000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

20代☆子宮ガンと私の希望

PR

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

検診

2008.04.15
XML
カテゴリ:検診

なんじゃそりゃ雫ってタイトルですみません(笑)

(出来ればワン○ース的読み方でお願いします。「おれは海賊王になるっ!」)

 

えっと・・・いよいよ私もホルモン補充療法スタートです四つ葉

うひょ~~っさくら やっと私の体内に「女エキス」投入されます。

 

前回の検診のとき、「小細胞がん」についての情報が極端に少なくて

始める前に新しい文献がないか調べておくと言われていましたが、

やはりこのタイプにはおそらく問題ないだろうとの事でした。

ちなみに私は線癌も併発していますが、こちらは子宮頸がんの場合はあまり深く考えなくていいとの事でした。体がんの場合は色々と見解はあるようですが・・・。

 

 

そもそも、私今日初めて知ったんですけど、小細胞ガンって扁平上皮ガンの中の一タイプだったんですね~雫

いや~・・・だってどこ調べても未分化ガンとかそういう類になるみたいな事書いてても扁平上皮ガンです的な表現はなかったんですけど・・・。

でもこれで今までなんで?と思っていた事のつじつまが合います。

 

まず初めの(円錐手術後)病理結果が「扁平上皮癌か腺癌のどちらか、もしくは混合型」って言われてたのに大学病院で再検査した結果、「小細胞がんと腺がん」って話になって「扁平上皮癌はどこへ行ったんじゃーい!」って思ってました雫

(その頃、扁平上皮癌なら温存いけるかもハート(手書き)って方向だったので・・・)

 

それから、腫瘍マーカーのSCC抗原が外されていなかったこと。

私、途中からNSEとProGRPを追加した代わりに今まで調べていたマーカーのタイプを外したんですよね。(腫瘍マーカーは1回にオーダーできる数が決められているので)

その時、一番関係ないでしょ?って思ってたSCC抗原が今もオーダーされ続けてるからなんでこれを残すんだろう?て思ってました。

 

ほうほう・・・納得。

私も素人さんに比べたらかなりのガンおたくですけど、やっぱり難しいですな~。

 

さてさて、話を戻しますが、今回私が処方されたのはプレマリン。

飲み薬です。

 

パッチ(貼薬)とどっちにしようかと先生と話し合った結果、

○パッチはこれから暑くなるし、汗かいたり蒸れたりでカブれてしまうかも~

○飲み薬の方が血中濃度が上がりやすい

ということから、まずは飲み薬でスタートすることになりました。

 

ホルモン補充療法を始めるにあたって、乳がんへのリスクが懸念されていますが

本当のところ、どうなのかはハッキリしていません。

実際、パーセンテージで言うと微妙なかんじなんですよね・・・雫

でも何事も「絶対」ということはないし、ひとまずこれは年一の乳がん検診を行うということで同意。

 

逆に大腸がんに関してはホルモン補充療法によってリスクが下がるいう良い結果もあるそうです。

 

それより何より、エストロゲン(卵胞ホルモン)の低下によって

○乳房の萎縮

○皮膚のコラーゲンが減少 右矢印 張りがなくなり、しわが増える

○膣の粘膜が薄くなる 右矢印 膣炎を起こしやすい・性交痛

○骨密度の低下  右矢印  骨粗しょう症になりやすい。 

その他もろもろ・・・これらの方が20代の私にとってはよっぽど大問題なんですけど雫

・・・ってかもう「低下」とかいうレベルではないんでね雫

先生にもぶっちゃけどう思います?って聞いたら「まぁね・・・やっぱり若い人はやった方がいいかもね」とのことでした。

 

明日から1日2回服用。 また変化があればご報告しようと思いますウィンク

なんか、久々にワクワクします四つ葉 若返りっきらきら若返りっきらきら

(もうすでに論点がずれまくってすみません雫

 

あ、CTの結果も何にも異常なしでした~ちょき(←ついでに言う程度になってしまった 笑)

 







Last updated  2008.04.16 00:34:06
コメント(90) | コメントを書く


2008.02.13
カテゴリ:検診

昨日は今年初の検診でしたウィンク

そして今回から異動のため主治医が変わりました。

新しい先生は手術のときの執刀医でもあったので

「初めまして」ではなく「お久しぶりです」といった雰囲気きらきらきらきら

 

