408411 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

暮らし宿 お古 店主のブログ

PR

Comments

金津美之@ Re:中国新聞「緑地帯」、全8回分を公開!(05/02) SONGS ON YOUR LIPSを聞いてGoogle検索で…
*チーコ*@ ありがとうございます。 さとこさん 懐かしく思っていただき、嬉し…
さとこ@ Re:大型連休のご予約について(03/07) 昭和30年代に、芸備線沿いで小学校時代…
*チーコ*@ ご心配ありがとうございます! とんちゃんさん お気持ちが嬉しいです。 …
とんちゃん@ Re:フーテンのチョコ次郎(02/06) うぇーん。仕事中に涙しながら読みました…
2015.02.18
XML
カテゴリ:子育て&親育て
2015年2月1日(日) 13時17分、
わが家の長男、第2子が産まれました。

rblog-20150218122203-00.jpg

名前は、優真(ゆうま)といいます。

おかげさまで、自宅で家族みんなに見守られながら、新しい命を迎えることができました。

お腹の子は、迎える人たちがいてくれる時を選んで産まれてきてくれると言われますが、本当にその通りだと、感じます。

上の子、絢音のお産時にもお世話になった、
つぼみ助産院の桑原さんに来ていただき、
家族みんなが揃う、日曜日を選んでくれました。

いつもの暮らしの中に、お産という時間がある自宅でのお産を支え、応援、見守ってくださった方々に、心から感謝しています☆


…もちろん!
陣痛は苦しかったです!(>_<)

1人目は、ひたすら必死で、朝食にピザを食べた事を後悔しつつ(詳細は、過去のブログをご参考に…笑)、ツルンと産まれたときの気持ち良さだけが記憶にありますが、
今回は、2回目ということで気持ちの余裕があり、良くも悪くも、陣痛が強まり、お腹の子が徐々に下がっていくのをじっくりと感じることができました。

朝食にピザを食べていない夫(笑)が、陣痛の時には膝をついて肩で私の体を支えてくれていたのですが、
お互いに疲れが出てきた頃からは、夫の上に倒れ込む体勢へ変更。

そのため、夫は私の股の合間から、顔の真正面に優真が噴き出てくるという、貴重な経験をなさったようです(笑)

rblog-20150218122203-01.jpg
下手なりに、説明図を描いてみました。

「すごい光景だなと思った」と、しみじみ語っていました。
さすがは野生な夫です!


2歳になる直前の絢音にとって、優真が弟ということはまだはっきりとは分からないかもしれませんが、
近寄っては優真の耳たぶをグリグリいじって癒されている様子。

rblog-20150218122203-02.jpg
並んだ寝顔を見ると、育児疲れも忘れてしまいます。

しばらくは、授乳と二人のオムツ替え&洗いに追われる日々になりそうです。

そんな日々のリズムに体を慣らし、落ち着いた頃に、暮らし宿 お古の営業を再開しようと考えています。

また、ホームページやブログ等でご案内させていただきます。

取り急ぎ、長男誕生のご報告まで★


*暮らし宿 お古のホームページ
http://r.goope.jp/yado-ofuru/

*つぼみ助産院さんのホームページ
http://tubomijosanin.jimdo.com/

*絢音のお産について書いた、過去のブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/jstylechiko/diary/201303280000/












Last updated  2015.02.18 12:30:55
コメント(10) | コメントを書く
[子育て&親育て] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.