437612 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

20代☆子宮ガンと私の希望

PR

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

その日思うこと☆

2008.02.01
XML
カテゴリ:その日思うこと☆

急なお話ですが・・・

私、来週の2月8日と9日に東京へ参りますウィンクグッド

とはいえ、仕事(出張)なんですけどね雫

術後、初の飛行機飛行機なので変な緊張感もありますが失敗

でもまぁ、1時間半くらいのものなので大丈夫だと思います。

 

当初、日帰りの予定でしたが、一日中歩き回る上に

日に2回も飛行機に乗るのはさすがにちょっと足に不安があるので

私は一泊して次の日のんびり帰ることにしましたウィンクきらきら

で、せっかく東京へ行ける(会社の経費で・・・雫ので、

関東のガン友さんにもお会いできたらいいな~と思ってます音符

 

なんかむしろ、こっちの方がメインになりつつあるんですけど・・・

いや、仕事はしますよOKもちろん(笑)

 

東京へ行くのは何年ぶりかな~うっしっし

一箇所行きたいところがあるんですけど、叶うといいなきらきら

 

 

それから、急なお話というと一昨日

こぶこぶたのまいにち~今日もやさしい風がふく 」のkobuさんが

旅立たれました。

ありきたりな言葉になってしまうけど、本当に残念でなりません。

kobuさんのところでもコメント書かせてもらったのですが

治療があまりに苦しくて、しかも術後の自分の存在価値に疑問を持つ

ようになっていた頃、すごく温かい言葉で私を救ってくださいました。

 

「人は誰でもそこにいるだけで、誰かに愛を与えられると思うのです。

それだけですごいことなんですよ。」

 

kobuさん、ありがとうございました。

心よりご冥福お祈りいたします。







Last updated  2008.02.02 00:08:52
コメント(0) | コメントを書く


2007.12.17
カテゴリ:その日思うこと☆

【関西オフ・その3】のアップもまだなんですけど・・・

なんか最近凹み気味でなかなか脱却できない~。

理由はいろいろだけど、もうなんか疲れる・・・。

 

ガン友との集まりやオフ会で元気になれるけど

それが終わるとまたやって来るこのなんとも言えないもどかしさ。

 

私はガン患者のくせに、再発だとか生きるだの死ぬだの

さほど深刻でもなく、むしろそういうのは「なるようになる」くらい

開き直ってる感がある。

告知後や治療中はブログにも書いているとおり、

もっと「死ぬのが怖い」とか「生きていたい」とか「再発なんかイヤ」って

思ってたはずなのに、今の私にはこの現実がストレス。

 

何度も書いていることだけど、私が職場復帰して間もなく

職場の女の子の妊娠が分かって、それから今日まで

日に日に大きくなるお腹と日々繰り返される出産話に何度へこたれそうになったか。

昼休みのそんな話題が耐えられず、数ヶ月前から昼休みは

お家に帰るようにして避けてきたけど、今度は逆にその話題に対する免疫が

なくなっちゃて不意打ちでやってくる話に久々に涙が出そうになる。

 

仕方ないよ。って自分に言い聞かせたって悔しくて我慢する涙に

息が止まりそうになる。仕事中に泣けるかっ!

 

当たり前に過ぎる毎日がどんなにステキだって気づいたって

普通の感覚でおめでたい事をおめでたいと思えない方がどうなの?

 

ついついその相手に対して笑顔が引きつる。

もうこの環境ってどうよ雫

 

おそらくそれだけが原因なんじゃなくて、色んな思い通りにならない

悔しさが積もりまくってるんだと思う。

 

こんな病気になったんだから「ゆっくりしたらいい」とか「のんびりしたらいい」

とか言うのはこのエネルギーあふれる27歳にしたら逆に酷な話なんだよ。

 

とは言いつつ本当はもっとのんびり生きれたらどんなにいいかとも思う。

どうにかならんかの~この性格ほえー

 

欲張りで意地っ張りで、爆発するタイミングが分からない・・・

情けなし・・・。

 

彼氏や職場の人や普通の友達と会うたび、

人として、女としての自信がなくなるときがある。

 

まず、こんな事考えてしまうこと自体うざくてたまらん。

 

んもう~っムカッ・・・寝ちゃうっ!!

