1071970 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

観空

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >

Nov 5, 2015
XML
カテゴリ:


と言うことでShadowのリアクション。



新しいターゲット買いまして。
ブロードヘッド(斬り開く鏃)を使用可能な3Dターゲットで、鹿の形。

IMG_2303
結構リアル。

IMG_2307

。。。。妻とShadowが仕事に行っている間にセットアップしたので帰宅してから庭に出たShadowがどんな反応するのかなぁ。。。と映像を撮ってました。

まぁ予想通りwwww






Last updated  Nov 6, 2015 12:08:41 PM
コメント(0) | コメントを書く


Dec 30, 2014
カテゴリ:
IMG_6108s2

先程、私に膝の上で苦しむ事なく、眠るようにその優しい一生を終えました。

ありがとう。






Last updated  Dec 31, 2014 12:57:17 PM
コメント(10) | コメントを書く
Nov 21, 2014
カテゴリ:
IMG_1721
左肘の後ろにあった腫瘍が突然大きくなったので摘出手術を行ったのが5日前。検査結果はまだ出てません。

Dogleggsという犬の肘/膝専用のサポーターを使ってます。肘は固定出来ない場合包帯などを巻いても直ぐに外れてしまうのでこの方法が一番なんだそうな。肘にかかる体重を背中へ移動させる事にもなるので肩への負担が減り手術後でも動きを妨げず元気に歩きまわってます。

E-カラーは点滴の針が挿入されていた右前足を舐めない為に仕方なく。

抜糸はあと10日ですねぇ。






Last updated  Nov 22, 2014 10:06:41 AM
コメント(2) | コメントを書く
Oct 7, 2014
カテゴリ:


おじいちゃんが食べ終わるまで待つShadow。
盲導犬の訓練カリキュラムには入ってないので家で躾けました。

お陰で老犬Eckoも焦る事のなくゆっくり食事が出来る。

副産物として私が台所で間違えて食材を落としても大丈夫。

食い意地の塊だったKeifer(先々代)や若い頃のEckoだったら、玉ねぎ、チョコレート、ブドウなどでも即消えてたからありがたいです(笑)。






Last updated  Oct 8, 2014 08:07:05 AM
コメント(2) | コメントを書く
Feb 15, 2014
カテゴリ:
二ヶ月前には立ち上がる事すら困難だったEckoですが。。。


↑ここまで回復しました。
二匹とも深い、重い、硬い、の三拍子揃った積雪に戸惑ってます(笑)。


COX-2ブロッカー系も含め痛み止めは_一切使ってません_。

症状を隠した/ごまかした、のではなく、治した。

いや~良かった良かった。




オマケ:
バレンタインケーキ
IMG_0637
妻→私:チョコレートムースケーキ。

IMG_0635
私→妻:ヘイゼルナッツクリームムースケーキ。






Last updated  Feb 16, 2014 01:49:38 PM
コメント(4) | コメントを書く
Dec 3, 2013
カテゴリ:
でEckoが撃沈。

感謝祭の前日から起き上がる事も出来ずに動くと痛みで泣く。階段登れないから一階で寝起き。妻も一緒。
IMG_0173
こんな感じ↑。Shadowが心配してEckoにつきっきりになってます。

まぁ加齢による変形性の関節炎ですけどね。だから痛み止めという症状的な治療が主になるんで、短期的にアスピリンで処理。体重から安全で必要な量を割り出して、その更に半分を与える。

薬物は妻も私も少量派なのです。少なめで効けば良し、足りなければ少しずつ量を増やす。アスピリンみたいな劇薬は犬にとって肝臓や腎臓を傷め、ある観点からは関節を傷める。だから一時的な痛み止めとしても負担少ない量で始める方がいいからね。

今日までヒーティングパッドとレイキ/指圧で痛みの緩和。鶏の肉汁を煮出したモノを使って水分を多めに補給させてました。

アスピリンを止めて現在24時間程、今は痛み無く動き回れるようになってます。明日の朝まで投薬を全て止めて、薬物を水分供給で出来る限り排出。



様子をみてから長期的な痛み止めにはCOX-2インヒビターであるmeloxicamを使う。今朝獣医に処方して貰ったので明日からは必要ならコレで痛みをコントロール。

根本的ではないけど、もうすこし状況を改善する治療として多硫酸グリコサミノグリカンのアデクァンを使用する予定。

meloixicamもAdequanも獣医の処方が必要なのです。

処方があればネットで購入出来るので、そっちを使う。アデクァンは注射式なのでシリンジと針も購入する必要があるけど、妻の実家にもあるのでサイズ次第ではそっちを使うかも。動物への筋肉注射は妻の実家で山羊に何度もやってるから実は慣れてるのです。素人なのに(笑)。

さて、Eckoも来年3月で11才、あと何年一緒に居られるかなぁ。。。






Last updated  Dec 4, 2013 08:48:56 AM
コメント(4) | コメントを書く
Nov 20, 2013
カテゴリ:






Last updated  Nov 21, 2013 02:48:58 PM
コメント(2) | コメントを書く
Dec 30, 2012
カテゴリ:
犬は喜び。。。








Last updated  Dec 30, 2012 07:58:35 AM
コメント(2) | コメントを書く
Dec 15, 2012
カテゴリ:
10月21日:Ecko最後の仕事。

10月22日:Shadow最初の仕事。

という事で「変化」から二ヶ月程。

IMG_8687
←Shadow2才   Ecko9才→

IMG_8706
←Ecko       Shadow→

黒ラブとしてもかなり規格外な大きさなEckoは老犬になり、去年の夏にはもう長い外出が困難になってました。歩くスピードも遅くなり、一生懸命仕事をやろうとしても身体が追いつかない。普段生活する分には問題はなくても、ハーネスをつけて妻を導くには体力も視力も弱くなりすぎてました。

その頃から盲導犬学校に連絡を入れていて、今年の10月に新しい家族が増えました。

やっと全ての家族間の関係が落ち着いたので報告出来ます(笑)。

Shadowはコレで成犬。Eckoよりも二回り程小さい。(というか本当はコレが黒ラブの標準なんですよねぇ)

しかし元気一杯でとてもフレンドリー。好奇心も一杯で自我もソコソコ強い。命令には完全服従_では無く_、必ず自ら考えてから行動します。だからこそ盲導犬として優秀ですが、それだけに序列関係がハッキリするまでちょっとばかりコチラが手を入れる必要がありました(笑)。

Eckoは大きいわりに小心なので、直ぐに遠慮をしてしまう。Shadowは小さいけど好奇心たっぷりで、押しが強いので下手をするとドンドンEckoの居場所を奪ってしまう。なのでEckoは仕事をしていないけど家族の中では第二位。Shadowは第三位だという事を人為的に学ばせる事に。

先代のKeiferは一度噛むだけでEckoに序列を学ばせましたが、アレは気の強い犬でしたからねぇ。


あ、私ですか。。。家族の中で四位です(笑)。

犬達の玩具として存在しています。






Last updated  Dec 16, 2012 10:10:49 AM
コメント(4) | コメントを書く
Oct 24, 2012
カテゴリ:
家庭環境変化。

ちょっとした事なんだけど、それが大きな影響を与えるってね。

来週位には報告出来るかと。

。。。今は家族全員でそれぞれ対応中(笑)。






Last updated  Oct 25, 2012 11:51:09 AM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全24件 (24件中 1-10件目)

1 2 3 >


© Rakuten Group, Inc.