まずは、これまでの経過を電子カルテで確認しながら

「足のむくみはどうですか?」

「体調はどうですか?」

「(自)尿は出てますか?」

など今の状況を確認しながらゆっくりとお話してくれました。

こういう何気ない気遣い(?)が嬉しかった~音符

何せハンパなくお忙しい先生なので雫雫

 

だってですね・・・実は私の会社、この度社名変更に伴って

保険証の切り替え手続きで、まだ新しい保険証が手元に届いてなかったんです。

そんで、実費になるとキツイので保険証来てからにしようと思って

予約の変更を・・・と申し出たら「○○先生ね・・・5月までいっぱいです」

ですって・・・

 

どんだけ~!?(←もう古い?雫

 

5月って・・・先生変わって、いきなり半年後に行くのはいかがなものかと。

先生・・・本当にご苦労様ですショックショック

 

で、話が反れましたがやっぱり先生によって捉え方などに多少の

違いはあるんだな~って実感。

私の小細胞ガンに関しては厳しく見ていこうねってな感じでした。

通常、ウチの病院では半年ごとにCTを取ってるみたいなのですが

私の場合は3ヶ月ごと。それから念のためPETも受けるよう言われました。

受けるのはいいんだけど~・・・高いゼ・・・PETほえーほえー

まぁ仕方ないんですけどね。

 

それから、私、卵巣も取ってしまっているので何が気になるって

老化雫

内診が終わったあと、「確かに少し皮膚が薄くなってるかもね・・・」と。

ってか、女性ホルモンストップで皮膚が薄くなるなんぞ初耳なんですけど・・・

(勉強不足だわ~)

 

特にホットフラッシュがあるわけでもなく自覚症状のあるものは

ないので生活に支障はないんですけど、骨密度の低下や肌の質感、

その他もろもろ・・・気にはなるんですよね雫

 

「あの~、私ってホルモン療法受けれますかね?」と聞いてみたところ

「ん~・・・神経系だからね~関係ないとは思うんだけど・・・

分からないんだよね・・・

何しろ、このタイプが極端に少なすぎて実績がないから」

あ~・・・ごもっとも。

 

そもそも、私は線癌も併発していたのでむしろそっちが引っかかるかと

思っていたのですが、近年は線癌でもホルモン療法したからって再発率が

上がるかと言うとそうでもないらしく因果関係はハッキリしていないようです。

なのでウチの病院では線癌(その中でも種類にもよるんですが)の患者さんも

ホルモン療法されている方よく聞きます。

各医療機関や先生個人の見解の違いもあるかと思いますが。

実際、私の周りの人達はすでにスタートしちゃってるので

私も出来るかも~ってなかんじで聞いてみたのでした。

なのに、引っかかったのは線癌ではなく小細胞ガンの方でした失敗

 

まぁ、とりあえず次回の検診までに新しい文献があるかもしれないからと

調べてもらえることになり一旦保留ということで合意しました。

「お忙しいのにホントすいません・・・」という私に

「ううん、大事なことだからね。」と言ってくれました。

なんか最近TVとかでもドクハラとか人間的なモラルとか色々問題があって

ちゃんと「医師」って呼べる先生がどれだけいるんだろうって悲しくなる一方

すでに経過観察の身である患者の話をちゃんと聞いてくれる先生に

ホント感謝です。 これぞ信頼関係と思った瞬間でした。

でも休むヒマもないくらい忙しいこの環境、どうにかサポートできる

システムが出来ないと良い先生ほど潰れてしまいそうで怖いですわからん雫

 

「この調子で2年目も頑張りましょう」と言っていただき診察は終了。

ちなみにこの日聞いた話ですが、子宮頸ガンで

2年が一先ずの目安と言われているのは、再発率で言うと

2年以内が約70%だそうです。

3年目以降で再発する率は約30%と格段に下がるので

一般的に2年が節目になるそうです。

 

ウチの病院では化学療法終了からカウントするらしいので

私の2年経過まであと1年と1ヶ月ちょき

来年の今頃は2年目目前でウハウハでしょうな。私ウィンク

 







Last updated  2008.02.13 23:10:13
コメント(4) | コメントを書く
2007.10.25
カテゴリ:検診

やってまいりました!! マンモグラフィ!!

