000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

観空

全420件 (420件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 42 >

Jan 16, 2022
XML
カテゴリ:
師がよく言います。
「 お前らが羨ましい 」と(笑)。
彼が二十年使いたどり着いた場を十年で通り過ぎた。と。

私達は後輩によく言います
「 お前らが羨ましい 」と(笑)。
私達が十年使いたどり着いた場を二年で通り過ぎた。と。

うん。表向きはそうなんだ。

師の試行錯誤、わからない、理解出来ないなりに、彼が一生懸命模索した時間。

言葉が通じない中で、こうじゃない、ああじゃない、といろいろ試しては固執して、それを捨てて、また新たに見つけようとして、いろいろな寄り道を続けた。

それを受けた私達も師の教えを理解(理を解く事)出来ずに、それでも、と喰らいついてあちこち間違った方向へ飛び込んだ。

いろんな寄り道や袋小路を経験して、その轍を踏まないように、と師は私達を指導し、私達は後輩を同じく導いた。

いろんな「 無駄 」を省いた結果がこのスピード。

「寄り道」が省かれ、試行錯誤が極端に少なくなった、ストリームライン化/効率化したカリキュラム故に「 特定 」の通過点までたどり着き、超えるのは楽になった。


でもねぇ、今の師があるのはその「 寄り道/袋小路 」があったからこそ、なんだよね。


師の大東流の凄さってのはその「 地力 」の幅の広さ、そして深さ。 彼が試行錯誤のために費やした時間はそれそのモノが「糧」であった。決して「無駄」ではなかった。

師に追いつこうとすればするほど、彼が私達にあえて体験させなかった「寄り道」や「袋小路」が師のいる場所へ登るために必要である、と「理解」出来てしまう。

彼が二十年前に行っていた事の殆どは出来ても一部は抜けてる、全ては出来てない。

時間が経てば経つ程、その「 抜けているほんの一部 」の大きさ/大切さに愕然とする。

あぁ、失伝ってこういう形でも起こるんだなぁ、と実体験中(苦笑)。

そして現在その「寄り道/袋小路」を糧にしようと四苦八苦中。まぁ順序がめちゃくちゃなんで、どうやっても「いびつ」にしかならんのですが。

それでも無いよりはマシ。と割り切っていろいろとやってます。

師はそれみて笑いこけてますけどね。






Last updated  Jan 16, 2022 01:30:16 AM
コメント(0) | コメントを書く


Jan 1, 2022
カテゴリ:
うん、クリスマスにですね。
妻を通じてある祝福を頂いたんです。

まぁ知ってる人は知ってますが、彼女はほんまもんの魔女の家系の末裔。

映画魔女の格好して女神がどーのこーの、自然崇拝がどうのこーの、とかいってるファッション魔女達の香油や月齢で儀式を、なんてやってるお遊びとは違い、一般人として、なにも変わらない普段の生活が、そのまま魔術である、そういう人です。

ですから祝福の発現も意図的でありながら、意図的でなく、彼女を通じてなんかとてつもないモノが出て来る、なんてのがあったりなかったり。

で、祝福の詳細は省くとしても内容は武術関連でして。

……それに連動してるのかは???ですが大晦日から元旦にかけての夢の中で(これが初夢ではない、という事は知ってます)、かなり単純な居合の型を教えてもらいました。

いや動作は単純なんですけどね、起きてからやろうとしたら難しいのなんのって。

部分的に出来るんですよ。でも最初から最後までとなると全くできない。

ほんと、単純なのに、単純だから、余計な事を少しでもやってしまうと途端に全部崩れる。

観せてもらっただけでもありがたいんですが、今の私じゃこの単純さを体現できない。

なので2022の目標の内の一つは(というのもこの先もっと増えていきそうなので)この型、

東流虚術「夢雲」を体現できるようになる事です。






Last updated  Jan 2, 2022 12:08:30 PM
コメント(0) | コメントを書く
Dec 31, 2021
カテゴリ:
2021年の元旦にはこんな日記を書きました。

2021年の目標




_______________

わかる人にはわかるし、わからない人にはわからない(笑)。

……面白いもので、目標として願掛けした時にはどうやったら実現させるかも五里霧中だったわけですが、一年が終わってみれば問題なく達成していた

えぇ、達成しました。

というか今グリングリン動いてます。

去年に今頃には全く知り得なかったものです。

しかも積み重ねがあって、それでもまったくなにも起こらず、最終的に「成った」のは一週間程前。

そして「成って」から何が積み重ねだったのかを知るという(笑)。 

それまで自らがそこに向けて歩んでいた事すら知らなかった。

感謝しきれないですね。






Last updated  Jan 1, 2022 11:06:08 AM
コメント(0) | コメントを書く
Dec 24, 2021
カテゴリ:
私の師はこんな感じ(実際はもっと複雑怪奇なんですが、これが一番簡略化しててなおかつ解りやすい図)

かろうじて師の位置を感じる事が出来るのは、師が変化していく_過程_を経験してきたから。

こんなん、いきなりぶち当たったら何を相手にしてるのか理解不能ですわ。

そしてこんなんだから、

相手を感じる事が出来ない人は勿論、相手を感じる事が出来ても……

※_上半身しか感じられない人_(腕や胸に重きを置いている人)

