
欧米では基本的に、女性にコレステロール低下剤は処方されないそうです

日本では、一律に日本動脈硬化学会のコレステロール基準で判定されますが
大櫛陽一教授によると、性別や年齢を区別した基準でみるべきだと言います

今後、日本動脈硬化学会と日本脂質栄養学会どちらの主張が主流になるのか?
自分としては、コレステロールは大変重要な栄養素であると思っています。


コレステロールと中性脂肪で、薬は飲むな






最終更新日  2010年09月05日 12時49分18秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年08月21日
カテゴリ:分子整合栄養医学
不正出血を取りあげましたので、鉄分不足による貧血
いわゆる鉄欠乏性貧血について書いておこうと思います。
不正出血がなくとも、女性は鉄欠乏性貧血に要注意ですよ!

分子整合栄養医学専門の姫野友美医師:心療内科に行く前に食事を変えなさい

では、なぜ女性が鉄欠乏性貧血に要注意しなければならいのか?

生理による経血で、体内から鉄分が失われ不足してしまうことは
女性であれば、誰しも納得認識していることであると思います

でも、だからこそ女性は鉄欠乏性貧血に要注意なんです!

当然すぎて軽視してしまう、ある程度の貧血はしかたがない
体がだるいのも、朝起きられないのも、生理痛が酷いのも

普段の私で体質だから病気ではない!と思ってしまう女性が結構多いんです。
そのため鉄欠乏状態を解消するためのケアを怠っているのが現状です

また、鉄欠乏性貧血?鉄分不足?そんなことよりダイエットが大事
肉は太るから、野菜だけでヘルシーに・・・ならまだ良い方で
1日1食で、しかもコンビニでカップラーメンやパン・おにぎり

グミやウィダーインゼリーだけという、強者の女性も・・・

これでは、必要な鉄分の確保は難しく鉄欠乏性貧血まっしぐらです
このように、ダイエットのためなら健康を犠牲にしてしまう女性もいます

鉄分は体内で合成できないものであり、食事から摂取する必要があるので
肉を極端に避ける食事を続けると、鉄欠乏性貧血を悪化させる可能性があります

人体に存在するマイナーミネラルの中で一番多いミネラルが鉄分です。
鉄分が不足することは、単なる鉄欠乏性貧血だけに留まらなくなります

身体的にも精神的にも、様々な不調となってあらわれるのです。
今後、鉄分がいかに大切か、機会あるごとにご紹介して行こうと思います。


医師の支持率NO1!ヘム鉄サプリメント(ヘム鉄:27mg、葉酸:50μg)【日本ダグラスラボラトリーズ】フェローC 鉄 サプリメント






最終更新日  2010年08月21日 23時21分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年08月18日
カテゴリ:分子整合栄養医学
アルブミン不足(低栄養)を予防するにはどうしたら良いか?
ためしてガッテンでは、高齢者の低栄養を改善した食事法を
秋田県の旧南外村(大仙市)の食事法を例に紹介しています

良書です! ⇒⇒⇒ 「脳の栄養不足」が老化を早める!

高齢者の栄養改善として、14年前からこの食事法が取り入れたそうですが
その結果、低栄養の人が1/3に、そして動脈硬化のなりやすさが減少
さらに、低かった村の平均寿命が急上昇し全国平均に追いついたそうです。

では、高齢者の健康状態に大きな成果をあげたその食事法は?

具体的には、毎日食べるべき10品目を表にした一枚のシートを使い
それにより、自然と必要なタンパク質をとれるようにする仕組みです

NPO法人国際生命科学研究機構作成
ダウンロード⇒『毎日食べるべき10品目シート』(PDF)

なお、このシートを使うと、嫌いな物も食べようとするため
自然と食べ過ぎも抑制できると言われているそうです。

<10品目シートの使い方>
1. その食品群を食べたら○を書き込み、○の数で1日10点満点、
毎日の食生活を点数化していきます。
2. 量は少しでもOK!
(例:のりを一枚でも食べたら、海藻は○)
3. 牛乳は乳製品(ヨーグルト・チーズなど)も含みます。
4. 表は10日で100点満点、なるべく満点を目指しましょう!

低栄養改善には、タンパク質が必要だと頭では理解できていても
しばらくすると忘れてしまったり、長続きもしないものです。

このように目標が設定されると意欲的に取組めますよね
また仲間がいれば、励まし合ったり競ったりと別の楽しさもあるでしょう

旧南外村(大仙市)の高齢者も、栄養を世間話の一つとして
話に花を咲かせたかもしれませんね^^






最終更新日  2010年08月18日 06時47分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2010年08月15日
カテゴリ:分子整合栄養医学
低栄養が「アルブミン不足」をまねくことは理解できましたね
では、ためしてガッテンで放送された内容を簡単にまとめます

栄養で老化防止:「脳の栄養不足」が老化を早める!

