446862 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

暮らし宿 お古 店主のブログ

PR

X

全57件 (57件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

イベント♪

2019.11.14
XML
カテゴリ:イベント♪
先月の「トーク&ワークで学び合う スキルアップ合宿」の振り返りを、今更ながら。


 
実は、予想以上に内容が濃く、頭も気持ちもいっぱいで、消化しきれずにいました。
今もまだ、消化しきれてはいませんが、日々の暮らしの仕事を繰り返す中で、少しずつ自分に落とし込みつつあるので、文章として残しておきたいと思います。

まずは、この映像をご覧ください。

https://youtu.be/6g0aiL4_ZA0

スキルアップ合宿で、参加者さんが撮った写真とキャッチコピー。
2日間の講座と人との関わり合いの中で、産まれたもの。

テクニックの指示を受けたわけではないのに、皆さん自然と引き込まれる写真を撮られていました。
考え抜いたキャッチコピーも、すんなりと馴染んでいる。

どれもが、私が魅せたい写真。
人に見せたくなる写真。

暮らし宿 お古の財産になりました。 




文字のこと。

地域デザイン研究所の納島さんのお話を聞き、デザインって楽しいな、と思いました。
社会見学に行った小学生の感想みたいですが…。

デザインの「産みの苦しみ」の先にあるものは、人の心を動かすもの。

形として残り、人の心にも残るって、楽しい。

シンプルに、そう思いました。
そんな気持ちで、自分が魅せたいものを、デザインしていきたい。

また、

文字には情感がある。
ビジュアルは、文字次第でどうにでもなる。

という言葉が、とても印象的でした。
この言葉を意識しながら世の中を見渡すと、なんだか見方が変わってくるような気がしています。

言葉の財産を、また一ついただきました。




写真のこと。

ツールの発達によって、写真の見栄えを良くすることが、とても容易になりました。
Facebookや Instagramで、たくさんの写真を目にします。

その写真を見た瞬間に、
配置や光の加減を調整しながら撮ったんだろうなぁ。
画像編集を頑張っているなぁ。
…と思うことがよくあるのです。
(私がひねくれているだけ?)

ですが、
講師として来てくださった寺下さんの写真は、違う。

画像編集をされていることは、明らかに分かる。
のに、そこに意識が向かない。

あぁ、この写真いいなぁ。
本当に、この絵がお好きなんだろうなぁ。

そう思ってしまうのです。

寺下さんが強調されていたのは、テクニックではなく「写真を撮る時のマナーと気持ち」。
それは、誰もが分かっていて、たくさんの人が口にされていること。
でも、綺麗事にも思えるこのポイントを、今回の講座で、腑に落とすことができました。




どんなに検索しても得られることがないものを、いただくことができました。

この2日間をご一緒した皆さんにとっても、そうでありますように。

ありがとうございました。






Last updated  2019.11.14 12:30:22
コメント(0) | コメントを書く


2019.10.08
カテゴリ:イベント♪
10月5日(土)、「里山ココロザシ・カフェ」が無事終わりました。
お越しくださった皆さま、関係者の皆さま、ありがとうございました。

お古史上、最高の人口密度ではないかと、湯崎知事が指摘してくださいました。
まさしく、その通りです。


この写真に写っている参加者さん以外に、影で支えるスタッフさんが、たくさん!

そして、このイベントのにわか参加者である、子ども達。


お父ちゃんが出してくれた、スタックラインやハンモックで、ひたすら遊んでいました。
(ん?お父ちゃんがひたすら遊んでいた!?笑)

各地から足を運んでくださった方々との意見交換させていただき、知事と直接お話ができたこともちろんですが、
「楽しかったー」
「遊び疲れちゃったよぉ」
「また絶対来るけぇね」
という子ども達の声が、何よりも嬉しい。



お茶の時間にお出ししたのは、おにぎり・枝豆・エキナセア茶。

今週末に稲刈りを控えている私たちなので、お米は同じ町内の新米を譲っていただきました。
おにぎりの具は、お古特製の梅干しと味噌を使った「梅味噌」。
枝豆は、畑から採ってきたもの。
エキナセア茶は、お隣の比和町で友人が作っています。