 

一般的には30歳からは・・・と言われていますが、

私も四捨五入で30歳(←うわぁ・・・雫)近いうちに・・・と思っていました。

先月、同じ病院の子宮ガン友達と「乳ガン検診行こうゼ~!!」と

約束していたので、仕事がお休みだった昨日一緒に行って参りましたusa11

 

(乳ガンに関して)県下では有名な病院だったので、

そりゃもうロビーから廊下からあふれんばかりの患者数雫

それでも受付から1時間半ほどの待ち時間でした。

 

もう、こういう状況に慣れてしまったのか2人で待っていたからか

このくらいの待ち時間なら、さほど苦痛ではなくなってきましたね~usa10

 

診察室に入ると、「こんにちはスマイル○○(先生のお名前)と申します。」

とまず自己紹介する先生・・・

あぁ・・・なんて・・・なんて・・・

いい先生!!(笑)

 

歯医者やら眼科やらも含め、大概の病院は 「はい、今日は?」 なんていう入りが

当たり前(?)だと思ってた私に「○○と申します。」なんてちゃんと自分の名前

を名乗って挨拶されるとそれだけで好感度ア~~ップ上向き矢印上向き矢印上向き矢印きらきら

 

医師:「んーと・・・今日は~検診?」

私:「ハイ。乳ガン検診に・・・」

医師:「どこか違和感とかあるの?」

私:「いえ、特には」

医師:「おぉ、自発的に?」

私:「えぇ、そうです・・・」

医師:「んー!エライ!グッド

別に偉くもなんともないんですけどね雫「いやー・・・そんな雫」と言いながら

心の中は、(⊃∀`* )エヘヘ♪ってかんじです(笑)

(おだてられて木に登る典型的なタイプなんですよ・・・私バイバイ

 

触診の結果は特に異常はなし。

乳ガン検診ではマンモグラフィ超音波検査とがあるそうですが、

今回はマンモグラフィを受けることにしました。

 

マンモグラフィは触診では診断できない小さなしこりや石灰化した微妙な

乳ガンの早期発見に威力を発揮する画像診断になります。

ただ、乳腺が密な若い人の場合、X線写真がかすんで、しこりを見つける

ことが難しいこともあるそうです。

 

逆に超音波(エコー)の場合は、しこりの鑑別がしやすく、乳腺の密な若い人の

診断にも使うらしいのですが、こちらはマンモに比べると小さいしこりや石灰化の

診断が難しいそうです。

 

で、「マンモは痛い」という先入観でいっぱいだった私&友達。

ドキドキしながら、ついに初☆マンモ!!

グイっと私の小さなお胸を引っ張られ、みるみるうちにお煎餅状態雫

「痛いからね~ごめんね~痛いよ~」と散々言われながらだったせいか

そこまでの痛みではなかったと思いますb-hare

挟みきった状態でジッとしている一瞬が痛かったくらいでした。

 

マンモグラフィの結果も10分くらいで出て、先生と一緒に虫メガネで

ジー・・・・っと見ましたが・・・まぁ私にはサッパリusa10

でも特にどこにも異常はなかったようで一安心ですきらきら

 

それとは別に、悲しい現実・・・。

出来上がった画像を見るとそこには私のお胸が写っているわけですが、

その面積の小ささにガックリb-gaaan

明らかにフィルムの何もない部分が余りまくってるんですけど落ちる

 

・・・ま、いっか音符

今回は何事もなく無事終わりましたが、もちろん今後も定期的に

検診は受けようと思ってますaicon_bbs17

 







Last updated  2007.10.26 01:48:17
コメント(8) | コメントを書く
2007.09.27
カテゴリ:検診

昨日は月イチ恒例の検診日でした。

本当は今回CT予約もあったのですが、先月末に予想外の入院事件雫)があって

その時に骨盤内のCTを撮ったので今回は胸部のレントゲンのみとなりましたusa10

 

ウチの病院では通常、血液検査&細胞診の結果はハガキで郵送されてきます。

だけど血液検査の結果は数値が記入されているわけではなく、「異常なし」と

書かれているだけなので、腫瘍マーカーの数値は次回の検診の時見せてもらってます。

 

で、先月の結果は(当然!)「異常なし」と記入されていたのですが、

今日その数値を見たら「NSE」(小細胞癌に特異性が見られる腫瘍マーカー)が10!!

