000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

-急がず、休まず今こそ仏教的なものの見方を-

PR

Rakuten Profile


jponoyさん

努力にも努力花も時節を待って咲く

フォローする

Category

Archives

2017.06
2017.05
2017.04
2017.03
2017.02

Favorite Blog

富山きときと空港の… New! 酒そば本舗店長さん

ハイレゾ対応ウォー… New! アンクル・トム大森さん

お昼の食事 New! charme4810さん

<金口木舌>事実は… New! hiryu4398さん

段々に蕾が揃ったメ… New! 萌芽月さん

カレーでしょでしょ New! 東郷Pさん

安定化電圧可変ACア… New! doziさん

6月23日、7月もす… New! デリカ伯爵さん

一寸早めですが・・… New! ポンポコ爺 ちゃんさん

ホープの残したオム… Photo USMさん

Calendar

Recent Posts

Comments

悪女6814@ Re:一票の行使(07/07) こんにちは☆彡Blog応援☆彡 フォローさせて…
悪女6814@ Re:一票の行使(07/07) ちゃんとした人間を選びたいものですね(・…
jponoy@ Re[1]:相手を立てる(07/24) じじくさい電気屋さん >こんにちは、ご訪…
じじくさい電気屋@ Re:相手を立てる(07/24) こんにちは、ご訪問。コメント有り難うご…
jponoy@ Re[2]:庭野日敬 法話 『世界に誇る日本国憲法』(07/07) eejirowさん、こちらこそありがとうござい…
jponoy@ Re[1]:庭野日敬 法話 『世界に誇る日本国憲法』(07/07) eejirowさん >おはようございます。 > …

Shopping List

Wishlist

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

2010.05.30
XML
カテゴリ:今日の言葉
5/30 Sun

奉仕できる喜び

人はふつう、自分が人に奉仕するのはあまり好きではなく、人から奉仕してもらうほうがうれしいように思っています。しかし、それは心のほんの表面上のことで、心の深いところでは、人はむしろ人に奉仕することを欲しているものです。

どんなことでもいい、実際に人さまのために尽くして、それで相手の人に喜んでもらえると、それがよく分かるのです。

「なんで、子どものことでこんな苦労をしなければならないんだろう」と愚痴をこぼしていた親でも、子どもが一人前になって巣立ってしまうと、空虚な思いに陥ってしまいます。世話をしてあげる人がだれもいなくなると、「ああ楽々した」という思いよりも、虚脱感に襲われてしまうのです。

さらに、体が不自由になって、だれにも、なにもしてあげられず、ただ周囲からしてもらうだけの身になってしまったら、どんなに寂しい思いになるかしれません。

そう考えてみると、自分が人さまに役立てることが、どんなにうれしいことか分かってきます。それが人間の本当の生き甲斐なのです。


庭野日敬著『開祖随感』より






Last updated  2010.05.30 08:13:13
コメント(0) | コメントを書く
[今日の言葉] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.