湯崎知事にお願いし、エキナセア茶PR写真を撮らせていただきました♪

また、せっかくお古まで足を運んでくださった方々に、地元ならではの本当に美味しいものを持って帰っていただきたくて、ミニマルシェを開催し、ふくふく牧場まなびや cafe上田農園さんが出店してくださいました。
快く引き受けていただき、ありがとうございます。


今回のテーマは「子どもと暮らす 丁寧に暮らす」。

こんな暮らしをしている私たちですが、丁寧に暮らしているとは、思っていません。
毎日がバタバタで、もうちょっとゆっくりと時間があれば…と願うことの連続。
暮らし方や何に時間を割いているかが違うだけで、そんな事情は、都市も田舎も同じではないかと思います。


人口減少に伴い、
公共交通機関や教育の場が縮小されていく。
子どもが自力で目的地まで移動することが、難しい。

そんな課題が山積みの、田舎暮らし。
田舎暮らし = 丁寧な暮らし
ではありません。

「丁寧に暮らす」とは何なのか…?

私としては、まだまだ消化不良。
今回のココロザシ・カフェで改めて考えさせられ、沢山の人の意見や生き方を学ばせていただき、実は更に消化不良。

ただ、消化不良なことを考え続けなければいけないのは、確かですよね。


離れていても、消化不良なことを暴露し合える仲間がいるのも、確かです。


いつも感じることですが、イベントというのは、打ち上げ花火のよう。

華やかで、一瞬。

けれど、後の暮らしの中で、記憶となり、励みになります。

これからの寒ーい時期に、キーンと冷えた朝の土間に一人、釜戸で煮炊きをする私を支える、力になります。

本当に、ありがとうございました。






Last updated  2019.10.08 09:44:28
コメント(0) | コメントを書く
2019.10.01
カテゴリ:イベント♪


仕事をする中で、多くの人がぶつかる「発信する」難しさの壁。
個人事業主であったり、何かを企画する立場であったり、コトを動かそうとすると、必要になる「発信する」力。
専門性はないものの、自分でやらざるを得ない。
なんとなくはできるけれど、どこか悶々としている。
だからこそ、しっかりと学びたいと感じたこと、ありませんか?
ちょっと思い切って時間をとり、プロの仕事術を学び、同じような課題を持つ者同士で刺激し合いながら、スキルアップのためのヒントを得る。
そんな、合宿形式の学びの場です。

たくさんのツールが発達したことで「それっぽい」感じにはできても、デザインや写真撮影を仕事としている「プロ」との違いは、何なのだろう?
同じものを見ていても、違っている、自分とプロの見え方と思考回路。
その思考回路を、実際のワークと参加者同士のトークを交えながら、じっくりと紐解いていきます。

豪華なゲスト講師お2人を迎え、言葉とは?デザインとは?魅せ方とは?仕事に取り組む姿勢は?などなど、これまでの成功談も失敗談も交え、ディープに語っていただきます。

今回は、「暮らし宿お古」のコンセプトブックづくりという実践を通じて、
・魅力を引き出す写真の撮り方
・思いを伝える言葉の選び方
を学んでいきます。

ガッツリ!風呂焚きや釜戸でのご飯作り、薪割りなど、お古の暮らしの作業もしますので、頭も体も刺激でいっぱいな2日間になること間違いなしです。

そして。
ぜひ、今抱えているお悩みを、持ち込んでください。
プロならどう考えるか?他の参加者からはどう見えるか?
悶々としているコト、独りよがりになっているコト、分かっているようで分かっていないコトを、明確にしていきましょう。
この2日間の講座に満足するだけではなく、その後、自分の現場にどう生かすかが、大切です。

