317563 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

-急がず、休まず今こそ仏教的なものの見方を-

PR

Rakuten Profile


jponoyさん

努力にも努力花も時節を待って咲く

フォローする

Category

Archives

2017.11
2017.10
2017.09
2017.08
2017.07

Favorite Blog

「あんまり怒らない… New! アンクル・トム大森さん

夜の食事 New! charme4810さん

秋も咲いたオリジナ… New! 萌芽月さん

どうしたんだろうハ… New! デリカ伯爵さん

100Vで使えるLEDパイ… New! doziさん

御在所岳に登りまし… New! ポンポコ爺 ちゃんさん

5万年の眠りから覚め… New! 酒そば本舗店長さん

濫用(乱用)性のある… New! Photo USMさん

【空き容量アップ】… 山村 進さん

私のものがたり そ… 東郷Pさん

Calendar

Recent Posts

Comments

悪女6814@ Re:一票の行使(07/07) こんにちは☆彡Blog応援☆彡 フォローさせて…
悪女6814@ Re:一票の行使(07/07) ちゃんとした人間を選びたいものですね(・…
jponoy@ Re[1]:相手を立てる(07/24) じじくさい電気屋さん >こんにちは、ご訪…
じじくさい電気屋@ Re:相手を立てる(07/24) こんにちは、ご訪問。コメント有り難うご…
jponoy@ Re[2]:庭野日敬 法話 『世界に誇る日本国憲法』(07/07) eejirowさん、こちらこそありがとうござい…
jponoy@ Re[1]:庭野日敬 法話 『世界に誇る日本国憲法』(07/07) eejirowさん >おはようございます。 > …

Shopping List

Wishlist

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

2011.11.28
XML
カテゴリ:今日の言葉

11/29 Tue

ピンチに内を固める

 

「この不況はいつまで続くのか。早く手を打ってほしい」という声が高くなっていますが、ここで腰をすえて「いまこそチャンス。いまだからこそできることを」と考えてみてはどうでしょうか。

昭和の初めの大恐慌で松下電器がピンチに陥ったとき、社長の松下幸之助さんは、「どんなに在庫を抱えようと、社員の首は切れない。工場の従業員には給料を払って半日休んでもらい、店員全員で在庫を売り歩こう」と呼びかけて、危機を乗りきったそうです。そうして全社員が一丸となって難関を乗り越えたことで、考えられないような力が生まれ、それが松下電器の発展の原動力になった、と話しておられます。

好景気で会社の業績が順調に伸びているときには、全社員が心を一つにするということが、できそうでいてなかなかできないものです。ピンチの時こそ、内を固める時です。じっくりと人育てに取り組み、互いに協力し合うことで社員同士の信頼感を培っていく。ただ手をこまねいて待っているだけでは、また次のピンチにさらされてしまいます。不況の時こそチャンス。バブルでゆるんだ体質のままでは発展は望めません。

 

庭野日敬著『開祖随感』より







Last updated  2011.11.29 00:31:37
コメント(0) | コメントを書く
[今日の言葉] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.