※_腹/丹田至上主義者_

※_体全体を繋げてそれで終わったと思った人_

そういう人たちは師に触れても_なにも感じさせてもらえない_。(笑)

そして師には「 なにもない 」と知ってあざ笑う。

彼らが感じようとする部分、技をかける為に必要と「知っている」部分、そこに師は_いません_から当たり前なんですが。

……こちらとしては滑稽だなぁ、としか言いようがないっす。





ちなみにこれ、私は感じられるけど、マネが出来ない。

そういうものがある、と体感出来るだけでもありがたいのですが、道は遠いです。

……しかも師はまだまだ発展途上。彼の変化の過程を体感してるので、この先どうなるのか、全く分かりません。

ただ置いていかれないように必死に食いついてます(苦笑)。






Last updated  Dec 24, 2021 09:27:49 PM
コメント(0) | コメントを書く
Dec 16, 2021
カテゴリ:
初心者:
体の部位の間に隙間があってそれぞれの位置がバラバラ。

隙間が大きい程その部位が周りと関係無く、前後左右上下に動きまくる。

下の図は技を使おうとする初心者相手によく感じる。

手/腕が先に出て完全に体から切り離されてる。

頭(意図)は前に入り込もうとするから胸も随従するが、腹や尻は追いつかない。

結果相手に上半身で寄りかかる感じになって、それをまったくつながってない脚/膝/足首で後ろから押そうとする。



_____________
腕から入り込もうとするが、腕は体から完全に独立してるので相手に入り込もうとしても力が全て逃げてショックアブソーバーのように機能してしまう。

腕や肩に力を入れる事で固定化しようとしても。。。。

胸/肩で相手の力を受け止めてて、それ以外の場に力を流せずに、結局胸や肩の筋肉が反応してしまう。

この状態で上半身を脱力しろ、と言っても不可能。だって入ってくる、あるいはこちらから伝えようとする力はすべて上半身でしか対処出来ないし、作られていない。

どれだけ腹の力や脚の力があっても、それが上半身に繋がらなず、前後左右上下にスライドしまくるので力が一切伝達しない。

足首や膝が完全浮いてるから全身で「地面」に繋がるという感覚など一切理解出来ないし、感じられない。

いろんな基本的な技の練習ってのは、上のようにバラバラにうごいている体を

完全に繋がった一つの物体として動かすこと。

とても単純なんですが、これが単純故にめっちゃ難しいのです。






Last updated  Dec 16, 2021 01:06:09 AM
コメント(2) | コメントを書く
Dec 10, 2021
カテゴリ:
……力を入れ過ぎて体が振り回される。

難しい。




ちなみに前に「糞重い薙刀」でやったのと同じ。






Last updated  Dec 10, 2021 11:56:35 AM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 27, 2021
カテゴリ:
……失敗。
難しい。






Last updated  Nov 27, 2021 09:24:50 AM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 15, 2021
カテゴリ:
「三本目」の日記で折れた杖を見たいという人が居たので生徒さんに写真を送ってもらいました。




購入して二年目の日本製白樫杖。

「折れた」というより「割れた」という表現が正しいかも。木目にそって弾けてるからね。打ち込んだ時にポンッという感じでと細かい木片が飛び散ったのが印象に残ってます。

生徒さんは「本手の構え」で杖を持っていて、私が軽く打ち込んだのは杖先。

しっかり固定されてればある意味一番割れやすい部分だけど同時に一番衝撃を逃しやすい部分でもある。












……ちなみに経年劣化してある日突然「折れた」杖はこちら



こっちは後半年で20年!という頃、生徒さんの体に突きを入れた時に折れた。その時の感覚は「メリメリ」。一瞬ではなく少しずつ力が抜けていく感じでした。(なので生徒さんにも私にも怪我はありませんでした)。

杖の突きは真っ直ぐでは無く、一定の「しなり」を入れるので杖の真ん中が劣化し易い。この「 折れ方 」はその結果。






Last updated  Nov 16, 2021 12:50:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 14, 2021
カテゴリ:
…………

今日生徒さんの杖を折りました。一瞬でポッキリいった為生徒さんは折れた事にすら気づかなかった。衝撃が無かったそうな。

ここ数年で三回目かな、一回目は木刀で木刀を、二度目は杖で木刀を、今回は木刀で杖を……(それぞれ違う方で、折った武器は弁償してます)

「古かった」とか「当たりどころが悪かった」とか「ダメージが蓄積されていて偶然」。理由としてはそのあたりが妥当。サンプル数が「三回だけ」ですから。

ただどれも生徒さんにベクトルの繊細さを感じてもらう為に「軽く」打ち込んだ時に起こってるんですよねぇ。これは「たった三回」でも全部同じなんです。


「軽く」と思って打ち込んでいる時には余計な力が入ってないんで、その分力の伝達が阻害されてない、のかもしれない。

という事を考えてますが、さて、事実は如何に(笑)。




この後サンプル数が増えてきたら…………

……困るなぁ。

木刀も杖も安く無いんです。






Last updated  Nov 14, 2021 08:55:26 AM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 7, 2021
カテゴリ:

一本 2.25kg(5ポンド)を二本。だから合計でも5kg無い。

何をしてるか、わかる人にはわかるし、わからん人にはわからん。






Last updated  Nov 7, 2021 11:36:43 PM
コメント(2) | コメントを書く

全420件 (420件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 42 >


© Rakuten Group, Inc.