067690 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

第44回日本小児臨床薬理学会学術集会:かいちょーなおもてなし

PR

Free Space

Calendar

Archives

June , 2019
May , 2019
April , 2019
March , 2019
February , 2019

Category

Recent Posts

Comments

Air Toronto@ Re:学会場の「ホテルアソシア静岡」(10/06)  あぎじゃびよ! にふぇーでーびる! …
Tsuyoshi Nakachi@ 盛会お祈りします。 田中先生、お久しぶりです。沖縄の仲地で…

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

静岡のおみやげ

September 11, 2017
XML
カテゴリ:静岡のおみやげ
 出張前に何気なく駅の構内をフラフラしていたら、なんとなく気になる看板が。



 駅ビルのASTY静岡に入る店舗に関連した紹介の看板でした。おみやげについて。でもこのほとんど、​このブログで紹介​してきているなあ。。。
 
 看板の内容のWeb版が​ここ​。

 この情報からブログの内容をとったのではないか、、、疑惑が生じそうですが、いやまったく。僕の中の「静岡のおみやげ」のイメージが、広く公的なものであった、ということと、自画自賛です。

 つまり、ご紹介した品々のほとんどが、駅ビルの中で買って帰れます!ってことですね。

 ASTY静岡は、​ここです​。学会場真横。






Last updated  September 11, 2017 12:10:13 AM
コメント(0) | コメントを書く
August 19, 2017
カテゴリ:静岡のおみやげ
 学術集会初日、プログラムの終了後に、懇親会に代えて、”ワイン&チーズ”を準備しています。

 地元のお酒の関係の会社やお店の皆さんのご協力をいただいての企画です。その一つ、「志太泉」。社長が先頭を切って広報役を担われています。昨日も新聞に登場。。。

志太泉酒造(藤枝市) 夏酒、さわやかで濃厚
(2017/8/18 日本経済新聞)

 「志太泉」のお酒を買える場所は、こちら






Last updated  August 20, 2017 01:45:18 AM
コメント(0) | コメントを書く
August 15, 2017
カテゴリ:静岡のおみやげ
 今まで、静岡のおみやげをご紹介してきていながら、大事なのを忘れてました。静岡の特産、”わさび”に関連した品々です。

 JR静岡駅ほか、いたる所のお店で購入できますが、おススメは、駅ビルの中にある「駿府楽市」さん。多くの種類のわさび関連製品を手にとって選ぶことができます。

 中でもわさび漬けは王道。以前にちょっとご紹介した「田丸屋」さんの製品もあります。が、僕のお気に入りは、「駿府楽市」のわさび製品リストの中で4番目に掲載されている、「わさび路 おざわ」さんの「手づくりわさび漬」。余分な添加物が入っておらず、わさびの茎のシャキシャキした歯ごたえと辛さがナチュラルなおいしさを引き立てます。保存料も入っていませんので、風味はみるみる落ちていきます。購入したら早めにいただきましょう!

 いろいろなわさびに関連したおみやげに出会える「駿府楽市」さんは、ここです






Last updated  August 15, 2017 08:36:17 PM
コメント(0) | コメントを書く
July 29, 2017
カテゴリ:静岡のおみやげ
 「あげ潮」。浜松の洋菓子店・まるたやの焼き菓子です。パリッとした食感、甘過ぎない濃厚な味わい、気品高い(感じがする)お菓子です。おみやげとしては有名なのに、地元の人はとんと食べない、、、なんて代物もあったりしますが、「あげ潮」は、浜松市民も大好き、らしい。。。

 まるたやは、そもそもチーズケーキも有名。「まるたやのチーズケーキ」と、ワンフレーズになっているイメージです。

 でも、チーズケーキのお持ち帰りは難しそうだから、やはり「あげ潮」の出番か。

 JR浜松駅に立ち寄って購入するなら、ここです。浜松市内を観光するなら、本店を含めて何店舗かあるみたい。

 ただし、浜松まで行かなくても、JR静岡駅の中のおみやげ屋さんにも、置いてくれてありましたよ。






Last updated  July 29, 2017 10:36:12 PM
コメント(0) | コメントを書く
July 16, 2017
カテゴリ:静岡のおみやげ
 「8の字」。そのまんまの形のお菓子で、名前もそのまんまです。

 「カクゼン桑名屋」さんから出ていますが、会社名よりもお菓子の名前が断然、静岡では知れ渡っています。

 小さいころから食べ慣れているので、全国にある普通のお菓子と思ってました、ずっと。ちょうどよい硬さのあの歯ごたえ、あっさりとしてシンプルな味わい。ネーミングのごとく、そのまんまの感覚です。最近では”お茶味”や”紅茶味”が出ているとは、知らなんだ。。。

 学会場から歩いて行ける、けっこー近くにお店があるんだね~。ただし、日曜日が定休日だそうなので、学術集会2日目、10月7日は、開いてませんね。でも、駅ナカのおみやげ屋さんでは買えますよ。