正常範囲は0~10とされています・・・usa05

うぉぉいっ!!ギリかよっ!b-orooro

 

まぁでも腫瘍マーカーはあまり当てにならないみたいだし、

そんなに気にして不安になってるわけではありませんが、

ちょっと久々にビビりました雫(←私、ナイーブですから笑1

 

他の小細胞癌仲間の話だと上がったり下がったりの波が大きいみたいなので

とりあえず来月(今日の分)の結果で下がってくれることを祈ってますb-onegai

 

それからちょうど病棟では先月の検診時にお友達になった同い年の子が

最後の化学療法で入院中だったので、お見舞いという名の「オジャマ虫」してきましたウィンク

 

彼女のほかにも、もう一人同い年のお友達が出来たのですが、

なんだかな~・・・嬉しいんだけどやっぱり複雑です雫

そりゃ病気に年齢は関係ないかもしれないけど、若年層のガン患者に出会うと

やっぱり胸が痛みます涙ぽろり

 

何しろ・・・本当にイイ子なんですよ2人とも。

いっぱい不安や悩みがあるのは当然のこと。

でも、ひたむきに頑張ってるぐー 可愛い笑顔にこっちが癒されちゃうよきらきら

 

私はガン患者としては少しだけ先輩になるわけだけど、

結局何もしてあげられなくて、はがゆいな~って思います失敗失敗

 

でも一緒に悩んで笑って・・・失ったものの代わりに他の20代の子より

ずっとずっと色んなものを見て、ステキな30代、40代・・・を迎えよ~っハート(手書き)

 

私はタダでは起き上がりませんっ炎炎

今だってもちろん以前よりずっと色んなものをみんなから与えてもらって

どれだけ自分が恵まれているか生活の端々で感じますよ。

 

でもね・・・

 

私、欲深いんで~ウィンクウィンク

 







Last updated  2007.09.28 00:05:47
コメント(10) | コメントを書く
2007.09.03
カテゴリ:検診

私がブログをなかなか更新しないのはいつもの事ですけどね・・・

なんとまぁ・・・やらかしましたよ。

ワタクシ、入院しておりましたb-gaaan

 

それは8月30日の朝のこと晴れ

朝起きたら、右側の鼠径部(そけい部※足の付け根)が妙に痛くて

「ん?リンパがたまってるのかな~」と思っていました。

とりあえず弾性ストッキングを履いて会社へ行ったんですけど、

だんだんと痛みは増してきて、ついには足を引きずって歩くまでにショック爆弾

そのうち痛みは下腹部の方までやってきたんです。

鼠径部から太もも、つまり下方向へ痛みがくるのならともかく、

なんでお腹、上方面に!?

すぐに病院に電話して、診察を受けることになりました。

足の痛みから運転するの危ないよ!って職場の人が車送ってってくれたんですけど、

その道中、だんだん寒気が・・・そのうちガタガタ震えてくる始末雫

到着した頃には、自分で歩くことも出来ず車いすで婦人科外来へびっくり

そんでもって、外来に着いた時点で熱を計ったら

どーーーーんっ!39.5度ほえー

 

先生待ってる間、ずっと処置室で寝てたんですけど、寒気は止まらず

ついに40度越え・・・雫

入院決定となってしまいました落ちる

 

当初、いつもの主治医でなくリンパ浮腫に詳しい別の先生に診ていただく予定

だったんですけど、発熱してしまって状況が変わったため、その日午後からの

診察だった主治医の到着を待つことに。

 

「おそらく、リンパのう胞に菌でも入って炎症起こしてるのかもね」と言われ

血液検査、尿検査、CT(造影剤つき雫)と次々検査したんですけど・・・。

 

結局・・・

原因不明b-kaminari

 

当初の予想では右側にあるリンパのう胞が炎症起こしてるだろうって事で

CTを撮り、もし「膿み」とかあるようなら切除しなきゃいけないって話だったんですけど

CTの結果、リンパのう胞は異常なし・・・。

あるにはあるけど、それ自体は小さくて腫れてる感じもなく、

これが原因とは思えないとの見解。

※リンパのう胞自体はリンパ郭清している方なら半数以上出来るそうですが、

通常、術後からしばらくすると自然に消えることが多いそうです。

(実際、私も術後は両側にあったのですが、今は左側は消えているし右側もかなり小さくなってます)

