437560 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

20代☆子宮ガンと私の希望

PR

全113件 (113件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >

2008.04.15
XML
カテゴリ:検診

なんじゃそりゃ雫ってタイトルですみません(笑)

(出来ればワン○ース的読み方でお願いします。「おれは海賊王になるっ!」)

 

えっと・・・いよいよ私もホルモン補充療法スタートです四つ葉

うひょ~~っさくら やっと私の体内に「女エキス」投入されます。

 

前回の検診のとき、「小細胞がん」についての情報が極端に少なくて

始める前に新しい文献がないか調べておくと言われていましたが、

やはりこのタイプにはおそらく問題ないだろうとの事でした。

ちなみに私は線癌も併発していますが、こちらは子宮頸がんの場合はあまり深く考えなくていいとの事でした。体がんの場合は色々と見解はあるようですが・・・。

 

 

そもそも、私今日初めて知ったんですけど、小細胞ガンって扁平上皮ガンの中の一タイプだったんですね~雫

いや~・・・だってどこ調べても未分化ガンとかそういう類になるみたいな事書いてても扁平上皮ガンです的な表現はなかったんですけど・・・。

でもこれで今までなんで?と思っていた事のつじつまが合います。

 

まず初めの(円錐手術後)病理結果が「扁平上皮癌か腺癌のどちらか、もしくは混合型」って言われてたのに大学病院で再検査した結果、「小細胞がんと腺がん」って話になって「扁平上皮癌はどこへ行ったんじゃーい!」って思ってました雫

(その頃、扁平上皮癌なら温存いけるかもハート(手書き)って方向だったので・・・)

 

それから、腫瘍マーカーのSCC抗原が外されていなかったこと。

私、途中からNSEとProGRPを追加した代わりに今まで調べていたマーカーのタイプを外したんですよね。(腫瘍マーカーは1回にオーダーできる数が決められているので)

その時、一番関係ないでしょ?って思ってたSCC抗原が今もオーダーされ続けてるからなんでこれを残すんだろう?て思ってました。

 

ほうほう・・・納得。

私も素人さんに比べたらかなりのガンおたくですけど、やっぱり難しいですな~。

 

さてさて、話を戻しますが、今回私が処方されたのはプレマリン。

飲み薬です。

 

パッチ(貼薬)とどっちにしようかと先生と話し合った結果、

○パッチはこれから暑くなるし、汗かいたり蒸れたりでカブれてしまうかも~

○飲み薬の方が血中濃度が上がりやすい

ということから、まずは飲み薬でスタートすることになりました。

 

ホルモン補充療法を始めるにあたって、乳がんへのリスクが懸念されていますが

本当のところ、どうなのかはハッキリしていません。

実際、パーセンテージで言うと微妙なかんじなんですよね・・・雫

でも何事も「絶対」ということはないし、ひとまずこれは年一の乳がん検診を行うということで同意。

 

逆に大腸がんに関してはホルモン補充療法によってリスクが下がるいう良い結果もあるそうです。

 

それより何より、エストロゲン(卵胞ホルモン)の低下によって

○乳房の萎縮

○皮膚のコラーゲンが減少 右矢印 張りがなくなり、しわが増える

○膣の粘膜が薄くなる 右矢印 膣炎を起こしやすい・性交痛

○骨密度の低下  右矢印  骨粗しょう症になりやすい。 

その他もろもろ・・・これらの方が20代の私にとってはよっぽど大問題なんですけど雫

・・・ってかもう「低下」とかいうレベルではないんでね雫

先生にもぶっちゃけどう思います?って聞いたら「まぁね・・・やっぱり若い人はやった方がいいかもね」とのことでした。

 

明日から1日2回服用。 また変化があればご報告しようと思いますウィンク

なんか、久々にワクワクします四つ葉 若返りっきらきら若返りっきらきら

(もうすでに論点がずれまくってすみません雫

 

あ、CTの結果も何にも異常なしでした~ちょき(←ついでに言う程度になってしまった 笑)

 







Last updated  2008.04.16 00:34:06
コメント(90) | コメントを書く


2008.03.31
カテゴリ:日常のこと

ご無沙汰しております雫 

気がつけば季節も春へと変わって、私のこのブログ、ワンシーズンごとの更新になりそうでコワイわ(笑)

 

何と言っても、いい加減ホントにやられるよってくらい仕事に追われる毎日でお家に帰ってよっぽど気分がいいときにしかPC立ち上げることがないのですusa08

 