 ここです






Last updated  July 16, 2017 05:42:06 AM
コメント(0) | コメントを書く
July 2, 2017
カテゴリ:静岡のおみやげ
 出張前に駅のおみやげ売り場にふらりと立ち寄ったら、ふと、見慣れた赤と白のツートンのパッケージが目に留まりました。最近は食べる機会がなかったけれども、そうそう、これこれ、懐かしい、、、そんな感じでした。

 追分羊かん。「おいわけようかん」と読みます。”静岡市清水区追分”という地名が商品名の由来で、また商品名がそのまま店名になっていると思われます。

 JR静岡駅の所から、車で国道1号線を東に向かって20分ほど走ると、幹線がググッと左前方に逆くの字に折れる辺りの右前方に、大きな看板と共にお店が見えてきます。正確に言うとここの地名は”追分”ではなく、お店も支店。本店は、本当に”追分”にあり。

 ネットで検索してみると、高島屋さんのシステムに乗っかって、全国展開している模様。そうそう、この感じ、、、という写真がバッチリです。

追分羊かん@高島屋 オンラインストア

 まあでもせっかくなので、学会で静岡に来たら、ネット注文で済ませずに、そのままおみやげに買って帰ってください。。。

 駅の売店でお手頃なお値段で普通に買えますが、本店でということなら、”しずてつ”の新静岡駅から電車に乗って桜橋駅で下車、そこから歩いても10分もかからずに着きそうです。ここです






Last updated  July 2, 2017 05:56:46 PM
コメント(0) | コメントを書く
June 20, 2017
カテゴリ:静岡のおみやげ
 静岡市の名産の食べ物というと、やはり「安倍川もち」が幅を利かしているのではと思います。静岡の人がとってもよく食べる、というわけではないと思うのですが、確かになじみはありますね。

駿河湾NAVI 静岡名物☆うまい店 安倍川もち

 おみやげとして駅の売店で見渡すと、目につくのが「やまだいち」の安倍川もちです。

 ”てづくり”と冠されていて、賞味期限が短く、値段も少し高めのものと、そうではないタイプと、2種類あります。是非、”てづくり”をお試しいただきたいところではありますが、それは自分用、家族用で、職場へのおみやげはまた別、というのもありでしょうか。

 駅隣接のデパート、パルシェ内に直営店があります。実演販売もありです。JR静岡駅構内のKIOSK等でも売ってます。

 直営店は、ここです

 







Last updated  June 20, 2017 09:16:30 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 11, 2017
カテゴリ:静岡のおみやげ
 遠洋漁業で有名な焼津。おみやげとして「まぐろやかつおの角煮」が有名かつ人気です。あったかい白いご飯にちょこっとのせて、あるいはおにぎりの真ん中にたっぷり入れて、いただきま~す。

 個人的におみやげとして持って行く時には、「山上水産」の製品を購入しています。無添加で、おいしく、角煮自体も製品の包装もお手頃サイズ、値段もお得感たっぷりです。

 JR静岡駅では、駅ナカ、アスティ静岡の中にあるおみやげ屋さん、「駿府楽市」に置かれています。

 焼津まではJR東海道本線で静岡から10分強なので、遠洋漁業の街を観光がてら、本店まで行っちゃうのもありか。。。

 その場合は、ここです

 もちろん、山上水産製以外にもたくさんの角煮の製品があり、駅のKIOSKほかいたる所で買えます!






Last updated  June 11, 2017 06:58:17 AM
コメント(0) | コメントを書く
June 7, 2017
カテゴリ:静岡のおみやげ
 その土地のおみやげとして有名なお菓子や食べ物、実は地元の人はあまり食べていない、なんてことが往々にしてあります。

 しかししかし、うなぎパイは、静岡の人が小さい頃から間違いなく食べ慣れている、静岡を代表するおみやげお菓子だと思います。その食感、おいしさ、昔っから変わりません。

 その長い”静岡のおみやげの横綱”としての人気の背景には、どうやら地道な積み重ねがあるらしい。。。

うなぎパイ「秘伝」守れ 浜松・春華堂、職人に「師範制度」
(2017/6/6 静岡新聞/アットエス)

 うなぎパイの地元は浜松ですが、駅や空港、デパートなど、静岡市の学会場の周辺でもお手軽に購入可能です。種類も、オーソドックスタイプから高級品、小さなパックから大箱、詰め合わせまで、色々あります。






Last updated  June 7, 2017 10:55:28 PM
コメント(0) | コメントを書く
June 3, 2017
カテゴリ:静岡のおみやげ
 静岡駅からJR東海道線で西へ30分行くと、島田駅があります。島田の名物お土産、「黒大奴(くろやっこ)」。見た目のインパクトと、甘過ぎず、上品なあんこの味がなんとも素敵です。

 学会場の真横、駅ナカにあたる建物内、パルシェ食彩館清水屋のほか、富士山静岡空港内売店でも売ってます。

 この清水屋では、「小饅頭(こまんじゅう)」も有名だそうな。






Last updated  June 3, 2017 10:49:53 PM
コメント(0) | コメントを書く

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.