455927 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

暮らし宿 お古 店主のブログ

PR

X

Comments

*チーコ*@ コメントありがとうございます! 金津美之さんへ すっかり返信が遅くなっ…
金津美之@ Re:中国新聞「緑地帯」、全8回分を公開!(05/02) SONGS ON YOUR LIPSを聞いてGoogle検索で…
*チーコ*@ ありがとうございます。 さとこさん 懐かしく思っていただき、嬉し…
さとこ@ Re:大型連休のご予約について(03/07) 昭和30年代に、芸備線沿いで小学校時代…
*チーコ*@ ご心配ありがとうございます! とんちゃんさん お気持ちが嬉しいです。 …
2020.12.28
XML
カテゴリ:暮らしの手づくり
年の瀬恒例の、餅つき。
コロナ禍のため、家族だけでひっそりと。



もち米を蒸すのも、妊婦にとっては一苦労。
各家庭での餅つきをやめてしまうのも、分かる気がします。



蒸し上がったもち米は、まずはしっかりと潰していきます。
この作業が、大事。



年々上手になっていく子どもの姿は、とても心強い。



打ち手のメインはもちろんお父ちゃんですが、チビ男子も、頑張ります。



やってるフリ〜♪な子もいますが(笑)



みんなで、つまみ食いをしながら丸めます。



蒸す・潰す・つく・丸める…
ひたすらこの作業を繰り返していきます。



今年も、変わり種餅として、みかん餅を作りました。
ほんのり香り、美味しいんです。



手前から、紫いも・みかん・よもぎ。
形はさておき、お味に自信あり!


今年は例年よりも少なめの、6臼。
わが家では、ペロリと食べてしまいそう。



餅つきしつつ、雪遊びしつつ…。


何があっても時は過ぎ、季節は移ろう。
だからこそ、その季節の仕事を、形を変えながらも、続けていく。

わが家の理念です。






Last updated  2020.12.28 13:02:04
コメント(0) | コメントを書く
[暮らしの手づくり] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.