しかも立ち上げたとしても持ち帰った仕事やってる状態で、時々何人か気になる方のブログはお邪魔してるんですけど、なかなかコメント残すこともなく申し訳ないです涙ぽろり

 

で、今日のお題は「85歳の涙」。

昨日久々にホームにいるおばばちゃん(祖母)に会いに行ってきました。

おばばちゃんは数年前に脳梗塞を起こしてからは言語障害と体の麻痺が残ってしまって今はなんとなくこちらの言うことは分かってもちゃんとした返答は出来ません。 

自分の言いたいことは分かっていても言葉が出てこないといった方がいいのかな。

 

最近では固形物が器官から肺に入ってしまう為、食事もゼリー状のものかとろみのついた汁状のものしか食べれないそうです。 

歳を取って体も思いのまま動かない状態で、何が楽しみって「食べること」だったのにそれすらも奪われてしまったおばばちゃんはどんな気持ちなんだろう・・・と考える日々でした。

 

ちょうど昨日ホームに遊びに行くと「おひな祭り&3月4月のお誕生日会」がロビーで開催されてて、私と母も同席しました。(岡山は旧式で4月3日がお雛祭りとされています)

 

こちらが「JUNだよ~スマイル」と名前を言わないと私や母の名前もうまく思い出せないんですけど、私達の顔を見るとパァっとすこぶる華やかな笑顔を見せてくれます。

 

会では歌を歌ったり、紙芝居をしたり・・・自分の子供や孫の名前もうまく思い出せないけど、歌は歌えるんですよ。うちのおばばちゃん(笑)

前に歌詞が貼ってあるのにそれを無視して自分の記憶のままに。

いや~童謡って・・・昔ながらの歌って・・・孫をも超えるかびっくり

 

一通り、余興が済んだら一人一人にケーキが配られたんですが、おばばちゃんは固形物・・・つまりケーキの状態では食べれません。

ホームの方がケーキの一部を別の器に移してコーヒーで水分を含まし、つぶして食べされるのですが、おばばちゃんはそれをジーっと見ながら「もういい!」と言った表情でケーキをつぶしているホームの方の手を払おうとします。

 

そうよなぁ・・・ケーキはケーキのまま食べたいよな・・・。

そのままで食べると肺に入ってしまって炎症を起こす・・・分かってはいてもなんだか複雑な気分でした。

 

そしてこの日、お雛祭りと同時に3月生まれと4月生まれの方の誕生日会も兼ねていたみたいでうちのおばばちゃんも主役の一人でした。

 

この日の主役は5人いて順番にハッピーバースディ音符を歌ってもらってホームの方からプレゼントを頂きました。

自分の番が近づいているのにウチのおばばちゃんはつぶされたケーキに夢中きらきら

おそらく自分が今日の主役だということもあまり分かっていなかったのだと思います雫

「あとからお部屋で食べようねウィンク」とケーキを一旦引っ込められると

「あれ・・・あれ・・・」と言い出し「ケーキ?」と私が聞くと「うん」とうなずく。

食い意地張ってるのは完全に遺伝だと確信いたしましたよ私(笑)

 

そして、おばばちゃんの番ですきらきら

みんなにハッピーバースディ歌ってもらってプレゼントをもらって・・・

「?」な顔して、でも楽しそうに手拍子していたおばばちゃん。

しばらく歌が続いたころ、急にしわしわの手で顔を覆ってキュッと顔をゆがめたのです。

「どうしたん??」と私や母、ホームの方が顔を覗き込むと涙が・・・。

 

「どうしたん?嬉しいん?」と聞くとウンウンとうなずきながらまたしわしわの小さな手で顔を覆うのです。

 

もう、私の涙腺まで決壊してしまって・・・まんまともらい泣き・・・・。

なんでしょう。 胸が熱くなるっていうかんじでした。

私は小さい頃、ずっとおばばちゃんのお家にいて自他共に認める「おばあちゃん子」でした。

あの頃はホントにパワフルばぁちゃんで、どんな時でも私の味方になってくれる私のヒーロー。

それから何年もの月日が流れて、ずっとキレイに毛染めしていたはずの髪の毛は真っ白になって体もずっとずっと小さくなって、私の名前すらちゃんと思い出せなくなってしまったおばばちゃん。

 

