183602 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Der Nakajistil

2005.06.25

 
XML
カテゴリ:ピアノ雑感
図書館での一通りの調べものを済ませた僕は「Musikalienhandlung Bartels」という楽譜の店に向かった。この店の特徴はいわばキオスク形式、つまり入口からすぐにカウンターがあり、その奥に楽譜の書棚がある。
客は欲しい楽譜を店員に言って出してもらう仕組みである。最初は気兼ねしてあまり自由に閲覧できないような気がしていたが、
入口の横には椅子や机の並んだスペースがあり、そこでゆっくり楽譜をながめることが出来る。

僕は図書館の時と同じように店員に質問するつもりでいた。実をいえば「いいえ、バイエルなぞ全く存じません」という答えを期待していた。なぜなら「ドイツ人はだれもバイエルを知りませんでした!!」と結論づけるほうがこの「ドイツ人はバイエルを・・」シリーズの締めくくりとしては成り行き上非常に楽だからだ。

こうして僕は「Bartels」にたどり着き、自転車を近くに停めた。(車が欲しいけど買えない・・・)
店に入ると若い女性がカウンターに立っていて、奥の書棚のところで若い男性が何か仕事をしていた。

「Haben Sie Beyer?(バイエルありますか?)」と聞いた。
するとこの若い女性店員、「Beyer?」と言って図書館の時と同じように考えるしぐさをした。
その時僕は「知らない、と言いなさい」と心の中で叫んでいた・・・。
ところがしばらくすると「ああ、ピアノの練習曲ですね」と、店員が言った。
なんだ、知ってたんだ・・・正直少し拍子抜けしたが、思えば僕がはじめて「バイエルを知るドイツ人」に出会った瞬間でもあった。
考えてみれば楽譜売り場の店員が自分の店の商品を知っているのは当たり前だ。
この女性が奥にいた男性店員に何か言うと、彼は書棚からバイエルを探し始めた。

ところでさっきから僕らのやりとりをじっと見ている人がいる気がした・・・。
なにやらずっと視線を感じるのである。その視線のもとをたどると、先述の閲覧スペースに50歳過ぎたくらいの謎めいた女性がいた。何となく映画「マトリックス」に出てくる「予言者」に似ている。

そうしているうちに店員(男性)が楽譜を探し出して持ってきた。「これですね。」
見ると・・・正真正銘のバイエル!!
ペータース版だった。中をみるとしっかりドイツ語で色々書いてある(英語、フランス語も併記)。
まさしくドイツのバイエル教則本!!
しかし、ご存知の通り、ペータース版のデザインは厳かで立派であるが、決して「子供向け」という感じではない。
日本では「子供のバイエル」など、もう少しとっつきやすいものがある。

そこで僕は「他の版のものはありませんか」と聞いた。
すると、店員(女性)はパソコンで検索してくれた。だが、「ペータース版」のみということである。少なくともこの店で扱える範囲ではそれだけだ。
その時、さっきの「予言者」が近づいてきて、おもむろに僕の目の前のバイエルを手に取り、
「うーん、これは古いわねえ」と言ってつぶやいた。
いったいこの「予言者」、何者なのか?

その時、奥で仕事をしていた男性店員が出てきて、「予言者」に恭しく言った。
「申し訳ありません、もう少しかかりそうなんですが・・・」
「いいわよ、ゆっくりやってちょうだい」と言った。どうやら「予言者」はなにやらこの店員(男性)に仕事をさせていたようだ。
そして僕のほうを向いて言った。「あなた、これどういう生徒に教えるつもりなの?」
どうやら「予言者」は僕が新人のピアノ教師で、入門者向けの楽譜を探していると思ったらしい。
「アジア人?国は?」と言うから、「日本」と答えた。僕は自分のことを聞かれたのだと思ったのだ。
「そう、日本人だったらバイエルがいいかもね」どうやらこの質問は生徒がどこの国の人かということだったようだが、話の腰を折るのもなんなので、そのまま流した。