参加申込の方は、下記のフォームよりご応募ください。
https://forms.gle/TaGq648CKqbQjkNq9

◯問い合わせ先
ひろしゃま・へんしゅう部 岡本
090-1715-6461
dan.yasushi@gmail.com

なお、参加申込の締め切りは、10月16日(水)中です。

-----------------------------------------------

●概要
・日時:10月19日(土)13:00~ 10月20日(日)15:00
・場所:暮らし宿 お古(広島県庄原市川北町)
http://r.goope.jp/yado-ofuru/
・定員:10名程度
・参加費(1泊2食付き):
 【10/5(土)までの申込】13,000円
 【10/6(日)~10/16(水)の申込】 15,000円
※ 交通費ならびに2日目の昼食代は含まれません。2日目の昼食は、地元のパンまたはお弁当の販売を計画しています。

●ゲスト講師
【思いを伝える言葉の選び方】
納島正弘さん 
(株)地域デザイン研究所
http://local-design-labo.com
広島のデザイン界を代表するお一人。
「WOODPRO Shop & Cafe」のプロデュースや多数の商品デザインに長年携わる。
「桐葉菓」の新デザインを担当。伝統を守りつつも生まれ変わった新しいデザインの「桐葉菓」制作秘話も、語っていただきます。


新パッケージ、どこが変わったか、分かりますか?

実は、暮らし宿 お古のロゴも制作。

【魅力を引き出す写真の撮り方】
寺下のぞみさん
ノリオ グラフィックス
http://noimee.pupu.jp
写真の魅力はもちろん、仕事の依頼が来る秘訣は「どんなプロのカメラマンよりも、お母さんが一番子どもさんの良い表情を撮る」と言われる、その人柄かもしれません。
実は、暮らし宿 お古のホームページ写真の一部は、寺下さんの作品。


外観を撮る時に、この視点から写真を撮られたのは、寺下さんだけです。

●スケジュール
◇1日目(10月19日・土)
テーマ:インプット&コンセプトブックのイメージづくり

13:00~13:20
オリエンテーション

13:20~13:50
トーク「お古を知ろう~菱さん編」
お古のこと、菱さんのこと。大切にしていることや伝えたいことなどを。

13:50~14:40
トーク「あの先輩の仕事術を学ぼう~納島さん編」
納島さんがコピーをつくるとき、どんなことを考えながら、どうやって言葉を選んでいるのか、そのためにどんな準備をしているのか、これまでの成功・失敗談を交えて話してもらう。

14:40~15:10
ワーク(リーディング&シェアリング)
「良いコピーに触れよう」
納島さんの良いコピーに触れ、その感想をグループでシェアしながら研究してみよう。

15:10~15:30 休憩

15:30~18:00
ワーク(体験)
がっつり暮らし体験(薪割り、風呂焚き、釜戸で共同調理)
自由に写真を撮る。

18:00~19:00 夕ご飯

19:00~21:00
懇親タイム&写真シェア&ワークブックイメージづくり。

21:00~ 就寝・語り合い・お気に召すまま。

◇2日目(10月20日・日)
テーマ:シーン別写真撮影&キャッチコピーづくり
〜8:40 朝ご飯・準備

8:40~9:30
トーク「あの先輩の仕事術を学ぼう~寺下さん編」
寺下さんが写真を撮るとき、どんなことを考えながら撮影しているのか、そのためにどんな準備をしているのかを語っていただく。
シーン別写真撮影について、コツや意識していることなどを伝授してもらう。

9:30~10:30
ワーク(リーディング&シェアリング)
「シーン別写真を、撮ってみよう」
シーン別写真(外観、部屋、犬猫鶏、自然の風景など)を寺下さんのアドバイスを交えながら撮影し、撮った写真をシェアしながら、みんなでコメントし合う。

10:30~11:30
ワーク「キャッチコピーをつくろう」
写真に合わせるコピーをつくろう。
講師お二人と参加者で、出し合う。

11:30~12:30
お昼ご飯
地元のパンまたはお弁当販売を予定しています。
一日限定の、お古ショップ開店!?

