355943 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

小春☆日和

PR

Calendar

Category

Comments

 はる☆@ Re[3]:謹賀新年(01/01) 安比の山人いちごーさん あけましておめで…
 安比の山人いちごー@ Re:謹賀新年(01/01) あけましておめでとうございます! タンチ…
 はる☆SSS@ Re:あけましておめでとうございます(01/01) agastia-no-haさん お久しぶりです! 今年…
 agastia-no-ha@ あけましておめでとうございます 一面の銀世界で羽を広げるタンチョウはさ…
 はる☆@ Re[1]:激パウin夏油!(12/17) ドジボさん 今頃コメントに気付く私を許し…

Archives

July , 2019
June , 2019
May , 2019
April , 2019
March , 2019
March 17, 2016
XML
カテゴリ:ジャンプ

葛西さんが,W杯通算500試合目の出場!!!!!!

前回ドイツでの試合は強風により中止となり,500試合目お預けってことになりましたが,本日,その代替として行われた,スロベニアのフライングヒルの試合にて,めでたく大記録の節目を迎えました。

1本目5位でしたが,2本目に6位になってしまいました。

でも,葛西さんのラッキーナンバーは6☆

その6位を決めてしまうところは,さすがレジェンドなのです(^^)

大好きなフライングで,気持ちよく飛べたんだろうなぁと思いながら,ネットでライブ中継を見ていました。

 

前回お預けになったドイツの試合では,主催者側が「500」のビブを用意して,特別にそれを付けて飛んでも良いことになっていました。
なかなかやるなぁって思っていたのですが,今回の試合も,「500」のビブを着用。
しかも,見事に葛西さんのヘルメットのような,金色の鷲柄のカッコイイビブです。
まぁ,みんなカラフルな絵が描かれていましたが…。

それだけじゃないんです。
FISオフィシャルのスタートリストにも,ビブが500と記載されているんです!

http://medias3.fis-ski.com/pdf/2016/JP/3704/2016JP3704SLR1.pdf

こういうのって,アリなんだ~と驚きましたが,粋な計らいですね♪
使ったことなかったけど,こういうのを「神対応」って言うのだろうと思います。
カミカゼkasaiだけにね(^▽^)

↓こっちは,公式結果です。やっぱり500(^^)

http://medias1.fis-ski.com/pdf/2016/JP/3704/2016JP3704RL.pdf

 

500試合目はあくまで通過点。

それでも,500試合出るって,凄すぎることです。

だって,1シーズンのW杯の試合が30数試合なのですから。

出続けるってことだって難しい。
まず,日本の代表になるためにトップ5には入っていないといけないし,怪我をして出られないこともあります。
遠征日程の都合で派遣されないことだってあります。

そうやって,出れない試合もありながら,ここまで出続けている。

さらには,ただ出ているだけではなく,紛れもなく世界のトップクラスとして闘っているのです。

そう考えたら,通過点の500も,ものすごく重いものに感じてきます。

 

先日,知り合いから「凄いね!」って言われました。

葛西さんを,20年も前から応援し続けているはる☆が,凄いと。

うん,私もそう思う~♪

と思っています(笑)

こんなにずっと応援し続けられる人のファンになれたことは,私の人生で一番誇れることです。
そして,葛西さんの応援をすることが,私の人生の一部なのです。

 

さ。残り個人戦は2試合。団体1試合。
表彰台とか優勝とか,して欲しい気持ちもあるけど(前はそんなになかったなぁ),まずは,怪我しないで最後まで今シーズンを終えて欲しいと思います。

 

追記

時事通信ニュースより

http://www.jiji.com/jc/c?g=spo 

 【プラニツァ(スロベニア)時事】17日に開催されたノルディックスキー・ジャンプ男子のワールドカップ(W杯)で、前人未到の通算500試合出場を達成した葛西紀明(43)=土屋ホーム=。その雄姿に本場欧州の観衆が大きな称賛を送った。
 今や「世界で最も人気のあるジャンパー」の称号を持つ葛西。この日の大記録達成を見込んで、「500」の数字を書き込んだボードを手にしたファンが集まった。リュブリャナから観戦に訪れた13歳のカトゥーシャさんは「偉大な素晴らしい選手。スロベニアにもファンは多い」と声援を送った。
 一緒に戦っている選手たちも、大ベテランへの敬意を惜しまない。葛西は以前、「年寄りとばかにしているんじゃないか」とあまり本気に受け取っていなかったが、今では慕ってくる若手たちに気さくに接し、お互いに刺激を与え合っている。
 間近で一緒に飛んでいる伊東大貴(30)=雪印メグミルク=は「25年以上も高いモチベーションを保てるのはすごい」と舌を巻く。五輪2冠を2度達成したシモン・アマン(34)=スイス=は「35歳や40歳で終わりではなく、その先に進めることを見事に証明してくれた。僕も調子が悪くても、それほど批判されなくなった。すごく感謝している」と話した。
 今季、初のW杯総合優勝を遂げたペテル・プレブツ(23)=スロベニア=は「100年に一度しかない出来事だと思う。彼は公式練習も試技も飛ばないのに、本番で表彰台に上がってしまう。そんなの想像できないから本当に恐れ入る」と脱帽した。(2016/03/17-20:25)2016/03/17-20:25








Last updated  March 17, 2016 09:18:26 PM
コメント(0) | コメントを書く
[ジャンプ] カテゴリの最新記事

Favorite Blog

雨でもハイキングぅ とってぃ(新人)さん

15日の日記 hiroyukixhpさん

奄美、やっと梅雨明け agastia-no-haさん

「あなたの番です」1… すー☆さん

7月5日 むかわ町ボ… のるでぃ。さん

Freepage List


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.