000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

小春☆日和

2007/1/14 蔵王

キーワードは38☆in蔵王温泉スキー場

 朝から下界でもうっすら雪の積もるお天気。7時にドジボさんと待ち合わせ,初対面。晴れるといいなぁといいながら,高速で蔵王を目指す。蔵王温泉街もまわってもらい,8時半ごろには,大森ゲレンデ前の駐車場に着いた。

 一日券を買い,リフトに乗り込む。ここはチケットじゃなく,スノーパスというプラスチックのカードを,テポジット1000円で発行している。初めは足慣らし,ドジボさんが地図を開いて場所を説明しながら滑ってくれたので,方向音痴な私も,だいだいどこを滑っているのか意識して滑れた。

 大森ゲレンデから黒姫ゲレンデ,そして,蔵王ロープウェイ山頂線にて地蔵山頂駅まで上がる。ロープウェイは,ゴンドラのように丸い形をしていたのだが,10人以上乗れる,大きなもの。山頂方面はガスで,どこに行くのやら全く見えない。眼下に広がる木々も,徐々にホワイトアウトしていって,見えなくなる。

 山頂駅は,ものすごい風。しかし,その風と,吹き付ける雪によって,樹氷の基になる「エビの尻尾」が,至る所に付いている。もちろん,足下の雪も,発達したエビの尻尾だらけだ。気温が低いので,雪の堅さが初めて体験するものだ。サクッサクッっと,雪を踏みしめる。

 お地蔵さんを拝んで行きましょう,と,ドジボさんに連れられて,お地蔵さんのあるところを目指す。視界が悪いので,近付いて説明されるまで分からなかったが,なんと大きなお地蔵さんでしょう。胸まで雪に埋もれ,それでも1mくらい地上から顔をのぞかせている。まるで大仏様だ。この前来たときは,もっと下まで見えていたなんてドジボさんがおっしゃっていたが,いったいどのくらいの大きさなのだろう…お賽銭箱の下に,スキー板がついてあるところもまた,スキー場ならではなのだろう

 そして,楽しみにしていた初めての樹氷。大きな大きなスノーモンスターに成長していた。しかし,空も,足下も,空気も,樹氷も,一面真っ白で,初めはその存在にすら気付かないほどだ。

 モコモコと雪の衣を身にまとったモンスターたちが,一面にいるようだが,近付かないとよく分からない。

 で,近付いてみた。ロープを越えて。すぐさま,ズズッとブーツが沈み込む。いい写真は期待できないが,せっかくなので,ニューカメラで撮影。

樹氷 樹氷

↑とりあえず,写っていたか~(^o^)v 

 場所は違うが,電線にできた,大蛇の鱗のようなエビの尻尾群。電線の太さが3倍以上になっていて,気持ち悪いほどの模様になっている。

ジャンボエビフライ

↑ドジボさん命名,「衣を付けすぎたエビフライ」。

ジャンボエビフライ拡大

↑エビフライ拡大。しっかり,衣が付いているのが分かるでしょう(笑)

 ザンゲ坂も,晴れて樹氷を眺めながら滑れたら...とは思うのだが,それでも近くに見えている樹氷群を見ているだけで,気持ちよく滑ることができる。雪が,下の方はフワフワだったのが,上はサラサラ。にぎっても固まらない。だからこそ,力を入れずに,気持ちよ~く滑ることができるのだ。

 パラダイスゲレンデから中央ゲレンデに出て,温泉街にほど近い,上の台ゲレンデへ。ここにきて,ようやく,スキー場だということを実感した。

 というのは,人の多さ。広いファミリーゲレンデなので,親子連れ,スクールの団体,とにかくたくさんの人で,ゲレンデが色とりどりに飾られている。普段,あまりこういう光景を見ないところで滑っているものだから(笑)。今まで滑ってきたところも,場所によっては全く人のいないところもあり,こんな天気だと,私は遭難するな...と思うほどだった。下は,ガスも無く,いいスキーコンディションだ。こんなに人がいるわりに,雪も全く悪くない。この緩斜面で回転したら,すんなり360°回れた(笑)。

 この近くにジャンプ台があるのだが,見学は,試合を見に来たときにします...(。。;)といっても,葛西さんが出場するなら,見に来るだろうけど,おそらく,出ないだろうなぁ(>_<)

 ジャンプ台を造るには,山の地形や風向きなど,様々な条件をクリアしなければならないという。しかも,誰でもたくさん利用するというものでもないので(しませんよねぇ?),収入も限られる。だから,うっかり造ることもできないし,維持するためには,大会を誘致しないといけない。しかし,ここのように小さい台だと,大会の規模も小さくなる。それでもここに造った,蔵王の人はすごいと感心する。

 スカイケーブルでまた上に行き,中央ゲレンデを少し滑って,11時ごろ昼食にした。およそ2時間半,いろいろな場所に連れて行ってもらったので,かなりの運動量だ。リフトへの連絡がよくないとの通り,歩くことも多い。腕が筋肉痛になるのは必至だ。それでもあまり疲れていないのは,雪がいいからだろう。