12:30~15:00
ワーク「つくったコピーを、みんなで見ながら、さらによくしてみよう」
撮った写真やつくったコピーをシェアしながら、さらによいコピーにできないか、ブラッシュアップする。

15:00 終了・解散

-----------------------------------------------

何かと予定が入る、この時期。
2日間ガッツリ時間をとるのは、本当に難しい。

ですが!!
技術も経験も豊富なお二人から、プロの仕事術をみっちり&ねっとり学ぶ、とーっても貴重な機会です。

勇気あるご参加、お待ちしています。






Last updated  2019.10.01 09:46:53
コメント(0) | コメントを書く
2019.09.19
カテゴリ:イベント♪
秋風が、とても気持ちの良い季節。
この地域では、着々と稲刈りが進んでいます。

私たちの田んぼの稲刈り(手刈り・はで干し)は、10月12日(土)・13日(日)の予定ですので、「ちょこっと体験」では気が済まない、ガチな稲刈りご希望の方(笑)は、暮らし宿 お古のHPから、ぜひお問い合わせください。

その稲刈りの前の週、10月5日(土)に、里山ココロザシ・カフェ @ 暮らし宿 お古を開催します。



広島県知事の湯崎さんが、県内の各地に出向かれ、その土地で活動している人たちと話し、参加者と語り合う、里山ココロザシ・カフェ。
庄原での開催の会場として、暮らし宿 お古を選んでいただきました。

どんな話になるのか、どんな雰囲気になるのかは、当日のお楽しみ♪
知事やスピーカーだけではなく、参加者の皆さんと創り上げる空間です。

気になる方は、お気軽にお申込みください。
申込みは、Facebookページから。
お待ちしています。


そうそう!
ぼにばな縁日会のご報告ができていませんでした!
大変失礼しました。



リフォームされた「長者屋」は、本当に気持ちのいい空気が流れていました。
毎年お世話になっている方々と再会し、お話させていただき、充実した時間。
お茶会の開催は年に一回ですが、一棟貸しのお宿として生まれ変わっていますので、ぜひご利用くださいね。






Last updated  2019.09.19 13:10:54
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.21
カテゴリ:イベント♪
夏至を目の前に、畑仕事や草刈りに追われる日々です。
今年は田んぼの下に、新たな畑を開拓中です。
鍬(くわ)で畝(うね)を起こすだけでも、大汗。

昔、農作業の合間に、鍬で鳥を焼いて食べていたということから「鍬焼き」という料理がありますが、まだ挑戦したことはありません。
(現代では、もちろん実際には鍬で焼いていません。)
いつか、挑戦したいリストの1つです。

さて、そんな私たちの、初夏の一大イベントは、6月30日(日)に本願寺広島別院で開催される「LIVE GREEN」への出店です。

RCCさんが主催されている、毎年恒例のイベント。
今年は、ハナレグミが登場!
嬉しすぎます!!
冬ごろ、RCCの方に、ハナレグミをLIVE GREEN に呼んでほしい!とお話していたんです。
きっと、いや絶対に、私のおかげではありませんが、いちファンとして、本当に嬉しいです。

当日、暮らし宿 お古は「納豆麻婆どんぶり」や「高野りんごジュース」をご提供します。



え!?納豆?麻婆?
…と言われることも多いのですが、食べてみると、実はかなり美味しいんだね、と言われることも。

ベースには、辛みを入れていません。
なので、お子さんもパクパク食べることができます。
辛みは、ご自分で、お好みで。

同じ庄原市の東城町で、激辛唐辛子を生産されている「吉岡香辛料研究所」さんの唐辛子を、数種類ご準備しています。

辛いものが苦手な方には、おすすめできません。
甘口カレー派な私は、1粒も試すことができません!触れません!
激辛でヨダレが出るという夫は、吉岡さんの唐辛子の大ファンです。
当日、少量ですが、販売もいたします。

そして、麻婆に必須の山椒は、自家製。
お古の山で採れた山椒の実を、その場でミルでゴリゴリと。
香りの高さに感動すること間違い無しです!

