5590935 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

毎日が博打日和

PR

サイド自由欄

レジまぐ商品の購入はこちら!
ほうきゅうの競輪予想
[モバイル版]

レジまぐ商品の購入はこちら!
(PC版)

レジまぐ商品の購入はこちら!
つるセコの真面目な競輪予想
(クリックするとつるセコさんの予想記事に飛びます)




プロフィール


ほうきゅう3

お気に入りブログ

富士登山 New! たきぽりさん

名古屋オールスター… New! つるセコさん

オールスター優勝 New! 修わん1954さん

名古屋AS最終日。… New! おけらOKさん

オールスター 決勝 New! 武星さん

名古屋 オールスター… New! カミガタさん

AllStar決勝 Dandyジョーさん

名古屋オープニング… 飯野 紅葉さん

競輪 やられ日記 gori_nj01さん
かぎぶーの競輪日記 kagibooさん

コメント新着

つるせこさんの知り合い@ 小田原記念 早速の返信ありがとうございます。 準決、…
ほうきゅう3@ Re[3]:別れ(07/18) つるせこさんの知り合いさんへ どうも。 …
つるせこさんの知り合い@ 小田原記念 突然のコメント失礼します。来月の記念に…
ほうきゅう3@ Re[1]:別れ(07/18) たかしさんへ 凶暴猫でしたが癒されてまし…

カテゴリ

全46件 (46件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

ハイキング

2009年08月21日
XML
テーマ:ハイキング(65)
カテゴリ:ハイキング
 昨日は競輪前売りを購入後、カミさんと涼を求めて、大山へ行きました。
喪中ですので、神社は避けて、大山寺付近を散策。
005.jpg
登りはきつ過ぎるので、ケーブルカーを利用。あっかんべー
007.jpg
狭いトンネルなどを抜けますから、少し怖い。
009.jpg
赤と緑の2両がロープで繋がれて交差しているらしい。?
011.jpg
傾斜26度の急勾配ですから、階段を歩いて登るのは大変でしょう。スマイル
013.jpg
下社駅からでも、中々の眺めです。(遠くに相模湾も見えています)
018.jpg
上社に登る階段ですが、ここはパス。あっかんべー
019.jpg027.jpg
中腹を歩いて、見晴らし台まで、
028.jpg
崩れた箇所も在り、注意が必要で結構怖いです。びっくり
021.jpg
見晴らし台からの眺め
023.jpg
大山山頂は霧に包まれています。
030.jpg
帰路は階段を選んだのですが、女道でも、相当な悪路です。
034.jpg
大山寺、1300年程も前に造られた由緒有る寺ですが、参拝者は居ませんでした。
036.jpg
035.jpg
ケーブルカーの利用者が殆どですから、
訪れる人も少ないようで、不動明王も寂れた感じがします。スマイル
昔の人は上社まで、信仰とはいえ、よく登ったものだと思います。

今度は下からしっかり登ってみたい気もしますが、無理でしょう。あっかんべー

平塚ナイター予想は、これから購入に行く予定ですので、後ほど更新します。ウィンク






最終更新日  2009年08月21日 09時55分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年08月18日
テーマ:ハイキング(65)
カテゴリ:ハイキング
 昨日は、久々にカミさんとドライブ。
最近は長距離の運転は堪えますので、近間の山中湖辺りへ行って来ました。
002.jpg
008.jpg
自宅から、国道246を通り、途中から山越えで1時間ほどで、
三国峠に着きます。
(相模、駿河、甲斐の3国を見渡せたのでしょうから、
戦国時代なら、北条、今川、武田の領国ですから、
上杉謙信にとっては、是非にも眺めてみたい景色だったことでしょう)
016.jpg
昼飯は、ここ忍野八海の蕎麦屋。
山中湖周辺に来た時は、大概がここに来ますね。
私がざるで、カミさんは、つけととろそばが定番、
一杯飲まなくても、岩魚の塩焼きも頼みます。
食後は、黄金桃を一個購入して、仲良く半分づつ味見。(400円は高い)あっかんべー

お盆過ぎなら空いていると思ったのですが、何処も混雑していました。

その後は近くの{花の都公園}へ。
022.jpg
白桃ソフトクリームを食べながら、ひまわり畑で一枚。あっかんべー
025.jpg


036.jpg
044.jpg
入園料500円も払ったので、龍神の瀧のアトラクションを観に、
一番上まで登ったのですが、溜めた水を一気に流しただけでした。あっかんべー

その後は、久々に{紅富士の湯}に立ち寄ったのですが、
はとバスまで来ていて、相変わらずの混みようでした。
それでも、32度の源泉ぬる湯などで気持ち良く1時間ほど寝てしまいました。スマイル