こういうときは寝てしまおうっ!!

 

グダグダと書いてしまったけど、まだ力は残ってますので

頑張りますっぐー







Last updated  2007.12.18 00:04:45
コメント(8) | コメントを書く
2007.11.12
カテゴリ:その日思うこと☆

お久しぶりですきらきら

またまた性懲りも無く仕事に追われまくりで家でのんびりPC開けることも

少なくなって私的にはちょっぴり残念なところです失敗

 

でも、密かにガン友会(←地元開催四つ葉)には顔出したりして

日頃のウップン(ってそんな、たまってもいませんけど雫)も晴らしつつ

いたって元気で過ごしていますきらきら

マーカー値も先月から正常範囲にまた落ち着いて、もうすぐ術後1年が経ちます

 

そうそう、ブログを始めてからも1年くらいが経ちましたキラキラ3

あの頃・・・本当に色んな事を考えまくって考えまくって

26年間で一番頭を使っていた気がしますusa10

おかげで・・・

 

ハゲましたよ(笑)

いや・・・ハゲたのはタキソールのせいですけど雫

 

私の場合、告知後間もなくブログを始めたので記事もリアルタイムでした。

最初はyahooブログだったのに今コチラに引越ししたのでちょっと日にちがおかしい事になってますが・・・

たまーに昔の記事を読み返すと「まぁ!私ってなんてかわいそう」と

気の毒になります(笑)

でもでも、一年も経てばこんなもんですb-hare

 

もちろん、今でも「なんだかな~」って事はありますよ涙ぽろり

でも、なんだか自分自身が何に対してどう嫌なのか

ちゃんと理解できるようになりましたきらきらきらきら

以前は、漠然と「嫌だ!嫌だ!」と言っていたような気がするんです。

その証拠に今までよく泣いていたことに対して泣かなくなりました。

そのかわり・・・

 

イラつくようになりました(笑)

およよ~・・・雫

 

術後、診察の待合いで妊婦を見るたび涙が出ていましたが

今じゃ「ふん!大きなお腹しやがって!」ってコッソリと毒づきます。

単純にイヤな奴になってるだけかも~ドクロ

 

抗がん剤決定後、脱毛を覚悟したときはこれまた泣きました涙ぽろり

今は脱ヅラできないウネウネ状態のこのカリメロ頭にイラっムカッ

 

何が悲しゅうて27の女が大好きなびよういん(美容院)に行けずに

びょういん(病院)に通って同じくらいの出費をせにゃならんの~ムカッムカッ

 

ちくしょうめ~っ台風 このワンピにはお団子ヘアがもってこいなのにサ、

ヅラじゃできねーのか・・・じゃ!思い切って脱ヅラしたら晴れ・・・

お団子ヘアどころか、カリメロですもの・・・似合わ~ん爆弾爆弾・・・

 

泣きはしません。 ムカつくのです。

だけど、泣いてるときよりエネルギッシュで・・・

なんだか・・・私はこっちの方がいいかも~きらきらきらきら(かも?)

 

これがいい事か悪いことなのかはよく分かりませんが、

私的に成長の過程と思っています。(相変わらず自分勝手ですが雫

 

あ、そういえば1年前の明日は(←なんか変な日本語爆弾

再検査の結果、「小細胞ガン」と再告知を受けた日です炎炎

半年後すらどうなるか分からないと言われていた私が、

今日もヘラヘラ笑っておりますusa11 (馴染まないNEWヅラにイラつきながら~ 笑)

手相占いもこういう時は当てになるものです。

(私、生命線が2本あるんですよ~うっしっしきらきら

 







Last updated  2007.11.13 00:43:14
コメント(23) | コメントを書く
2007.10.15
カテゴリ:その日思うこと☆

今日の記事は病気にはまったく関係ないですusa10

 

かれこれ7、8年くらい前の事です。(もぅそんなに経ったのかとちょっとショック雫)

私が確か19歳か20歳くらいの頃のこと・・・。

4つ年上の先輩を好きになりかけたことがあります。

・・・なりかけたって言うのが・・・

その先輩はもうすでに奥さんもお子さんもいる人でした雫

こういう妻子ある方にわずかながらでも好意を持ったのは

後にも先にもこの1回限りでした失敗

それも今思えば、「好き」とかいうよりただ、「憧れ」だった気がします。

 

彼はいわゆる「やんちゃ者」で、でも、ものすごく優しい話し方をする人でした。

それでいて、気になるお顔はといえば・・・結構な美形きらきら

 

その頃、「オムライス」にハマッていた私に、

○○のお店がおいしいらしい!とか××っていうお店行ったことある?

