000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

たかが頭痛が脳腫瘍!!

はじめは眼科へ

☆ はじめは眼科へ    視力検査

2000年1月


 眼科へ行って、前回と同じような、検査。
眼底の写真も何枚も撮り、そのできた写真を見て、眼科医の先生、



「 昼食をとってから、また検査をしましょう、あ、その前にCTを撮ってきて下さい。
   そして脳外科へも行っていただかないと。」


(うん?なんだろう?)

 

朝、私を送って来ながら娘、



「 お母さん、きっと脳外科にっていわれるよ、
お母さん頭おかしいもんんね、いつもへんなことばっかり、してるでしょ 」

と、普段からふざけて、おかしなことを言ったり、やったりしている私に、
彼女もふざけてそんなことを言ってた。



( なんかあの子の、言ったとおりになってしまった、、、 )

と思った私。

 それくらい、私達はまだ脳外科というのが、どいうところなのか知らなかったわけで。
頭のへんな人が行くところ、くらいにしか、考えていなかったわけで。

まったくひどい。誤解なんてものではない。




 その日は午後から再び、今度は造影剤を点滴しながら、眼底の写真を撮影。


これはちょっと辛かった。
ずっと目を開いてなければならず、眼球も動かせない。

 そして終わってから、先生と技師の方が二人で、なんだかすごい顔つきで私に言う。

「 今日はもう夕方で終わってますが、明日には即、必ず脳外科に行ってください。」

 わたしは二人のあせっているような、顔つきの意味もまだわからず、
ちょっと不思議な気分で逆に

「 そんなこと言われても、月末で忙しいし、無理ですよ。 」

と言い返す。

 はっきり「 腫瘍がある 」 と言ってもらえばまだよかったのに。

「 なにかできてますから 」では ピン とこない。

でもその時はまだ、脳腫瘍 とわかってない時だった。

医師たちにもなにかだったんだ。

その時は 脳動脈瘤 かもしれなくて、それが破裂する事を、心配されてたいたのだ。

なのに言い返すなんて、ひどい患者だ。




つづく








前のページはここをクリック

   パグ ホーム    パグNEXT


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.