2004.07.07

警察に行ってきた。。

(20)
カテゴリ:カテゴリ未分類
買い物に行こうと車に乗ろうとしたら、

涙

~~~~ーーーーーーーーーーーー~~~~~!!!

と釘で引っ掻いたように線が入っていた。。

ひどい話だわ。。ガリガリ削らんでもいいやん。。ほんま。

あまりにひどいので、近所の交番に行った。


交番の前に車を停めたら、
交番の人(あ、警官の人)です。

「これは、ひどいなぁ~!!」
と同情してくださった。

「で、車を移動させてもらえますか?
ちょっと、車停めますので」

警察官が車道にでて、交通をストップ。
みんな、見てはるところを、バック。

バック下手やのに。。。
えらい注目された。。

器物破損届けを出す。

ちょっとカッコいい警察官の人が被害届けを書いてくださった。

警:「あの車は、緑っていうんでしょうかねぇ。。」

私:「深緑でしょうか。。どうなんでしょう。。」

警:「緑にしておきましょう」



警:「住所は?名前は?」

と聞かれる。
スラスラと答える。。(あたりまえやけど。。)

警:「歳は?」

私:「え。。。。っと。。○○でしょうかね。。」

警察官、○○と書かれる。

私:「あ、ちゃうかも、、サバ読んだかも。。○×です」

警察官、○○をけして、○×と書かれる。

私:「あ、○○かも。。」

警察官、○×を消して、又、○○と書かれる。


私:「すみません。。どうなんでしょうねぇ。。」

そこで、私、ハタと気づく!
いつもと違うバッグを持ってきてしまった。
免許証そこに入れたままで、、ない。
免許不携帯で、警察に来てしまった。。。

早く帰りたくなった。。

私:「まぁ、、歳は、どっちでもいいです」
(余計なことを言ってしまった。。)

警:「じゃ、生年月日を教えてください」

私、正直に言う。

警:「歳、間違えてますよ(笑)」



私:「えぇ! もっと、年上ですか?」

警:「いえ、若い方です。(笑)」

警察官、また、訂正の線を入れて、書き直される。。


警:「じゃ、印鑑を押してください。」

私:「印鑑忘れました。取りに帰ってきます。」

警:「印鑑なかったらいいですよ。」


私:「いいことありません。拇印押すのいやです。。」

なんだかんだと言っているうちに、
免許証見せてくださいって言われたらイヤやから、
拇印を押すことにした。


警:「大丈夫です。別に、犯罪じゃないですから。(笑)」


年齢のところを何回も書き直したので、そこにも、
ベタベタと真っ黒く、拇印を押した。

非常に恥ずかしかった。


年齢はちゃんと覚えときましょう。





TWITTER

最終更新日  2004.07.07 16:21:31
コメント(20) | コメントを書く