高野りんごジュースは、100%ストレート。
甘いものを控えていた妊娠中の、私の癒しの一杯。


心地のいい音楽と、気持ちのいいお寺の空間と、想いのこもったマルシェが揃う、LIVE GREEN。
ミュージシャンのUAが、このイベントは気持がいいから、と言って2年連続で出演されたのも、頷けるのです。

前売り券を販売されていますので、どうぞお一人でも、大人数でも、お越しください。


* おまけ *

6歳の娘っ子が、夏休みのイベント申し込み用紙に、いつのまにか記入していました。



かきのたね…
うちでは出ないので、きっと同級生が話していて、記憶に残ったワードだったと推測されます。

ちなみに、暮らし宿 お古の電話番号は、「かきのたね」ではなく、0824-72-9188です。
お間違えなく(笑)






Last updated  2019.06.21 12:46:12
コメント(0) | コメントを書く
2019.06.05
カテゴリ:イベント♪
緑が日に日に濃くなり、グングン成長している草たち。
草刈りが日課となり、田舎暮らしの大変さを実感する時期でもあります。
暮らしの環境整備を、自分でする。
当たり前のことですが、それをする必要が無い都市での暮らしを羨ましく思うこともあります。


草刈り中に、ふと出会う野イチゴ。

でも…
やっぱり、草木の成長や咲く花の移り変わり、鳥のさえずりを日々体で感じる、この暮らしが、今は好きです。


先週末は、田んぼの草抜きをしました。
今回は、お父ちゃん特製の草掻き回し棒?が大活躍!


そんな私たちお古ファミリーの暮らしの必須アイテム、よもぎオイル。
使った方は、必ずと言っていいほどファンになります。
虫刺され、キズ、かゆみ、髪のセット…何にでも使えちゃいます。

6月17日(月)に、暮らし宿 お古でよもぎオイル作り講座を、クラシノワ舎さんと共同で開催します。
よもぎを摘んで、釜戸でコトコト煮出します。
今回は、よもぎオイルのミツロウクリームも作ります。
ミツロウは、お古の養蜂仲間の方に譲っていただいた、日本ミツバチのミツロウ。
市販のミツロウとの違いも、お話します。



一度作り方やポイントを覚えれば、一生もの。
身の回りにあるもので、お手当をする暮らし。
よもぎオイル作り講座、参加者さんを募集中です。

▼Facebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/1029866867218750/?ti=icl

Facebookをされていない方のために、以下、詳細です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
=暮らしの中の「衣・食・住・お手当」を
もっと自然に、ていねいに。
「暮らしのクラス」では、さとやまの自然のめぐりの中で紡がれてきた「衣・食・住・お手当」などの智慧を学びます=
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年に引き続き、
今年も「暮らしのクラス」では、
よもぎオイルを作ります。

小さい頃、足をすりむいて血が出たら
ヨモギをもんで血止めをしたことがありませんか?
昔からヨモギは血止めの薬と言われてきましたが、
他にも浄血、かゆみ止めなど、
日々の暮らしのお手当に欠かせない薬効があると言われます。
身体にも心にもやさしいお手当を暮らしの中に。

場所は庄原市の山里にある「暮らし宿お古」。
山から木を切り、薪にして火を焚き、くどでご飯を炊いて、五右衛門風呂にはいる。
そんな暮らしを営む、菱千尋(ひしちひろ)さんが講師です。

お古の周りをよもぎや野草の摘み草をしながらゆっくり歩いて、それからオイルとバームを作ります。
オイルは、お古のエネルギー源、薪を焚いて、
くどでじっくりよもぎのエキスを抽出します。

お昼はみんなでよもぎをたっぷり使った特製ご飯を頂き、
ゆっくりお古じかんをお楽しみください。


とき : 6月17日(月)10:00~15:00 雨天決行

場所:暮らし宿 お古
(庄原市川北町1812-9)

http://r.goope.jp/yado-ofuru/about
(google mapのナビでお越し下さい。
迷われましたら0824-72-9188までお電話ください)

参加費:4,000円(100mlのよもぎオイルとよもぎバーム、お古特製お昼ごはん付)

定員 8名(お申し込み順)

持ち物:長袖、長ズボン(ぶとなどがいるため)、帽子、スニーカーなどの汚れても良い靴、カッパ、雨具、水筒(お茶などをお持ち下さい)


