437658 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

20代☆子宮ガンと私の希望

PR

全3件 (3件中 1-3件目)

1

カテゴリ未分類

2007.07.18
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

23歳で乳ガンが発症し24歳で旅立たれた女の子のドキュメントを見ました。

たぶん見られた方も多いんじゃないかな~。

 


我が家ではちょうどご飯時だったので最初は母親と見ていましたが、

「いかん!こりゃ泣く!」とどうにもたまらない気持ちになり自分の部屋で

見ることにしました。

 

私は自分がガン患者なのでどちらかというと彼女側の目線で見てしまいます。

母は彼女の父親に自分を重ねてしまったようです。

そして私の彼氏も見ていたらしいのですが、きっと千恵さんの彼氏の立場で

見ていたんだと思います。


同じ番組を見ていても感じるところはそれぞれでした。

 


『髪がなくても乳房がなくなっても千恵は千恵』という彼氏の言葉は

私が彼氏に言われた言葉と同じでした。

 

『お父さん、ごめんね』と言った彼女の言葉は私が母に言った言葉でした。

 

TVを見終わった後、母と話していてそれぞれ皆どこか同じ経験をしているから

半年間の自分の姿と重なるねと言いました。


彼女が「幸せ」といった言葉の意味が私には痛いくらいにわかります。

周りに感謝してもしきれない。日本語が見つからないと言った気持ちは

まったく同じでした。


歳も近いせいか、彼女には重なる気持ちが多くて涙が止まりませんでした。

ただ番組を見ていて周りの家族や彼氏・友達の苦しみや辛さも改めて実感したというか、

その思いにも考えさせられました。

 


彼女はミクシィでブログを書いていたそうです。

私もミクシィは登録だけしてあるので検索してみたのですが、

彼女のブログにたどり着く前に他の方が今日のTVを見て書かれている日記が

目にとまりました。

 

なんていうか・・・私は嬉しかった。

 

番組を見て「命」の尊さや自分の感じる素直な思い、ガン検診への見方など

それぞれ誰もが真剣に書き綴っているのを感じたから。

彼女のメッセージが多くの人にそれぞれの形で伝わっているんだと思います。

 


人の命って、はかなくて切なくて、それでいてとても強いものです。

彼女が言った『明日が来るということは奇跡』

本当に素敵な言葉です。

 







Last updated  2007.07.19 00:31:37
コメント(16) | コメントを書く


2007.04.02
カテゴリ:カテゴリ未分類

昨日、ある友達から電話がありました。

でも私はその電話に出ませんでした雫

ちょっと掃除してて手が離せなかったっていうのもあるんですが

かけ直そうとは思いませんでした。 

 

私はガン告知を受けて、自分で話そうと思った友達には全てを伝えてます。

手術をすること、その手術で子宮も卵巣もなくなること、子供が産めなくなること、

後遺症があること、抗ガン剤治療を受けること・・・

これは私がこれからも付き合っていく友達だからこそ話したのです。

 

昨日電話をしてきた彼女には私からは伝えていませんでした。

数年前に知り合ったのですが、そんな特別仲がいいわけでもなく年に何回か

連絡し合うくらいで、今は県外にいるため会うこともありません。

彼女が私の病気を知ったのは共通の友達から聞いたからだそうです。

別に勝手に話されたからと言ってその共通の友達のことをどうこう思ってません。

むしろその友達は今もずっと私の支えになってくれていてすごく大切な存在です。

ただその話した相手が・・・わからん

 

去年、手術日が決まってかなりナイーブな時期に「●●ちゃんから聞いたよ・・・。」

と電話をしてきました。

もうどういう状況も分かってるっぽかったので、私も普通に話していました。

でも、このときの電話で彼女に言われたことが、今でもひっかかるのです。

開口一番聞かれたのが、

「中絶したことあるん?」

はっ?? 子宮ガンになった原因が知りたいのか何なのか?

それを聞かれた意味がよく分かりませんが、私はその経験はないので

「ないよ」と答えました。

続けて彼女が言ったのは、

「私はあるんよ。 

 その時、医者からもう妊娠できなくなるかもしれないって言われたから

 子供が産めないことで言えば私も一緒よ~」と。

ついでにこの歳で生理さえもう来なくなることを言ったとき

「いいじゃーん! 楽で!」と。

励ますつもりなのかもしれませんが、その時の私はかなり苛立ちました。

 

中絶することはそれなりの事情だってあるだろうけど、それは貴方がそういう

選択をしたのでしょう。 

それで子供が出来なくなる体になるかもしれないから私と一緒って・・・。

一緒じゃねーよ!! 

生理が来ないから楽でいいって今の私に言うか?!