おばばちゃんは私がガンになっただなんて知りません。

だから治療が落ち着くまで会いに行けず去年のお誕生日は行ってあげれなかった。

今年はおばばちゃんの顔が見れて私も嬉しかった。

 

そしてこんな事で泣いちゃうようなおばばちゃんなんだってこと、今になって知りました。

青春時代は戦争の真っ只中。あの時代を必死に生きて、その命は母へ繋がり

私へ繋がっているのです。 

 

おばばちゃん、ありがとう。そしてお誕生日おめでとうきらきらきらきらVIVA!85歳きらきらきらきら







Last updated  2008.03.31 23:47:15
コメント(13) | コメントを書く
2008.02.15

な・・・なんとタイトルそのままに

リンパ浮腫に関する保険適応が決定したそうです!!

詳しくは「リンパ浮腫.com」に記載されています。 コチラ>>

 

やった~っ!! マジで感動したんですけど。私泣き笑い

あのクソ高い(←興奮のあまり少々口が悪くなってますがご勘弁を^^;)弾性ストッキングが

保険適用されるとのこと(今年4月1日より適用)

 

少し前にモモさんからの呼びかけで私もここで

お願いさせていただいてたんですけど・・・

こんなに早く施行されるとはきらきらきらきら

あの時の一人一人の小さな力が、本当に大きな力となったんですね。

 

ただ、全てに関して保険適用されるという訳でもなく、

すでに発症されている方への治療は適用外だったりするようで

残念なところもあります涙ぽろり 

それでも私としてはまさに予想外のスピード適用だったので

これがこの先に続く第一歩になってくれるのでは、と信じています。

 

これも紹介してくださったモモさんをはじめ、

ご協力いただいた皆さんお一人お一人のおかげです。

本当にありがとうございました!!

 

そろそろ今の弾性ストッキングが寿命な気がしてて購入しなきゃ~

と思っていたのですが、4月までもう少し粘ります(笑)

 







Last updated  2008.02.16 00:50:43
コメント(13) | コメントを書く
2008.02.13
カテゴリ:検診

昨日は今年初の検診でしたウィンク

そして今回から異動のため主治医が変わりました。

新しい先生は手術のときの執刀医でもあったので

「初めまして」ではなく「お久しぶりです」といった雰囲気きらきらきらきら

 

まずは、これまでの経過を電子カルテで確認しながら

「足のむくみはどうですか?」

「体調はどうですか?」

「(自)尿は出てますか?」

など今の状況を確認しながらゆっくりとお話してくれました。

こういう何気ない気遣い(?)が嬉しかった~音符

何せハンパなくお忙しい先生なので雫雫

 

だってですね・・・実は私の会社、この度社名変更に伴って

保険証の切り替え手続きで、まだ新しい保険証が手元に届いてなかったんです。

そんで、実費になるとキツイので保険証来てからにしようと思って

予約の変更を・・・と申し出たら「○○先生ね・・・5月までいっぱいです」

ですって・・・

 

どんだけ~!?(←もう古い?雫

 

5月って・・・先生変わって、いきなり半年後に行くのはいかがなものかと。

先生・・・本当にご苦労様ですショックショック

 

で、話が反れましたがやっぱり先生によって捉え方などに多少の

違いはあるんだな~って実感。

私の小細胞ガンに関しては厳しく見ていこうねってな感じでした。

通常、ウチの病院では半年ごとにCTを取ってるみたいなのですが

私の場合は3ヶ月ごと。それから念のためPETも受けるよう言われました。

受けるのはいいんだけど~・・・高いゼ・・・PETほえーほえー

まぁ仕方ないんですけどね。

 

それから、私、卵巣も取ってしまっているので何が気になるって

老化雫

内診が終わったあと、「確かに少し皮膚が薄くなってるかもね・・・」と。

ってか、女性ホルモンストップで皮膚が薄くなるなんぞ初耳なんですけど・・・

(勉強不足だわ~)

 

特にホットフラッシュがあるわけでもなく自覚症状のあるものは

ないので生活に支障はないんですけど、骨密度の低下や肌の質感、

その他もろもろ・・・気にはなるんですよね雫

 

「あの~、私ってホルモン療法受けれますかね?」と聞いてみたところ

「ん~・・・神経系だからね~関係ないとは思うんだけど・・・

分からないんだよね・・・

何しろ、このタイプが極端に少なすぎて実績がないから」

あ~・・・ごもっとも。

 