お申し込み:メッセージ、メールでクラシノワ舎までお申し込み下さい。(お名前、連絡先電話番号、お昼ご飯の有無、お子様連れの場合は、年齢とその旨をお伝え下さい。)
メール:kurashinowa@gmail.com

締め切り:6月14日(金)

キャンセルポリシー:前日・当日のキャンセルは、準備の都合のため、参加費の半額をご負担頂きますことご了承下さい。


【菱さんからのメッセージを紹介します】

ー暮らし宿 お古では、よもぎオイルは必須アイテムです。
虫刺され、すり傷、切り傷、肌の痒みやカサカサ、何にでも使っています。
子ども達は何かあると「お母ちゃん、よもぎ塗ってー!」と言うくらいです。
お母ちゃんは、髪のセットにも使っています。
よもぎオイルをおすそ分けした方からは、必ずと言っていいほど、また分けてほしいと言われます。
親戚の子が背中が痒いと言うからよもぎオイルを塗ったら、その後はキャッキャと遊んでいた。
友だちと花壇の手入れをしていて、虫に刺された時によもぎオイルを塗ったら、全然痒くなかった。
…そんなお声をいただいています。
シンプルな素材で手作りできる、わが家の常備薬。
みんなでよもぎを摘み、ワイワイと作りながら、それぞれのお家でのお手当て法など、情報交換を楽しみましょう!

菱千尋さんプロフィール

広島市内で生まれ育ち、大学で遺伝子工学を専攻後、東京で就職。治験コーディネーターとして、医薬品の開発に携わる。
便利で刺激的な反面、土に全く触れることのない生活、ライフラインが止まった時の社会構造の脆さに危機感を覚え、2010年に広島県庄原市にIターン。母の生家である、築100年の古民家を改装し、釜戸、五右衛門風呂、携帯は圏外という環境で、田舎暮らしを始める。
田舎のない人にとっての田舎となるような場所にしたいという想いから、2011年に週末に一組限定の民宿「暮らし宿 お古」を開業。
結婚、出産を経て、現在は5人家族。

主催:クラシノワ舎







Last updated  2019.06.05 09:30:52
コメント(0) | コメントを書く
2018.09.20
カテゴリ:イベント♪
秋の長雨が続いています。
中秋の名月をお目にかかるのも、難しそうな予報です。
月より団子となりそうですね。


今年は豪雨や日照り続きなどの影響もあってか、雑ナバと呼ばれるキノコが、大量発生しているようです。

山仕事をしている夫が、毎日のようにキノコを採ってきてくれるので、その調理法の試行錯誤が、日課となっています。

夫は、一応ちゃんと山仕事をしているようではあります。
名誉のために、追記です(笑)

rblog-20180920224837-00.jpg
アカヤマドリを、炒めてみました。
歯ごたえも風味もしっかりとしていて、お気に入り。
子ども達の評価は、イマイチでしたが。


rblog-20180920224837-01.jpg
タマゴタケと栽培している原木シイタケ。
タマゴタケは見た目のインパクトとは逆に、味は薄いのです。


さて、そんなキノコの話をしていたら、それだけで終わってしまいそうなので、本題です。


Facebookではすでに告知しましたが、9月30日(日)に、大地の再生講座を開催します!

以下、ご案内文です。
何かしら引っかかるものがある方、ぜひ学びを共有しましょう☆


大地の再生講座 in 庄原<基礎~見立て編>

庄原市口和町の「うえだ農園」と川北町にある「暮らし宿 お古」の2拠点で、一般社団法人大地の再生講座結の杜づくり中国支部の下村さんと上村さんをお迎えし、丸一日講座を開きます。

7月の西日本豪雨災害をはじめ、各地で自然災害が起こっています。
いつどこで何があっても、不思議ではありません。
絶対に安全な場所なんて、ありません。
そもそも、ヒトは地球という自然の中で、その一部として生きているのだから、絶対に安全な場所なんて、作ることはできないのかもしれません。