私はこういう状況で心が狭くなってしまったのかもしれません。

でも、もう二度とこの子とは話したくない!と思ってました。

 

それから年が明けてこないだ3回目の抗ガン剤を終えたくらいに

また彼女から電話がありました。

出ようかどうしようかと思いましたが、このときは精神的にも落ち着いていたので

もうあの時のことはいいか・・・と思い性懲りもなく電話に出ました。

私の近況を少しだけ話して、その後は彼女の今の生活話を聞いたりして

普通に話せました。 

ところがしばらく世間話をしたあと、彼女が話し始めたのがまたもや中絶の話。

ついこの間、妊娠したんよと。

でも、相手は彼氏ではなく浮気相手で、自分は産みたかったけど相手に

「堕ろしてくれ」と言われ泣く泣く中絶したと。

昔、堕ろしたとき医者からもう妊娠できなくなるって言われて、それでも今回

子供だ出来て嬉しかった。だから中絶するのがすごく辛かったと。

気持ちは分かりますが、私に言われても・・・でした。

そりゃ事情はあるでしょうけど、今の私からすればそんな話聞きたくねーよ。

相手もそうだけど貴方も結局自分でそういう選択をしたんでしょ?

話を聞いてる間もムカムカしてきて、電話出なきゃ良かったと思ってました。

 

エコーで見たまだ小さな自分の赤ちゃんがかわいかったとか

お母さんになる喜びを切なそうに言った後、切実に中絶した辛さを語られました。

一通り話を聞いて、それとなく励ましたつもりでしたが・・・。

なんかすごく疲れました。

 

私がこういう状況でなければ普通に話も聞いてあげられたかもしれないし

一緒に泣いてあげられたかもしれない。

私はやっぱり心が狭くなったのか・・・。

いや・・・でもやっぱりこういう話を私にするのは気を使わないというより

無神経なんじゃないかとも思ってしまいます。 

 

私の周りは今、妊娠ラッシュだしこれからまだまだ妊娠・出産話が出るでしょう。

それはそれで別にいいんですよ。

そこは気を使わなくても嬉しい妊娠報告を聞かせてくれたら。

というか、そのために自分が選んだ大切な友達に病気のことを話してるんですから。

 

彼女の場合はたぶん術前の一件があったから余計かもしれませんが

やっぱりどうも話をしようとは思えなくなってしまいました。

今度は何を言い出すやら・・・。

はぁ・・・・わからん

 

 







Last updated  2007.04.03 00:02:02
コメント(16) | コメントを書く
2007.02.03
カテゴリ:カテゴリ未分類

今日は2回目の記事です雫

今日の夜「母子病棟」っていう子供の闘病ドキュメント(?)やってました。

何組かあったんだと思うんだけど私が見始めたのが途中から

だったので、白血病の丈くんの話だけしか見れなかったのですが・・・。

 

号泣でした。

 

25歳過ぎたあたりから「はじめてのおつかい」っていうTV番組見ても泣くようになった私。

普段は特に子供好きっていうワケではないけれど、(どっちかいうと昔は苦手だった雫)

ひたむきな子供の姿には涙もろいんです。

そして特に子供が産めない体になってからはますます敏感になりましたねほえー

で、話がちょっと脱線しましたが、子供の病気は本当に辛いです。

見ていて胸がつぶされそうになります。

抗がん剤の辛さなんか自分もまさに今その立場で、それをあの小さな体で

受けているのかと思うと見ていられません。

骨髄移植が成功したにも関わらず、それまで長期間受けてきた抗ガン剤と

放射線治療の合併症(もしくは副作用?)により腸が壊れてしまい

激しい腹痛・下血で4ヶ月間も絶食せざるおえなかったのです。

テレビの中の料理番組を見て「食べたい・・・食べたい・・・」と

大きな目にいっぱいの涙を浮かべて言うんです。

たまりませんでした。

大人でも・・・いや大人ならそれこそ4ヶ月も絶食できるでしょうか・・・。

本当に極限状態だったと思います。そのうち丈くんはお母さんに

「食べさせろぉ~!」と泣くのです。 今思い出しても涙が出ます。

そしてやっと口にしたのがお湯にうっすらあるご飯粒のおかゆ。

それから何日後に丈くんは天使になりました。

 

それを見守るお母さんもどれほど辛かったか・・・。

苦しい治療の中、自分の涙を押し殺して必死で丈くんを励まし続けて。

本当はお腹いっぱい好きなもの食べさせてあげたかったでしょう。

 

私は自分の抗がん剤治療中、特にこないだの2クール目は吐く間隔が短く

常に嘔吐、もう胃に何もなくなっても吐いて涙目になりながら部屋に私のえずく声が

響いていました。 お母さんは涙目でした。

苦しいながらもその姿を見せてしまったことが申し訳なかった。

ウチは全室個室なので他の人に遠慮しなくていいけど、あの苦しさを1週間も

一人ぽっちの部屋で乗り切るのもツライものです。

だから夕方、母が来てくれるのは本当嬉しいけれど、見せない方がいいと思ったり

複雑でした。

 

はぁ・・・何が書きたいのかよく分からなくなってきた涙ぽろり

話が飛びまくってスミマセン。 

 

笑顔がかわいい丈くん、妹・お母さん思いの優しい丈くん、

そちらではおいしい物たくさん食べてますか?

 







Last updated  2007.02.04 00:04:47
コメント(12) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.