 

そんで次は、腎盂腎炎の可能性。

私は自尿が出るとはいえ、尿意はありません。

それで、例えば膀胱炎になっても神経が働いていないので、痛みもなけりゃ

残尿管もないので見逃しやすいそうです。

それに気づかず、そこから細菌が腎盂(じんう)へ入って腎盂腎炎になってるかも・・・と。

ところが、これも尿検査、エコーともに異常なし雫

 

でもまぁ、朝・夜、1日2回の抗生剤点滴で痛みも熱も治まってきて

3泊4日の入院も昨日、無事退院となりましたb-hare

 

それにしても・・・

この入院騒ぎの前日、実は定期健診だったのです。

病棟に友達のくろさんが最後の抗癌剤治療で入院していたので、

お見舞いついでに二人で脱走、外出届出してご飯食べ行ったり、

同じ歳で入院中のお友達と初対面したりして

元気いっぱーーーい星だったのに・・・。

次の日には、ストレッチャーで病室へ運ばれるとは・・・。

主治医も病棟の看護師さんも、くろさんも、家族も職場のみんなも・・・

そりゃビックリでしたびっくり

とんだサプライズだよ・・・ため息

 

そういや、ストレッチャーで運ばれながら、「あぁ~頭がズレますぅ~」と

うわごと言ってたら師長さんに「知ってるから大丈夫よ~音符」と

なだめられた事を妙に覚えています(笑)

最初は遠いから近くの病院に行こうかと思ったけれど、

やっぱりこの病院に来てよかったハート(手書き)

そもそもあの状態で違う病院行ってたらアレコレと説明するには

無理があったでしょうしね雫 

 

無理といえば・・・

結局、直接的な原因が分からず、疲れが出たのかもね。という話になりました。

はい・・・自粛いたします涙ぽろり

「こうなる一歩手前でやめないとね」って言われたけど、

前の日までピンピンしてたのに、どこが「一歩手前」なのかよく分かりません雫

なので、今後は元気であろうが、疲れていようが、定期的に体を休める!という

今の私なりのペースを計っていきたいと思いますb-ganba

 

今年の夏は特に暑くて、治療後・治療中のみなさんもきっと疲労度は

自分が感じている以上かもしれないですね雫

どうぞ、みなさんもご自愛くださいねハート(手書き)

(って私が言うな? 笑)

 







Last updated  2007.09.03 15:55:30
コメント(26) | コメントを書く
2007.07.27
カテゴリ:検診

早いもので術後からもうすぐ8ヶ月がたちます四つ葉

この8ヶ月の間にはオシッコが出来なくなったり出来るようになったり

髪の毛がなくなったり生えたり、仕事が出来なくなったりまた元通り出来るようになったり

まぁなんというか、人生のうちでもこんなに変化の多い時間を過ごしてきたのかと

思うとホント不思議なかんじですaicon_bbs17

 

さて、今日は定期検診の日。

病院に行くその前に地元のガン友、理恵さんとお会いしてコーヒーしてきましたハート(手書き)

会えば色々と話題もふくらむわけで・・・

なんとも楽しい時間でした顔9

まぁ、普通ならファミレスなんかで穏便に話せる内容ではありませんけどね笑1

 

そして、検診の方ですが・・・

ここ最近私の一番気になっていたこと。

それは腫瘍マーカー。

 

今さらながら私は子宮頸ガンの中でも1%くらいと言われる

小細胞癌という稀なタイプです。

それでもネット上で何人かの仲間と巡り合いました。

通っている病院もみんなバラバラですが、共通してみんな同じ腫瘍マーカーを

調べているのです。

ええ・・・私以外は雫b-kaminari

 

私が今まで見てきたマーカーはCA125とCEAとSCC抗原の3種類。

まぁ、私の場合は腺癌も併発しているのでそれはそれでいいんですけど

肝心の小細胞癌の値はどうなのさ!?

