069312 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

第44回日本小児臨床薬理学会学術集会:かいちょーなおもてなし

PR

Free Space

Calendar

Archives

July , 2019
June , 2019
May , 2019
April , 2019
March , 2019

Category

Recent Posts

Comments

Air Toronto@ Re:学会場の「ホテルアソシア静岡」(10/06)  あぎじゃびよ! にふぇーでーびる! …
Tsuyoshi Nakachi@ 盛会お祈りします。 田中先生、お久しぶりです。沖縄の仲地で…
October 31, 2017
XML
 事前から予測はしていましたが、正式決定から2年間も時間をいただいていたものの、あっという間にその当日がやってきて、過ぎ去り、そしてその月末です。約3週間前に、そんな学術集会が静岡であった、それを開催させていただいた、なんて、夢のようです。

 まだまだ残務整理に明け暮れていますが、特に大事なお金の計算が一山を越した感じで、まあそれが開催月の月末に見通しがついて、少しはほっとしています。

 無事に学術集会を終えて、現在に至っているのは、間違いなく関わってくださった、支えてくださった、参加してくださった、応援してくださった、すべての方々のおかげであります。まだまだ直接にお礼の気持ちを伝えきれていません。一人ずつ、少しずつ、順に、と思います。

 広報用にと、5月のGW明けに開始したこのブログ、無理のない範囲、やれる範囲でやっていこう、と、「​ありあわせ宣言​」までして、いつ挫折してもいいように予防線を張っておいたのですが。。。結局、ここまで200を超える投稿を一日も途切れずに継続してしまいました。こんな持続力、他のもっと有意義なことに生かすべきだと、我ながら思ってしまうところです。

 でもやはり、学術集会が終われば、ネタ切れです。学術集会の広報のための”手段”であったものが、「途切らさないで継続をする」という”目的”にすり替われば、自己満足の塊と化し、ロクなことはありますまい。

 学術集会を開催したその月末、残務整理がある程度一段落としたところで、一区切りといたしましょう。半年近くもの長い間、気にしてのぞいてみてくださっていた皆さん、ありがとうございました。”​閲覧数​”は確かに、ある種の励みでありました。

 きっかり終わってしまうと化石のようになってしまう気がしますので、一区切りの後も、「静岡を紹介する」「臨床薬理学をご案内する」という”目的”でゆっくりと発信する、その”手段”として、時々のんびりと投稿ができれば、、、とは思っています。

 ありがとうございました! 

 
Halloween in Toronto, CANADA   






Last updated  October 31, 2017 10:26:45 PM
コメント(0) | コメントを書く
[学術集会を振り返って] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.