って友達に聞いたり、色んな雑誌を見ては調べてくれて、

「今度行こう!」とよく誘ってもらいました。

 

たった一度しか・・・しかもポロっと話した「オムライス」の話。

 

私だってそれも下心あっての事だと分かってはいたけど、

それを覚えていてくれて、色々調べまくってくれたことが純粋に嬉しかった。

 

だけど、いくら若かりし頃とはいえ、常識的に「こりゃマズイ!」って

ブレーキがかかり私がその一線を越えることはありませんでした。

 

っで、前置きが長くなりましたが雫

昨日の夕方、近所のスーパーにお買い物に行ったとき

なんと会ってしまったのです。

 

なんと・・・って言ったって地元なんだからそりゃ、会うこともあるだろうけど、

この7、8年の間一度も見かけなかったんですよね。

 

ちょうどお魚コーナーにさしかかったとき、

前からたわいもない男女の会話が聞こえてきて、

なぜかその声に反応して顔を上げると・・・

 

うぉッびっくり!!(お魚コーナーだからじゃないですよ 笑)

 

もう心臓バクバクっ!! 別に何もやましいこともないんだけど雫

私が反応した声の主はあの先輩でしたb-orooro

いつもならスーパーで周りの人達の顔なんかいちいち見たりしません。

 

それも声で反応するとは・・・恐るべし自分・・・雫

もちろん、声をかけることもなく素通りしましたが、(若干、大きく回りこんで 笑)

奥さんらしき女性と和やかにお話しながらお買い物されてました。

 

あの頃と同じトーンの優しい話し方。

 

ふと昔を思い出したひと時でした。

うぅ~・・・秋ってやつぁ~usa10

 







Last updated  2007.10.16 00:26:56
コメント(6) | コメントを書く
2007.10.13
カテゴリ:その日思うこと☆

1年前の2006年10月14日。

この日は私が細胞診3aの結果から組織診を受け高度異形成と診断された日。

この日から始まったんだな~目

 

あの時は、まだ「ガン」と決まったわけではなかったけれど、

担当医には「まぁ、95%の可能性でガンが見つかると思いますよ」って

言われてました。

今となっちゃ、【小細胞癌&線癌】な私が高度異形成っていうのも

微妙な話ですけどdoubutsu-08

 

一般的に細胞診では線系のガン細胞は引っかかりにくいと言われています。

また、腺癌の方が扁平上皮癌より奥で発生するため、自覚症状が出にくく、

発見が遅れるというケースもあるそうです。

 

そういう面からするとあの日、よくもまぁ見つかったもんだなぁ~って

つくづく思いますusa10 

特に小細胞癌の場合、線癌よりもさらに進行が早く、飛び火する可能性が

強いので、それこそステージも1期で手術が可能だった事自体、

ある意味「生きろ!」と言われているような気がしました。

 

それから5日後、2006年10月19日には1度目の手術、

円錐切除を行った日です。

「まぁ、でもこれで終わりだろう」と思っていたのに、手術日当日の朝

医師に「ちょっと奥まで進行しているから、今回の1回では取りきれない・・・」

と言われて、えーーーーっusa05というかんじでした。 

結局、その後まんまと「ガン告知」を受ける事になったわけです雫

 

今年の夏は異常に暑くて、回復しきらないうちに仕事復帰した

(完全にフライングでしたね雫)私の体には堪えましたが、

こうして秋の気配(涼しいというより寒いんですけどダウン)を感じると

やっぱり去年の事を思い出す・・・きっと私にとっての秋はこういう

季節になってしまったんだな~って思うこのごろ。

それが別に悲しいわけではなく、時が経つにつれてその事実に対する

考え方や気持ちが変化していることに気づくのです。

 

過去は振り返らないという姿勢も立派ですが、私は過去を大事に思う

心を失くさない事も必要なんだと思います。

過去があっての今。 今の私を育てたのはあの時の私。

 