 片貝トリプルを降りたところにある,ドジボさんオススメの食堂で,鍋焼きうどんを頼む。立派なエビ天と餅金まで入って,そして,歯ごたえのあるうどんに満足。食事中,外は風が強くなり,ずいぶん吹雪いている様子。再び外に行くのがおっくうになってくる。

鍋焼きうどん←昼食の鍋焼きうどん

 午前中,蔵王のコースをあらかた紹介していただいたところで,午後はいよいよ,横倉のカベ,初挑戦です。とてもドキドキで,直前に滑っていった百万人ゲレンデも,百万人滑れるかどうか確認できなかったほど(確認する気があったのか!)。

 ついに来てしまった,もう戻れません,カベの上。38度かぁ…。しかし,強がりを言うわけではないけど,見下ろした印象は,さほど怖くはなかった

 よっぽど今まで怖い怖いと思っていたからか,視界が悪くて,あまり斜度を認識できなかったのかf(^_^;) ボコボコしているのはちょっと嫌だけど,何とか降りられるんじゃ…!

 まぁ,いくら怖くなくても,華麗に滑り降りられるわけでもなく(T_T),とにかく,降りる,のみ。1ターンして,止まって...の繰り返しで。でも~,先日読んだスキー雑誌では,深雪を滑るときには,確実に止まることのできる技術が必要だって書いてあったから~…f(^_^;) え?止まれてないでしょ!って突っ込まないように!!

 ドジボさんの滑りには,拍手喝采です(遠慮がちにしていました)!かっこいいなぁ…!本当に。

 体を常にフォールラインに向けておくことで,バランスを崩しても,流されずに次に進める,とか,上体をかぶせ気味にし,ストックを前に出すことで,山側に尻餅をつくことはない,など,いろいろなことを教えてもらった。

 ぜんぜん滑れていない私に,ドジボさんは,問題ない問題ないと,常に励ましてくれる。ありがたいですm(_ _)m

 ここで面白いことをしました(わざとじゃありません)。

 必死に少しずつ降りていた私だが,ふとバランスを崩し,頭が谷を向いた状態で転倒,背中で滑り出した。通常なら,ザザ~ッで止まるのだが,さすが38度。そう簡単には止まらない。雪を崩して滑る滑る...。このまま,なすすべなく下まで行くしかないのか...との考えが頭をよぎる。あと何mだ?

 しかし,柔らかい雪がクッションになっているためか,スピードは緩やか。そのため余裕があった。空を向いている足を,何とか谷側に持っていくように半回転。すると,板が斜面に付いたので,なんとか止まることができた(!)のだ。自分でも感心するほどの滑り&復活だった(笑)

 すぐさまドジボさんに,「今のビデオに撮りたかった」と…。私も見てみたかったです!今日の大賞だ!!g(^o^) 何の自慢にもならないか...。

 そんなこともあったけど,横倉のカベは,いつか,ちゃんと滑り降りられるようになりたいという気持ちにさせてくれるところだった。一人じゃ,ちょこちょこ降りても,転んでも,空しいだけだが,誰かが一緒にいれば,ははっと笑ってごまかすことができるf(^_^;) 精神的に追い込まれずに済むのだ。

 ビデオの話が出たこともあって,自分の滑りを見たことがない私のために,ドジボさんがビデオを撮ってくださった。もちろん,スキーで滑っているビデオである(苦笑)。で,自分の想像よりは,よかった♪すごく悪そうなイメージをもっていたので。もちろん,直すべきところはあるのだが,とりあえず,良しとしよう!

 さて,今回は,ずいぶんすっ転んだ。そのほとんどが,不安定になりがちな左足を,コブや雪の塊に引っかけて,バランスを崩し,逆ハの字になり,前に突っ込んでいくものだ。情けなくも,顔からザザ~っと,ってことがほとんどだった。きっと,アグレッシブに,前に攻めていたのね,なんて自分を慰める。

 まぁ,どれも,午後になってからなので,疲れが出てきていたのかとも思う。いつもじゃあり得ないくらい,ロングでも滑ったし,運動量もかなりのものだったが,少々息は上がるものの,全体的な疲れをほとんど感じないで,楽しく滑ることができた。雪質のよさに加え,ドジボさんが気を配って休み休み滑ってくださったからだろう。本当に,スキーは楽しいな~って感じた一日だった。

 2時半ごろに,本日の滑走終了。いろいろなところを滑ったことで,なんとなくうまくなった気のする私です。本当に,へなちょこな私に一日お付き合いいただいて,ありがとうございました☆

 余談だけど,山形蔵王(未だにクセで…)って,リフトに必ずしも係員がいるわけではない。それって,普通なの?今まで,乗り場にも降り場にも係員がいなかったことってないから,かなり驚いた。下の方のリフトにはいるようだけど,上では,降り場の小屋にさえ人が見当たらないことも…おそろしいところだなぁって思いました。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.