帰りには、{カインズ御殿場}で、あれこれと衝動買い。
いくら、すべてが安いとは言っても、
マジックハンド(147円)など無駄遣いをしてしまいました。
それでも、居間で動かずに、小物なら取れますから、少しは使えるかな。スマイル






最終更新日  2009年08月18日 14時44分35秒
コメント(3) | コメントを書く
2009年08月06日
カテゴリ:ハイキング
 本日は、ふたりとも、お休みでした。
カミさんは朝早くに少し歩く気が有ったようでしたが、
私がグタグタしていたので予定変更で、丹沢湖へサイクリングへ行く事になりました。
途中、道の駅で、野菜を購入しながら食料も調達。
008.jpg
中間地点に車を置いて、左回りに一周。
010.jpg
橋の上から覗き込むとすい込まれそうです。
012.jpg
ダムを見下ろす場所で昼食。
013.jpg
015.jpg
その後は右回りで玄倉地区方面へ、
この上流で、数年前に悲惨な水の事故が有り、
湖面近くの水辺には多くの献花がされていました。
019.jpg
一時間ほどで廻れます。
020.jpg
昼にはソフトクリームも食べたのですが、旗に釣られて寄り道。
中の工場で作っていますので、アツアツのたい焼きが出て来ました。
1個80円ですから、少し小ぶり、餡もつぶしですから、いまひとつの味でした。
たい焼きの餡はおぐらでないといけません。あっかんべー
021.jpg
022.jpg
終点近くで覗いた資料館では、椎茸まで販売していました。
原木1本を800円で購入、
おまけで好きなだけ袋に詰めてよいとの事でしたが、
かみさんは常識の範囲で半分ほど詰めて来ました。
中には根こそぎ収穫していくオバタリアンもいるようです。スマイル
今晩の酒のアテは焼き椎茸とあま唐辛子になりそうです。ウィンク






最終更新日  2009年08月06日 17時43分10秒
コメント(2) | コメントを書く
2009年07月27日
カテゴリ:ハイキング
 土曜日は帰宅後に競輪予想の続きを載せる心算だったのですが、
地元の夏祭りがあり、面倒になり、予定変更してしまいました。あっかんべー
千円台の安い配当を3本だけの的中ですから、話になりませんでした。
昨日は、カミさんと秦野の公園の祭りに行ってきました。
005.jpg
012.jpg
県立戸川公園ですが、地元の産物を中心に販売していますから、
言わば、農業祭りの趣です。
岩魚の掴み取りなども有り、低料金で塩焼きなどを振舞ってくれます。
生姜、巨大なズッキーニ、生の落花生、枝豆など、たっぷりと仕入れて帰宅したので、
夕飯は、豆尽くしの料理になりました。あっかんべー
010.jpg
色々な物を体験出来るのですが、さすがに、これには掴まれませんでした。スマイル
016.jpg
冷たい水に足を浸して、山の端を流れる雲を眺めているのも、
何とも気持ちの良いものですよ。ウィンク

競輪は、またG1が来月早々に始まりますので、それまではお休みです。






最終更新日  2009年07月27日 18時26分17秒
コメント(3) | コメントを書く
2009年06月17日
カテゴリ:ハイキング
 母親の入院していた病院へ行ったついでに、近くを散歩。
あじさい祭りも終った開成町ですが、お隣の南足柄市のハナアオイ祭りも有りますので、
それなりに人が出ていました。スマイル
001.jpg
002.jpg
少し色褪せた花もありますが、まだまだ十分に鑑賞出来ます。
004.jpg
メーン会場には売店も出ていますので、花よりダンゴで、
あれこれと食しました。スマイル
こちらは、金太郎だけが売りですので、マサカリーパンにマサカリントウなど、
苦しいネーミングが笑えますが、味はそこそこでした。
005.jpg
一休みで、食べているのはキュウリ。スマイル
こしあんの水大福などを食べたので、
口直しに辛みそを付けて食べたのですが、
水あめの甘みとピリリとした辛味が調和した味噌が旨く、
思わず{青唐がらし味噌}を買ってしまいました。ウィンク
016.jpg
写生に励むお年寄りも結構いらっしゃいました。
008.jpg
017.jpg
ハナアオイも、なかなかに綺麗。
018.jpg
カエルの鳴き声も、のんびりと聞こえます。スマイル

