354348 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Life is journey.

PR

プロフィール


micky-momo

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月

フリーページ

2009年03月19日
XML
カテゴリ:読書

利休にたずねよ山本兼一/著

(ストーリー)飛び抜けた美的センスを持ち、
刀の抜き身のごとき鋭さを感じさせる若者が恋に落ちた。
堺の魚屋の息子・千与四郎??。
後に茶の湯を大成した男・千利休である。
女のものと思われる緑釉の香合を肌身離さず持つ利休は、
おのれの美学だけで時の権力者・秀吉に対峙し、
気に入られ、天下一の茶頭に昇り詰めるが、
その鋭さゆえに、やがて秀吉と対立。
切腹を命ぜられる。

本書は、利休の研ぎ澄まされた感性、
色艶のある世界を生み出した背景に何があったのかに迫った
長編歴史小説である。


直木賞受賞作品と言う事で
職場の司書さんに勧められて読んでみました。

この本には
利休のすばらしさ・・・は、もちろんですが
利休のかたくなな所
意固地な所、
そして俗物である所、
捕われている所、
そんな自分を理解している所が、よく分かる気がしました。

一流であるが故に
秀吉に嫉妬され
芸術的に素晴らしいからこそ
利休が手にした物が高値になる。

そこまで、高みに登り詰める利休の背を押しているのは
高麗の美女であった。

なぜ、自害を選んだのか?
最後まで読むと、なるほど。と、思いました。

あくまでも物語で
ワタクシ歴史的な事、詳しい事一切分かりませんが
本として、こういう風に読むのは楽しかったですし
趣のある本で、その世界に浸れて、幸せなひとときを過ごさせて頂きました。

遡って描かれる本でしたので
最初はちょっとスピードがつかめなかったんですが
途中からは、波に乗って読めました。

最初戸惑った方には
是非最後まで!と、お願いしたい一冊です^^

次は「火天の城」を読んでみたいです。
(覚えてられれば・・・)






最終更新日  2009年03月19日 19時51分48秒
[読書] カテゴリの最新記事


カレンダー

お気に入りブログ

アフィリエイト成果… 楽天ブログスタッフさん

【一人でお出かけ】… takagiiiさん

monparure MONPARU YUKOさん
 *candy* candy makoさん
ココロ ニ アカリ… たぬき1616さん

コメント新着

micky-momo@ なほまる.さんへ アリエッティ・・・・ゲド戦記のように …
micky-momo@ pomodori_rossiさんへ ありがとうございます。 若い証拠なのか…
micky-momo@ なほまる.さんへ ありがとうございます。 そう言っていた…
pomodori_rossi@ Re:「コンビニたそがれ堂」村山早紀・著(07/20) ご無沙汰です。 ずっと更新がなかったの…

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.