という訳で気になっていました。

 

それを今日の診察のときに先生に言ってみると・・・

あっさり追加してくれました雫

 

でも通常、腫瘍マーカーは一度に(?)3種類までしか調べれないそうで

今まで見ていた値は削りました。

でも、先生は「言っても、子宮頸癌だからね~・・・」と言われ、CA125とSCC抗原は

これからも調べるようです。

CA125については正常範囲を超えていましたし・・・。

 

今日追加してもらったのはNSEProGRPの2種類。

この2つが主に小細胞癌のマーカー値のようです。

 

なんかちょっと安心~・・・ため息

とは言っても同じタイプの花ハナさんのお話では上がったり下がったり正確に

当てになるものではないみたいです。

 

それでも小細胞癌には唯一と言われているNSEをなぜ私は調べてないんだろー?

と気になっていたので・・・b-orooro

 

みんなと一緒ならなぜか安心する典型的日本人です(笑)

 

それからこのタイプは以前私がネット上で見つけたちょっと昔の文献には

50代~60代で発症しやすいと書かれていましたが、最近見た文献によると

近年では比較的若年層に出ているそうです。

そう言われてみれば私の知っている方は若い方ばかりです。

なんだかな~・・・。

 

でも、ブログを立ち上げたからには私には生き抜く責任がある!!

世界中でも2~3年で亡くなってる方がほとんどという悪質なタイプですが

だからこそ、今一緒に頑張っている仲間、

そして私の後に続く小細胞癌患者さんの励みになるようにb-ganba

 

私、こないだ友達に言われました。

「こんなときだから誰かの為に生きるってのもいいんじゃない?」と。

本当ならこんな状況だから自分のための生き方を考えてしまいがち

だけれど誰かの為に生きるって方がずっとずっと強い気持ちになれるような

気がしましたよウィンク

もちろん、家族や友達、こーんな平々凡々な私に「生きていて欲しい」と

思ってくれている周りのみんなのためにも~♪

 







Last updated  2007.07.28 01:22:00
コメント(15) | コメントを書く
2007.06.27
カテゴリ:検診

今日は朝から検診でした四つ葉

 

先週、CTを撮っていたので今日はその結果を聞くのと血液検査+骨密度検査。

まずはCTの結果ですが、「特に問題なしウィンク

 

ちなみに以前CT撮ったとき、お腹にリンパのう胞があったらしいのですが

それが今回左側はキレイに消えていたそうですちょき

右側も小さくなっていたらしい。

というか、私そんなものがあったなんて知りませんでした雫

ずっと気になっていたお腹の張りはそのせいだったのかな~。しょんぼり

 

それから血液検査では腫瘍マーカーに加え、今回コレステロール値も検査しました。

腫瘍マーカーの結果はきらきら

CEA:2.4(正常値~5.0)

CA125:11(正常値~45)

SCC抗原:1.1(正常値~1.5)

全て異常なしうっしっし 一番危険視されていたCA125については前回に比べて

かなり下がりましたウィンクグッド

SCC抗原が少し上昇してきてるのが若干気になりますが、まぁ大丈夫っぽいです。

 

それから私は卵巣摘出に伴って、女性ホルモンがストップしてしまっているので

骨密度&コレステロール値の変化も不安要素です涙ぽろり

今回の結果ではコレステロール値は159と特に問題ないようなので

良かったのですが、骨密度については若干減ってきているようです落ちる

前回(2006.12)から数パーセント減少・・・

まだ骨粗しょう症というところまでは行っていなし心配する数値ではないのですが、

今から予防しておく為、今日は【アクトネル】という骨密度を増加させる薬を処方して

もらいました。

今後はコイツと付き合っていかなきゃいけなくなりそうです失敗雫

まぁ薬に頼れるものなら私は抵抗なく飲みますが、ただ問題が・・・下向き矢印

 

この薬、空腹時の方が薬の効果がうまく発揮されるらしく、

朝起きて一番に飲むよう指示されています。

そして、薬の吸収を妨げてしまう為、服用後30分は飲食禁止雫

さらに飲んだ薬が逆流してしまうことがあるらしく30分は横になってはいけないそうです。

 

ここで何が問題かって私の朝の生活リズムにまったく適していないのですダウン

私は起きてまず一番に朝ごはんを食べるきらきら 

コレは譲れない部分だったんですよね(笑)

そして出来れば朝なんてギリギリまで寝ていたい・・・。

 

起きる → ご飯を食べる → 歯磨き&洗顔 → お化粧 → ヅラ装着 →出社

これが私の朝の生活パターン四つ葉

ところが、この薬を飲むとその後30分は飲食禁止のため確実に私の朝が

狂います・・・爆弾

先に用意をしてご飯を食べればいいんでしょうけど、起きてすぐのパンパンの顔に

お化粧するのもいかがなものか下向き矢印・・・(苦笑)

服用後、横になってはいけないという事なので一旦起きて飲んで30分二度寝という

こともできないようですね(´・ω・`;A)

 

ともあれ明日の朝からスタートなので、なんとかやってみますっウィンク

頼むよ~アクトネル~!!