「予言者」の正体はピアノ教師だった。彼女は店員(男性)に仕事をさせている間ひまなこともあって、
女性店員との「三者懇談」という形で僕の相談に乗ってくれることになった。
「これ(バイエル)は何十年も前にはドイツでも使われてたのよ」と予言者先生が言うと、
「まあ、バイエルは“スタンダード”ですね」と女性店員が言った。
その辺の事情を予言者先生が説明してくれた。全部書くと長くなるので、要約すると・・・

もう長い間、ドイツではピアノの入門者に決まった教本を使うということが少なくなった。
各先生、さらに言えば各生徒ごとに一番適当と思われる教本を探すらしい。
しかし、おのおの違う教本を使うので、生徒のレベルを計る物差しがない。そこで、
「バイエル」というものが言わば“スタンダード”となり、それが生徒のレベルを示す単位となっているようだ。
少なくとも予言者先生はそうしているらしい。なお、東アジア各国、特に日本、韓国、台湾などでは今も一般的な教本として使われている、と加えていた。

ドイツでは「バイエル」は一般には知られていないが、ピアノ教育上の“スタンダード”としては今なお存在しているのである。

しかし、ひとつ疑問が残る。一般的には知られていないにせよ、ピアノ教育の“スタンダード”である「バイエル」がなぜ「ベーレンライター」などの代表的な音楽事典に載っていないのか。

それには次のような事情が関係するようだ。
そもそも、「バイエル」「ブルクミュラー」「ソナチネ」「ツェルニー」という「ピアノ教則本セット」とも言うべきプログラムは「ペータース」によって確立されたものらしい。
そういった事情から、「事典」に他の出版社の「商品」を載せることには問題があるのでは、ということだ。あるいは単なる「商品」に編集者が関心を示さなかったのかもしれないがそのあたりは推測の域を出ない。

以上のところで、楽譜屋「Musikalienhandlung Bartels」での取材(?)は終わった。上記のように今回のテーマのとりあえずの結論らしきものは出すことは出来たが、正直まだまだ詰めは甘い。今後情報がいろいろ集まり、いつかよりまとまったものになればその時また発表することになると思う。

ところで、今回「予言者」先生からのおすすめの楽譜、また店員からは売れ筋の楽譜を紹介されたので次回、最終回としてこれらの楽譜を紹介して「ドイツ人はバイエルを・・・」シリーズを締めくくりたいと思う。






Last updated  2005.06.25 23:30:52
コメント(7) | コメントを書く
カテゴリ:ピアノ雑感
ムジーク・ビブリオテーク(音楽図書館)をたずねた僕は単刀直入に「バイエルありますか」と聞いた。
すると司書らしき女性は「バイエル?」とつぶやくように言ってしばし考え込んだ。

ひとつ断っておかないといけないのは、ドイツには「バイエル(バイヤー)」という姓があまりに多いことだ。おそらく日本に置ける「中島」とあまりかわらない。また「中島」「中嶋」「仲島」とあるように、バイエルも「Beyer」「Bayer」「Beier」と様々なつづりがある。そのため例え教則本のバイエルを知っていたとしても色々な人物や団体を連想してすぐには出てこない。ちょうど「中島って言う歌手」といわれても「中島みゆき」とすぐに連想できないようなものだ。

「本の名前とそのファミリーネームわかりますか?」と聞かれたので、紙に書いて渡した。ネットでさんざん調べてあったのですらすら出てくる。
「Ferdinand Beyer "Vorschule im Klavierspiel"」
それを見た司書は「あ~あ~」といかにも分かったような顔をして目の前のパソコンで検索しはじめた。「ほんまにわかっとんかいな」と思ったが「本当にバイエルってご存知でしたか」と聞くのは彼女のプライドを傷つけそうなのでやめた。

しばらくすると司書は首を横にふり、「残念ですがうちには置いてませんね」と言い、「でも初心者用の教本ならたくさんありますけど」と言った。折角だからそちらも見せていただくことにした。アシスタントの若い女性が本棚へ案内してくれた。どうでもいいけど、このお姉さん、すごい薄着で神聖なる(?)図書館にあるまじき露出の多い服装だ。もっとも、ここ連日暑さがつづき、エアコンのない図書館にずっといようと思えばこのように薄着するよりあるまい。

