1621317 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

たかが頭痛が脳腫瘍!!

ガンマナイフ治療


ガンマナイフ治療について書いておこうと思う。

私が治療を受けているクリニックはガンマナイフ専門なので、
ガンマナイフ設置病院とは違うと思う。

どこが違うって、違うから違う。
説明がうまくできない。

他の病院で治療を受けている患者が、ガンマナイフ治療が必要だと判断されて紹介でやってくるらしい。
そんなことはどうでもいいが、それだけに専門性が高いってこと。
脳外科専門医が紹介するのだから。

現在日本にはガンマナイフ設置施設が51ある。(2008年の時点で)

しかし器械の数がそれだけあるということで、
ではその器械を使いこなせる医師がそれだけいるかというと、
それはまた別だ。

器械があればいいってもんじゃない。
これはとっても重要なことだ。

私は自分の経験の事しか書けない。
だから書いておく。

私の脳腫瘍は髄膜腫で良性腫瘍。
場所が悪くなくて、全摘してしまえばほとんどが治る腫瘍だ。

髄膜腫にガンマナイフ治療をすることは、10%くらいなのかな。
普通の場合は開頭手術で治す。

できた場所が頭蓋底にあったりして、メスを入れるのが危険な場合に
ガンマナイフ治療を施す。
そういう意味では、最先端の夢の治療といえる。

この器械のなかった時代。少し前までなら手術で無理にとってしまっていた。
それがその頃の最良の方法だったからだ。
今でも神の手とか言われ、やってしまう医師、
私に言わせると、前時代的な脳外科医もいる。

それをしてしまうと、確かに脳腫瘍そのものはなくなって、再発もしないだろう。
しかし、患者のQOLを考えると、
いろいろな運動野を欠損したりして、その後の生活はどうなるの?
ということになる。
歩けなくなったり、眼がみえなくなったり、、、、
はたまた意識が回復しないまま生きつづける。
これって患者が本当に生きてることになる?


患者が生きていると感じられるように、生かすのが医者の仕事なのだから、
医者が自己満足(腫瘍をとったぞ、俺は、なんてね。)するのなんて、
医者の仕事ではない。


話がそれた。


そのガンマナイフ治療について、
だいたいどこでもこんなふうに説明が書いてあるし、
私のドクターのページにも書いてある。



良性脳腫瘍(下垂体腺腫、頭蓋咽頭腫、等)や一部の神経膠腫に対する有効性も報告されています。
ただし、いずれの場合も視神経・視交叉と腫瘍が離れていることが治療の条件です。



ところが、私の腫瘍はこの条件外で、視神経・視交叉と腫瘍がしっかり交わってしまっている。

だから、8年半前に開頭手術で6~7cmの腫瘍を取り除いたあと、残りの3.8ccにガンマナイフをあててください。とガンマナイフドクターのところへ行った時、ドクターは驚いた(ようだった。)

なんでここに?って。

そりゃそうだよね。

でも方法はあるんだよ。

諦めないこと。Never Give Up!




   次のページ




Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.