 







Last updated  2007.06.28 00:17:44
コメント(10) | コメントを書く
2007.05.24
カテゴリ:検診

最近仕事で疲れててまともに更新できずにいますが、元気にやっておりますスマイル

相変わらず、彼氏からは何の音沙汰もなく、今日久々に電話してみたら・・・

出ない・・・雫

なんだこれ?

ま、いっか音符 (←いいのか!? 笑)

いづれ答えが出るでしょうねひらめき 

 

さて、昨日(5/23)は検診日でした。

医: 「最近はどう?」

私: 「仕事にも復帰しましたうっしっし フルタイムで毎日通勤してますが

    割とやったらできるものですね~ちょき

医: 「あら? 体力的にはどう?」

私: 「結構大丈夫っぽいです」

医: 「そう! ならもう大丈夫かもね~旅行とかも行ってもいいよ~スマイル

 

おぉっ!! そうですか!! 

と思ったけど、そういやGWにもう旅行してたな・・・私雫

 

ウチの病院では検査結果(細胞診と血液検査)はハガキで送られてくるのですが

ハガキには細胞診の結果(5段階)は記載されているものの血液検査については

「異常なし」という簡単な言葉のみだったので、前回の腫瘍マーカーの数値が気になって

いた私はついでに聞いてきました。

 

私の腫瘍マーカーの経過ですが・・・(2007年2月~4月)

CEA(正常値~5.0): 1.3 → 1.7 → 2.1

CA125(正常値~45): 51 → 38 → 32

SCC抗原(正常値~1.5): 0.7 → 0.5 → 0.6

 

私が化学療法中、もっとも危険視されてたのがCA125でした。

2月(術後2ヵ月後)の時点で51だったんですよね。

それでも3クール目終了時で38に下がり、その後もう一度抗癌剤を打って

32・・・。

なんていうかもうちょっと下がらんのかい!?と思いました。

一応正常値内とはいえ、ギリギリな感じがちょっとイヤ雫

正常値は病院によっても多少見解の違いがあるみたいで、

CA125の正常範囲は~35っところもあるそうですショック

 

しかも微妙に上がってるのもいるし(苦笑)

でもまぁ気にしてたらキリがないので今の段階で大丈夫なら良しとします音符

昨日は内診と細胞診、血液検査のみでしたが来月は検査多いです雫

 

細胞診と腫瘍マーカーに、CT、コレステロール値、骨密度検査。

それから、もう少ししたらホルモン補充療法も・・・と先生は言いかけましたが

「あ、腺ガンもあるのか・・・」と言葉を濁してました雫

 

自覚する更年期症状は出てないですが、コレステロール値だの骨密度なんかは

やっぱり気になるところですしょんぼり

一生付き合っていかなきゃだしなぁ~・・・下向き矢印

医学の進歩を信じていい薬が出来ることを祈ってますきらきら







Last updated  2007.05.25 00:17:57
コメント(12) | コメントを書く
2007.04.19
カテゴリ:検診

なんだか更新もかなりご無沙汰です雫

追記:ちょっとグチっぽくなってるので嫌な方はスルーしてください。


昨日は化学療法終了後の検診日でした。

これからは1ヶ月ごとの定期健診(血液検査&細胞診)

3ヶ月ごとにCTを取っていくようです。

ウチの病院では血液検査(腫瘍マーカー)と細胞診の結果は2週間後くらいに

葉書で送られてくるそうです。

今は抗癌剤終わったばかりなのでそんなドキドキ感はあまりないですが

時が立つにつれて「今回も無事かな~失敗」なんてな不安が出てくるのかな??