それはともかくいくつか楽譜をピックアップしてもらって閲覧させたもらった。まず気がつくのは初心者用のものに関しては、作曲家の名前がバーンと打ち出された本がないということだ。「はじめてのピアノ」「ピアノを楽しもう」とかそんな類のタイトルである。この後、楽譜屋に行ってそちらで色々説明を聞いたので、楽譜についてはその記事のほうにまとめておこうと思う。

音楽図書館なので、当然「音楽事典」というものが置いてある。小部屋にずらりと事典がならんでいた。なかでも目を引くのは「ベーレンライター音楽史事典」(正確には 「ベーレンライター音楽、歴史と過去」Bärenreiter Musik, Geschichte und Gegenwart)のシリーズで、おそらく全部で50冊ほどになる。その中の人物編だけで11巻ある。「B」はその中の第2巻になるが、はたして「Beyer」という人物が2名書かれてあった。「Frank Michael Beyer」「Johann Samuel Beyer」この2人とも作曲家であるが・・・「Ferdinand Beyer」が載っていない!

他の事典も当たって見た。ひとつは「ヘルダー音楽大事典 (Herder Das grosse Lexikon der Musik)」という全8巻の事典だがここにはそもそも「Beyer」が出ていない。もうひとつは「ロバート・アイトナー 音楽家と音楽学者の事典 (Robert Eithner Quellen - Lexikon der Musiker und Musikgelehrte)」であるが、こちらには10人の「バイエル」という名の音楽家が載っていたがここにも、われらが「フェルディナント・バイエル」の名はなかった。結果・・・
ドイツの代表的音楽事典に「フェルディナント・バイエル」は載っていない。
ということはわかった。

英語の「The New Grove Dictionary of Music and Musicians」にはようやく「フェルディナント・バイエル」が載っていた。内容はほぼ昨日の日記に書いたようなことである。あえて新しいことと言えば日本に入ってきたバイエルの楽譜は「Carl Prüfer's edition in 1880」という版のものであるということであった。ところが次の一文が目にとまった。
参考文献 「東京藝術大学百年史 - 1987年(音楽の友社)」
このことが意味するのはもしバイエルについて詳しく知りたければ日本の文献に頼らざるを得ないということであろう。

このような経過で、これだけ部屋中を占めるほど多くの事典のなかで「バイエル」について書かれてあったのは日本の文献から引用された英語の文章のみであった。音楽事典にすら載っていない人物を一般の人が知るはずがない・・・この時点ではそう思わざるを得なかった。

そのほか、「ベーレンライター 音楽教育ハンドブック (Bärenreiter Handbuch der Musik-Pädagogik)」という本も目にとまった。ここには「バイエル」の名こそなかったが、19世紀の音楽教育の歴史や、ピアノの教育論などが書かれてあり、それらを読んで理解すればもっとバイエル誕生の背景などが浮き彫りにされるであろう。しかし、その部分だけでゆうに50ページを超え、とても今日明日で読みきれるものではない。本当はそれらの内容もまとめて今回のシリーズで発表したいところだが、とりあえずコピーさせてもらい、ゆっくり読んでいつかまた別の機会に発表しようと思う。

さて、長くなったが以上が図書館で得られた情報である。この後、楽譜屋へ行って楽譜に携わる方の生の声を聴くことになるが、次回、このシリーズのクライマックスとしてそれを発表したいと思う。

(つづく)






Last updated  2005.06.25 02:41:11
コメント(9) | コメントを書く

PR

Recent Posts

Archives

2019.01
2018.12
2018.11
2018.10
2018.09

Freepage List

Comments

まつかわ@ Re:ドイツ人はバイエルを知っているか 第4回 「楽譜の店で」(06/25) はじめまして。ドイツのピアノ教育に興味…
にゃん@ べっ、べつに もっと欲しいにゃん♪+.(・∀・).+★ http:…
かちゃちゃん@ Re:クラビノーバ修理 その2(12/01) 初めまして。 私の息子しか使っていない…

Category

Favorite Blog

CANTOIMA(今泉仁志… cantoimaさん
Swing the Piano.歌… さとうゆきこさん
pastel mint rusfさん
ピアノのへや seina1940さん
poco a poco poco a pocoさん
y'Odare cLub    … Yodare-Club-Tomochanさん

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.