間食が多かったので、夕飯は少し減らそうと思います。あっかんべー






最終更新日  2009年06月17日 18時14分26秒
コメント(4) | コメントを書く
2009年03月15日
テーマ:ハイキング(65)
カテゴリ:ハイキング
 最近は、何ともよく寝てしまいます。スマイル
夜も夕食後直ぐに2時間程、ソファーでTVを見ながら、気持ち良く熟睡。
起こされて、風呂から上がって即就寝ですから、はたして何時間寝ている事やら。あっかんべー
今朝も出掛ける心算ではいたのですが、寝坊したので博打は中止。
もっとも、天気が良いので、競輪場でくすぶっているよりは、
カミさんとウオーキングに精を出した方が余程に良いとの判断です。
004.jpg
006.jpg
我が家から、北へ1時間程歩くと、昔の外堀近くに、
廃線になった鉄道が在り、今では遊歩道になっています。
011.jpg
そこを過ぎて、少し山の方に登ると、景色もよくなります。
土筆越しに撮ったのですが、よく判りませんね。あっかんべー
012.jpg
遠くに相模湾も望めます。
007.jpg
コブシの花
014.jpg
路沿いに良い樹が並んでいますが、すべて植木屋さんの物です。スマイル
015.jpg
途中、薄暗い処を抜けて行くと、
016.jpg
古墳などが点在しています。
ミカン畑の細い路を下っていくと、
017.jpg
急に、市街地が見えてきます。
それでも、山の方から風に乗って、お囃子などが聞こえて来て、
市内から少し入っただけですが、長閑な感じがする場所でした。
003.jpg
廃墟のような家ですが、
002.jpg
「門を壊すな」と張り紙がしてありました。あっかんべー


競輪ですが、川崎の結果を見たのですが、当たりそうも無かったです。
松山記念も幾つかは当たりそうですが、配当からは元取りくらいでしょうから、
買わなくて正解だったと思います。
海老根と友和はやはり酷い状態だったようですね
小嶋ー石毛で配当が良かったのには、少しびっくりしましたが、
やはり小嶋を買うのを不安に思っている人が多いのでしょう。
次の記念の参考にしなければいけませんので、
参加はしませんが、選手の評価だけはして置きます。あっかんべー






最終更新日  2009年03月15日 18時27分04秒
コメント(4) | コメントを書く
2009年03月11日
テーマ:ハイキング(65)
カテゴリ:ハイキング
 昨日は明け方は雨が降っていたのですが、急に晴れ渡って、
10時前頃には気温も上がって来て、家にいるのももったいない陽気になりました。
休みで家に居たカミさんが、「今日は、お仕事へは行かないの?」と聞いて来たので、
「ダービーが終りましたので、しばらくは休息中」と私。あっかんべー

それではと、ミニチャリを積み込んで出発。
001.jpg
丹沢湖へ向かう途中の道の駅で、デコポンなど食料を調達。
005.jpg
009.jpg
ダム湖前の公園を少しウオーキング。
013.jpg
016.jpg
車両は進入禁止ですが、ミニチャリなら目をつぶってくれるようです。あっかんべー
020.jpg
途中には、地元の人も汲みに来る丹沢の名水が在ります。
018.jpg
019.jpg
一時間程でしたが、丹沢湖を半周して、
終了後は中川温泉へ、
汗をかいて、温泉ですから、気分もさっぱりして帰宅しました。ウィンク






最終更新日  2009年03月11日 09時35分19秒
コメント(2) | コメントを書く
2009年03月07日
テーマ:ハイキング(65)
カテゴリ:ハイキング
 本日は、根府川で、おかめ桜祭りが行われていたので、
ウオーキングがてらに出掛けて来ました。
第一会場が、ヒルトン小田原付近との事でしたので、
駅から、ちゃっかりとホテルの送迎バスに便乗。あっかんべー
013.jpg
何とも立派な建物です。
007.jpg
入口付近には、これまた恐ろしいお車が止まっています。あっかんべー
012.jpg
お国が無駄を承知で造った建物を、
小田原市が格安で譲り受けてヒルトンに経営を任せたのですが、
お荷物になったのは間違い無さそうです。
軽くランチでもと思ったのですが、
一番安い塩ラーメンが1,800円ですから、モッタイナイ。あっかんべー
014.jpg
海を眺めながら下って来て、第2会場へ。
016.jpg
017.jpg
洒落たコテージが並んでいます。
024.jpg
026.jpg
渓流沿いに、鮮やかに咲いています。
028.jpg
更に上に行くと、第3会場が在ります。
029.jpg
見晴らし台からの眺め。
033.jpg
帰り道も山の中腹を通る路が在り、
そこから小田原を望む。
036.jpg
米神地区に在る磯釣りの名所です。
040.jpg
小田原の隣駅、早川に有る観音様です。
042.jpg
港で酒の肴を仕入れて、小田原の一等地で、桜の名所でもあり、
昔は禄高の高い武士が住んでいたらしい、西海小路を通って帰宅。






