000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

-急がず、休まず今こそ仏教的なものの見方を-

PR

Rakuten Profile


jponoyさん

努力にも努力花も時節を待って咲く

フォローする

Category

Archives

2017.10
2017.09
2017.08
2017.07
2017.06

Favorite Blog

家の補修が何とか終… New! doziさん

台風21号が接近し… New! デリカ伯爵さん

2階建て少ない その1 New! 東郷Pさん

昨日に続いて箕面劇… New! ポンポコ爺 ちゃんさん

常磐線・浪江駅【震… New! ナカ375さん

夜の食事 New! charme4810さん

カレーが大好き♪ New! 酒そば本舗店長さん

大きく息を吸いため… New! Photo USMさん

【辺野古から】衆院… New! hiryu4398さん

おえかきボード「せ… New! アンクル・トム大森さん

Calendar

Recent Posts

Comments

悪女6814@ Re:一票の行使(07/07) こんにちは☆彡Blog応援☆彡 フォローさせて…
悪女6814@ Re:一票の行使(07/07) ちゃんとした人間を選びたいものですね(・…
jponoy@ Re[1]:相手を立てる(07/24) じじくさい電気屋さん >こんにちは、ご訪…
じじくさい電気屋@ Re:相手を立てる(07/24) こんにちは、ご訪問。コメント有り難うご…
jponoy@ Re[2]:庭野日敬 法話 『世界に誇る日本国憲法』(07/07) eejirowさん、こちらこそありがとうござい…
jponoy@ Re[1]:庭野日敬 法話 『世界に誇る日本国憲法』(07/07) eejirowさん >おはようございます。 > …

Shopping List

Wishlist

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

2010.05.30
XML
カテゴリ:今日の言葉
5/30 Sun

奉仕できる喜び

人はふつう、自分が人に奉仕するのはあまり好きではなく、人から奉仕してもらうほうがうれしいように思っています。しかし、それは心のほんの表面上のことで、心の深いところでは、人はむしろ人に奉仕することを欲しているものです。

どんなことでもいい、実際に人さまのために尽くして、それで相手の人に喜んでもらえると、それがよく分かるのです。

「なんで、子どものことでこんな苦労をしなければならないんだろう」と愚痴をこぼしていた親でも、子どもが一人前になって巣立ってしまうと、空虚な思いに陥ってしまいます。世話をしてあげる人がだれもいなくなると、「ああ楽々した」という思いよりも、虚脱感に襲われてしまうのです。

さらに、体が不自由になって、だれにも、なにもしてあげられず、ただ周囲からしてもらうだけの身になってしまったら、どんなに寂しい思いになるかしれません。

そう考えてみると、自分が人さまに役立てることが、どんなにうれしいことか分かってきます。それが人間の本当の生き甲斐なのです。


庭野日敬著『開祖随感』より






Last updated  2010.05.30 08:13:13
コメント(0) | コメントを書く
[今日の言葉] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.