000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

たかが頭痛が脳腫瘍!!

夫の最後の時 4


夫の最後の時 4


+++ つづけて +++


最後の最後の時、救急車で運ばれ
救急外来のベッドに横たわった直後、
器具を取りに出はらって誰もいなくなった時、
夫の意識が一瞬もどり、静かになった。

側にいた私をみて夫が言った。

「ごめんね。」

私、「ううん、いいんだよ~。」

何がごめんねかわからない。
たぶん、夜中に何度もでごめんねってことなんだろう。

でもこれがこの世で最後の夫婦の会話になった。

その後は、医者や看護師さんたちが大勢になり、
私は待合室に行った。

========

ICUに夫が移されて、初めて面会できたのは26日の午前8時過ぎだったと思う。

長男と一緒に面会した。

次は昼頃、長女がやってきて面会。

その次は、次男がやって来た3時頃。

夫の血圧はどんどん下がっていく。

口には人口呼吸器、
次から次へ輸血 、
血液凝固剤も昇圧剤も注入。
そして鼻にも管をつけ、そこから血液が吹き出している。
管から出た血液がバケツに溜まっていく。
枕もシーツも血まみれ。
顔や目を覆うガーゼも血まみれ。

私はかなりショックで驚き。

しかし子供たちは3人とも意外に平静でふつう。
そして子供たち全員の言ったこと。

「お母さんのほうがもっとすごかったよ。」

「はん?」←私

     

私の開頭手術の時のICU面会はすごかったらしい。
頭蓋骨をはずし、(脳外科手術はそうでしょう?)
そのあと包帯でくるくるしたところにまだ血がついていたし、
そこから管が出ていたし、 (これも普通)
呼吸は器械がしていたし、(みたいなということで。笑)
心臓までカテーテルが何日間か入りっぱなしだった。



そんなこんなで、血まみれパパに子供たちはあまり驚かない。

26日の夕方、主治医が私たちの待合室にやってきて言った。

「血圧が下がり、多臓器不全を起こし、尿も出なくなり、今は人工透析機をベッドのところへ持ってきて使っています。 」

そして、「今夜から明朝にかけてがヤマでしょう。」

妻の私、「やれることこんなにしていただいてありがとうございます。」

と言った。

でもね~

思ったのは、そこまでやるのかなぁって。

だって、輸血だって、やってもやっても出てゆく量のほうが多いの見てわかるし、 多臓器不全に人工透析いまさらやって、どうなるの?って。

(また)でもね~

家族がお別れする時間を作ってくれてるのかなとも思った。

最後の時は家族そろって、

夫も安らかな顔にもどって

そして見送ることができたから。




つづく




前のページ   次のページ




Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.