375010 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

暮らし宿 お古 店主のブログ

PR

Comments

*チーコ*@ ありがとうございます。 さとこさん 懐かしく思っていただき、嬉し…
さとこ@ Re:大型連休のご予約について(03/07) 昭和30年代に、芸備線沿いで小学校時代…
*チーコ*@ ご心配ありがとうございます! とんちゃんさん お気持ちが嬉しいです。 …
とんちゃん@ Re:フーテンのチョコ次郎(02/06) うぇーん。仕事中に涙しながら読みました…
ヒシチヒロ@ ありがとうございます! 縄文之森協議会高濱さんへ わざわざ検索…
2018.07.16
XML
カテゴリ:お宿のこと
西日本の豪雨により、たくさんの方が心配してくださいました。
気にかけてくださった皆さま、ありがとうございます。

おかげさまで、暮らし宿 お古は、元気に日常の生活を送ることができています。


rblog-20180716092831-00.jpg
豪雨の後、いつもの水量に戻ったお古の小川は、底に溜まっていた泥が流され、更にきれいになっていました。
この豪雨も、自然の大きな流れの一部で、何かしらの意味があるのかと考えさせられます。


各地で土砂崩れや川の氾濫による被害が出ていることを思うと、家族も身近な周りの人たちも無事であったことを、表立って喜んで良いのか…
複雑な心境です。

被害に遭われた方々に、心からお見舞い申し上げます。


お古の現状はと言いますと…


途中の道で土砂崩れが起き、一時通行できなくなっていましたが、今は完全復旧とは言えないものの、通行できるようになりました。


rblog-20180716091159-00.jpg
電線はなんとか持ちこたえ、停電は免れました。


また、もう1箇所の土砂崩れにより、田んぼに土砂が流れ込んでしまいました。


rblog-20180716091159-01.jpg
2枚お借りしているうちの、こちらの田んぼは状況が良かったので、残念でなりません。


もう1枚の田んぼも、取水口に土砂が詰まり、水を引くことができない状態が数日続き、ヒエがグングン伸びてしまい…
なかなか厳しい現実であります。


被災の程度の大小はあるものの、それぞれ辛い思いをされています。

限られた時間の中で、できる作業を進めていくしかありません。

少しずつ、少しずつ。






Last updated  2018.07.16 09:28:32
コメント(2) | コメントを書く
[お宿のこと] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.