359646 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

小春☆日和

PR

Calendar

Category

Comments

 はる☆@ Re[3]:謹賀新年(01/01) 安比の山人いちごーさん あけましておめで…
 安比の山人いちごー@ Re:謹賀新年(01/01) あけましておめでとうございます! タンチ…
 はる☆SSS@ Re:あけましておめでとうございます(01/01) agastia-no-haさん お久しぶりです! 今年…
 agastia-no-ha@ あけましておめでとうございます 一面の銀世界で羽を広げるタンチョウはさ…
 はる☆@ Re[1]:激パウin夏油!(12/17) ドジボさん 今頃コメントに気付く私を許し…

Archives

September , 2019
August , 2019
July , 2019
June , 2019
May , 2019
July 15, 2007
XML
カテゴリ:映画

一昨日の金曜日に見てきた映画は,「ドルフィンブルー フジ,もういちど宙(そら)へ」です。

ドルフィンブルー ↓今日もネタバレですが,読んでも楽しめると思います。

今回は,事前にネットで何を見ようかチェックしていたんです。そして,このドルフィンブルーを見つけました。パイレーツオブカリビアンを見た翌日に公開が始まった作品です。

この映画には,ちょこっと事前情報がありました。
病気で尾びれを失ったイルカのフジに,世界初の人工尾びれを付けるという,実話を基にした映画であること,主演が松山ケンイチ君であること…。

一番のポイントは,松山ケンイチ君かな(笑)
彼を初めて見たのは,「DEATH NOTE」のL役にて。
この時は,藤原竜也がめあてだったのに(笑),すっかり,Lの存在感にはまってしまいました。こんなすごい演技をするのは誰??
で,調べてみたのところ,ネット上に出ている,普通の彼の写真と,Lとは,別人!なんだ,この違いは!!
さらに,ドラマ「1リットルの涙」で,沢尻エリカの憧れの先輩役だったのですが,全然気付きませんでした。それを知っても,イメージがつながらない程,別人です。むしろ,このドラマ見ていたときは,「憧れるほどかっこいいか?この先輩は!」とか思っていたくらい(ごめんね!)。
そして,何よりも,青森県出身というところに,ものすごく親近感を抱きました。だって,東北出身の俳優さんて,少ないもの。特に,若い人は!

ということで,あんまり,こういう動物のノンフィクション映画って見ないんだけど,松山ケンイチ君がどんな表情を見せてくれるのかな~という期待をこめて,見に行ったのでした。

ちょっと,待ち時間が長かったため,寿司屋で時間を潰すのに,劇場パンフレットを買いました。
劇場パンフは,映画を見た後に,気に入ったものしか買いません。見る前に買ったのは初めてです。
けれど,この映画は,おおよそのストーリーが分かっているので,始めに読んでしまった方が,より深く見ることができるのではないかと思い,予習をしました。

キャストには,大好きな永作博美さん,坂井真紀さんも!二人とも若々しい!もう○年で40歳には,とても見えないわ☆
それから,池内博之君。池内君と言えば,GTOでは不良高校生だったのに,成長したものです(笑)
それから,ミチル役の高畑充希ちゃんは,今回主題歌を担当した,15歳の中学生。
そういえば,この前,めざましテレビで歌が流れていたけど,とても15歳とは思えない歌唱力。8代目のピーターパンでもあるそうなので,期待が高まります。

フジに人工尾びれを作ったのは,有名なタイヤメーカー,ブリヂストン
そういえば,F1のフェラーリは,ブリヂストンだったっけな…と思い,見てみたら,なんと,今シーズンは,全部ブリヂストンじゃないですか!!去年までは,ミシュランと半々くらいだったのに!!いやいや,驚きです。
で,そのブリヂストン社の,環境への取り組み,エコ・プロジェクトの一つに,「イルカ人工尾びれプロジェクト」ってのがあります。
映画見た後に,このサイトを見たら,映画では表現されていない,細かいプロジェクトの苦労,技術者の試行錯誤も載っており,それだけでも感動してしまいます。
映画をご覧になれない方も,ぜひ,こちらのサイトをご覧になってほしいなと思いました。

さて,話は戻りますが,パンフを見ているだけで,沖縄県の美ら海水族館に行きたくなりました。
巨大なジンベイザメが悠々と泳ぐ巨大な水槽,色とりどりの魚たち,珊瑚礁。
そして,可愛らしいイルカたち。
あぁ,夏の旅行,もう決めちゃったのに…!!でも,今年は混むだろうから,来年か!! 

で,この映画のメインとなるのが,イルカのフジ。パンフを読んで,映画のフジを,フジ自身が演じているということを知り,とても驚きました。
CGが一切無しだというのに,どんな動きをしているのだろう…と。

実際の映画では,フジは,とても愛くるしく,演技も完ぺきじゃないでしょうか。
え!こんな動きや表情までできるの??と思うほど。 

坂井真紀さんのパンフのコメントに「(フジは)私なんかよりずっと“女優”でしたね。」とありますが,坂井さんだってもちろん素晴らしいのですが,フジはまさに女優ですよ。ちゃんと,こちらの意図が分かっているんだろうな~という感じがします。もちろん,そういう場面を撮影するには,たくさんの時間と労力がかかっているのだろうけど。

でも,始めの方で,松山君が夜のプールに飛び込んで,フジとたわむれるシーンなんか,演技とかじゃなく,本気でじゃれ合って楽しんでいるとしか思えなかったです。ほんとに幸せそうで,仲良さそうで…。

その松山君ですが,最初の頼りなさそうでうまくいかない新任獣医師の様子から,プロジェクトを通してドンドン成長していく様子が,しっかり表現できていて,やっぱすごいわ~と思いました。特に,2回目に東京に行ったとき,すごくかっこよかったです♪
永作ちゃんもかわいいし~♪

それにしても,ストーリーが分かっていても,これだけ感動できたのって,そこに携わる人たちの情熱や思いが伝わってくるからでしょうね!!
すごく,しっとりと感動することができました。
映画なのに,自然にフジのことを応援しちゃっていましたしね。

美ら海水族館の人たちが,フジのことを,ペットのように擬人化せず節度をもって共生しているとありましたが,映画でも,それがすごく伝わってきました。フジってすごいな,って,ほんとに感じました。私の感じ取れるところなんて,ほんのちょっとのところなんでしょうけど。

いい映画を見ました☆







Last updated  July 15, 2007 10:22:42 PM
コメント(7) | コメントを書く
[映画] カテゴリの最新記事

Favorite Blog

「あなたの番です」… New! すー☆さん

むかわ町復興イベン… のるでぃ。さん

地元の小料理屋にて。 とってぃ(新人)さん

6日の日記 hiroyukixhpさん

スキーのこと忘れて… ドジボさん

Freepage List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.