そもそも、私は線癌も併発していたのでむしろそっちが引っかかるかと

思っていたのですが、近年は線癌でもホルモン療法したからって再発率が

上がるかと言うとそうでもないらしく因果関係はハッキリしていないようです。

なのでウチの病院では線癌(その中でも種類にもよるんですが)の患者さんも

ホルモン療法されている方よく聞きます。

各医療機関や先生個人の見解の違いもあるかと思いますが。

実際、私の周りの人達はすでにスタートしちゃってるので

私も出来るかも~ってなかんじで聞いてみたのでした。

なのに、引っかかったのは線癌ではなく小細胞ガンの方でした失敗

 

まぁ、とりあえず次回の検診までに新しい文献があるかもしれないからと

調べてもらえることになり一旦保留ということで合意しました。

「お忙しいのにホントすいません・・・」という私に

「ううん、大事なことだからね。」と言ってくれました。

なんか最近TVとかでもドクハラとか人間的なモラルとか色々問題があって

ちゃんと「医師」って呼べる先生がどれだけいるんだろうって悲しくなる一方

すでに経過観察の身である患者の話をちゃんと聞いてくれる先生に

ホント感謝です。 これぞ信頼関係と思った瞬間でした。

でも休むヒマもないくらい忙しいこの環境、どうにかサポートできる

システムが出来ないと良い先生ほど潰れてしまいそうで怖いですわからん雫

 

「この調子で2年目も頑張りましょう」と言っていただき診察は終了。

ちなみにこの日聞いた話ですが、子宮頸ガンで

2年が一先ずの目安と言われているのは、再発率で言うと

2年以内が約70%だそうです。

3年目以降で再発する率は約30%と格段に下がるので

一般的に2年が節目になるそうです。

 

ウチの病院では化学療法終了からカウントするらしいので

私の2年経過まであと1年と1ヶ月ちょき

来年の今頃は2年目目前でウハウハでしょうな。私ウィンク

 







Last updated  2008.02.13 23:10:13
コメント(4) | コメントを書く
2008.02.01
カテゴリ:その日思うこと☆

急なお話ですが・・・

私、来週の2月8日と9日に東京へ参りますウィンクグッド

とはいえ、仕事(出張)なんですけどね雫

術後、初の飛行機飛行機なので変な緊張感もありますが失敗

でもまぁ、1時間半くらいのものなので大丈夫だと思います。

 

当初、日帰りの予定でしたが、一日中歩き回る上に

日に2回も飛行機に乗るのはさすがにちょっと足に不安があるので

私は一泊して次の日のんびり帰ることにしましたウィンクきらきら

で、せっかく東京へ行ける(会社の経費で・・・雫ので、

関東のガン友さんにもお会いできたらいいな~と思ってます音符

 

なんかむしろ、こっちの方がメインになりつつあるんですけど・・・

いや、仕事はしますよOKもちろん(笑)

 

東京へ行くのは何年ぶりかな~うっしっし

一箇所行きたいところがあるんですけど、叶うといいなきらきら

 

 

それから、急なお話というと一昨日

こぶこぶたのまいにち~今日もやさしい風がふく 」のkobuさんが

旅立たれました。

ありきたりな言葉になってしまうけど、本当に残念でなりません。

kobuさんのところでもコメント書かせてもらったのですが

治療があまりに苦しくて、しかも術後の自分の存在価値に疑問を持つ

ようになっていた頃、すごく温かい言葉で私を救ってくださいました。

 

「人は誰でもそこにいるだけで、誰かに愛を与えられると思うのです。

それだけですごいことなんですよ。」

 

kobuさん、ありがとうございました。

心よりご冥福お祈りいたします。







Last updated  2008.02.02 00:08:52
コメント(0) | コメントを書く
2008.01.11
カテゴリ:日常のこと

明けましておめでとうございますきらきら晴れきらきら(←遅っショック

・・・って気がつくともう2008年も10日以上経ったんですねぇ雫

 

さて・・・2008年最初の変化は、

 

皆様お待たせいたしました赤ハート赤ハート赤ハート

 

わたし・・・ついに・・・

 

 

脱っ!ヅラ!usa04

でございますですよちょき

 

髪の毛に人一倍念力いなずまを送り続けて数ヶ月。

えーっと、正確には最後の化学療法が2006年3月末で

4月の頭に最後の脱毛がやって来たと思われますので

(↑丸ハゲの為抜けたかどうかも分かりませんでしたけど雫)