いや~・・・なんとも秋は感傷深くなっちゃいますねusa10

という訳で、長らく放置しまくりでしたが、今月はいろんな記念日(?笑)

が満載なので、ボチボチ更新していきたいと思います四つ葉

 







Last updated  2007.10.13 12:20:59
コメント(12) | コメントを書く
2007.09.11
カテゴリ:その日思うこと☆

私もリンクさせていただいているれひさんが先日旅立たれました。

ブログやコメントを読んでいるだけで温かい人柄が伝わってくる本当に素敵な女性です。

正直・・・とてもショックでした。

妹さんがブログを更新されご報告してくださったのですが、

私はすぐに受け止められずコメントもすぐには書けませんでした。

またブログを覗いたら「退院しました!」みたいな更新があるんじゃないか

と思ってしまいます。

 

れひさんとは実際にお会いした事はありませんでしたが、私が関東へ出向いた際には

絶対にお会いしたい!ってずっと思っていました。

今回入院が長引いていらして、でもきっと元気に戻って来られると信じていたから・・・。

 

れひさんのブログのタイトルは「Singleがん患者の幸せ探しの旅」

なぜかこのタイトルにすごく引き付けられたことを覚えています。

 

れひさんの今度の旅にはもう痛みも苦しみも薬もいりません。

きっとすっごく可愛い笑顔で歩いていらっしゃるんだろうな~って思います。

 

本当は色々書きたいんですけど、うまく書けません。

普通なら会ったことない方の訃報になぜ、こんなに動揺するのかと思うかもしれません。

だけど、ネット上とはいえ私の中に確かにれひさんが存在していたんです。

だからこそ何だか未だに信じられない気持ちです。

 

れひさん、お疲れ様でした。

私はもう少しこちらで幸せ探しの旅を続けますね。

それでいつかそちらに遊び行ったら是非お会いしましょう。

 

 







Last updated  2007.09.11 23:45:49
コメント(5) | コメントを書く
2007.08.21
カテゴリ:その日思うこと☆

まずは・・・前回の記事に対して、温かいアドバイスを下さった皆さん、

本当にありがとうございました!!きらきら

 

今日、ボス(社長)に出来るだけ伝えてみました。

うちの会社は5人しかいなくて、そのうちの主力がガン患者の私と妊婦さん雫

あとはパートさんが3人(うち一人は新人)という状況で、厳しかったんですね落ちる

 

面と向かうと萎縮しちゃってうまく伝えきれたかどうかは分かりませんが

今のこの現状を話し合って、なんとか負担軽減する方向を見出せそうですアップ

 

ただ、体の事を伝えたときに

「知り合い人は子宮がんだったけど元気に働いてるけどな~」

と言われたときにはちょっぴりガックリしましたけど雫

一言で「子宮癌」と言ってもタイプも違えば術式も違うし、

ステージや術後の追加治療のよって、また人によって体の変化も

後遺症も違うって事はやはり、当事者やその家族でなければ

分からないことなんだな~て悲しいけどリアルに感じた瞬間でしたわからんわからん

その方だって実際どうなのか分かりませんもん~。

 

本当は話し合いするギリギリまでもう辞めて自分のやりたかった夢を

実現するために動き出そう!と考えていました。

 

でも、まだこの会社でやるべきこと、やっておかないと自分が後悔することも

あって考えがずっとフラフラしていましたb-orooro

話し合って、何とかうまく会社の進みべき道が開くのであれば

もう少し自分の夢は後回しになってもそれはそれでいいんです。

 

その間にも少しづつ準備は進められますしウィンクきらきら

 

それから・・・本当は私、ずっと自分を責めていたのかもしれません。

いきなりの癌告知で仕事も置き去りになってしまったこと。

復帰してもうまくこなしていけなかったこと。

それ自体が自分自身に負担をかけていたんだと思います。

 

だから、変な責任感を感じていたんでしょうね~・・・b-gaaan

 

性格もあるでしょうけど、どこか力を抜くことをお勉強しないとな~って

つくづく思いました。

『頑張り方』をはき違えていたんですよね、きっと雫

 

治療中、こんな思いしたんだからもっと自分を大切にしようとか、

甘やかしてやるくらいの気持ちで過ごそうとか思ってたくせに

実際、社会に出てみたら「そんな事は社会人としていかがなものか!」と

結局自分を追い込んでいたんですね雫

 

