451401 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

暮らし宿 お古 店主のブログ

PR

X

Comments

*チーコ*@ コメントありがとうございます! 金津美之さんへ すっかり返信が遅くなっ…
金津美之@ Re:中国新聞「緑地帯」、全8回分を公開!(05/02) SONGS ON YOUR LIPSを聞いてGoogle検索で…
*チーコ*@ ありがとうございます。 さとこさん 懐かしく思っていただき、嬉し…
さとこ@ Re:大型連休のご予約について(03/07) 昭和30年代に、芸備線沿いで小学校時代…
*チーコ*@ ご心配ありがとうございます! とんちゃんさん お気持ちが嬉しいです。 …
2021.06.04
XML
カテゴリ:無農薬のお米作り
田舎に住んでいるから、コロナの影響もなく安心…
なんて言えない状況になっています。

子どもたちが通う小学校が臨時休業になり、テンテコマイになったり、市内全ての公共施設が利用できなくなったり。
外出をしなければ、わが家のような山の中では、季節の仕事を進めていく、これまでと変わりのない暮らしなのですが。


そんな、大きな季節の仕事の一つが、田植え。
5月末に、3日間かけて家族でコツコツ手植えをしました。



苗作りも、年々上手になっているかな。



まずは、線を引き、



家族総出で植えていきます。



子どもたちは、気分次第で参戦してくれます。



それでも、田んぼで一日中遊び倒している様子を見ていると、この暮らしが好きだなぁと改めて感じます。



泥んこパン屋さんの、今日のラインナップ。
食パン、草パン、顔パン、キャベツパン、ハンバーガー、ドーナツ、丸パン、ただのパン。
どれがどれだか、分かりますか?



週末だけでは終わらず、3日目は夫婦で田植え残業。
終わってしまえばあっという間ですが、しっかりと筋肉痛のお土産付き。



2月に産まれた4番目の子は、田んぼのそばに張ったテントの主に。
0歳児にして、ソロキャンプ!?(笑)



4歳の次女、1列だけ頑張ってくれました。
これから、年々子どもたちの列数が増えていくと信じて…!


田植えを終えた後も、水の管理、あぜの草刈り、ヒエやコナギなどの雑草との戦いは続きます。


羽釜で炊いたご飯を、泊まりに来られたお客さんが「美味しい!」と喜んでくださるのを楽しみに、目の前の仕事、ゆくゆくのために今できることを、少しずつ、頑張ります。






Last updated  2021.06.04 22:39:25
コメント(0) | コメントを書く
[無農薬のお米作り] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.