約8ヶ月間。

最初の脱毛からするとちょうど1年ぶりの「素っぴん髪」ですウィンクきらきら

 

医師は「半年くらいで元に戻るから~」などと言っておりました。

当時、私は「絶対ウソだ!」とボヤいていました。

 

えぇ、ウソっぱちでした。

半年やそこらでは元通りなんかにゃなりませぬぞよ。

 

あ、私と同じくらいに最終治療終えたお友達は私より早くから

 「素っぴん髪」 をお披露目してくれてましたから

単に私の伸びる速度にも問題があったんですけどね雫

 

髪の毛の経過についてはまた別途記事にする事にしてきらきら

(いつになるやら・・・ほえー

 

えぇ~っ、続きまして・・・

 

検診2ヶ月ごととなりました赤ハート赤ハート赤ハート

 

昨年末の検診で決定しましたちょき

実は私の担当医の移動が決まって次回からは先生が変わるんですけど雫

手術のときの執刀医が今度の私の担当になるそうです。

有難いことですが、これではもう検診サボれません。

いや・・・サボりませんけど(笑)

 

年末から年始にかけて凹みモードから抜け切れずにいた私でしたが、

やっとこさ脱出して、余計なくらい元気です~グッドきらきら

人に心配かけちゃ起き上がってまったく迷惑なものですなdoubutsu-08

 

こんなワタクシですが本年もどうぞよろしくお願いいたしますusa10

 







Last updated  2008.01.12 02:24:53
コメント(8) | コメントを書く
2007.12.31
カテゴリ:日常のこと

2008年まであと数分となりましたバイバイ

凹み気味の記事のまま2007年を締めくくるのも

いかがなものか雫というわけで・・・・

ささやかな年末のご挨拶四つ葉

 

 

皆さん、今年も色々とお世話になりました!!

そしてありがとうございました目がハート

 

 

2008年、皆さんにとってステキな一年になりますよーにっきらきらきらきら

私も負けずに頑張っていきますので、来年も

どうぞ宜しくお願いいたしますウィンクちょき







Last updated  2007.12.31 23:54:26
コメント(12) | コメントを書く
2007.12.17
カテゴリ:その日思うこと☆

【関西オフ・その3】のアップもまだなんですけど・・・

なんか最近凹み気味でなかなか脱却できない~。

理由はいろいろだけど、もうなんか疲れる・・・。

 

ガン友との集まりやオフ会で元気になれるけど

それが終わるとまたやって来るこのなんとも言えないもどかしさ。

 

私はガン患者のくせに、再発だとか生きるだの死ぬだの

さほど深刻でもなく、むしろそういうのは「なるようになる」くらい

開き直ってる感がある。

告知後や治療中はブログにも書いているとおり、

もっと「死ぬのが怖い」とか「生きていたい」とか「再発なんかイヤ」って

思ってたはずなのに、今の私にはこの現実がストレス。

 

何度も書いていることだけど、私が職場復帰して間もなく

職場の女の子の妊娠が分かって、それから今日まで

日に日に大きくなるお腹と日々繰り返される出産話に何度へこたれそうになったか。

昼休みのそんな話題が耐えられず、数ヶ月前から昼休みは

お家に帰るようにして避けてきたけど、今度は逆にその話題に対する免疫が

なくなっちゃて不意打ちでやってくる話に久々に涙が出そうになる。

 

仕方ないよ。って自分に言い聞かせたって悔しくて我慢する涙に

息が止まりそうになる。仕事中に泣けるかっ!

 

当たり前に過ぎる毎日がどんなにステキだって気づいたって

普通の感覚でおめでたい事をおめでたいと思えない方がどうなの?

 

ついついその相手に対して笑顔が引きつる。

もうこの環境ってどうよ雫

 

おそらくそれだけが原因なんじゃなくて、色んな思い通りにならない

悔しさが積もりまくってるんだと思う。

 

こんな病気になったんだから「ゆっくりしたらいい」とか「のんびりしたらいい」

とか言うのはこのエネルギーあふれる27歳にしたら逆に酷な話なんだよ。

 

とは言いつつ本当はもっとのんびり生きれたらどんなにいいかとも思う。

どうにかならんかの~この性格ほえー

 

欲張りで意地っ張りで、爆発するタイミングが分からない・・・

情けなし・・・。

 

彼氏や職場の人や普通の友達と会うたび、

人として、女としての自信がなくなるときがある。

 

まず、こんな事考えてしまうこと自体うざくてたまらん。

 

んもう~っムカッ・・・寝ちゃうっ!!