それであれば、自然の仕組みや流れを見つめ、その一部として生かされる場所を、自分たちの手で作り出す力を手に入れなければいけないと考えていました。

そんな中で出会ったのが、大地の再生講座でした。

その内容は、きっと、つい半世紀前までは、受け継がれていたこと。
木を切り草を刈り、山の手入れをする先代の姿から学び、次の世代が習得し、また次の世代に伝わっていた。
けれど、自然に背を向け、ヒトの力を過信し、便利さを追求し過ぎるあまり、いつの間にか途絶えてしまった。

だからこそ、今を生きる私たちが、その視点と技術を学び、少しずつ身につけ、次の世代に伝える責任があると思っています。

ともに学び、意見を出し合い、情報を交換・共有しながら、自然もヒトも生かされる場所づくりをしませんか。

うえだ農園と暮らし宿 お古は、どちらも、そばに小さな川が流れる山奥の家。
口和町のうえだ農園は、今のところ危険を感じる場所はないものの、昔からの様子を知らないため、この場所を生かすことができているのか、知りたい。
川北町の暮らし宿 お古は、すぐ近くまで迫ってきている山や豪雨災害で川の護岸が崩れていることが、気がかり。

今回の講座では、大地の再生の基礎知識を学び、ヒトがどんな視点を持ち、どう対処することで山や水が生かされるのか、2拠点で見立てていただきます。
どんな場所にも応用することができる、基本的な作業のレクチャー・実践もあります。

-------------------------

【日程】

2018年9月30日(日)

午前の部(10:00~13:00):うえだ農園
午後の部(14:00~17:00):暮らし宿 お古

【場所】

庄原市口和町・川北町(詳細は、申し込み後にご案内します。)

【参加費】

午前または午後のみ:3500円
一日:5000円
※お茶・お菓子付き。
※可能であれば、一日参加をオススメします。

【昼食】

一日参加の方は、おにぎりやお弁当をご持参ください。
13:00~14:00の移動中に、済ませていただきます。
主催者も、いち参加者としてじっくりと学ばせていただきたく、特別なおもてなしはできません。
ご了承ください。

【持ち物】

軍手、長靴、ノコ鎌、剣先スコップ、三つ目鍬、雨具など (あるものだけでOK)
※各自の持ち物に名前か目印をつけておくのをお勧めします。

【お子さま連れの方へ】

講座は基本的に外作業になりますが、うえだ農園も暮らし宿 お古も、畳の部屋があります。
オムツ替えや授乳など、お気兼ねなくどうぞ。
昼食は、移動後に暮らし宿 お古でお弁当タイムにしていただいても構いません。
お子さまの様子に合わせて、無理なく休憩を取ってください。

【お申し込み】

主催者の「菱 千尋(ひし ちひろ)」宛にメッセージまたはchihiro-life.is.beautiful@nifty.comへ、
以下のフォームにてお申し込みください。

※3日間以上返信がない場合は、お手数ですが再度ご連絡お願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〈お申し込みフォーム〉

件名は、「大地の再生講座 申し込み」 でお願い致します。

参加希望日程 : 午前のみ ・ 午後のみ ・ 一日
お名前 :
携帯電話番号 :
参加人数 : 大人 名 ・ 子ども 名
備考 :

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【その他】

雨天決行ですが、季節柄天候に開催が左右される場合があります。



* 追伸 *

前日の9月29日(土)の「里山ココロザシ・カフェ」は、定員に達したと事務局の方からご連絡をいただきました。
ありがとうございます!

やはり、湯崎知事の影響力は、すごいです。。。






Last updated  2018.09.20 23:18:47
コメント(0) | コメントを書く
2018.05.30
カテゴリ:イベント♪
梅雨入りのニュースを耳にするようになりました。

不安定な天気が続いていますが、
先週末の土曜日、なんとか田植えが終わりました!

そして、日曜日に行われた「LIVE GREEN」にも、無事出店させていただくことができました!


rblog-20180530190809-01.jpg
RCC ラジオカーのお二人に囲まれて、鼻の下が長いワタシ。
我ながら…童顔のちびっこですなぁ(笑)


会場の写真を撮るのをすっかり忘れてしまっていましたが、とても気持ちのいい空間でした☆
今年もお世話になりました!


