916223 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

観空

Jul 21, 2013
XML
カテゴリ:仙話
体重を落とす前、クライエントさん達が次々と糖尿病になり、心臓発作を起こした人や肝臓をヤラれた人達とも次々と出会い、「あぁ、こりゃ日常生活を見なおした方が良いな。。」と肉体改造計画をスタートさせた訳です。

で同時期に師が二型糖尿病に。彼の奥さんは以前から一型糖尿病。

師を訪れる度に二型の食事療法について多くを聴き、一緒に食事をする事でココ数年、間接的に多くの知識を吸収しました。

その間に師の知り合い(高齢の日系の方)が二型糖尿病を発病。糖尿病というモノを根本的に理解しておらず(日系の医者があまり良い説明をしなかったらしい)食事制限と縁の無い生活をされていた方で、どうして米やうどんを食べては駄目なのか。。という事が全く判らない。夜食でご飯をお腹一杯食べる人だったので数ヶ月経たない内に一時期食後の血糖値が400以上という記録を出した(超危険)。二型なのにインスリン常備という状態。

高齢の割にはなぜか合併症が現れないという幸運があったものの、酷くなるのは時間の問題、と言う事で師が纏めた食事法を「何故大事なのか」を含めて和訳する事に。。。

お陰でHbA1cとかGIとかGLとか。。。イロイロと学びました(笑)。

そういう知識に触れているモノだからそれなりに食事には気を使うようになりました。実は先日のパイも少しなら師も味わう事が可能なレベル(大量の脂肪分と全粒穀物粉とブルーベリーの絶妙なバランス(笑))。

面白いもんで、ちょっと食生活を二型糖尿病制限に近づけるだけで空腹感がかなり減るのです。お陰で美味しいモノを食べながら更に体重を少しずつ落としてます。



。。。ちなみに私の食後の血糖値は136~145(一度だけ145が出た、原因はクリームチーズ無しのベーグル。)

師の所へ行く度に「ほれ、測っておけ」と一度は測定するので。

まぁそれが食生活に変化を促したのですけどねぇ。。(笑)。






Last updated  Jul 22, 2013 06:19:18 AM
コメント(2) | コメントを書く
[仙話] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.