 

診察室に入って「どうですか?何か気になることとかある?」と聞かれ

「うーん・・・精神的にヤバイ気がします」と正直に言ってみました雫

先生は「あら・・・」という顔をしながら電子カルテ(?)に

『精神的にやばい』と私の言葉そのままを入力してました(苦笑)

 

それから「例えばどんなこと?・・・言える?」と聞かれたので

ちょっと吐き出してみました。(←ホントはちょっとどころか途中から泣いてましたが雫

 

以前も書いたかもしれませんが、治療が終わった今、私は現実に直面しています。

来月から仕事復帰する予定ですが、私はどこまでやれるだろうと考えてしまったり。

ガンと分かるまでの私の仕事は海外での仕入れからホームページの作成まで色々あって

それなりの役職にもついていたので毎日売り上げのことにも常に頭を悩ましていました。

毎日毎日・・・休みの日も仕事のことを考えない日はなくて、確かに大変だったけど

いわゆる「やりがい」みたいなものがあって充実していたと思います。

今となっては充実を通り越して追い詰められてた感もありますが雫

 

社長をはじめ皆が「戻ってくるの待ってるよ」と言ってくれているのがすごく嬉しかったし

支えにもなっていました。  

だけど実際に以前の私と同じようにはいかない不安もあるのです。

海外での仕入れについては朝から晩まで一日中歩きっぱなしで当時ですら

夜には足がパンパンでした失敗

フライトにもその歩きっぱなしにも私の今の足でできるのか?

出来るといえば出来るでしょうが、その後待ってるリンパ浮腫への不安。

正直言ってコレは遠慮させてもらいたい。でも仕事なんですよ。

雇われている以上、任された仕事を拒否するってどうなの?って思ってしまいます。

卵巣欠乏症の症状もきっと理解されにくいでしょう。

だからって毎回毎回辛いとは言えない。 

今自宅に送られてくる売り上げのメール・・・正直今それを考えられるほどの気持ちの

余裕もないんです。

頭と身体がバラバラなかんじなんです。

そんなとこ言っても働かなくちゃもう経済的にも焦ってるんです。

 

そして・・・子供がもう持てない辛さはたびたび襲ってきます。

長生きしたいけどそれならそれで将来を考えたら悲しくなったり。

髪の毛もまつ毛も「生えてくるからー」と分かっていても、焦っても一緒だと分かっていても

ホントは今すぐ欲しいんです。

私は欲深いんです。

もっと辛い思いをされている方がいることも分かってます。

でも思ってしまう。考えてしまう。

ガンになって得たものもあるけれど、失ったものの代償としてははかれない。

 

治療が終わった直後は開放感もあったし、来月からは仕事復帰して、

髪の毛も生えてくる!って楽しみがいっぱいだったのに、今さらこんな不安に

襲われるとは思ってもみませんでした。

たぶん周りの人だってそうでしょう。

だから言えないんです。 今までだって散々心配かけてきたんだし。

いつまでグダグダ言ってるのかと。

私だってそう思います。 

頑張ってこの気持ちが変わるんなら頑張るよ。

 

私はどこまで望んでいいのですか?

どこまで諦めたらいいのですか?

 







Last updated  2007.04.20 02:17:37
コメント(14) | コメントを書く
2007.04.04
カテゴリ:検診

昨日は血液検査に病院へ行きました車

私自身はここ最近すっかり副作用ともおさらばして調子良かったんですけど

体の中ではまだ抗ガン剤にむしばまれてました涙ぽろり

というのも、昨日の検査結果ひらめき

白血球:1700

好中球:580

撃沈・・・雫雫 

今までで最低値ですほえー くろさんのお見舞いも計画してたのにあえなく断念下向き矢印

グラン打っておとなしく帰宅しました。

初めは先生も「明日も注射打とう!」と言ってたのですが

私はグランの副作用でその日のうちに関節痛が出るので

「連続はキツイかなぁ・・・・」と先生も言い出して結局今日の注射は中止しました。

ところが・・・

関節痛が来なかったんですよねしょんぼり 昨日も今日も。

関節痛が出る人はそれだけ骨髄で白血球を急ピッチでつくってるから

数値も上がりやすいって以前看護師さんに言われたことがあります。

おいおい・・・雫 なんともないぞ今回。

大丈夫かいな? ちゃんと増えていってくれてるのかな~。

明日は再検査の日なので、ちゃんと復活してくれてることを願ってますきらきらきらきら

早く外出したーーーいっ失敗失敗炎







Last updated  2007.04.04 15:48:18
コメント(2) | コメントを書く

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.