最終更新日  2009年03月07日 18時41分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2009年02月28日
テーマ:ハイキング(65)
カテゴリ:ハイキング
 午後からカミさんと、お城と、その周辺をウオーキングして来ました。
お堀端付近は週末とあって結構な人で賑わっていました。
003.jpg
天守閣に登る人も多かったようです。
001.jpg
お城の前の広場に、象が居るのも今時珍しいでしょう。
日本で3番目?に長寿な象、梅子さんです。
004.jpg
お城の裏手には、私が子供の頃から有る豆電車。
料金は80円ですから良心的ですが、人件費は市民の税金で、
賄われているのですから、どうなのでしょう。
当然に競輪の収益も入っているでしょう。あっかんべー
007.jpg
さらに裏手に出て、坂を登ると、
008.jpg
見慣れた風景。
おけら街道の出発地点です。スマイル
010.jpg
上から見ると、左手にお城も見えますから、
競輪場は良い場所に在ります。
014.jpg
さらに登ってから、山側に下りると、毘沙門天があります。
そこから、遊歩道を登っていくと、
016.jpg
梅林に出ます。
017.jpg
辻村農園です。
019.jpg
小田原市街と、相模湾まで見渡せますから絶景ポイントですね。
020.jpg
隣接して、子供向きのわんぱくランドがあります。
021.jpg
帰り道のみかん畑に植えられている河津桜。
3時間、10キロほどのコースですが上りが有る分、運動にはなりました。






最終更新日  2009年02月28日 18時18分25秒
コメント(2) | コメントを書く
2009年02月17日
テーマ:ハイキング(65)
カテゴリ:ハイキング

 昨日は、久々に親子4人で出掛けました。
上の娘などは、めったに帰って来ませんので、
妹などとは一年以上も会わなかった事も有ったようです。スマイル
それでも、久々に帰ると連絡があった時には、
3人でイチゴ狩りに出掛ける予定を立てていたので、
それならと、長女も一緒に行く事になった訳です。
電車を使って、ハイキングも兼ねる予定だったのですが、
4人なら車の方が経済的なので、急遽ドライブに変更。
朝8時半に出て、目的地には10時頃到着。
001.jpg
横須賀の津久井浜観光農園。
平日なのに結構な人が来ています。
002.jpg
畑が点在する道を5分ほど登ってビニールハウスに到着。

私達が入った場所は、仕切ってある一番手前の一角だったのですが、
朝一番から使用しているようで、見た目にも余りふんだんにはイチゴが有りません。
それでも仕切られた畝の向こう側の物を取れば大きめのやつが取れました。
しかし、その後も、その一角に人を入れるのですから、
ほぼ取り付くした感じになってしまいました。あっかんべー
横須賀という土地柄ですから外人さんが多く、家族連れで来ている人も結構います。
目が合うと、ジェスチャーで向こう側に行きたいそぶりをします。
私も同感ですから頷くと、何とさすがは外人さん、しっかりと主張します。
「赤いの無いね~」、「赤いの~」。
繰り返しの主張ですから、管理している老夫婦も困って、隣へどうぞとなりました。
外人さん家族だけの心算だったのでしょうが、私たちも外人さんに誘われて別棟に移動。
004.jpg
赤いの有るね~。ウィンク

糖尿病ですから、果糖も程ほどにしないといけませんので、
まだ食べる時間は有ったのですが、我慢をして終了。

その後は長女の希望で油壺のマリンパークへ移動。
まさか成人した娘を、それも二人も連れて水族館へ行くと思いませんでした。スマイル

目的は、何でも、TVでDAIGOが育てたペンギンが観たいとの事でした。

マリンパークは、入場料は大人1,700円で、しかも駐車料金なども、
別途700円も取りますから、しっかりしています。
009.jpg
年甲斐も無いカミさんと私。

017.jpg
018.jpg
021.jpg
それでも、イルカとアザラシのショーは楽しめました。

025.jpg
展望台からの眺め。
028.jpg
家族四人で一枚。(承諾を得ていませんので、小さめ)
032.jpg
目的のペンギンですが、多過ぎて判りません。
031.jpg
単独行動の、こいつをペンペンという事にしました。あっかんべー

昼食も中で食べたのですが、三崎が近いので、マグロ中心のメニューでしたが、
値段だけは良くて、マグロも味付けもいまひとつでした。
ご飯だけは必要以上に多く、結局家族全員、残してしまいました。
以前でしたら、もったいないと私が残りを全部食べるところですが、
一番残したのが私ですから、変れば変るものです。あっかんべー

結局は、2時間ほどの滞在で帰路に着きました。
帰りの車では眠気を我慢するのが大変でしたから、
やはりインスリンなどをうっていると、
体調の事も十分に考慮しないといけないようです。スマイル







最終更新日  2009年02月17日 15時58分45秒
コメント(5) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全46件 (46件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.