こういうときは寝てしまおうっ!!

 

グダグダと書いてしまったけど、まだ力は残ってますので

頑張りますっぐー







Last updated  2007.12.18 00:04:45
コメント(8) | コメントを書く
2007.12.09
カテゴリ:日常のこと

関西☆オフ【その1】の続き四つ葉

 

クランベリーさんに送っていただいた後、ホテルの一室でオフ会の余韻に浸っていた私。

ん~・・・まだ夜は長いな~何しよっかな~音符と思いながらも

実は次の日大阪へ上陸予定だったので早めに休もうかとも思っていました。

 

でもね~せっかく京都に来てるわけだしぃ~・・・。

とりあえず、次の日合流予定のくろさん携帯電話したところ・・・

「え~!まだ夜は長いよ!ヒマじゃないの?!」と言われ(笑)

「私、京都行くわ!清水寺のライトアップ行こうっ!」との思いがけない一言!!

なんという行動力炎なんという優しさ・・・

わたし小○元首相バリに「感動だー!」と叫ばずにいられませんでいたよ泣き笑い泣き笑い

くろさん、あなた私の彼氏ですか?(笑) 

待っている間どうやって告ってやろうかと思いましたですようっしっし

 

それから一時間ほどして・・・私のヒーローが到着しましたきらきら

二人で清水寺に直行ーっ!!

ところが、ライトアップの入場受付は9:30まで。

なんとか近くの駐車場に止めたものの、清水寺までは徒歩で10~15分ほど。

駐車場に着いた頃、すでに9時をまわっていましたショック

その日結構歩き回っていた私&どこかの神社(?)に参拝に行っていたくろさん、

足が痛いわ、しんどいわ・・・でもここまで来て入れないなんて事あってたまるか炎

ガン患者2名走ります!!

ヘトヘトです雫 

でもそんな私達に追い討ちをかけるように最後は階段という難所がっショック

息が切れるわ、足が上がらないわ、正直意識が飛びそうになりました(笑)

でも、何としても見るのじゃ!! 入るのじゃーーーぃ!! 

 

そして・・・

こんな頑張り屋さんな二人(笑)を清水寺様は見捨てたりはしませんでしたウィンク

なんとかギリギリ入場制限に間に合い、ホッと息をつく。

いや~、成せばなる何事もきらきら(←そんな大した事ではありません雫

 

そして着いて早々、何やら人だかりが。

「胎内めぐり」 真っ暗な地下通路を仏の胎内に見立てて手すり(数珠)を頼りに

参拝するというものでした。

これまた「胎内」とかいう言葉に敏感に反応しちゃう悲しき習性雫

ともあれ、この際だから!と私達も参加してみましたちょき

まぁこれがホントに真っ暗っ雫

真っ暗すぎて前の人が進んでいるのかさえ分からない雫

ちょっと怖かったけど、おもしろかったですようっしっし

清水寺にお越しの際は皆様もぜひ~さくら

 

そして真っ暗な胎内から生まれでた私の目の先には・・・

念願のライトアップーーーーっ!!

まだ真っ赤とまではいってないのですが、夜の紅葉は昼間の紅葉と表情が

ガラリと変わってちょっと妖艶な雰囲気がありますねきらきら

そこがまたそそるのです目がハート

kyoto-3.jpg

kyoto-5.jpg

デジカメの精度が上がっているとは言えなかなかうまく撮れず

四苦八苦していたのですが、雰囲気は伝わるでしょうか?? 

でもやっぱり目で見るのが一番ですねきらきら

 

こうして秋の京都を満喫できたのも本当にくろさんのおかげですきらきら 

ありがとうございました!!