相談に乗ってくれた職場の女の子や、ご自身の体験や解決法で私に色々アドバイス

くださった皆さんにホント感謝していますハート(手書き)ハート(手書き)ハート(手書き)

あのまま悶々と一人で解決しようとしていても

きっと何ら変わることはなかったかもしれません。

 

本当にありがとうございました!みんな大好きですb-ganba

 







Last updated  2007.08.22 00:19:26
コメント(10) | コメントを書く
2007.08.19
カテゴリ:その日思うこと☆

最近悩んでるのが「仕事」のこと失敗

 

抗癌剤治療の最終クールが終わってその1ヵ月後、

今年の5月に職場復帰をしたのですが、当初の予定では

週何回か、1日何時間かづつ・・・と思っていたのに、気づいたら

最初からフルタイム~雫雫

 

働いたら働いたで、やっぱりどこで力を抜くかなんて・・・

わからねーーー・・・b-orooro

 

私の仕事はもう一人の子と2人で分担してやっていました。

(社内では、この2人しか出来ない・・・)

ところが、そのもう一人の子は先月、県外へお嫁に行くため辞めてしまいました。

という事は・・・

そう・・・今私の仕事内容は以前の2倍となっているわけですb-gaaan

で、その子の代わりに新人さんがやってきたのですが、当然慣れるまでは

指導しなきゃいけないわけで・・・いちいち全部チェックしないといけないわけで・・・

その間、2倍になってしまった自分の仕事は後回しになってるわけです。

 

残業してやるしかないわけです・・・。

でも、別にそれが嫌なわけではないんですよ。

こういう状況なのは誰が悪いわけでもなく仕方ない事、グチってる暇があれば

手を動かせ!って思うし、新人さんをうまく成長させられればいづれは自分が

助かるんだし四つ葉

 

だけど、うちのボス(社長)はそういうのが分かってるんだか分かってないんだか

この状況で、「あれどうなった?」「何で出来てないん?」「これやってくれん?」と

まぁーーーーーっよくもバシバシと仕事を増やしてくれちゃって・・・。

さすがに私も「できません!」と言ったけど「なんで?」と聞く始末。

いちいち説明しなきゃならんの?

 

ボスは東京にいるので全部見えていないのもあると思います。

だけど、人は減って仕事は増えて(ボスのおかげで ^^;)新人がまだ慣れていない

ことくらいは分かってよーーーっと。

おまけに「どうやったら売り上げ伸びるか考えて」って・・・。分かってますよ。

言われなくたって考えてますよ。

2倍の仕事こなしながら新人指導して売り上げの事考えて・・・、

おまけに自分の体を心配して?

もう!爆発するわ!b-kaminari

 

おかげで先日、眩暈がおきた日も点滴打ってフラフラになりながら

仕事に戻りました。

戻らざるおえなかったというか。

 

でもね・・・こんな生活、正直こわすぎる・・・涙ぽろり

無理しちゃダメ、ストレス厳禁・・・もう遠い話のようです。

でも、今の私は「いかに再発しないように生きるか」が最優先させなきゃいけない。

 

でも生活するためには働かなきゃ生きてけない。

でもこんな生活してたら再発したっておかしくないかもしれない。

でも・・・・でも・・・

頭の中ではどこまでやっていいのか、いけないのか

やらなきゃいけない、やっちゃいけない・・・

色んなジレンマがあってうまく裁けず、ちょっぴり辛いんです。

そんでそんな時に限って体調が良くなかったりして余計不安になったり雫

 

ボスはこないだ電話で話した私の様子を感じとってくれたのか

「なんだか手一杯みたいだし、今やってるやつ外注に出したら?」

というメールが来ました。 でも、それは私の体がどうだとかではなく

「他にもまだまだやらなきゃいけない仕事があるでしょ」だそうです。

 

正直、2倍になった仕事も新人指導も、ボスからの追い討ちがなければ

自分のペースでやっていける範囲だし、それが無理しているわけではないんです。

確かに大変は大変だけど、私はなんか「社会人たるもの!」みたいな変に頑固な

ところがあってそこは曲げれないんです。(意地っ張りなんでしょうね・・・)

だから、そのメールが来たとき悔しかった。

 

ガンが発覚して職場復帰するまで、籍もそのまま置いていてくれた事、

社会保険も会社が負担し続けていてくれたこと、「待ってるよ」と言ってくれていた事

すごくすごく感謝しています。

何より、この仕事が好きで職場の皆が大好きで絶対ここに復帰してやる!

