000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

第44回日本小児臨床薬理学会学術集会:かいちょーなおもてなし

PR

Free Space

Calendar

Archives

October , 2019
September , 2019
August , 2019
July , 2019
June , 2019

Category

Recent Posts

Comments

Air Toronto@ Re:学会場の「ホテルアソシア静岡」(10/06)  あぎじゃびよ! にふぇーでーびる! …
Tsuyoshi Nakachi@ 盛会お祈りします。 田中先生、お久しぶりです。沖縄の仲地で…
October 25, 2017
XML
​​​ 日本小児臨床薬理学会運営委員会と、第44回日本小児臨床薬理学会学術集会の審査委員会による選考により、以下の各賞、各項に選ばれました演題をご紹介します。

◎最優秀演題賞

PS-5 生理学的薬物動態 (PBPK) - 薬力学 (PD) 統合モデルの臨床的活用を考える:
   新生児でのアセトアミノフェン薬物動態や薬効予測を事例として
 江本 千恵(Cincinnati Children’s Hospital Medical Center, USA)



◎プレナリーセッション選出演題(優秀演題賞に相当)


PS-1 新生児および乳児におけるフルコナゾールクリアランスの
   発達変化に関する pharmacometrics アプローチ
 村社 計寿(草加市立病院 薬剤部、明治薬科大学 薬物治療学)

PS-2 添加物として含まれる乳糖の含有量と食物アレルギーの検討
 近藤 佳代子(社会医療法人財団新和会 八千代病院 薬剤部)

PS-3 母乳分泌不全で投与された Domperidone の母乳移行性と児への曝露評価
 齊藤 順平(国立研究開発法人 国立成育医療研究センター 薬剤部)

PS-4 小児におけるミニタブレットの服用性の評価
 奥村 和子 / 岡部 愛子(昭和大学薬学部 社会健康薬学講座 地域医療薬学)

PS-5 生理学的薬物動態 (PBPK) - 薬力学 (PD) 統合モデルの臨床的活用を考える:
   新生児でのアセトアミノフェン薬物動態や薬効予測を事例として
 江本 千恵(Cincinnati Children’s Hospital Medical Center, USA)

PS-6 小児医療情報収集基盤を用いた臨床研究の可能性
   -チアマゾール処方患者に対する観察研究-
 加藤 省吾(国立成育医療研究センター 臨床研究開発センター データ管理部 データ科学室)

◎ポスター賞

P-8 低体温療法施行中のゲンタマイシン投与量の再考:
   トラフ血中濃度が高値であった4症例
 桑名 史織(東京女子医科大学病院 薬剤部)

P-17 小児用製剤と飲食物との配合における服用感の臨床的評価
 田中 紫茉子(静岡県立大学薬学部 実践薬学分野)

 





​​​






Last updated  October 29, 2017 09:27:45 AM
コメント(0) | コメントを書く
[学術集会を振り返って] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.