  • 3食キチット食べてる高齢者でも、低栄養になり病気を引き起こす

  • タンパク質不足から血液中のアルブミン不足を引き起こす

  • アルブミン不足になる原因は、肉や卵の摂取が極端に少ないこと

  • 低栄養かどうかは血液中の「アルブミン」という成分の量で判断


この中の、聞きなれない「アルブミン」という物質
「アルブミン」とは、タンパク質の一種なのですが

その量は、血清タンパク質のおよそ6割を占めているという重要な成分

アルブミン不足で、基準値以下の低栄養・低栄養予備軍となると
様々な病気を引き起こすリスク要因となる可能性があるそうです

タンパク質=アルブミン不足で起こる具体的な症例は

  • 赤血球の材料が少ない→「貧血

  • 血管を作る材料が少ない→「脳出血

  • 免疫細胞を作る材料が少ない→「肺炎」「結核

  • 筋肉を作る材料が少ない→「転倒」→「骨折


これはら一部ですが、アルブミン不足が全身に影響を及ぼし
生命の危険や寝たきり状態を引き起こす可能性があることが分かります

では気になる「アルブミン」不足となる基準値は?

  • 3.5g/dl以下⇒低栄養

  • 3.8g/dl以下⇒低栄養予備軍


そうそう、この重要な機能を持つ「アルブミン」ですが
「むくみ」やお薬の効き目などにも関係してくるんですよ

なので、是非ご自分の血液検査の数値をチェックしてみてください
アルブミン不足で、お薬の効き目が落ちてるかもしれませんからね

では危険なアルブミン不足(低栄養)を予防するには
どのように食事内容を見直したら良いのでしょうか?






最終更新日  2010年08月15日 18時40分49秒
コメント(2) | コメントを書く
2010年08月09日
カテゴリ:分子整合栄養医学

NHK『ためしてガッテン』で、高齢者の低栄養についての放送がありました
卵や肉食を控えることで、タンパク質の摂取不足の状態が続き
低栄養から、貧血・骨折・肺炎・脳出血などの病気を引き起こしてるそうです

高齢者への注意点がまとめられているようです:親の老いを感じたとき読む本


まず『ためしてガッテン』から、予告内容を掲載します
-----------------------------------------------------------------
飽食の時代に、意外にも「栄養失調」(低栄養)の人が増えている。
自分では普通に食べているつもりなのに、

また“やせている”わけでもないのに、
気づかぬうちに栄養失調になっている人が多いというのだ。

70歳以上の6人に1人、若い女性の間でも増えていて、
放置しておくと高い確率で貧血や骨折、肺炎、
さらには脳出血まで引き起こす恐れが!

なぜ今、栄養失調なのか?
見落とされてきたその原因と実態、予防法をお伝えする。
--------------------------------------------------------------------

高齢者の「栄養失調」(低栄養)を、貧血・骨折・肺炎・脳出血など
具体的な病名をあげ警告、その原因と実態、予防法を紹介するとしていますが
では、低栄養について放送された内容はどうだったのでしょうか

ためしてガッテン:『まさかわたしが?急増する新型・栄養失調の恐怖』より


  • これが平成の栄養失調だ!

  • 低栄養とはタンパク質不足!

  • タンパク質の充実が長寿を作った!?

  • 高齢者が低栄養になる意外な理由

  • 高齢者を元気にした食事法!


項目を見ても、低栄養=タンパク質不足であることを示していますね。
次の記事で、低栄養についてもう少し詳しく見てみましょう






最終更新日  2010年08月09日 20時31分40秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

PR

カテゴリ

ランキング市場

コメント新着

 東京テクニカル@ Re:自殺対策にミネラルウォーター?(08/29) New! 精神科医らと製薬会社との癒着と精神薬の…
 タロさ@ Re:マクロビの危険性(01/25) 身体の事もあり、マクロビやってます。 …
 その通り@ Re:高濃度ビタミンCの原価(01/11) ジャスティスさん >ハッキリ言って、日…
 ジャスティス@ 高濃度ビタミンCの原価 ハッキリ言って、日本の医者はボッタクリ…
 通りすがり@ ブログ主の考えが正しいと考えられます > 「もし放射能が原因での鼻血であれば…

バックナンバー

2018年01月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年09月

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


ソムリエ太子

フリーページ

サイド自由欄

あわせて読みたいブログパーツ


無料アクセス解析

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.