051151 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Whimsical BLOG 〜音楽といろいろ〜

全5件 (5件中 1-5件目)

1

カテゴリ未分類

2017.06.28
XML
テーマ:楽器(170)
カテゴリ:カテゴリ未分類
以前のスクールでは
キーボードをDTMの講師にレッスンしていただいておりましたが、
現役ピアノ・キーボード奏者に習うようになってからは
演奏がより一層楽しくなってきました!

スタンダード曲の簡単な譜面にもアレンジがプラスされ、
音数も増え、アルペジオも多種多様。
ジャズアレンジに挑んで
テンション(今は9th)コード弾きとシャッフル習得中です。
イントロを追加したり、テンポを自在にアレンジして自分なりに表現するなど、
決まりに縛られず、純粋に演奏を楽しむ方へ向かっているので
毎回新鮮な発見があります。

今は他にベース(新しい講師)
ドラム(2月に1回)
ボーカル(新たにチャレンジ)
DTMから枝葉が伸びてもろもろ興味が向かっておりますが雫
これもひとつの旅(1課程)として、次の楽曲へつなげたい
強い思いあってのこと。

そして何よりプロの演奏家から生の音を教示いただく貴重な経験。
時に厳しく、時に楽しく(できたときはしっかり褒めていただき(゚▽゚*))
今人生でいちばん音楽を楽しめている実感があります...!

DTMだけでも十分面白かったのですが、
楽器に触れると更に視界が広がりますねハート(手書き)






Last updated  2017.06.28 23:56:43
コメント(0) | コメントを書く


2016.08.25
テーマ:楽器(170)
カテゴリ:カテゴリ未分類
ベース

ミュート(共鳴する他の弦の音を消音)
右手:親指の位置
4弦を弾くときにはピックアップ
3弦も、弾いた指が4弦に着地するのでピックアップ
2弦を弾くときは4弦
1弦を弾くときは3弦、
このとき親指は浮かせずに
寝かせて弦に軽く触れておく

左手:(弦に自然に触れているときは意識しなくていい)
空いた指で軽く触れる
タイミングは弾いた直後

スラップ
プリング:斜め下から引っかける

スタッカート
フレットを押さえた(弾いた)直後、指を弦から離さず軽く浮かす

ゴースト(スラップに加える、鳴らさない空の音)
フレットを軽く押さえる

ピアノのフォーム

全ての鍵盤を見渡せる位置
ペダルを踏む際に、
ひざが直角よりすこし鈍角になるくらい
浅めに椅子に座って、上体でバランスを取れる距離

左手:手首を寝かせない

次の和音を押さえる寸前に手の形をスタンバイ
(前もって次に弾く音の準備をし、余裕を持って弾く)
(弾くと同時に形を作ろうとすると慌てるので強く鳴らしてしまう)






Last updated  2016.08.25 00:45:58
コメント(0) | コメントを書く
2012.04.18
カテゴリ:カテゴリ未分類
コード演奏で、左手の親指が痛い・・わからん

講師は、
右手の形、いいですね
左手は少し立てましょう

と指摘する。
ほめて延ばすマニュアルがあるのかな?

幼少のころ、
ミスした手をビシムカッビシムカッ叩く講師に対し、
母がやりきれなさを感じたという。雫
(記憶にはないが)てっきり私が叩かれていたのかと思っていたら、
どうやら私よりも上手な子にしていたらしいびっくり
厳しくすると続かないと見抜かれていたかショック

引越を機に、ウンザリした母が教室に通わせることもなくなり、
ポール・モーリアの曲をテキトーに弾くぐらいになった。
しかし今の講師はポール・モーリアを知らなかった・・・

うちの父などは「はぁあ?」と呆れたのだが、
本国では演奏より歌により価値をおくというから
驚くほど知名度が低く、ツアー先の国々で人気だったそうだ。

意外ですよねわからん






Last updated  2012.04.18 20:06:16
コメント(0) | コメントを書く
2012.02.29
カテゴリ:カテゴリ未分類
2/29のブログ 読み返すと内容が伝わりづらい..雫
早い話
-疾走感のあるビートを作るには?-
など、知りたいことができたら
レッスン時に音源を通してイメージを伝えている。
CDが用意できないときはYouTubeなど..

こういうビートを作るには?
このようなビートには名前があるの?
またファンキーなギター奏法やベースののせ方
 などなど…

音色選びや弾き方を知るのには
やはり聴いていただくことが一番ウィンク

プレゼンの際にイメージボードを使うのに近い。






Last updated  2012.03.01 01:51:58
コメント(0) | コメントを書く
2010.07.15
カテゴリ:カテゴリ未分類
この年齢になって改めて考えた。

仕事は好きなほうだ。

ただそれは、自身がやりたいものというより、
依頼主やお客さんが喜ぶもの。

忙しさに流され続けてそのうちに...
そんなふうに諦め、かなり雑に歳を重ねてしまっている。

心境の変化を招いたきっかけは、
たまたま仕事の受注数が減ったこと。
むしろ転機かも---と、ふと感じた。

20歳ほど遡った気持ちで、
趣味を増やしてみようと思っている。本当にやりたかったことなのだが、
果たしてどこまで実現するやら・・・






Last updated  2010.07.16 00:09:57
コメント(0) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.