って思ってました。

 

だけどその反面不安もいっぱいあって職場復帰するときも

「正直、元通りにはならないと思います。

以前のような期待をかけていただいてもお応えできないかもしれません」

と伝えました。

 

それでも、復帰してから今まで何事もなかったかのように仕事し続けていると

ボスの中でも忘れられてしまったのか、気にしなくなったのか、気にしてるけど

言ってくるのか・・・。

 

でも、私が悪いことでもあるんです。無理をしてまでもやってしまっているから。

期待に応えたいとか、病気を理由に「出来ない子」「扱いづらい子」みたいに

思われたくないとか、自分に対して甘い!とか思っちゃって・・・恥ずかしい話です。

 

でも私にはやりたい事があるんです。

それをやりたいから今の仕事を頑張ってそれにつなげたいんです。

 

でも、この状況を続けて体を壊したり、再発なんて事になったら

元も子もありません・・・。

 

雇われるって難しいな~。

きっと今のところを辞めても次どこかで働けば結局同じような事になりそうな気もします。

むしろ、今のところの方が病気の事を知ってるだけによっぽどマシだろうし。

でも、自分が変われないのなら環境を変えるしかないのか・・・。

 

明日、ボスがこっちに帰ってきます。

一度、話をしようと思っていますが、正直何をどこまで話せば良いのやら

ん~・・・ボスには辞めさせられるのは覚悟のうえで話さなきゃ

分かってもらえそうにないですほえー

 

でもね、職場の人達は本当に本当にあったかい人達なんです

第二の家族のようなかんじですさくら

だからこそ、うまくここで働ければ一番なんですけどね・・・b-onegai

 







Last updated  2007.08.19 12:16:09
コメント(12) | コメントを書く
2007.07.07
カテゴリ:その日思うこと☆

今日は同じ病院で治療中のくろさんとおしゃべり・・・ん?お見舞いに行ってきましたウィンク

抗癌剤治療の真っ只中なのですが、元気そうなくろさんの顔を見て一安心きらきら

電話やメールで連絡していてもやっぱり顔を見るのが一番だな~ってしみじみ。

 

毎回のことですが、お見舞いというよりはただ「ジャマ」しに行っているようなもんです(笑)

それから今日はまた新しいお友達も出来ましたウィンク(もう勝手に友達気取り雫

私と歳も近い方で同じ頚部ガンだそうですが、

これまた、なんてカワイイ笑顔なんだろーと私の方が癒されてしまった・・・。

そのうえ、おやつお誕生日までいただいて大満足ちょき(←アタシは一体何しに行ってんだ・・・)

 

3人で色々とお話したあと、病棟の看護師さんとも久しぶりにお話してきました四つ葉

 

私がこの病院を選んだ理由は全国でも数少ない「腹腔鏡手術」を行っていること、

病室が全室個室であること、医師が信頼できることです。

 

でも、入院して心から良かったなぁ~と思ったのは看護師さんがみんな本当に優しい目がハート

入院中は心身ともにボロボロだった私にとってホント「癒し」でしたきらきら

『白衣の天使』とは良く言ったものです。

まぁ、ココのナース服はピンクですが、この柔らかい印象の桜色も視覚的に癒されます。

 

今日も何人かの看護師さんにお会いしましたが、みんな笑顔がステキで

こっちが照れくさくなります(←どんだけ心がよどんでるだ?!私 笑)

そりゃ、看護師さんだって人間ですからきっと体調が良くない日や、気持ちがアップダウン

する日だって当然あるんでしょうが、私が入院中それを感じたことは一度もありません。

プロきらきらです。

 

術前、気持ちが追いつかなくなって涙・・・

自尿が出なくて自己導尿のわが姿に涙・・・

抗癌剤の副作用で耐え切れず涙・・・

 

まぁ一体どんだけ泣くんだってくらい根性なしの私をそっと助け続けてくれた

看護師さん達にはホント感謝していますきらきら

 

無理は承知で、もし私が他の病気で入院するハメになっても婦人科病棟を

希望したいものです(笑)

 

いっや~!今日はくろさんに、新しいお友達に、看護師さんにと、たくさんの

「天使の笑顔」を見て私、大満足ですうっしっしきらきら(←だから何しに行ったんだ?!)