と、ご報告していると、とても順風満帆なように見えるかもしれませんが…

土曜日の田植え後、1歳になりたての末っ子が40℃の高熱を出し、親子共に寝不足続き。

そして、3日後に筋肉痛のピークを迎えるという、切なさ。

不機嫌を極めている末っ子を抱っこする度に、私の左太ももは悲鳴を上げております。


元気な上の2人は、星野源のドラえもんの歌詞を大きく間違えながら、予期せぬ行動。


現実は、なかなか厳しい。


そして生活はつづく…。






Last updated  2018.05.30 19:08:10
コメント(0) | コメントを書く
2018.05.13
カテゴリ:イベント♪
気温差と天候の変化が、とても大きい日々ですね。

豆炭を入れる掘りごたつは活躍中ですし、薪ストーブを焚く日もあります。
そうかと思えば、日中の暑さで子ども達は水遊びをしていたり…
なんだか不思議な毎日です(笑)

立夏を過ぎ、梅雨の足音が聞こえてきていますが、晴れると気持ちのいい時期でもあります。

ぜひ!晴れてほしいのは、5月27日(日)!

この日に、広島別院にて行われる、やさしくなれる音楽イベント「LIVE GREEN」に出店します。


rblog-20180513160018-01.jpg
「カラフル団子のベジおでん」をご提供します。

お古の原木椎茸、無農薬のお野菜と庄原産のこんにゃくを、薪火でコトコト煮込みます。
5色のカラフルなお団子を、ご一緒に☆


前売り券、発売中です。
当日の飛び込みも、大歓迎!

二階堂和美さんの、パワフルで透き通る歌声と共に、美味しいごはんの数々、気持ちのいいお買いものを楽しんでいただけたら嬉しいです。


以前、NHKラジオでお笑いコンビ「麒麟」の川島さんが二階堂和美さんの曲をリクエストしていた時に、

あるイベントでのライブですごい雨が降ってきて、出演者が屋根のあるところまで下がって歌っていたんですよ。
でも、二階堂和美さんだけは、雨を喜ぶかのようにグッと前に出てきて雨に濡れながら歌っていて、この人、すごい人やなぁって思ったんです。

というエピソードを紹介されていました。

それを聴いた時、同じ広島人として、とても誇らしく思いました。

以前にも二階堂和美さんの生ライブを聴いたことがあるので、すっかりファンになっているのですが、一層ファンになったことは、言うまでもありません。


5月27日(日)は、ぜひとも晴れてほしいのですが、きっと雨でも楽しめること間違い無しです♪






Last updated  2018.05.13 16:01:06
コメント(0) | コメントを書く
2016.12.05
カテゴリ:イベント♪
11月27日は庄原空市に、12月4日は広島でのggmに出店するはずだった、暮らし宿 お古ですが…
どちらもお休みとなってしまいました。

楽しみにしてくださっていた皆さま、申し訳ありません。


実は、庄原空市の前日に、嘔吐下痢で寝込んでしまいました。
また、ggmは、雨天中止でした。

…なんとも悲しい結果ではありますが、今は動き過ぎない方がいいんじゃない?、というサインと捉えることにします。

仕込んでいた豆乳シチューで、この一週間は乗り切れそうですし(笑)

健康第一!を痛感した2週間です。

皆さんも、体調管理を怠らないようになさってくださいね。


rblog-20161205152732-00.jpg
ぽっかり空いた先週末は、三次の奥田元宋・小由女美術館へ行きました。
お目あては、特別展の「光のワンダーランド 魔法の美術館」。
http://www.genso-sayume.jp/kikaku/index.html

rblog-20161205152732-01.jpg
色んな仕掛けがあり、大人も子どもも一緒に楽しむことができました。

贅沢な時間でしたよ(^^)






Last updated  2016.12.05 15:27:33
コメント(0) | コメントを書く

全57件 (57件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


© Rakuten Group, Inc.