451398 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

暮らし宿 お古 店主のブログ

PR

X

Comments

*チーコ*@ コメントありがとうございます! 金津美之さんへ すっかり返信が遅くなっ…
金津美之@ Re:中国新聞「緑地帯」、全8回分を公開!(05/02) SONGS ON YOUR LIPSを聞いてGoogle検索で…
*チーコ*@ ありがとうございます。 さとこさん 懐かしく思っていただき、嬉し…
さとこ@ Re:大型連休のご予約について(03/07) 昭和30年代に、芸備線沿いで小学校時代…
*チーコ*@ ご心配ありがとうございます! とんちゃんさん お気持ちが嬉しいです。 …
2020.12.22
XML
カテゴリ:暮らしの手づくり
先週末、毎年恒例のお味噌作りをしました。

コロナ禍で決行するかどうか判断がとても難しい状況ではありましたが、時間短縮・体調管理・自由キャンセル制・感染対策を行い、なんとか決行。

バタバタしながらも、雪景色の暮らしの共同作業は、心地よい疲れを体に残してくれました。



70kgのお味噌を仕込むので、煮る大豆も大量。
かまどが大活躍してくれます。

4日前に大豆を水に浸し、2日間コトコト煮ました。
かまどは、薪をガンガン入れて強火を維持するには適しているのですが、弱火〜中火の維持が難しい。

こういう時は、炭。
特に豆炭は長時間もつので、豆炭サマサマです。



親指と小指で簡単に潰れるくらいまで、煮ていきます。
ついつい、多めに味見をしちゃいます。

今回の大豆は、地元「敷信村 農吉」さんから譲っていただいた、無農薬の白大豆。

農吉さんが運営している保育所に、お古キッズは日々楽しく通わせてもらっています。
家から距離はあるのですが、それでも通わせたいと思う、保育所なのです。



大豆を潰す作業が、大変。
大人は杵と臼で。子どもは、ミンサーで。
なかなか、手際良くなってきました。



潰した大豆、40kg!



今回は、白米味噌と玄米味噌の2種類を仕込みました。
これだけ揃えば、あとは早い!



お昼ごはんタイムを挟んで…


塩きり麹と潰した大豆をしっかり混ぜて、味噌玉を樽に投げ入れれば、完成です。
もちろん、空気抜きとカビ対策は、しっかりと。


美味しいお味噌ができますように。



お古のコマイヌ2匹と、



コマウサギが、大切に守ります。


このお味噌が、お古の自慢であり、名物であり、日々の幸せ。


どんな状況でも、腹は減る。
自分たちで育てたお米と手前味噌と火があれば、どうにかなる!

それを軸に、暮らしています。






Last updated  2020.12.22 08:12:53
コメント(0) | コメントを書く
[暮らしの手づくり] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.