407708 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

暮らし宿 お古 店主のブログ

PR

Comments

金津美之@ Re:中国新聞「緑地帯」、全8回分を公開!(05/02) SONGS ON YOUR LIPSを聞いてGoogle検索で…
*チーコ*@ ありがとうございます。 さとこさん 懐かしく思っていただき、嬉し…
さとこ@ Re:大型連休のご予約について(03/07) 昭和30年代に、芸備線沿いで小学校時代…
*チーコ*@ ご心配ありがとうございます! とんちゃんさん お気持ちが嬉しいです。 …
とんちゃん@ Re:フーテンのチョコ次郎(02/06) うぇーん。仕事中に涙しながら読みました…
2016.05.16
XML
カテゴリ:イベント♪
熊本地震の影響を受けていらっしゃる方々に、
心よりお見舞い申し上げます。

2011年3月11日に起こった東日本大震災から5年、
これからの暮らしのあり方が問われ、
開拓された方や再建された方、それぞれが歩みを進めていらっしゃる最中。

ヒトは地球の上に住まわせてもらっている一つの存在であり、
ヒトが地球をコントロールはできない。

当たり前のことを、改めて実感しています。


暮らし宿 お古は、ちょうど東日本大震災の2ヵ月後にオープンしました。

古い家を修理している中、
震災の影響で、木材が入手困難になったことを思い出します。

この5年は、皆さんにとって、様々な出来事や想いが巡った時間だったのではないでしょうか。


私にとっても、とても濃密な5年間でした。

目の前の道を、自分なりに懸命に走ってきたつもりです。

2010年、東京から仕事を辞めて単身でこの地に飛び込み、
たくさんの方々のお力添えをいただき、少しずつ学びを増やし、
2011年、暮らし宿 お古を開業しました。

お客さんとの様々な出会いがあり、
最良のパートナーとも出会い、結婚をし、
出産を経て、二人の可愛い子ども達にも出会うことができました。

…と言うと、なんだか全てが順調なように聞こえますが、
たくさんの方々にご迷惑をかけ、その度に後悔をするという連続でもありました。

自分の力不足を棚に上げ、環境や人に原因を求めてみたり。
まだまだ「母親」としても「店主」としても未熟すぎて、恥ずかしくなります。


そんな私に飽きれながらも、気にかけて力を貸してくださった方々がいるからこそ、
この5年という時間があります。

心より、お礼申し上げます。

ありがとうございます。


そして、この5周年を記念し、5月11日~14日の4日間、
これまでお世話になった方へ個人的にお声がけさせていただき、
ちょっとしたイベントを開きました。

恩返しとも言えないイベントでしたが、
5年を思い返す時間を皆さんを共有させていただき、
とっても、とっても、温かい4日間でした。


ohurusyokudou1
2日間限定の、お古食堂。

※通常、暮らし宿 お古ではお食事の提供を行っていませんので、ご注意ください。
 詳しくは、ホームページをご確認お願いします。


ofurusyokudou2
バタバタと準備している様子を、撮ってくださっていました。


5syuunen1
14日(土)は、恒例の「作業&ランチ会」。
重労働の、砂場作り班!


5syuunen2
大助かりの、草刈り隊!


5syuunen3
釜戸で、ご飯づくり女子部!


5syuunen4
いただきまーす☆


5syuunen5
お古ファミリー★
…と、勝手に思い込んでいます(^^)



奥田さんが言ってくださいました。
「10周年に、この場所にまた集まりましょう。」

私ではなく、そう言ってくださる方がいる。

涙が出そうでした。


また走って、つまづいて、転んで、
トボトボ歩いてみたり、スキップしてみたり。

そんな新たな時間も、見守っていただけたら嬉しいです。

皆さま、今後ともよろしくお願いいたします。






Last updated  2016.05.16 14:02:48
コメント(0) | コメントを書く
[イベント♪] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.