 

だけども・・・少しマジメな話、病棟にはたくさんの戦士達がいます。

私が入院していたときは比較的、良性の方も多かったと聞いていますが

ここ最近、悪性腫瘍の患者さんが増えているそうです。

私が今こうしてヘラヘラと笑っている間も病気と向き合って

頑張っている方たちが全国にいるんだと思うと胸が痛くなります。

どうか・・・どうか皆の治療がうまくいきますように。

 







Last updated  2007.07.08 02:34:49
コメント(17) | コメントを書く
2007.07.04
カテゴリ:その日思うこと☆

ただ今の私が思うことです四つ葉 

 

幸せの基準って自分が経験した中で築いていくものなんじゃないかな~って

思います。

 

例えば、TVテレビでお金持ちの生活を見てて 「すっげーびっくりいいなぁ~!!

と思う事はあっても「幸せそうきらきら」と思うことはありません。

それは私がそんな大金を手にした経験もなく、そんな状況で何を感じるかなんて

あくまでも想像の中だけのことだから。

「お金持ちになる=幸せ四つ葉」という図式は頭にないからです。

 

抗癌剤の副作用で吐いてばかりの毎日の中、お腹がすいてそれでも

食べれずにいたあの時・・・隣でモリモリ食べている弟を見て

「あんた、幸せだよ~失敗」と思い、自分も副作用から解放されておいしくご飯が食べれる

ようになって「うぉーー!なんて幸せ!!」と思ったものです。

それは私が「食べたいときに食べれる」ということと「食べたいのに食べられない辛さ」

を両方知っているから「食べられる=幸せ」だと感じるんだと思います。

 

この間、周りの妊娠・出産ラッシュについて記事にしました。

確かに羨ましいと思うときもあるし、まだ私にはキツイ環境ではありますが、

じゃあ産めなくなって不幸か?と言われれば・・・

それは分かりません。

だって産んだことないから。

そりゃ、今でも産めるものなら自分の子供に会ってみたい。

育て、育てられる楽しさや苦労を味わいたいと思います。

でもそれが不幸なのかどうかは分からないのです。

子供を産む・育てるという経験がないからそれが私にとって幸せだったかどうか

は想像することしかできない。

ちょっと違いますが最初に書いたお金持ちへの「いいな~」って思う感情に

近いかもしれません。 ん~・・・憧れ?

 

ただ以前は女に生まれたからには子供が産めるという「当たり前」に思っていた事が

今となっちゃ、ちっとも「当たり前」じゃなくなったということが

時々悲しかったりするんだと思います。

だから今は「当たり前」と思っていたことが出来ない私にとっては

「憧れ」になっているのかもしれません。

 

病気になってから幸せの基準がどんどん下がっていくように思いました。

だけど・・・

生まれてたった27年。 (←もう? 笑)

たった27年の経験の中で、人生の幸せ・不幸せの基準を決めてしまうのは

早すぎる気がします。

 

このクソ暑いのに毎日ヅラと共に生活している私に比べれば

昔、寝癖で髪型が決まらなくてイライラしていた自分なんて幸せなもんですウィンク

でも、もっと歳を取って天然おハゲになってきたらその時の私は

「若いあの時はヅラでも似合ってたんだから幸せだったわーきらきら」と思うかもしれません。

 

術後、オシッコが出なく自己導尿して凹んでいた頃に比べれば、

今、自尿が出るんだから尿意がない事なんてちっぽけなものです。

「オシッコ、ばんざーいっ!! 自尿、ブラボーっ!!」と言ってやりたいきらきら

 

生きていれば何かしら悩みや苦労が付きものです。

悲しいこと・辛いことが不幸なわけではない。

「不幸」を知らないことが不幸なんだと思います。

矛盾していますが・・・雫

でもだからこそ自分にとって何が「幸せ」で「不幸せ」か分かってくるんだと思います。

 







Last updated  2007.07.05 01:52:12
コメント(9) | コメントを書く

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.