・・・って次の日も会うんですけどね(笑)

 

関西☆オフ【その3】へ続く 四つ葉

 







Last updated  2007.12.09 23:35:28
コメント(2) | コメントを書く
2007.12.07
カテゴリ:日常のこと

えっと・・・一体どこからアップしたらよいのやら・・・(笑)

随分と間があきましたが、ネタは豊富ですきらきら

まずは先々週雫(←ホントに遅すぎです・・・)

 

11/24にワタクシ京都へ行ってまいりました~ハート(手書き)

目的は、the紅葉狩りオフ☆ でございますうっしっし

当初、同じ子宮頚部小細胞ガンで仲良しのけろりんさん

企画していたのですが、せっかく関西へ出るならぐーとメンバー増員星

そして急なお誘いに快く参加くださったのが以前からお会いしたいな~と思っていた

ゆかりんさんクランベリーさんですusa12

 

全員、京都駅集合~!!となっていたのですが・・・

さすがです・・・。

何が?って秋の京都をなめてはいけません爆弾

あふれんばかりの人、人、人・・・usa05

自分すらどこにいるか見失う勢いですショック

↑って完全なお上りさんである私だからなのですが(笑)

 

けろりんさんは以前にもお会いしたことがあるので大丈夫だろうと思っていたのですが

案の定、どこにいるか見つけられない落ちる

電話携帯電話しながらお互いの位置を確認しつつ・・・

念願の再会っ赤ハート

けろりんさんは私と1ヶ月違いで最終治療を終えられているのですが

見事な脱ヅラきらきらとてもお話に聞いていたチリチリとは思えないほど

ツヤツヤのキュートなショートカットハート(手書き)ハート(手書き)

これがまたすごくよく似合っていて可愛いったらありゃしません目がハート

しばらくは釘付けでしたよ。私うっしっし

 

 

そして次は・・・ゆかりんさん&クランベリーさんきらきら

お二方とは初対面なので、これまたどこをどう探せばよいのやら雫

携帯電話片手に前からやって来る人達をあやしい眼差しでキョロキョロ目

けろりんさん&私、そしてゆかりんさん&クランベリーさん

それぞれ二人組がおそるおそる近寄って・・・

初対面~っきらきらきらきら

 

ゆかりんさんは失礼ながら○○歳とは思えないほどキュートで、

お話すると芯の強いしっかりした方なんですが

外見からも女性らしさ&優しい雰囲気が感じられるふんわりした印象でしたきらきらハート(手書き)ハート(手書き)

(←誤解があってはいけませんがかなりスマートな方です目がハート

きっとたくさんの方に愛されて来られてるんだろうな~っていうのをすごく感じましたきらきら

 

そしてクランベリーさんは、ブログからの想像通りの方でした目がハート

期待を裏切りませんウィンク気さくでしっかりしていて大人の可愛らしさを持った方きらきら

人見知りな私(←なんか最近これも疑わしくなってきた雫でもすんなり話せる

ように、さりげない気遣いが端々に感じられました~ハート(手書き)

そんでもって、スラリと伸びた手足がうらましいったらきらきらきらきら

 

出てきたのはいいけど、何の下調べもしてないダメダメな私雫

お昼食事の場所の確保も京都案内もクランベリーさんに頼りっぱなしでした雫

 

紅葉狩りオフなんて事言っても、結局はおしゃべりがしたいのであります(笑)

ランチを兼ねて、4人でしゃべりまくり~っキラキラ3

 

移動中も初対面とは思えないぶっちゃけトークまで炸裂雫

気づいたらかなり歩いたはずなのに話に夢中で距離感がおかしくなってました(笑)

 

田舎モノの私は普段、もっぱら車移動なので電車電車移動も新鮮だしきらきら

 

ランチを終えて向かうは四条四つ葉

11月末だというのに今年は夏が長かったせいか紅葉もまだ真っ赤とまでは

いきませんでしたが、いいカメラも撮れましたウィンク

kyoto-1.jpg

kyoto-2.jpg

しばらく歩きながら紅葉を楽しんだ後、わらび餅で有名な「洛匠」で

またまたおしゃべりターイムきらきら・・・・でも行列が出来ていたので

さすがに長居はできませんでした雫

 

日も暮れる頃、皆さんとは残念ながらお別れ~涙ぽろり

クランベリーさんはわざわざホテルまで送ってくださってホントに最後まで

お世話になりましたb-love

 

ホントにこういうときって時間が経つのが早い雫

もっと皆と色々お話したかったな~。

でも、また絶対来ます~きらきらとお約束してしばしのお別れですうっしっし

けろりんさん、ゆかりんさん、クランベリーさん、本当にありがとうございましたusa04

 

しかし・・・私の京都の夜はまだ終わりません・・・(笑)

関西☆オフ【その2】に続くうっしっし

 

 







Last updated  2007.12.08 01:11:59
コメント(8) | コメントを書く

全113件 (113件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 12 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.